Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
どこからがストーカー!?メール頻度注意報! | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

ストーカー規制にならないメールの頻度

どこからがストーカー!?メール頻度注意報!

頻度にご注意!メールもやりすぎれば・・・?

復縁したい!という男性、女性がそれぞれ、相手にコンタクトを取る方法として、一番よく使われているのがメールです。通勤途中や昼休み、アフターファイブに携帯から送ることもできますし、電話のように、相手が出ないかもしれない、といった強い緊張感は持たないで利用できます。手軽さや便利さで言えば、間違いなく一番使いやすいツールといえます。

送信する側にしてみれば、思いの丈を文字に込めて送信するという行為そのものにも、「伝えた」満足感もあるようです。口下手で、面と向かって話す勇気がなかなか出せない、なんて奥手なタイプの気性の方にとっては、非常にありがたいアイテムであることは確かなようです。

しかし、これも、あまりに頻頻と送りすぎると、相手に恐怖感や嫌悪感を抱かせる結果になってしまい、復縁どころか決定的に破局する危険性があります。ここ数年は、特にストーカー規制法などによって、メールのやり取りについては、社会全体での見方が厳しくなっている様子が伺えます。セクハラなども含めて「送った側よりも、受け取った側の感じ方」に目が向くようになり、「そんなつもりではなかった」が通らない場合も出てきているようです。

ストーカーと復縁希望の分かれ道は?

「どこからがストーカーに受け取られてしまうのか?」これは、男女共に気になるところだと思います。
現在、ストーカー行為を規制する法律は、ストーカー規制法があり、つきまとい行為や、各種の嫌がらせとみられる行為など、いくつかの項目を上げて具体的に規制しています。しかし、メールについては、専門家の間でも判断が分かれていて、今後法改正の対象となると考えられています。

しかしながら、逗子市で2011年に起こった事件以降、見直しの世論が高まってきて、警察としては、メールの件数そのものよりも、頻繁なメールで脅威を感じた場合は、相談の対応をとっています。

つまり、「何件送ったか?」ではなく「送られた相手が、そのことに恐怖や脅威を感じたか?」のほうが採択されている現状です。

また、メールに書かれている文章や言葉遣い等、いくつかの点を総合的に判断して、準・ストーカー行為とも言うべきじょうきょうになっていないか?を判断する傾向が強まっています。

特に、女性の場合、異性として意識しているわけでもなく、お付き合いしているという関係でない男性から、頻頻とメールを送ってこられることで、圧迫感や不快感を感じるケースが多いようです。相手から拒否の連絡があるような場合は、しつこくしすぎるとストーカーと判断されてしまうおそれがあります。引き際の見極めが肝心というところのようです。