復縁した彼に言ってはいけないこと

復縁カップル男子のホンネ!!絶対NGな、元カレのヤバい話題とは?

ホントは気になる「元カレ」のこと

一度別れてしまったけど、やっぱり、君が…なーんて甘い言葉で、再びヨリを戻して、見事に復縁できた!と思っていたのに、ちょっとしたことで、またまた、壊れてしまった。こんな話しは、復縁カップルの方が多いようです。一度は、深いところで関わりあった相手だけに、「可愛さ余って憎さ100倍」になってしまう危険度は、前歴のないカップルよりも強いのでしょう。

そんな、復縁カップル男子に聞いてみると、絶対やめて欲しい、のがやはり「元カレ」の話。
「前の奴と比べられるのは、絶対、嫌だ」というのは、男性、女性にかかわらずNGのようです。

「前のオトコと比べてケチだとか、態度が冷たいと言われたのがきっかけで、結局、復縁後半年で別れました。」(30代/会社員)
「デートの場所を相談してたら、「そこは、前カレともう行ったから。」だと。ムッとしてデートそのものをキャンセル。」(20代/学生)
なんて話も。

では、全く気にならないのか?というと、そういうわけでもないようで、やはり「どんな男だったのか?」は密かに気にしている男性が多いです。「比べられたくはない、だけど、絶対、負けねぇ!」という、複雑な男心なんですね。

「そりゃ、やっぱりね。「前カレよりはイイ男」って思われてたら嬉しいですよ。」(20代/介護職)

反対に、良いことで比べられるのは、実は密かに「勝った!」と心の中でにやけている男性も、少なくはないようです。

過去バナは要注意!特に、一番タブーなのは?

男性にしたら、復縁にこぎつけた彼女から言われる言葉は、気になるもののようです。一度は壊れたと思っていた関係ですから、もう一度、というのは勇気が必要ですよね?

過去バナは、復縁相手の昔の様子でも、注意が必要のようです。褒めるのに使うにしても、相手にとっては、不愉快なことになる恐れはありますから、気をつけましょう。

もちろん、別れていた間についあっていた、元カレの話題は、もっと注意が必要。「元カレの方が良かった」という印象を与えるような話題や、喧嘩の時に引き合いに出して、元カレなら、こーだった、なんて言い方をしたら、確実にもめるだけです。 

一番ダメなのは、ズバリ、ベッドでどーだった、の話題で、元カレを持ち上げること。

復縁相手のプライドも傷つきますし、あなた自身のイメージも悪くなります。男性は、いろいろ言いながらも、自分だけの彼女でいてほしい、独占欲が強いもの。そこを満足させてあげるような会話術も駆け引きのテクニックです。