復縁と離婚と別居の考え方

離婚を前提にするよりも復縁を前提に別居を行ったほうが良い理由

別居をするときに良く見られるのが離婚を前提に別居を行うと言う行動です。確かに相手に非があると考えている場合などには「次に問題が発生すれば離婚します」ということを前提に別居をすることもありかもしれません。しかしこの離婚を前提に別居という行動については後々のことを考えるのであればあまり良い方法とは言えません。

確かに「次やったら離婚」という言葉はそれが浮気であったとしても、ギャンブルも含めた金銭的な使い込みであったとしても、ある程度その行動を抑止する効果はあるかもしれません。しかしこれはあくまでも相手が「離婚したくない」と強く思っている場合に限ります。離婚について「別に離婚してもいい」と相手が思っていた場合にはこの「離婚前提の別居」には大きな落とし穴があるのです。

それは今までの離婚に関する裁判所の判断から見て取ることができます。通常、このような「次にやったら離婚」という言葉を発するときには「もうしないで欲しい」という希望が含まれています。しかし状況によっては「離婚のための別居」ということに捉えられることもあるのです。ではこの「離婚のための別居」だと何が違うかと言うと、その時点で見方によっては「既に夫婦関係が破綻している」と捉えられる事もあるのです。これが何を意味するかと言うと、こちらがいくら行動を抑制するため、つまり関係を修復するために別居しているとしても、相手が「夫婦関係が破綻している」と主張することができると言うことなのです。結果としてその間に浮気をしようがお金(自分の)を使い込もうがそれは「夫婦関係が破綻している」状態での行動なので相手の非にはならない可能性があるということになります。

最終的に離婚をするということになったとしても、別居後の浮気は浮気とは判断されません。同居中の浮気の証拠があればそれなりに相手に非があるということにはなりますが、別居後の浮気はカウントされないということも有り得るのです。

では、このような状況を防ぐためにはどのようにすれば良いかというと、別居に「離婚」という言葉は使わないことが望ましいと言えるでしょう。仮に別居だとしてもそれは「関係改善のための別居」であって、決して感情的になってもならなくても「またやったら離婚」といったような脅しのような文言は使わないことが理想と言えるでしょう。

もちろん、別居をするような段階であれば「またやったら離婚」というニュアンスは含まれていて当然です。しかし、出来るだけこちらが有利に事を進めて行きたいのであれば別居のときに「離婚」という言葉は使わないことが理想的です。
(⇒別居生活からの復縁を成し遂げるために必要な心がけとテクニック