分かれていた期間中の過去の精算

分かれていた期間、別の人との付き合いは、どう整理したらいい?

別れていた期間は、「謎の過去」!?

元カレ、元カノなんて言葉もすっかり一般的になって、「結婚するまで、お使いってしたことない。」という人の方が少ないのが、ここ最近のトレンドになりました。そんな中、一度別れたけど、やっぱりやり直してみたい、と、復縁を考える方も多いようです。

一旦は、サヨナラをしたけれど、いろいろ考えて、結局お互いに、下のさやに収まったという復縁カップルに、ズバリ、「復縁して一番気になることってなんですか?」を聞いてみました。

男女共に、共通してトップにあがってきたのが「別れていた期間中のこと」…特に、「その間、付き合っていた相手との関係」は、気になることのようです。

自分と離れていた期間は「謎の期間」ですから、色々と聞いてみたいのがホンネ。

「一応、「気にしないよ」とはいったんですけどぉ…聞いてみたいような?でも、聞いて傷つくのは自分、って言い聞かせて我慢してます。」(20歳女性/学生)
「なんか、フツーに話してたら、たまたま、その時期の話になったんですよ。そしたら、急に、空気が重くなっちゃってね。あ、話したくないんだな。って思って、以来、なんとなく、その頃の話は避けてます。」(30代男性/自営業)

その期間中の、別の相手については、知りたい気持ちはあるけれど、お互い、そっとしておきたい気持ちもあり、複雑なようです。

相手が話したくないことは、無理に聞き出さない

付き合っている相手のことを、全て知りたい、と思うのは人情というもの。しかし、一方で心情的には、「話してしまいたいけれど、言ったらまた、別れることになるのでは?」という部分もあるようです。

女性の場合は、別の男性と付き合っていた期間中に中絶したことがあるなどの話は、したくない話題のトップになるようです。

お互いの関係が再スタートしたばかりの時は、あまり無理に聞き出さないのがセオリーでしょう。お互いに信頼関係が深くなれば自然と、ぽつぽつ話してくれるようになるものです。

そうは言っても、違法、不法は別。
言動が怪しいと感じられるときは、ちょっと注意が必要でしょう。お金が絡んだ問題などは、特に気をつけるべきです。少額の貸し借りでも、返さないことが続くようなら、毅然とした態度で臨む必要も出てくるかもしれません。