Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
相手が暴力を振るうことがあるようなら良く考えて復縁しましょう | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

暴力を振るう相手との復縁は慎重に

相手が暴力を振るうことがあるようなら良く考えて復縁しましょう

以前はあまり表沙汰になることもなかった夫婦間の暴力。今でもまだ家庭内で抱え込んでいる人も居るようですが、ニュースなどでも取り上げられることが増え離婚や別居を考える人も以前より増加してきたのではないでしょうか。この夫婦間の暴力には「暴力」と一括する事のできない複雑な事情も絡んでいます。

男性、女性に限らず、暴力を振るう人物にはある特定の特徴があります。ある切欠から急に暴力を振るうようになった場合でも、以前から暴力を振るうような常態化された状況であっても、多くの場合は暴力を振るっていないときには良きパートナーである場合が多いのです。身体にあざが出来たり怪我をするようなハードな暴力であればなおさらその傾向は強いと言えます。特に長期間暴力を受けてきているパートナーについてはその暴力に愛情すら感じる場合もあるようです。

このような関係の二人の間にたとえ第三者が入ったとしても、暴力を振るっているほうはもちろん自分をかばいますが、暴力を振るわれているほうも相手をかばう場合があります。これはここで庇わなければまた暴力を振るわれるという恐怖感から来るものもあれば、暴力を振るっている相手に対する屈折した愛情である場合もあります。

もしあなたが暴力を振るわれている立場で今現在別居や離婚に近づいている、もしくは既に成立しているのであれば復縁は良く考えて行うべきです。恐らく、暴力を振るっている相手は今後は改めていくので復縁したいといってきているのではないでしょうか。しかし、ほとんどの場合、復縁してしばらくは確かに暴力は控えるようになるでしょうが、それはあくまでも一時的なものです。しばらく時間が経過すればこちらの小さな失敗を指摘し、それを理由に暴力を振るってくるようになります。またこのときになると暴力を受けている側は「自分が悪いのだから」と相手の暴力を正当化します。

暴力が危険なのは、ある一定の暴力で止まらずに内容がエスカレートしていくと言うことです。最初は耐えれる暴力であったとしても、その暴力はどんどんとエスカレートしていきます。才覚の場合、最終的にその暴力の強度は人間の限界を超えるようなものに発展して行くと言うこともあるでしょう。この場合、被害者は暴力を日ごろ受けている人だけには限りません。子供の場合もあるかもしれません。最悪の場合他人であることもあるかもしれません。それほど家庭内や男女間の暴力と言うものは、人から見えないと言うこともあり段階的に大きくなっていくのです。

あなたが暴力を振るわれているのであれば、暴力以外の面にも目を向けてニュートラルな視点から関係を継続していくか判断しましょう。