復縁についての基礎知識・マメ知識

記事一覧

復縁を考えたときに重要なポイントとなる「人の話を聞く技術」

別れた相手との復縁を望んだときには欠かすことの出来ないポイントがいくつかあります。復縁の基本をしっかりと認識した上で復縁に向けた忍耐力を養うことや、別れた原因をしっかりと把握することも重要になってくるでしょう。そしてこれらと同様に重要なのが、話を聞くことができるかということです。別れた相手と復縁を望むのであれば当然、お互いの不満を解消するような話し合いが必要になってきます。もちろん、話し合いによって全てのトラブルが解決できれば問題なく復縁できるでしょうが、場合によっては相手の指摘や提案に全面的に同意することは難しいこともあるでしょう。お互いが別の人間であれば意見に相違が出ることは当たり前です。しかし復縁の過程のなかでお互いの考えに大きな隔たりがあれば、復縁は難しくなることもあるでしょう。

そのような復縁が難しくなるような状況を回避し、できるだけスムーズに復縁するための方法が、話を聞くという技術なのです。人の話は聞けているようでなかなか聞けていないことが多いものです。しかし、それでもやはりしっかりと相手の話を聞いているようであれば復縁は決して難しいものではなくなるでしょう。

その聞く技術のなかで一番大切なのは内容を理解しながら聞くことです。相手の不満は何なのか、その不満をどうやって解消したいとおもっているのかただ聞くだけではなく、その内容に注意しながら話を聞くことが重要です。相手はわざわざ原因や方法を分かりやすいようには話してきません。その様々な話が混在している中から、解決方法に導くためのヒントを把握する必要があるのです。

そして、仮に自分の意見と相違があるような場合にもそれに対して理路整然と否定してしまうようでは復縁は成り立ちません。仮に自分と違う意見が出てきたとしてもそれをまるで肯定しているかのように相手がしっかりと理解しながら聞いてくれていると判断できるように話を聞くことが重要なのです。

もしも意見が違ったとしても復縁を望んでいるこの時点で反論する必要はありません。まずはしっかりと相手の話を聞き、今溜まっている不満を全て吐き出させる、それが重要であり、そのためにまずは話を聞くということが重要なポイントになってくるのです。

別れてしまった相手との復縁を専門業者に依頼するときの注意点

大切な相手と別れてしまい自分の力での復縁が難しいと思ったときには、自分ひとりの力でなんとかしようと無駄な労力を費やすよりも、復縁を専門に取り扱っている専門業者に依頼することも選択肢に加えて検討するほうが望ましいと言えます。復縁の場合は通常の恋愛で新たな相手と結びつくよりも難しい場合もあればとても簡単に成功することもあるのです。あなたの望む復縁が様々な復縁のパターンから考えて難しい復縁なのか、簡単な復縁なのか、本人には客観的に判断することも難しいと思います。それを客観的な視点から見ることができ、数多くの過去のデータの事例と比較した上で成功の可能性がより高まる方法の情報を得ることを可能にするのが、この復縁の専門業者なのです。
(⇒人に言えない恋愛の復縁相談に適した相談相手とその相談方法

いくら親身になってくれる友人が居たとしても、復縁のテクニックを研究していることは多くはありません。場合によってはその友人が復縁の相談に向いていないということもあるかもしれません。占いやおまじないに頼るのも良いでしょうが、占いやおまじないに頼っていても現実的に復縁しないようでは全く意味がないと言えます。そこで専門的に復縁を行う業者を頼ることになるのですが、このような業者を選択するときにはしっかりとその会社を調べるひつようがあるのではないでしょうか。

特に注意しなければならないのは占いを頼るような専門業者もいるということです。復縁の専門業者といっても復縁のみを専門的に取り扱っているところはないでしょう。復縁を前面に出しているかもしれませんが、その業者の本業は大きく二手に分かれます。一つは占いを軸に相談を受けて復縁を試みる業者です。そしてもう一つは探偵業を軸にして復縁を試みる業者でしょう。中にはこの二つを併用している業者も居るかもしれません。

