Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
2ページ目 | 読者から寄せられた復縁の方法体験談 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

読者から寄せられた復縁の方法体験談

記事一覧

些細なことから喧嘩別れになってしまった彼との別れから復縁まで

彼との別れは本当に些細なことでした。彼が遊びに行ったときにメールしても連絡が取れなかったというそれだけでケンカしてしまいました。私は彼が遊びに行っている間も彼の連絡を待っていたので何通もメールを送ってしまい、彼からは「鬱陶しいのでもうイヤだ」と言われてしまいました。私はそんなつもりはなくて遊びに行っている彼が今何をしているのか知りたいだけだったのですが、後から考えればたくさんのメールが自分が遊んでいるときに来たらやっぱり鬱陶しいと思います。

そこからしばらくは反省しているということやもうしないと言うことをメールで何度も連絡をしていましたが彼からの返信はやがてなくなりました。もう諦めようとしたときに彼からのメールの返信が来たのです。二人とも少し冷静になっていたので話しをしたいという内容でした。私はうれしくなってまたメールをしていましたがあまり返信は来ません。不安に思っていたときにバイト先の先輩に相談したところ、ただ単純にメールが多すぎるのではないかと言われました。

もう終わりかもしれないと思っていたこともあって、先輩の言うとおりに連絡を少し少なくしてみました。すると、また彼から連絡が来るようになったのです。返信が来たら嬉しくなって何度もメールしてしまっていましたが、先輩から教えてもらったとおりに出来るだけメールの回数を減らしていましたが、我慢すれば我慢するだけ彼からメールが届くようになりました。

話をする日になって彼と話しをしてみると、やっぱりメールが多いことが負担になっていたと言うことが分かりました。彼はまじめな性格なのでメールを返さないと悪いような気がして出来るだけ返してくれていたそうですが、それ以上のペースで私が返信をするのでメールの返信に疲れていたと話してくれました。

原因が分かったのでメールが多すぎたことを謝って、できるだけメールを控えるようにすると伝えたところ、それならとまた付き合うことを考えてくれると言ってくれました。ただ、すぐ復縁することはできないと言われたので、そこから一ヶ月間、私はできるだけメールは必要な内容に絞って控えるように頑張りました。

一ヶ月は経過し、彼は私のところに戻ってきてくれました。後からよくよく聞いてみると彼の場合必要なメールはいいそうですが、あまりメールが得意ではないと言うことが分かりました。メールを控えてみたらいいと思うといってくれた先輩には感謝しています。

二年越しに復縁ができた理由とその復縁タイミングの計り方

復縁と言うと直前に別れた人との復縁を考えている人が圧倒的な多数のようですが、私の場合は別れてからしばらく経過してからその元彼女との復縁を考えました。別れた当初はお互いの価値観に違いを感じた別れと言うこともあり、復縁をする意思は全くなかったのです。しかし別れてから半年を経過したくらいから彼女との復縁を考え出しました。その当時には既に新しい彼女が出来ており、相手も新しい彼氏が出来ていたので復縁できたら良いなとは思っていたものの、今現在のお互いの相手のことを考えるとそんな話は切り出せずにいました。その後、付き合っていた彼女と別れ新しい彼女が出来ましたが、そのころから更に半年後には最初に別れた彼女との復縁を強く望んでいました。しかし、やはり相手にも自分にも相手がいるようであれば積極的な行動には出れません。復縁のためにまずはこのタイミングを調整すると言う作業が必要になりました。

まずは彼女に現在の彼とうまく行っているのかを確認しました。返事は「まぁぼちぼち」という返事です。うまく行っているということを強く主張しないと言うことはまだ復縁の可能性があると判断しました。このような場合にはまずはポジティブな考え方が重要です。

次に復縁したいことを直球で伝えます。しかし、それだけではいけません。復縁したいけれども相手から略奪する気持ちはないということを伝えます。これを伝えれば相手は仮に別れてしまっても保険として次の彼氏もキープできているという認識になります。もちろん「キープ」という表現はあくまでもこちらから見た場合の言い方で、相手に直接「キープにして欲しい」といったような話はしません。

