元夫や元妻との離婚や絶縁・別居からの復縁について

記事一覧

離婚?復縁?別居や夫婦間の大きな問題の内容からその後の関係を占う

今現在夫婦間で問題が起きていている場合でも、既に問題が起きて既に別居に至っている場合でも、夫婦間の関係が絶体絶命な状況であることには変わりはありません。この夫婦間の緊迫した関係から逃れて楽になるためには大きく分類すれば二つの方法があります。それは夫婦間の関係を修復し復縁することで緊迫した関係を終えるか、離婚と言う復縁とは逆の決着で夫婦間の緊張した関係を終えるかです。

この二つの方法は確かに緊迫した状態から解き放たれることには変わりはありませんが、それぞれにはそれなりの負担があります。一見、良い解決と思うことも出来る復縁ですが、場合によってはその後の関係に変化が生じたり、お互いが蟠りを持った状態で一つ屋根の下で生活を行うということを負担に感じることもあるでしょう。逆に悪しき解決法と考えることが出来る離婚も、関係の全てがなくなることで緊迫から解放されると考えがちですが、実際にはそのときに生じる慰謝料や養育費の負担に加えそれなりの精神的な苦痛が付きまとうことになることもあります。

いずれにしてもお互いが耐えることが必要になるのであればその選択は間違いたくない。そう思うのが人の心情と言うものでしょう。では、どのようなときには離婚を考え、どのようなときには復縁を考えれば良いのでしょうか。

もちろん、人によってその考え方は千差万別ですので一概にどちらが良いとは言い切れません。しかしこの復縁か離婚かを判断するのには重要なポイントがあります。それは、夫婦間の周りの状況です。結局、何か切欠があったとは言え夫婦間の喧嘩はお互い様と言う場合がほとんどです。問題はどちらか一方が相手を攻め立てるように周りに言いふらしているかどうかがポイントになってきます。周囲に相手の行いを愚痴って相手を非難して回っているようであればそこから関係を修復することは難しいと言えます。その場合はどちらかが「悪」になっており、関係を修復したとしてもその後の関係は悪化する一方でしょう。このようなことが顕著であれば、離婚も考えたほうがお互いの為に良いかもしれません。

反対に周りに色々と話をしていないのであれば、お互いの関係が復縁後に更に悪化する可能性はあまり高くありません。復縁してもお互いの関係が悪化することもなく、順調に復縁できると考えられます。

そうは言ってもこれはあくまでも喧嘩をニュートラルに両方を50:50で見た場合に限ります。確実にどちらかが悪いような状況であれば、場合によってはこの限りではないでしょう。

夫婦二人の関係だけを考えていると、復縁も離婚もできなくなります

離婚を考える理由の一つとして、相手との関係の悪化が進み修復が難しくなっている場合があります。どちらかが何か問題行動を起こしたような場合ではなく、協議離婚で性格の不一致を理由に離婚するような場合もあるでしょう。しかし、どのような理由であったとしても結婚している状態から離婚を考えているのであれば、それが離婚と言う結末でも、復縁と言う結末でも、それなりに周囲を納得させることのできる正当な理由が必要になります。

恋愛をしている恋人同士の関係であれば、それが仮に結婚を前提にしていたとしても、まだ結婚していないこともありお互いの性格の不一致と言う理由だけで身軽に手軽に別れることができます。しかし離婚となるとそういうわけには行きません。もちろん、本人たちだけで決めて周りのことを考えずに離婚することもできますが、やはり結婚しているお互いが円満な離婚をしたいと考えるとそれなりに周囲との関係を考えることが必要になってきます。

友人から親族、親戚、それぞれの立場どこから考えても合理性のある離婚であればだれも文句を言うことはありません。しかし全員に好印象を与えたまま離婚をするということもまた難しい判断を迫られることもあるでしょう。そんな状況では相手が好きとか嫌いとか、それだけの理由では離婚することは難しい場合もあります。

そんな時に必要なのはまずは離婚の理由を明確にしておくことも必要でしょう。周囲に打ち明けたときに相手が疑問に思うような方法で離婚してしまうと、どちらかが悪者になってしまう可能性もあります。自分にそのつもりがなかったとしてもお互いが傷ついていっていることはしっかりと理解しておく必要があります。

離婚は当然当事者間の問題です。しかし結婚している状況で周囲を見回してみると、その周りには多くの人が関わっていることがわかります。その矢面に立つのは子供や両親です。皆の幸せを願うのであれば、二人の関係だけで離婚してしまうことが最善の方法であるとは言い切れません。二人の関係のみを考えて離婚を検討しているのであれば、まずは周囲の状況にも目をむけその関係性を今一度考え直してみることも必要なことと言えるでしょう。

二人のことだけを考えているようでは、綺麗に円満に離婚することも、お互いの関係を尊重しつつ復縁することも、難しいといえるでしょう。お互いの関係と周囲の関係、この二つの項目を良く考えて二人で前向きに物事を決めていく必要があるのです。

