Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
復縁後の行動を調整することで関係をよりよいものにしてしまう方法 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

復縁成功後に考えなければならないこと

復縁後の行動を調整することで関係をよりよいものにしてしまう方法

復縁をしたいと思ったときの情報は探せばいくらでもでてきます。別れた相手との復縁の方法や、復縁をするときの注意点復縁の体験談様々な復縁方法などその情報にはかなりの数のものが存在します。しかし意外と少ないのが復縁後の情報。復縁してもすぐ別れてしまうようでは全く復縁の意味がありません。復縁を成し遂げた後の行動によって復縁が無になってしまわないためにも、復縁成就の後の行動が何よりも重要になってくるのです。

まず復縁を成し遂げたのであれば率直に相手に感謝の気持ちを伝えましょう。復縁してくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。その気持ちを言葉にして伝えておくだけで、しばらくは何事についても寛容に受け止めてもらうことが出来るはずです。

感謝の気持ちを伝え終わったらすぐさま相手の逃れる道を塞いでいきます。だからといって唐突に結婚などを持ち出してはいけません。自然に、気が付いたら他に行けないような状況を作るために重要なのは、共通の友人や知人を増やしていくことです。できるだけ相手の輪の中に参加するようにし、できるだけ自分の輪の中に相手を誘うようにしましょう。そしてできるだけ相手の友人や親友と親交を深めましょう。

可能であれば相手の家族とも会う機会を作りましょう。無理に会いに行くことは相手に警戒心を抱かせる可能性もあります。相手の家族が居るところの近くに目的地を設定し、その行きや帰りに思いついたように立ち寄りを提案してみるのです。この方法であれば相手に警戒心を抱かせる余裕もなく、周りを強固に固めることが可能です。

出来るようであれば半同棲や同棲を実行しましょう。お互いが一人暮らしであれば自分の部屋の更新が近いからなどと理由を付けて転がり込みます。自分が実家なら家族と喧嘩したというような理由でも良いでしょう。相手の家が実家であれば、相手の家に数日の予定で泊まる事も考えましょう。そのまま家のことなどを手伝えれば、その相手との関係は仕上がったも同然です。

もし、まだ一緒に住むような状況でなければ相手の家族に顔を売るのは何よりも重要なポイントです。どれだけ家族と親しくなっても問題はありません。本人を落とすよりも遥かに効果的に外堀を埋めてしまうことができるのです。

復縁を切欠に相手を完全に手中に収めるためにはやはり家族や親族を取り込むことが良いでしょう。場合によっては次の別れの危機に相手の親族が絶大な力を発揮してくれることもあります。本人の感情よりも家族の感情を優先していれば、決して問題のある方向には行きません。