Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
復縁を望むときに見落としがちな、復縁成功の基本のキホン | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

復縁の基本

復縁を望むときに見落としがちな、復縁成功の基本のキホン

人の関係、特に男女の間にはいつでもどこでも別れは付き物です。しかし、自分が別れたくないと思っているにも関わらず、相手のことを尊重した結果望まぬ別れが訪れてしまうこともあるでしょう。一旦別れてしまえばその二人は元々他人です。また同じ道を歩んでいく可能性は小さくしぼんでしまうでしょう。ところが、一旦別れてしまってもその関係を修復することは決して不可能ではありません。復縁のコツさえ知っていれば切れかけた縁を再び結ぶことも可能なのです。

今回は切れそうになった縁を再び結びつけることの出来る復縁の方法の中で、基本的で必ず守らなければならないことを解説していきたいと思います。どんなに可能性の低い人でも復縁できる可能性は決して「ゼロ」ではありません。仮に少なかったとしてもその可能性をできるだけ大きくする方法を学び、復縁を勝ち取っていきましょう。
(⇒あなたの復縁の成功可能性を探りましょう!

復縁で一番大切なことは復縁には時期的な段階があるということを知ることです。復縁を望んでいるからと最初からグイグイと突き進んでいったとしても、その思いは成就できないことがほとんどでしょう。この理由は別れから復縁までの三つの段階を踏まずに突き進んでいるからです。復縁を望むのであれば、まずは最初の別れの段階から次に関係の維持、そして最後に復縁成就の段階と順を追ってこの三つの行程を踏むことが大切であると言うことができるのです。

この三つの時期にはまた更にそれぞれの基本があります。別れの時期には出来るだけ連絡を最小限に抑えた冷却期間を作り、必要な連絡は的確に行っていくことが大切です。そして第二段階である関係の維持の期間には最小限ではあるものの、知識を最大限に有効活用し積極的に連絡をしていく時期でしょう。そして最後の第三段階である復縁成就の段階では一旦接点を最小限以下に抑え、その後過剰なほどに積極的に連絡や干渉を行って行く時期となります。

ただ、この方法も別れた理由によって内容は変わってきます。過剰な干渉が別れの原因であれば最終的な第三段階の接触に調整を行う必要もあるでしょう。逆に干渉がないことから別れに至っている場合には第二段階の干渉を特に注意して行っていく必要も出てきます。

いずれにせよ、復縁を成就させるための基本として何よりも覚えておく必要があるのは、復縁までには段階があるということとその内容は二人の別れの理由によっても内容に変化があるということです。別れから復縁までの道のりも状況によって簡単に成就させることが出来る人もいれば、なかなか難しい状況の人もいるでしょう。しかし、この「基本」をしっかりと認識して考えながら進んでいけば、復縁は決して不可能なものではないものなのです。
(⇒復縁で絶対にやってはいけない行動とは…