別居から復縁と離婚どちらを選んだら良いか迷ったときには

結婚していたとしても、だた付き合っているという状態でも、男女の仲にはトラブルが付き物です。些細なことからケンカになったりすることもあるでしょう。結婚しているのであればケンカの勢いで別居してしまっているようなこともあるのではないでしょうか。

離婚か、別居か、迷ったときにはまずは別居にしましょう。同じ空間で他人同士が暮らしている環境では感じることが出来なくなってしまっているような感覚もあるでしょう。その感覚を取り戻し周囲に影響されないような考える時間を確保するためにもこの一人で考えることの出来る空間は必要です。

別居から離婚するか復縁するかを迷っているのであれば、復縁を選択するべきです。以前と比較しても離婚が一般的になってきている世の中ではありますが、離婚をしたことで失うものは少なくはありません。何よりも離婚をしてしまった夫婦の子供は、間近で離婚を見ていることもあり将来離婚にあまり抵抗のない大人に育ってしまいます。親が離婚している子供ほど離婚しやすい傾向にある、これはデータとしても確認されている項目の一つです。

できるだけ離婚をしないように話をしてきましたが、これは何も離婚をよくないものとしていると言う意味ではありません。当然、関係の修復が困難であると言う場合にはお互いのためにも離婚を選択したほうが良いこともあるでしょう。関係の修復が困難であるとお互いに思い、お互いにその関係を良くして行こうという考えもないような関係の中で無理に婚姻関係を継続することが望ましいとは思いません。しかし、離婚は最終的な手段であって、離婚をしなければいけないような条件がそろっていないのであればそれぞれが別居することで想像以上に円満に行くこともあるでしょう。

最終的な結論として離婚でなければならない、また離婚しか考えることができないと言うのであれば、離婚もやむなしという結論に至っても良いとは思います。しかし離婚をしようか復縁をしようかと迷っているような状況であれば、離婚をするという最終的な結論は出さずにまずは復縁の道を探っていくことが望ましいと言えるでしょう。

どれほど昔の話か分かりませんが、一度はお互いのことを認め合い、お互いのことを求め合う形で結婚へ辿りついたということは間違いないでしょう。その二人が離婚と言う選択を行うと言うことは、決して悪しき選択ではないのでしょうが、なんとも悲しい話であることには間違いありません。

浮気が理由の離婚や別居を円満に復縁するための方法とは

浮気が理由での復縁はいわゆる「被害者」である浮気をしていないほうの心理的な状態が問題となることは言うまでもありません。いくら必死に謝っても、どれだけ今後はしないと伝えても、相手が浮気を許さないことには始まらないでしょう。どれだけ理由を挙げてもそれは言い訳にしかなりません。しかし、結婚している関係の上で浮気に至ったと言うことは少なからず相手にも問題があります。復縁が出来そうにない場合にはその被害者となる相手に自分にも原因があるかもと省みるように仕向けることが出来るかどうかが非常に重要になってきます。

自分が浮気しているにも関わらず相手にも非があると述べることはそれなりのリスクを伴います。しかし、相手にそのことを伝え理解してもらうことができれば今回限りと言うことで復縁が出来る可能性は少なくないことも事実です。

結婚していて相手がいるにも関わらず浮気をしていると言うことは決して許されることではありません。しかし、浮気したほうから考えるとそれには何らかの理由があると言えます。様々な理由は考えられると思いますが、あえて修復を望むのであればその理由は「恋愛がしたかった」という理由にしましょう。これは裏を返すと結婚している相手に恋愛感情を抱けないと言うことの裏返しになりますので言動や伝えるタイミングには最大限の注意が必要です。しかし、伝えたいことはつまり相手が女性であれば化粧もせずに日々過ごしていること、相手が男性であれば自分を女性としてみ見てくれていないことです。

もちろん、この論法は「だったら浮気をしてもいいのか?」という結論を導き出してしまいます。この結論に達してしまったときには復縁はもはや不可能となるでしょう。復縁を成功させるためには相手との関係においてもう少し男扱い、女扱いをしてほしかったという結論に持っていくことです。

浮気した相手については結婚相手の昔に似ていたと言うこと、その理由は結婚相手と昔のような関係になりたかったこと、更に出来れば結婚相手がもう少し男っぽく、女っぽくしてくれればそれが一番望ましいこと、そして更には今後も可能であれば一緒に着飾って出かけたりしたいことを伝えましょう。例えそれが事実でなくてもこれを耳にした相手は少なからず自分の状態を省みるはずです。

できれば結婚相手と結婚した手の頃のような関係を築きたかった、しかしそれを相手に伝えるのも失礼かと思っていたところ今回のような結果に至ってしまった。という理由です。相手の性格にもよりますが、この結論に気付くような相手であれば一度きりと言うことで修復できる可能性はゼロではありません。

