別居を円満解決する復縁テクニック

浮気が理由の離婚や別居を円満に復縁するための方法とは

浮気が理由での復縁はいわゆる「被害者」である浮気をしていないほうの心理的な状態が問題となることは言うまでもありません。いくら必死に謝っても、どれだけ今後はしないと伝えても、相手が浮気を許さないことには始まらないでしょう。どれだけ理由を挙げてもそれは言い訳にしかなりません。しかし、結婚している関係の上で浮気に至ったと言うことは少なからず相手にも問題があります。復縁が出来そうにない場合にはその被害者となる相手に自分にも原因があるかもと省みるように仕向けることが出来るかどうかが非常に重要になってきます。

自分が浮気しているにも関わらず相手にも非があると述べることはそれなりのリスクを伴います。しかし、相手にそのことを伝え理解してもらうことができれば今回限りと言うことで復縁が出来る可能性は少なくないことも事実です。

結婚していて相手がいるにも関わらず浮気をしていると言うことは決して許されることではありません。しかし、浮気したほうから考えるとそれには何らかの理由があると言えます。様々な理由は考えられると思いますが、あえて修復を望むのであればその理由は「恋愛がしたかった」という理由にしましょう。これは裏を返すと結婚している相手に恋愛感情を抱けないと言うことの裏返しになりますので言動や伝えるタイミングには最大限の注意が必要です。しかし、伝えたいことはつまり相手が女性であれば化粧もせずに日々過ごしていること、相手が男性であれば自分を女性としてみ見てくれていないことです。

もちろん、この論法は「だったら浮気をしてもいいのか?」という結論を導き出してしまいます。この結論に達してしまったときには復縁はもはや不可能となるでしょう。復縁を成功させるためには相手との関係においてもう少し男扱い、女扱いをしてほしかったという結論に持っていくことです。

浮気した相手については結婚相手の昔に似ていたと言うこと、その理由は結婚相手と昔のような関係になりたかったこと、更に出来れば結婚相手がもう少し男っぽく、女っぽくしてくれればそれが一番望ましいこと、そして更には今後も可能であれば一緒に着飾って出かけたりしたいことを伝えましょう。例えそれが事実でなくてもこれを耳にした相手は少なからず自分の状態を省みるはずです。

できれば結婚相手と結婚した手の頃のような関係を築きたかった、しかしそれを相手に伝えるのも失礼かと思っていたところ今回のような結果に至ってしまった。という理由です。相手の性格にもよりますが、この結論に気付くような相手であれば一度きりと言うことで修復できる可能性はゼロではありません。