復縁と離婚の選び方

別居から復縁と離婚どちらを選んだら良いか迷ったときには

結婚していたとしても、だた付き合っているという状態でも、男女の仲にはトラブルが付き物です。些細なことからケンカになったりすることもあるでしょう。結婚しているのであればケンカの勢いで別居してしまっているようなこともあるのではないでしょうか。

離婚か、別居か、迷ったときにはまずは別居にしましょう。同じ空間で他人同士が暮らしている環境では感じることが出来なくなってしまっているような感覚もあるでしょう。その感覚を取り戻し周囲に影響されないような考える時間を確保するためにもこの一人で考えることの出来る空間は必要です。

別居から離婚するか復縁するかを迷っているのであれば、復縁を選択するべきです。以前と比較しても離婚が一般的になってきている世の中ではありますが、離婚をしたことで失うものは少なくはありません。何よりも離婚をしてしまった夫婦の子供は、間近で離婚を見ていることもあり将来離婚にあまり抵抗のない大人に育ってしまいます。親が離婚している子供ほど離婚しやすい傾向にある、これはデータとしても確認されている項目の一つです。

できるだけ離婚をしないように話をしてきましたが、これは何も離婚をよくないものとしていると言う意味ではありません。当然、関係の修復が困難であると言う場合にはお互いのためにも離婚を選択したほうが良いこともあるでしょう。関係の修復が困難であるとお互いに思い、お互いにその関係を良くして行こうという考えもないような関係の中で無理に婚姻関係を継続することが望ましいとは思いません。しかし、離婚は最終的な手段であって、離婚をしなければいけないような条件がそろっていないのであればそれぞれが別居することで想像以上に円満に行くこともあるでしょう。

最終的な結論として離婚でなければならない、また離婚しか考えることができないと言うのであれば、離婚もやむなしという結論に至っても良いとは思います。しかし離婚をしようか復縁をしようかと迷っているような状況であれば、離婚をするという最終的な結論は出さずにまずは復縁の道を探っていくことが望ましいと言えるでしょう。

どれほど昔の話か分かりませんが、一度はお互いのことを認め合い、お互いのことを求め合う形で結婚へ辿りついたということは間違いないでしょう。その二人が離婚と言う選択を行うと言うことは、決して悪しき選択ではないのでしょうが、なんとも悲しい話であることには間違いありません。