大切なのは占いを軸にして復縁を行っている業者では成功の可能性は限られると言うことです。気を紛らわせて次の恋愛に進むのであればこの選択肢もあるかもしれません。しかし現実的に復縁することが大前提であれば、このような業者を選択する意味はないでしょう。まずは確実に復縁を成し遂げることを前提に、探偵の仕事を普段行っている業者に依頼するべきでしょう。

成功の実績があり、実際に行動して復縁を成し遂げる手伝いをしてくれる業者は様々な二人しかしらないようなことも聞いてくることがあるかもしれません。しかし、それらは皆、実際に行動していくためには必要な情報なのです。復縁を成し遂げることを第一に考えているのであれば情報の提供に抵抗を感じることもないでしょう。

どのような業者を頼ったとしても最終的には自分の力が必要になるタイミングが必ず発生します。そのときにあなたが思い切って行動することが出来るかどうか、全てはそこにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

突発的な喧嘩で二人が別れることになってしまった場合の復縁方法

異性と付き合っていると性格の違いや考え方の違い、ときには「男」と「女」という性別の違いなどから突発的に喧嘩が起きることはあると思います。付き合っている関係によってはお互いが感情的になる場合もあるでしょうし、年齢差が大きいようなときにはどちらか一方が感情的になるような喧嘩も考えられます。いずれにしても男女が長く付き合っていれば喧嘩が起こるということは決して稀なことではありません。

このようなときに突発的に「別れる!」と言ってしまった場合を含め、この突発的な要因が元で別れてしまったものの復縁を希望しているような場合もあるのではないでしょうか。このような突発的な感情による部分の大きいトラブルの場合には関係の修復はそれほど困難ではない場合があります。この突発的な喧嘩による別れには自分が感情的になっていれば自分に、相手が感情的になっているようであれば相手に、更にお互いが感情的になっているようであればお互いに、少なからず「やりすぎた」や「しまった」という後悔の感情が出てくることがほとんどです。いずれにせよこの感情を逆撫でするようなことがなければ関係の修復はそれほど難しくなく、復縁は可能であると考えて良いでしょう。

もちろん復縁が可能ではなくなるような状況もあります。しかし他の要素も含めて総合的に考えるのではなく、「突発的な喧嘩」という側面から考えれば充分復縁の可能性は高く、他の要素でも特に問題になるような項目がなければ復縁は充分可能であると考えることが出来るのではないでしょうか。

この突発の感情的なトラブルから関係を修復するためには、まずはお互いの距離を保ち冷静になる時間を設ける必要があるでしょう。自分の感情が落ち着いたようであればそこから相手の様子を探りに行きます。相手も感情的になっていたのであれば冷静さを取り戻しているかを確認し、もし冷静さを取り戻しているようであればそこから話し合いを申し込んでいけば良いのです。

ただ、このタイプの別れで復縁が不可能な場合もいくつかあります。その中の一つが自分が感情的になることが圧倒的に多く、相手がそれに疲弊してしまうと言う場合です。もちろん、こちらが一方的に感情的にななっているということは、相手に非があることの場合が多いのでしょう。しかし、あまりに一方が感情的になる機会が多すぎると、相手は疲れてきてしまう場合もあるということを念頭に置き、あまりその回数が自分だけ多いのであれば少し内容を見直してみる必要もあるかもしれません。

女性と女性の復縁や男性と男性の復縁を考えるときに重要なポイント

復縁には色々なパターンがありますがその中には男性と女性の関係に限らず、中には女性と女性、男性と男性の関係において復縁を望んでいる人も居るでしょう。これら同性との復縁は決して難しいものではありません。その関係の深さが深ければ深いほど同性同士の復縁は容易であると言えなくもないのです。

これら同性との復縁はある程度相手の考え方や間隔が両方で分かると言うことが大きなポイントになってくるでしょう。もちろん、個人個人で性格と言うものがありますので、考えていることが必ずしも相手に手に取るように分かるというわけではありません。しかしやはり異性同士の関係よりも相手のことを理解することが可能であり、復縁の可能性はより高くなるのです。

しかし、同性同士の関係がいくら修復しやすいといっても復縁については基本的な復縁の方法から大きく逸脱することのないように注意しなければなりません。そして同性同士であったとしてもその中の関係はある程度「女性的」であったり「男性的」であるという傾向が強いことも理解しておきましょう。復縁したい相手と自分との関係を考えて、どちらが女性的か、どちらが男性的かを判断の上、その性質を加味した方法で復縁に挑む必要があるのです。

