一年たった元カノとの復縁

どうしても彼女と復縁したいのに一年経過しても復縁できないときには

どうしても復縁したい彼女がいる。そんなときには色々な角度からの正攻法や自己流の方法で色々な復縁方法を試していることでしょう。試しているにも関わらず、なかなか成功が見えてこないのであれば、復縁を成就するための方法に問題があるかもしれません。必要以上に彼女と連絡を取ろうとしていないか、別れたことがまだ信じられずにいたりはしていないか、最終手段を実行しようとしていないか、良く考えて自分の行動を振り返って見ましょう。

まず第一に復縁を望むのであれば、自分が過剰な連絡をしていないか確認しましょう。確かに二人の距離を縮めて行くためには連絡を取り合うことは重要です。しかし相手の女性にとって負担になるような連絡は当然ながら逆効果になります。自分が頻繁と感じていなくても相手が頻繁であると感じてしまうこともあるでしょう。

第二には復縁の前の関係を保とうとは考えないようにしましょう。前と同じ関係を構築するのであれば、仮にそれが復縁と言う形で成就することになってもその結末はまた同じことになるでしょう。今までとは違った関係を構築するようなつもりで復縁を進めていけば成功へ大きく前進するかもしれません。

そして三番目は法に触れるような行動を取っていないか確認しましょう。自宅へ押しかけたり、必要以上に連絡をしているような状況であれば少し調整が必要な場合もあります。愛情が大きすぎて気が付くと少々問題のある行動をしてしまっていることもあります。問題になるような行動をしているのであれば少し距離を置いて冷静に考える時間も必要になってくるでしょう。

更に彼女と復縁できる可能性が小さくなったからと言ってむきになっていないか振り返りましょう。冷静に一歩下がって考えてみると意外に有効な方法が見つかったりすることもあります。必死になっている姿ばかりでは復縁の成就はできません。バランスよく押したり引いたりすることが重要であることは人間関係においてのポイントと言えるでしょう。

一年を経過しても復縁が成就できない、そんなときには少し疲れが出てきていることもあり、一年前には自分が思ってもいなかった行動をしていることもあるでしょう。いくら最近男女平等が一般的になってきているとは言え、どのような状況であっても世の中はまだまだ女性の味方です。(⇒強い思いの延長であまり過激な行動に出たり力を使った行動)に出たりすれば自分の平穏な生活が乱される可能性も大いにあります。あとから「しまった」と思わないように、今後更に復縁に近づいていくためにも、まずはこのあたりで自分の行ってきた行動を振り返ってみることが重要であると言うことが出来るでしょう。いずれ訪れる復縁の成就のためにも、一年を経過したこのタイミングでまずは自分の状態を確認することから始めてみましょう。