Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
復縁や関係を好転させたい女を自分の手元に転がり込ませる三つの鉄則 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

彼女と復縁したいあなたへの3つの鉄則

復縁や関係を好転させたい女を自分の手元に転がり込ませる三つの鉄則

男性が女性と復縁を考えているのであれば、いくつかの鉄則があります。それを守って行けば復縁の可能性は大きくなり、守らなければ復縁の可能性は小さくなります。復縁を望むのであれば、これらの鉄則を守りきることで彼女との復縁はより近づいてくると言えるでしょう。

鉄則の一つ目は「不要な連絡をしない」ということです。

彼女と別れてしまい、その彼女と復縁したいのであれば連絡を取りたくなることはわかります。他の男に取られるのではないか、急に音信不通になるのではないか、そんなことを考えてしまいがちです。しかし、ここで不要な連絡をするようであれば復縁は遠のいていくと考えましょう。不要な連絡はあなたの不安を表します。相手の女性にはその不安が伝わると考えましょう。この不要な連絡は彼女との関係でただ単純に不利になる要素しかありません。

鉄則の二つ目は「無駄にご機嫌をとらない」ということです。

特に年下の女性との復縁望んでいるときにはこの「ご機嫌取り」は過剰であればあるほど鬱陶しいだけです。ましてや復縁を望んでいることが手に取るようにわかり、より一層復縁からは遠のきます。ご機嫌を取るのはさりげなく、できるだけ短く納めることです。無駄にご機嫌をとってもそれは関係改善の方法にはなりません。

最後の鉄則は「一度は拍子抜けさせる」ということです。

食事の機会もあるでしょう。飲みに行く機会もあるかもしれません。ひょっとしたら抱けるタイミングもあるのではないでしょうか。毎回断る必要はありませんが、どこかで相手が思っていないような行動を取ることが重要です。翌日が仕事、どこかに遊びに行く、何かやることがある、理由は何でもいいでしょう。とにかく一度は「あれ?」と思わせることが重要です。特に抱ける機会で抱かないと言うのは相手に大きなショックを与えることができます。そしてそのショックは与えるだけではいけません。その後のフォローを手早く行うことで効果はより一層高まります。

この三つの鉄則は必ず実行する必要がある鉄則です。自分の気分の赴くままに連絡をして、ご機嫌を取り、ほいほい出かけているようでは相手から見れば分かりやすい男になってしまいます。少しぐらいは分からない部分があるほうが女性は興味を持ち、その分からない部分を何とかして知ろうと考えます。その何とかして知ろうと言う女性の思いを上手に利用し、関係を復縁していくことを目指せば思っているよりも簡単に自分の手元に女性が転がり込んでくることもあるでしょう。