同性同士の中で特に深い関係になっている間柄であれば、その秘密の大きさを利用して関係を修復することもできます。例えば、半ば強制的に相手には自分しかいないし自分には相手しかいないということを押し出して復縁する方法もあります。

また、相手の性別に関係なく関係を修復することを考えていくのも方法の一つです。例えばあなたと相手が女性であって、相手が男性的なのであればその復縁方法は女性向けのものも、男性向けのものも使えるとてもハイブリッドな相手であると考えることもできます。そうなれば試せる方法は一気に倍になり、その結果復縁できる可能性は一般の男女と比較しても単純に二倍以上であると考えることができます。

とはいっても、その内容に問題があるようであれば当然復縁はできません。確実な復縁を考えているのであれば、あなたが今行っている復縁方法が正しいかどうかを確認し、その上で出来るだけ適切な方法を模索し関係の修復に努めるべきであると言うことが出来るのではないでしょうか。大切なのは同性同士の復縁は異性間の復縁よりも成功する可能性が高いと言うことをしっかりと心にとどめておくということです。

場合によっては逮捕されてもおかしくない復縁方法のあれこれ

復縁を成就させるには色々な方法がありますが、その方法の中には一発で逮捕されてしまうようなものや場合によっては警察のお世話になるものなど危険な復縁方法も含まれています。どのような復縁方法が問題で、どのような復縁方法なら問題はないのか、それを把握して復縁を切望するあまりに人生を棒に振ってしまわないように注意しましょう。

まずは相手に近づくレベルについて説明します。復縁と言うことは相手とは面識がありますが、過度なスキンシップは問題になる場合もあります。特に仕事場などでは復縁を希望しているからと過剰なスキンシップをしていれば、仕事がなくなることになるでしょう。相手に近づくために知っている自宅に行くことも問題になる場合があります。相手の家の合鍵を仮に持っていたとしても、自宅に上がりこむのには注意が必要です。鍵を相手から受け取っていたとしても、後から「返してといっても返してくれなかった」と言われてしまえばそれが仮に事実でなくてもつかまってしまうこともあります。そのときには特に大きなトラブルにはならなかったとしても、その後に警察に被害届を出されると言うことも珍しくはありません。特に相手が未成年の場合には、例え自分も未成年であったとしても捕まってしまう世の中です。相手との距離感はしっかりと保っておく必要があるでしょう。

年齢や性別に関係なく、相手に付きまとうのも場合によっては逮捕されます。例えば学校や仕事の帰り道で待っていたりすることも問題になる場合があるのです。内容によっては手紙を送っただけでも逮捕に至る場合があります。当然、付きまとっていればほぼ間違いなく相手の感情やその程度によっては警察のお世話になるであろいうということはしっかりと認識しておく必要があります。

相手のことを思うあまりにメールや電話の頻度がついつい上がってしまうこともあるでしょう。この頻度が上がればこの場合にも逮捕に至る場合があります。どの程度のメールでも、どんな内容のメールでも、相手の受け取り方によっては警察に相談される場合もあります。それが真面目な復縁のお願いのメールでも捕まる可能性はゼロではありません。可能性としては捕まる可能性があるということはしっかりと認識して行動に移しましょう。

相手に会うことがなかなか出来ないからと、相手の自宅のものを持っていけばそれも捕まる可能性があります。いくらベランダに置いてあるものでもそれを持っていけば警察が後日尋ねてくることもあるのです。自分の行動は常に振り返り、その行動が問題になることはないのかということを常に意識しながら復縁の工作を行っていく必要があるのです。

使い方を間違ったメールを送り続けても復縁はできません!

