夫婦間の問題と復縁

離婚?復縁?別居や夫婦間の大きな問題の内容からその後の関係を占う

今現在夫婦間で問題が起きていている場合でも、既に問題が起きて既に別居に至っている場合でも、夫婦間の関係が絶体絶命な状況であることには変わりはありません。この夫婦間の緊迫した関係から逃れて楽になるためには大きく分類すれば二つの方法があります。それは夫婦間の関係を修復し復縁することで緊迫した関係を終えるか、離婚と言う復縁とは逆の決着で夫婦間の緊張した関係を終えるかです。

この二つの方法は確かに緊迫した状態から解き放たれることには変わりはありませんが、それぞれにはそれなりの負担があります。一見、良い解決と思うことも出来る復縁ですが、場合によってはその後の関係に変化が生じたり、お互いが蟠りを持った状態で一つ屋根の下で生活を行うということを負担に感じることもあるでしょう。逆に悪しき解決法と考えることが出来る離婚も、関係の全てがなくなることで緊迫から解放されると考えがちですが、実際にはそのときに生じる慰謝料や養育費の負担に加えそれなりの精神的な苦痛が付きまとうことになることもあります。

いずれにしてもお互いが耐えることが必要になるのであればその選択は間違いたくない。そう思うのが人の心情と言うものでしょう。では、どのようなときには離婚を考え、どのようなときには復縁を考えれば良いのでしょうか。

もちろん、人によってその考え方は千差万別ですので一概にどちらが良いとは言い切れません。しかしこの復縁か離婚かを判断するのには重要なポイントがあります。それは、夫婦間の周りの状況です。結局、何か切欠があったとは言え夫婦間の喧嘩はお互い様と言う場合がほとんどです。問題はどちらか一方が相手を攻め立てるように周りに言いふらしているかどうかがポイントになってきます。周囲に相手の行いを愚痴って相手を非難して回っているようであればそこから関係を修復することは難しいと言えます。その場合はどちらかが「悪」になっており、関係を修復したとしてもその後の関係は悪化する一方でしょう。このようなことが顕著であれば、離婚も考えたほうがお互いの為に良いかもしれません。

反対に周りに色々と話をしていないのであれば、お互いの関係が復縁後に更に悪化する可能性はあまり高くありません。復縁してもお互いの関係が悪化することもなく、順調に復縁できると考えられます。

そうは言ってもこれはあくまでも喧嘩をニュートラルに両方を50:50で見た場合に限ります。確実にどちらかが悪いような状況であれば、場合によってはこの限りではないでしょう。