あとはしばらく待つだけです。私の場合には一年が経過していましたのでじっくり考えて他の女性も見たけれどもやはり彼女が一番良いということを伝えました。もちろん略奪する気はないので、できれば幸せになることを望んでいるが戻りたくなったら連絡してくれと伝えましょう。

相手と今の彼氏の付き合いがよほど順調でない限りはこの方法で充分です。あとは彼女が自分で考えて戻ってくるでしょう。後のタイミングは彼女の気分しだいです。注意しなければならないのは、この復縁までの期間が長すぎるのであれば彼女が次の恋愛を充実させてしまっている可能性があるということです。できるだけ早めに復縁をしたほうがやはり効果は上がると言えるでしょう。当然、自分との別れにおいて泥沼化していないことも必要な条件と言えますね。

別れるたびの強い復縁願望が一度も達成されていない件

私は男性と別れるたびにしばらくたつと復縁したいと感じます。別れは相手から切り出されることもこちらから切り出されることもあります。今まで付き合ったほぼ全ての男性と一度は復縁を考えていますが一度も成功したことはありません。周りの友人に私の復縁の方法を伝えると必ず「それはむりだよ!」と言われます。私には理由がわかりませんが、誰かの復縁の役に立つのであればということで匿名を理由に内容を話すことにしましたので、今までの復縁で試した方法を説明していきたいと思います。

・一人目~積極的に手紙を利用
最初の彼はまだ私が学生だった頃のことでした。別れたくなかったのですが時間のすれ違いから別れてしまい、彼とやり直すために必死で手紙を書きました。思いを伝えるには手紙が一番良いと雑誌に書いてあったので方法は間違っていません。想いが大きい日には一日十数通の手紙を手が痛くなるまで書きましたが復縁するには至りませんでした。返事はもらえなかったものの私はもう少しで復縁できると思っていたのですが、ある日実家の母から止められました。今でもこの復縁がうまくいかなかったのは母のせいだと思っています。

・二人目~積極的にメールを利用
二番目の彼はメールで知り合った彼でした。元々お互いの連絡はメールが中心だったこともあって、別れが訪れたときには別れたくないと言う思いを数時間おきにメールで伝えました。彼からはもう付き合うのをやめて欲しい」という返信も来ていましたが、携帯電話の不調かメールが相手に届かなくなりました。携帯会社にメールの不調を訴えましたが理由は「わからない」の一点張りで結局連絡が取れなくなってしまいました。

・三人目~積極的に会いに行く
メールはやはり届かなくなってしまうこともあるようなのでこのときの彼には会いに行くことにしました。身体の相性がイマイチに感じたので別れは私のほうから告げたのですが、時間の経過と共に彼の大切さを感じて復縁を願い出たことを覚えています。自宅を含め、出勤時、友人宅、実家、旅行先、あらゆるところに会いに行きましたが結局彼は身体を壊して入院してしまったそうです。病院にも場所を調べて会いにいったのですが、面会は出来ないと警備のお兄さんから告げられ断念しました。

まだまだ色々な復縁方法を試している私ですがなかなかうまくは行きません。恋愛はとても簡単ですがやはり復縁となるとなかなか難しい部分もあるのですね。今度は新しい男の子と今度自宅に遊びに行く約束を取り付けたので、復縁の前に別れることがないように付き合って行きたいと思っています。

復縁には自分の成長が必要と思って復縁タイミングを逃してしまった私

私も彼と別れた時には復縁を考えていました。そのとき、自分なりにいろいろと人の意見を聞いたりネットで調べたりした中に「自分の価値を上げて復縁を成就させる」という意見がありました。結論から言うと相手のことを忘れるためということではなく、本当に復縁を望んでいるのであればこの考え方は復縁には適しません。復縁したいのであればこの「自分磨き」の罠には陥らないようにすることが大切だと思います。

私はこの「自分磨きで復縁する」という方法はその当時とても効果があると考えてしましました。相手に振られてしまったこともあって、女性としての魅力を磨いて復縁することを前提に自分磨きを始めるようになったのです。しかしこの方法は適切ではないということは今考えれば簡単にわかることです。失恋して周りが見えなくなり、藁にもすがる思いで意見を求め、冷静に考えればそれが無理であることには気づけたのでしょうが、「何かしなくてはいけない」という思いからこの「自分磨き」の罠にハマってしまったのです。

