復縁の電話で気をつけること

復縁したい!電話で伝える復縁希望のメッセージのコツ

復縁したい相手にコンタクトをとるときは?

一旦分かれてしまった相手に、復縁のチャンスが訪れた!このタイミングでコンタクトを取ろう!と決意したものの、さて、何を話せばいい?こんな経験初めてだし、何を言えばいいのか?

せっかくの絶好のチャンスを逃してはもったいないですよね。最初のコンタクトで失敗して、二度と復縁なんか期待できないような悪印象を与えてしまったら、完璧にNGです。かと言って、慎重になりすぎてもマズイ。

そこで、今回は、復縁相手に久しぶりに電話をかけるときのコツについて、まとめてみました。

一番のポイントは、「しつこくない」こと

元カレ、元カノ、「一度別れた相手」です。別れてから、もう、連絡なんかとってくるはずがない、と、相手にしたら、考えていることでしょう。そんな中、突然、あなたから電話がかかってきたら、「なんで?」と驚くことは間違いないところ。ここで、「しつこい!」と感じさせたら、その後は着信拒否が待っています。

まずは、「しつこくない」印象を与えることが、最初の一歩と言えます。なるべく、あっさりした態度を心がけましょう。

また、「くどい、ウザイ、暗い」と感じられるような話題や言葉もNG。「話をしていても、面白くない」と、感じられたら、それだけで減点ポイントは大きいと言えます。誰だって、「話をしていて面白い」という感じの人には好感を感じます。逆に、ウザイ、暗いというタイプと思われたら「また話したい」とは思ってもらえません。

最後に大切なのは、最初から、復縁を前に出して迫らないことです。あなたの気持ちは盛り上がっていても、相手はそういうわけではありません。悪くすれば記憶の片隅に押しやられていた可能性だってないではありません。そんな、「あんまり意識していなかった相手」から、唐突に、全力でアプローチされたら、かえって引かれてしまいます。最初は、さらっと、印象づけるだけにとどめ、時間をかけて攻略する構えが必要です。