離婚からの復縁

離婚から相手との関係を修復するために知っておく復縁パターン

自分は望んでないものの止むを得ず離婚してしまったとしてもそれを悲観することはありません。関係を修復し、再度同じ相手と再婚しているとも少なからずいます。そして離婚したにも関わらず同じ人と再婚をする人にはある程度その傾向やパターンがあるのです。

まず、離婚して同じ人と復縁するパターンには離婚で迷いが合ったという場合がほとんどです。お互いに迷いがあったのであれば可能性はより大きくなるでしょうが、仮にお互いではなくどちらか片方に迷いがあったとしても復縁する可能性はあります。迷った結果やっぱり離婚しなければ良かったという結論に達したと言うことでしょうね。

そして離婚の理由が相手の人格的な問題ではなかった場合にも復縁することが多いようです。例えば、子供が出来なかった、時間が合わなかった、親族が性格的に合わなかったなど、その内容には多種多様なものがありますが、相手そのものにはそこまで大きな嫌悪感が無かった場合に復縁することが多いようです。

更に、離婚の理由が浮気のときにも再婚する場合があります。その当時は年齢が若いこともあり許せなかった離婚が、ある程度の年月が経過することで許せるような精神的な環境が整ったとき再婚をするということもあるようです。たかだか一回くらいの浮気で…という整理が付けば、その事実を上回るほどの恩恵があるのであれば許容できるようになるのかもしれませんね。

他にも子供が居たからというパターンもあります。どうせ定期的に子供とも相手とも顔を合わせるのであればいっそのこと再婚してしまおうかと言うパターンです。子供が強く望んでいるような状況であればこの可能性は更に大きくなるでしょう。これに合わせて理由が時間と共に薄れていくような程度のものであればより一層復縁の可能性は上がっていくのでしょう。

これとは逆に子供が居なかったからという理由もあります。どちらか一方、もしくはお互いに良い相手が見つかれば復縁の可能性は下がりますが、特に離婚後の独り身が長期間に渡るようであれば更に復縁の可能性は上がるでしょう。その後の人生を考えたときに一人で過ごしていくよりは少々問題はあったもののある程度の期間連れ添った相手と過ごしていくのも悪くないとの結論に達すれば復縁を考えることもあるかもしれません。

このように離婚後の復縁には人それぞれに様々なパターンがあります。裏を返せばどんな状況で離婚したとしても、相手が生きてさえいれば復縁の可能性はあるのです。上記は実際に再婚まで漕ぎ着けたパターンの例ですが、中には事実婚で入籍はしていないパターンもあるでしょう。いずれにせよ、離婚したとしても復縁は決してあり得ない話ではないのです。
(⇒別れか復縁か、悩んだときにやってもらいたい15のチェック項目