Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
相手を怒らせて喧嘩別れになった私が短期間で復縁できた方法 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

喧嘩別れから短期間で復縁できた方法

相手を怒らせて喧嘩別れになった私が短期間で復縁できた方法

私の彼女はケンカするといつも「別れる!」と怒っていました。今回もどうせ数日たてば機嫌も良くなるだろうと放置していましたが、そのときには本気の「別れる!」だったようです。その後急に連絡が取れなくなり、メールの返信も全く来ない状況になってしまいました。最初の数日はいつものことと連絡もしていませんでしたがさすがに一週間も経過すると少し不安になってきました。やっと連絡が取れたと思うと「本当に別れたい」と真剣な声で言われ、まずいとは思ったものの「少し考えさせて欲しい」と告げて一旦は相手も落ち着きを取り戻しました。

さぁ、この状態からの復縁はどうしたものだろうと考えましたがなかなかいい案が浮かび上がってきません。しかし、感情的になっていると言うことは分かりましたので連絡を取りたいのをグッとこらえ出来るだけ必要最小限しか連絡を取らないように努めました。相手が感情的になっているときにむやみに連絡を取ることは好ましくありません。理由が何であれこんなときにはとにかく連絡を控えることが重要である、これは今まで色々な女性と付き合ってきた中で学んだ結果でした。

別れると言われるとそれを阻止するために色々なことを考えるでしょう。理由が明確であればそれを改善するということを必死になって伝えたり、理由が分からなければ理由を教えて欲しいと要求したり…。「別れる」といわれたときにはまずは「良く考える」という回答が模範解答です。自分に非があるのであれば「悪かった」ということとと別れについては「少し考えたい」と回答しておけば充分です。何を考える必要があるのか、今すぐ別れたい、など色々なことを言われるでしょうが、大切なのは理由を明確にしないことです。ニュアンスとしては「意向に沿いたいが急なことで整理が付かない、少し整理する時間が欲しい」というニュアンスではありますが、それを伝えてしまえば別れに前向きであるという印象を与えてしまうこともあります。重要なのは、「何か考えてるけどその内容は分からない」という状況を作ることです。

あとはしばらく相手からの連絡から逃げ切りましょう。相手の感情が少し和らいだ時点で「よく考えたがお前じゃないとだめだと改めて気づいた」と伝えればこれで復縁は完了です。たとえ今まで失態を繰り返していたとしても「今気づいた」のであれば「仕方ない」という結論に進めることができます。しかしここで実際に「今気づいた」と言ってはいけません。それを言ってしまうと「今頃かよ!」という結論が導き出されてしまう可能性が上がります。別れを希望されてからの復縁は正確なタイミングと絶妙な言葉で復縁することが可能です。