Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
関係があったが別れてしまった不倫相手と復縁する方法 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

不倫相手と復縁する方法

関係があったが別れてしまった不倫相手と復縁する方法

男女の関係には色々なものがあります。そして復縁も大きく分けてこの関係の数だけパターンがあると言えるでしょう。更に個々の状況に合わせるとなると多くの復縁のパターンがありますが、今回はその中でも不倫の関係だったのに関係が途絶えてしまった相手との復縁方法について考えて見ましょう。

まず、不倫の関係にはいくつかの種類があります。相手が結婚していて相手が不倫の場合、自分が結婚していて自分が不倫の場合、そしてお互いが結婚しているいわゆるW不倫の場合です。どのパターンでも復縁のときに共通して言えることは、まずはしっかりと冷却期間が作れているかということです。不倫の場合には特にこの冷却期間のとり方が重要になってきます。不倫の関係が継続しないその理由は多くを求めすぎているからです。不倫の中で一番関係を持続しやすいのはお互いが不倫の場合です。そして一番関係を持続しやすい関係でも、冷却期間は非常に重要なポイントです。

どちらかが不倫の場合にはお互いの望むバランスが崩れて関係が崩壊してしまうことが多くあります。それはどちらか一方(ほとんどの場合は結婚していないほう)の要求が大きすぎて関係が持続できない状況になるからです。この、一方が結婚している状態での復縁では、相手の家庭を壊すことは考えていないということを結婚している相手に伝えるだけで、意外と早く復縁できることもあります。

相手が未婚で自分が結婚している、そんな状況で復縁を希望しているのであっても復縁することは可能です。それは離婚を考えていると言うことを不倫相手に伝えることです。相手が離れていっている理由は、これ以上関係を継続しても関係の発展が望めないと判断したという可能性があります。まずは離婚して不倫相手と付き合う気持ちがあるということを伝えましょう。

しかし、この自分が不倫の場合にはもう一つのパターンも考えられます。それは結婚している相手が離婚して自分の手に入ると分かった時点で愛情が冷めてしまうというパターンです。相手がこのタイプであると判断できるときには、離婚を前提にした復縁は行わないほうが無難でしょう。このタイプに有効な手段はありません。復縁の可能性は著しく下がると考えて良いでしょう。

不倫の上手なコツは、お互いの家庭は第一に考えること、そして不倫は遊びであることを理解したうえで冷却期間を適度に設けながら関係の継続をしていくことが一番望ましい関係の持続方法であると言えます。