離婚や別居からの復縁は内容をしっかりと吟味して行いましょう

離婚からの復縁はもちろん、別居からの復縁を考えている場合にもまずは立ち止まって自分の意思や別れようとしている原因を確認することが非常に重要です。相手の希望に沿うことも周りの意見を聞くことも当然ながら大切なことですが、当の本人はどのように考えているかを押し殺して周りの意見や考えを中心に復縁を決めていては自分の望まぬ結果となってしまうこともあります。その後の関係を良好なものにするためにも、まずは順序だてて冷静に、客観的に状況を判断して行きましょう。

まず、離婚はどちらが提案して離婚することになったのでしょうか。自分からでしょうか、相手からの要望でしょうか。まず、原因が自分からにも関わらず復縁を考えるようになったのであれば復縁する理由を明確にする必要があります。何かの原因で離婚を決意したのに復縁しようとしているということは、何らかの心境の変化があったからでしょう。それが相手の粘りだったり協議の疲れだったりするのであればもう一度自分を引き締めて改めて離婚を考えた理由を確認することが重要です。自分で決めているのであれば「なんとなく」離婚に至ると言うことはないでしょう。それを再度考え、復縁しても良いのかをしっかりと考えることが重要なことなのです。相手からの離婚の申し出であれば、相手次第では復縁することもあるかもしれません。しかしそのようなときでも自分の意思はしっかりと考えておくことが重要なのです。

次に離婚の協議がどの程度進んでいるのかを確認しましょう。子供がいるのであれば恐らく親権にかんする協議やお金に関する協議、その他様々なことを話し合ってきているかもしれません。そのような話し合いが行われないまま復縁であれば特に問題ないかもしれませんが、特に協議が実際に行なわれていた場合にはなぜ離婚をしないという結論に至ったのかを考える必要があるでしょう。離婚を前提に話を進めていたにも関わらず、急にその話を復縁に変えるのであればそれなりの理由があるはずです。そしてその理由がわかったら、理由に正当性があるかどうかをじっくりと考えるべきでしょう。

更に、復縁に当たり何か条件が出されていないかをよく確認するべきです。条件があるのであればこの条件にも妥当性があるかどうかを考える必要があるでしょう。冷静に客観的に判断してみると、その条件に妥当性が見出せないこともあります。

当然、復縁は悪いことではありません。離婚してしまうよりも双方が有益なことではあります。しかしこれを相手や周囲の思うまま自分の意思なく進めていれば、復縁したその後の関係に大きな歪が生じることも考えられます。復縁か、別れかと言う選択であれば、ぜひとも復縁を選択して欲しいものですが、それに当たりしっかりと内容を確認することが重要です。

別居からの復縁を確実に成功させるためのメンタルトレーニング

別居からの復縁についてはなかなか難しいこともあるものです。別居に至るまでの経緯によってはそれ相応に労力が必要な場合もあるでしょう。短期間で関係の改善ができるような場合であれば特に問題はありませんが、関係の修復に長期間を要するような場合にはそれなりにゆったりと構えなければこちらが憔悴してしまうでしょう。では、復縁に疲れきってしまわないためにはどのように挑んでいけば良いのか、自分が精神的につかれきってしまわないような方法を身につけ確実に復縁を成し遂げる方法をお伝えしましょう。

相手に他の異性ができている場合を除いてはほとんどの場合、結婚してからしばらくが経過していることもあり、お互いに「恋愛」という感覚からは遠のいてしまっています。復縁が長期にわたるという場合にはこの恋愛の感情をしっかりとお互いに呼び覚ますことが復縁のポイントです。

今現在がどのような関係にあるとしても、恋愛結婚であれば恋愛していた期間は必ずあります。仮にお見合いでの結婚だとしてもお互いに男女の関係が深まる過程で恋愛に似た心情になっている過去があったことも間違いないでしょう。長期間の復縁の場合に重要なのはこのときの気持ちを思い出しながら相手との関係を一から作っていく気持ちで取り組むのが一番です。

「今更そんな…」というような感情もお互いにあることは間違いありませんが、関係の修復にはこの方法が一番です。離婚に至らず別居に納まっているということは少なからずお互いに関係を修復したいという気持ちがあると前向きに考えましょう。例えば、男女の恋愛の初期に良くある、食事に行くという行動や映画を見に行くという行動、そのほかにもお互いが昔行った場所など例を挙げればきりがありません。そのような場所に誘うというだけでも「関係の修復をしようとしている」ということは相手に伝わるものです。

お互いの忙しさによってはそのような場所に誘うことが困難な場合もあるかもしれません。誘った時点で「この忙しいのに何を考えているのか」というような感情になることもあるでしょう。お互いの忙しさによってこの方法に難があるのであれば、食事に行く程度のことでも良いでしょう。もちろん相手は不機嫌になっていることもあるかもしれません。しかし食事に誘ってその場所までは出てくるのであれば、復縁は決して難しいものではないと考えましょう。

できるだけ自分の昔の感情を呼び覚まし、異性の相手と過ごしたときの間隔で、相手を異性として扱うことを心がければ決して復縁は難しいものではないのです。

<1 2