別れの理由を理解して復縁

彼と復縁するためには必ず把握しておく必要のある「別れの理由」

今現在では女性の男性化、その逆に男性の女性化などで中性的な特徴を備えた人も増えてきてはいますが、それでもやはり女性は感情的な部分を多く持つ生き物、男性は論理的な思考を持つ傾向が強い生き物であることは否めないでしょう。復縁を考えた場合にはこの考え方の特徴を把握して女性であれば男性的な思考で男性的な結論を用意して復縁に望むことが重要なのです。

では、そのときに何が必要になるのでしょうか。男性の中にも感情を優先した行動を取るタイプの人も居ますが、そのタイプの人でも理論的な思考は可能です。どのような理由で、何が原因で別れに至り、今後それをどのようにすれば別れずに関係を継続していくことが出来るのか、また、今後はどのような行動を心がければ再び関係が希薄になるような状況を作れるのかということは最低限用意していく必要があるのです。会話の内容によってはそれを実際に相手に伝える必要が無い場合もあるでしょう。しかし、やはり切れかけた縁を再び結び付けようと考えているのであれば準備しておくに越したことはないのです。

では、自分なりに真剣に考えて正しい答えを準備しておく必要があるのかというとそういうわけではありません。あくまでも保険としての原因に関する考えですのである程度のものが準備できているれば問題ないと言えます。

さすがに適当な答えであれば更に理論を被せられ終わってしまうでしょう。自分の日常の行動が原因であればそれが性格的なものか、突発的なものかという二つにわけ、いずれにせよ解決が可能であると言う前提で考えておけば充分です。更にその解決方法としてそれを行わないためにどのような注意を払えば良いと考えているか、そして更に再び同じことをした場合にどのようなペナルティを課すのかまで考えておけば良いでしょう。このときに重要なのは相手の行動を制限するような提示をしないことです。あくまでも注意を払うのは自分で、同じことが起こった場合のペナルティも自分のペナルティを考えておきましょう。

もしも相手に原因があり、自分は何も改善もする必要がないと考えているのであれば当然ながら復縁を望むこともないと思います。女性の場合にはその行動や言動を指摘されて別れに至る場合が多いでしょう。それであればその原因も努力して改善できるものには間違いありません。自分が悪いと思っていなくても、ある程度は譲歩しなければならない場合もあるでしょう。あくまでもペナルティは理論的な交渉の際に利用するテクニックの一つです。