復縁に必要な能力とは

別れた女性との復縁を望んだときに男性に必ず必要な能力とは

どんな事柄にも必ず「定番」というものがあります。これはもちろん女性との復縁についても同じことが言え、その定番を外さなければ自分で思っているよりも簡単に別れてしまった女性と復縁することが可能になるでしょう。更に今から説明するこの「能力」は復縁に限らず男女間の関係、更には人生においてもとても有効な能力と言うことができます。「能力」というとあらかじめ備わっている人とそうでない人がいると考えがちですが今回の場合そのようなことはありません。例え現時点で自分に備わっていない能力であったとしても、行動に気を配ることができれば今からでも修得することの可能な能力なのです。

では、この能力とは具体的にどのような能力なのでしょうか。それは自分を客観的に見つめることの出来る能力です。この能力は女性との復縁を望んだときには特に必要な能力であり、もし今現在その能力がないとしても一定の行動を心がけていれば思っているよりも短時間で修得できる能力なのです。

まず、この自分を客観的にみる能力があれば自分の行動を適切な方向に進めることが可能になります。復縁を望んでいるのにも関わらず成就できない場合のほとんどは、女性と接するポイントに問題があるという状況です。具体的には過剰に連絡を取ってしまったり、逆に拒否されることを避けたことによって連絡が過少になってしまうことが復縁がうまくいかない理由と考えても良いのではないでしょうか。自己を客観的に見つめることでこのタイミングを調整し、より良い方法で女性にアクセスすることが可能になるのです。

この能力が自分に備わっていないという場合には定期的に自分を振り返ってみることを癖付けましょう。定期的に自分を振り返っていればやがて、その振り返りまでの時間を短縮していくことが出来るでしょう。その結果、行動を起こしたその場で即座に自分の行動を省みることが可能になり、結果として自分の姿を客観的に見ることが出来るようになります。

この方法で客観的に自分を見る能力を養うときに重要なのは、現実逃避を避けるためにその結果についても客観的に受け止める必要があります。自分の行動を振り返り、反省して次に役立てようと言う考えは決して悪いわけではありませんが、あくまでも行動を客観的に見る能力を養うことが目的であってこの段階から反省を行うことに主眼を置いているわけではありません。逆に反省を中心にしてしまうと、その結果、起こそうとした行動に制限をかけてしまう結果に繋がります。

今必要なのは自分を客観的に見ていく能力。反省よりも前を見て進んでいくことが重要なのです。もし反省をするとしてもだまだ先で良いでしょう。