とても手軽なコミュニケーションツールであるメール。現在ではほとんどの人が日常的に利用していることでしょう。特に恋愛となるとその手軽さから頻繁に使うこともあるのではないでしょうか。仮にメールでなくとも他のコミュニケーションツールを利用していることもあるでしょう。当然、これらのツールは復縁を望む状況でも使い方さえ間違わなければ非常に高い効果を発揮します。しかし、この便利なツールも使い方を間違えば取り返しの付かない二人にとっての大きな溝を作ることさえあるのです。ではどのようなところに注意してツールを利用すれば良いのか、既に知っている人も知らない人も、利用方法を確認して出来るだけ復縁成功の可能性を引き上げることにしましょう。

まず最初に知っておかなければならない大きなポイントとして、自分の感情が大きく動いたときにはメールを利用しないようにすることが非常に重要です。これは感情がプラスのときにも、マイナスのときにも、気を配っておく必要があります。喜びでも、怒りでも、悲しみでも、感謝の思いでも、それをメールで伝えることはあまり適切だと言えません。

その理由はメールと言うツールを考えれば良くわかります。メールでは全ての感情を相手に伝えきることはできません。やはり感情を伝えるとなるとメールよりも直接話すことで伝えるほうが良いと言うことになります。中にはメールの手軽さから喜びを伝える程度であればメールでも良いのでは?と思う人も居るかもしれません。確かに二人の関係が良好であるような状況であれば、当然ながら喜びだけでなく他の感情もメールなどの文章で表現することも良いかもしれません。しかしそれはあくまでも関係が良好な場合に限られます。復縁を望んでいるような状況では少し表現に気をつける必要があります。いくら喜びを表してもそれはあくまでも文字だけです。絵文字を使っても、それは変わりません。自分が思っている内容が正確に伝われば文字でも良いでしょうが、その人それぞれの感性によって文字から受け取る情報には変化が生じます。微妙な関係にあるのであれば、できるだけ文字での情報伝達は行わないほうが良いのです。

怒りや悲しみの感情については説明するまでもないでしょう。これらの負の感情表現を文字で行ってしまえば、その文字はお互いがいつでも見れるような状態になります。負の感情が文字として残っている状態で仮に関係を修復したとしても、その内容を見ることで後から怒りが湧き出てくることもあるかもしれません。これらのことを考えると、文字での感情表現は関係修復には適切ではないということはすぐに分かることではないでしょうか。

男女間の関係をより効果的なものにする説得のテクニックとその使い方

復縁は当然のことながら男女間の関係に於いては非常に重要になってくるのが会話のテクニックです。人の話を聞くテクニックや反論をしないテクニックなど会話に於いては様々なテクニックがありますが、その重要な会話のテクニックの中に相手を説得するというテクニックがあります。

この相手を説得するテクニックは最初から使えるものではありません。まずは相手の話を聞ことで相手の不満を引き出すことが重要になってくるでしょう。そして相手の不満が出たとしてもそれに対する反論を控えることで説得の下地をつくり、それからじっくりと説得を行って行くことがポイントになります。

説得と言えば相手の意見を否定し、自分の意見を認めさせると言うことになりますが、特に男女間でトラブルが発生している場合などはこの方法でいきなり説得を行っても二人の亀裂は一層深まるばかりです。まずは相手の意見を聞いていますのでそれに沿って具体的に肯定的な意見を述べることから始めましょう。この肯定が入れば相手は自分の意見が認められたと思いこちらの意見に肯定的になります。そこで初めてこちらの意見をゆっくりと主張していくのです。

例えば「嘘は良くない」と言う人が居たとしましょう。ここで「そんなことはない。嘘は上手に使うべきだ」と言っても相手は意見が違うということが認識されるだけでそれ以上話を聞くことはないでしょう。しかし、仮に意見が違ったとしてもまずは「嘘は良くない」と自分もそちらの意見に立って自分なりの考えを述べることから始めます。「嘘は良くない」という立場に立った意見を出していけば相手は共感して自分の意見を述べやすくなります。相手が自分の意見を述べた場合はそこでも反論は行わずに話を聞いていけば良い訳です。ある程度お互いの肯定的な意見が出きったところでまずはその肯定的な意見の元を断ちます。「嘘は良くない」→「信用できなくなる」→「信用できないと関係は保てない」という話の流れであれば「信用できないと関係は保てない」と言う部分からゆっくりと否定に入ります。そして相手の反論には耳を傾けつつ「信用できなくても関係を保つ方法はないか」→「信用と嘘は別問題ではないか」→「嘘を上手に使う方法もあるのではないか」と順を追って説得を行いましょう。ここでで重要なのは「~ないか」と相手に考えさせるように話を仕向けることです。相手は反対の意見でそれは理解しているが、違った角度から考えさせることで相手の考えにブレを作ります。そして最終的に自分の意見を述べ、更に相手と反対意見である自分の考えの主張の中でメリットを充分に説明するのです。

