元彼を忘れられないあなたへ

別れてしまった彼への思いを忘れることが出来ずにいる女性へ

まだ大好きな彼でも場合によっては一度別れたほうが良い場合もあるでしょう。恋愛に於いて好きと言う気持ちは何よりも大きく、何よりも大切な気持ちであることには間違いありません。しかし、恋愛は人と人との付き合いです。どれだけ愛を育んでも他人である以上、好きという気持ちだけでは関係を継続していくことが難しい場合もあるでしょう。どちらか一方に好きな気持ちがある場合はもちろん、両方に好きと言う気持ちがあったとしても、その思いは必ず幸せな二人を作り上げるとは限りません。お互いが好きでも周りの状況によっては別れることを余儀なくされるようなこともあるでしょう。

そして仮に運良く幸せな関係を築くことができたとしても、その関係には何の保証もなく、それが例え結婚と言う決められたルールに沿った関係になったとしても、少しの歪が別れに繋がることもあるのです。これは誰にでも訪れる可能性のある出来事です。機能まで幸せだった関係が、今日には崩壊が始まってしまうと言うこともあるでしょう。男女の関係はそんな硝子のような関係の中で育まれて行く物なのです。

どのような崩れ方であったとしても、どちらか一方に好きと言う気持ちがあれば関係を修復し、復縁を成し遂げようと考えることもあります。しかし、その復縁がどちらか一方の強い想いのみによって成し遂げられた場合には、一旦復縁したとしてもまた再び関係が崩れていってしまうと言うこともあるのです。

もちろん、復縁を望むことは決していけないことではありません。強く復縁を望むことから始まり、最後にはより強固で信頼に満ちた関係を取り戻すことが可能なこともあります。しかし、どのような場合でも復縁が全てであり、復縁が最善であるとは言えません。

関係の状態によっては復縁すること自体が凶となる場合もあります。いくら復縁を強く望んでいてもその想いが一方的なものであれば、その想いが強く打ち砕かれ、負う必要のない深い傷を理不尽に負わされる可能性もあります。

いまあなたが望んでいる復縁は成し遂げられる可能性の大きい二人の想いが詰まったものなのでしょうか。それとも一方的な想いでただただ突き進んでいるものなのでしょうか。

復縁は決して安易な道ではありません。そして最終的に必ず成し遂げれるものでもありません。そこには運やタイミング、そのほかにも様々な要素が望む復縁を助け、また邪魔することもあるのです。

そのことをしっかりと心に刻み、どのような選択を行うのが自分にとって最善の道なのか、考えながら復縁を進めていく必要があるでしょう。
(⇒あなたの復縁が正しい方法で行われているかチェックする