復縁して再婚するとき気をつけること

再婚して復縁~解決しておきたいステップとは?

別れた前の相手と再婚~復縁は難しい?

結婚したものの、いろいろあって離婚届に判を押した相手。復縁を考えてやり直すことは難しいでしょうか?

復縁の再婚については、男性と女性でかなり考え方が違うようです。また、お子さんがいるか、いないか?でも条件が変わってきます。

女性が自ら出て行った場合の復縁は、ほとんど不可能に近い様子で、この場合は男性側が復縁を望んでコンタクトをとっても、あっさりダメ出しされるケースが目立ちます。離婚になって原因が夫の暴力、借金、浮気などの場合は、まず、無理と見るべきでしょう。女性の方にしたら、「結婚はこりごり」と、感じて、独身を貫くケースも多いようです。こうした場合は、女性側にも経済力があるか、親も含めて支えてくれる存在もある場合が大部分です。

また、男性側が、浮気相手のところへ出奔した場合は、復縁できるか、できないか?は、かなり女性側の態度に左右されます。

浮気をしているのを知っていても、全く、知らない素振りで結婚生活を円満に保てるような女性もいますから、浮気そのものが即座に離婚の原因になるとは限りません。浮気で受けた心理的、経済的ダメージが、女性に離婚を決意させる直接の理由です。

復縁が見込みやすいのは、やっぱり気持ちの問題?

比較的、復縁につながりやすいのは、離婚の原因が両者の気持ちの問題とは別のところにあった場合です。例えば、病気で倒れて、相手の生活を守りたいがために離婚を切り出した場合、事業の失敗で、家族を巻き込まないために離婚を勧めたような場合は、原因となった状況が改善されると、復縁ができる場合があります。

ここでも、問題になるのは、子供と、復縁相手の関係だと思われます。

両親の離婚で、一番傷つくのは子供。これは間違いのないところです。大人の事情に、子供が振り回されていることに気づかないまま、夫婦の関係だけに目を向けていると、あとになって、思わぬしっぺ返しを喰らうことになります。復縁しての再婚を考えるときは、家庭全体の影響も忘れてはいけないことでしょう。

復縁は二人の協力が不可欠

離婚後の復縁、再婚は、両方にとって難しい面が多いと言えます。一度離婚に至ったふたりの関係はもちろんのこと、親族等周囲も巻き込む騒ぎになる場合もあり、周辺の反対で断念せざるを得ない場合もあるからです。友人からも反対されて、絶縁状態になる場合もあり、人間関係の激しい変動が起きる場合もあります。

二人の気持ちや、友人、家族の関係を壊さないで復縁に成功できれば、最も望ましいので、繰り返し、反対の理由を聞き出して説得することも大切です。最終的には二人の気持ちが一番重要で、決定権も二人にあることはもちろんですが、その後の結婚生活には、周囲との関係も大切にしていかなくてはなりません。復縁の再婚には、二人の協力関係が非常に重要だと言えます。