説得に必要なのはまずは同調することです。同調は自分の意見と違っても、何ら問題はありません。しっかりと同調が出来ているようであれば、その時点で相手の説得は完了しているようなものです。

復縁を考えている相手を食事などに誘うときに選んではいけない場所

別れてしまった相手との復縁はそうそう簡単にできるものではありません。ある程度下地があり、復縁に向いている性格だと仮定しても、復縁を考えているにも関わらず、復縁に向かないような場所に相手を誘ってしまえば復縁できるものもできなくなってしまうでしょう。ではどのようなところが復縁に向いている場所であるか、どのような場所が復縁には向いていない場所なのかということをしっかりと把握しておけば復縁の可能性は自ずと高まります。今回は復縁を考えている相手を誘うのに向いていない場所を解説していきます。

まず、良く陥りがちな誤った選択はファーストフードやカフェなどの落ち着けてオープンな場所です。特にこのような場所に落ち着くことを考えていないとしても、待ち合わせにも、とりあえずの一軒目にも使うべきではありません。このような場所に一旦落ち着いてしまえば相手にとってはどこでも同じなのです。話には大きな展開も無く、復縁よりも反省会に近い状態になってせっかくの時間が終了してしまうでしょう。

では、雰囲気の良い落ち着いたバーなどはどうでしょうか。これも適しているようですが下心が見え見えになってしまいます。よほどライトな雰囲気のバーであったり、行きつけでそこに行くのが普通であると相手も認識しているような場所であれば例外ですが、あまり行ったこともないような場所に行くのはやめましょう。

同様に居酒屋でも、食事をするようなところでも、普段行きなれないような場所は適切ではありません。行きなれていないのであればどのような場所でも不慣れな部分が見え隠れしてしまいます。それを取り繕うだけで余裕を持った行動や話はできなくなると考えて間違いありません。

仮に何度か行っているとしても、レジャー施設などもあまり適した場所ではないでしょう。復縁の話をゆっくりとしようと考えているときにこのような場所を選ぶ人は少ないと思いますが、自分や二人の関係以外に集中できるものがあることは復縁にとってはマイナスです。気が散って話が進まない程度であればまだ救いようがありますが、全く話ができないような状況になる可能性が大いにあると考えて間違いありません。

更に時期によっては屋外も適切ではありません。特に真夏や真冬の屋外は「なんで?」という疑問すら生む可能性があるでしょう。綺麗な景色や夜景が見えるという理由で連れて行くことは効果があるかもしれませんが、突然の雨や虫など考えなければならないことは多数あります。

ではどのようなところに誘えばよいか、それはまた次の機会に復縁を望むときに相手を誘うのに適した場所を紹介しましょう。
(⇒あなたの復縁方法が正しいかどうかチェック!

周りの友人や親戚など共通の知人の力を借りて復縁する方法とその効果

あなたの周りや復縁したいと思っている相手の周りには共通の知人がどのくらいいるでしょうか。共通の友人や知人、親戚などは復縁にとってとても強力な効果を発揮してくれます。少なくても多くても、復縁を望んでいるのであればその強力な効果を利用しない手はありません。今回は上手に周りの友人に間に入ってもらい、出来るだけ早めに相手との復縁を成し遂げるにはどのようにすれば良いのか解説していきましょう。

まず、一番確実なのはストレートに復縁したいので協力して欲しいと言うことを共通の知人に打ち明けましょう。もちろん、信用できる友人であることは大前提ですが、その中でも出来れば自分と同性の友人のほうが高い効果を発揮します。同性の友人であれば自分の想いに同意してもらえる可能性が高いでしょう。異性の友人でももちろん問題があるわけではありませんが、異性の場合、その相談相手との関係に疑問を感じられたりすることもあります。別れの理由が自分の浮気であったりする場合には特に自分と同性の友人に相談したほうが望ましいと言えます。ただ、別れの理由が相手の浮気だった場合にはこの限りではありません。むしろこの場合には自分の異性の友人に相談をしたほうが効果が高い場合もあります。