そもそも「自分を変える」ということは決して簡単にできるものではありません。一週間で変えれたり、一か月で結果が出たりするのであれば少しは可能性もあるのかもしれません。しかし外見にしろ、内面にしろ、自分が変わるためには少なくとも三か月、場合によっては数年の時間がかかるのではないでしょうか。私の場合には復縁を考えながら自分磨きを行う日々を半年続けましたが、そろそろいいかなと思った時には相手にはすでに新しい彼女候補ができていました。

更に、今まで復縁に成功した人たちがどのくらいの期間の間に復縁をしたかというデータを見ると全体の約半数の人が半年以内に復縁をしています。そのことから考えると復縁のために自分磨きをしたら良いという考えは、復縁をしたことのない人が空想で言っているか、復縁を諦めさせたい人が気持ちを彼以外の何かに向けさせるために行っている意見ではないかと思えるのです。

残念ながら私はその後も数年間彼との復縁を望んでいましたが、復縁することはできませんでした。原因は最初の別れの時点で私が余計な無駄な時間を作ったことが原因です。半年後に相手に彼女ができたことを知った私は、その後に彼氏を作りました。しばらくして復縁したかった彼から「彼女と別れた」という連絡が来ましたがその時にすぐにその時点の彼と別れることはできず、タイミングが合わないうちに自然と疎遠になっていったことを考えると最初の半年を悔やまずにはいられません。

復縁を望む女の子にとって「自分磨き」は一見有効な方法に見えますが、決して復縁に近づくことのない手段だということを知ってほしいです。

相手を怒らせて喧嘩別れになった私が短期間で復縁できた方法

私の彼女はケンカするといつも「別れる!」と怒っていました。今回もどうせ数日たてば機嫌も良くなるだろうと放置していましたが、そのときには本気の「別れる!」だったようです。その後急に連絡が取れなくなり、メールの返信も全く来ない状況になってしまいました。最初の数日はいつものことと連絡もしていませんでしたがさすがに一週間も経過すると少し不安になってきました。やっと連絡が取れたと思うと「本当に別れたい」と真剣な声で言われ、まずいとは思ったものの「少し考えさせて欲しい」と告げて一旦は相手も落ち着きを取り戻しました。

さぁ、この状態からの復縁はどうしたものだろうと考えましたがなかなかいい案が浮かび上がってきません。しかし、感情的になっていると言うことは分かりましたので連絡を取りたいのをグッとこらえ出来るだけ必要最小限しか連絡を取らないように努めました。相手が感情的になっているときにむやみに連絡を取ることは好ましくありません。理由が何であれこんなときにはとにかく連絡を控えることが重要である、これは今まで色々な女性と付き合ってきた中で学んだ結果でした。

別れると言われるとそれを阻止するために色々なことを考えるでしょう。理由が明確であればそれを改善するということを必死になって伝えたり、理由が分からなければ理由を教えて欲しいと要求したり…。「別れる」といわれたときにはまずは「良く考える」という回答が模範解答です。自分に非があるのであれば「悪かった」ということとと別れについては「少し考えたい」と回答しておけば充分です。何を考える必要があるのか、今すぐ別れたい、など色々なことを言われるでしょうが、大切なのは理由を明確にしないことです。ニュアンスとしては「意向に沿いたいが急なことで整理が付かない、少し整理する時間が欲しい」というニュアンスではありますが、それを伝えてしまえば別れに前向きであるという印象を与えてしまうこともあります。重要なのは、「何か考えてるけどその内容は分からない」という状況を作ることです。

あとはしばらく相手からの連絡から逃げ切りましょう。相手の感情が少し和らいだ時点で「よく考えたがお前じゃないとだめだと改めて気づいた」と伝えればこれで復縁は完了です。たとえ今まで失態を繰り返していたとしても「今気づいた」のであれば「仕方ない」という結論に進めることができます。しかしここで実際に「今気づいた」と言ってはいけません。それを言ってしまうと「今頃かよ!」という結論が導き出されてしまう可能性が上がります。別れを希望されてからの復縁は正確なタイミングと絶妙な言葉で復縁することが可能です。

<1 2