相談する友人が決まったらその友人と作戦を練りましょう。もちろん、別れに至った理由なども全て内容を話して相談相手の意見を交えながら作戦を練る必要があります。このとき特に注意しなければならないのは相手と起こった出来事をニュートラルな視点で分析することです。一方的にどちらが悪いと決め付けたり、自分の意見を押し通していたり、都合の悪いことを伝えてなかったりすれば、相談相手が復縁したい相手と話をしたときに「そんな話聞いてない!」と言うことになり復縁が難しくなることがあります。自分に不利な要素もある程度話をして「寝耳に水」の状態が生まれないようにすることが重要です。

最後のステップはその相談相手と復縁したい相手を会わせると言うことになりますが、ここでも重要なポイントがあります。まずは自分が出て行かないこと。ここで出て行ってしまえば話は全く進みません。心を落ち着けて自宅で座禅でも組んで過ごしましょう。とにかく、相談相手には「復縁したい!」ということを中心に説得をしてもらうことになります。

交友関係が広ければここで失敗しても第二、第三の相談相手を擁立することができます。交友関係が広く共通の友人が多ければより説得できる可能性が高まるのは言うまでもありません。それでも説得が難しいようであれば復縁そのものが出来る状態なのかどうか確認することも必要かもしれません。

復縁を考えている相手と一緒に過ごすにはこんな場所が適切です

復縁を考えている相手と一緒に過ごす機会があれば、どのような状況であれそのタイミングで復縁を申し出ると言う可能性は少なからずあるはずです。たとえまだ先で復縁の話をしようと思っていても、次の機会で絶好のチャンスにめぐり合う可能性もあります。相手と会うときにはそんな様々な可能性に適した場所を選択し、出来るだけより良い場所で一緒に過ごす時間を設けるほうがよりよいことは説明するまでもないでしょう。今回はそんな復縁を目指している状況でどのような場所に相手を誘えばよいかをお伝えしていきます。

まずは映画や舞台などの一つのものを見て過ごす空間は適切と言えます。これに類似しているものの、水族館や美術館、アミューズメント施設などは適切ではありません。映画や舞台はお互いが必ず同じものを見ます。そして更にその映画の後にはそのまま帰ってしまうということもありません。お互いの時間を共有し、更にその後話す機会を作ることの出来る映画や舞台は復縁を考えている場合には誘うのに適した場所と言えるでしょう。気をつけなければならないのは、相手の好みを把握して相手の好みに合ったものを探す必要があることでしょうか。映画や舞台に近いタイプの場所では展望台やタワーなど夜景を楽しむことが出来るスポットも良いでしょう。

他にも、食事を中心にできる場所も適切です。類似していても居酒屋やバーなどアルコールが中心のところは適切ではありません。純粋に、食事のおいしいところはベストな選択とい言えるでしょう。相手がお酒を望むのであればある程度は品数がそろっている必要がありますが、食事の評価の高い店であればほとんどの場合お酒もそれに合ったものが用意されています。その後、飲み足りないと言われるようであればそれこそ絶好のチャンスです。そのときは騒音の少ない居酒屋かバーなどに連れて行くことは適切と言えます。

また、季節によっては屋外も望ましい場所と言えます。数百円で入場できる公共の公園などは静かで落ち着けることも多いでしょう。無料でも綺麗に整備されているような公園もたくさんあります。盛夏の時期や真冬の時期を避ければこれらの公園の類は復縁を考えている場合には適した場所となることもあります。注意すべき点は公園の中に色々な施設が有り、さらに少し遠方であるような場所は避けたほうが無難です。

このほかにも様々な「復縁に適した場所」はありますが、できるだけ行ったことのある場所が望ましいでしょう。ある程度詳しくその周辺の情報を持っていればより良いと言えます。これに合わせて逆に復縁を考えている相手と行くには適さない場所もあります。これらの行って良い場所、行ってはいけない場所を把握しておけば、復縁の可能性はより一層高まるでしょう。

1 2 3 4 >