Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
例え別れてしまっても短い期間で手早く相手と復縁するポイント | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

短い期間で復縁

例え別れてしまっても短い期間で手早く相手と復縁するポイント

付き合っていた人と別れ、復縁を考えたときにはあなたはどのようにして復縁するでしょうか。短期間で手早く復縁するでしょうか、時間をかけてゆっくりと復縁していくでしょうか。人によってその方法には変化がると思いますが今回は手早く短期間で復縁する方法やそのときのポイントをお伝えしましょう。

短期間での復縁を考えたときにまず考えなければいけないのは復縁を焦りすぎてやってはいけないことをしてしまうことです。復縁を希望するときには絶対にしてはいけないことがあります。必死になって相手を追いかけるのはそのやってはいけないことの中でも一番大きな項目の一つでしょう。たとえどれだけ短期間に復縁を成就するとしても、それにはある程度の時間が必要です。急ぐあまりに焦りすぎ、必死になって相手を追いかけているだけでは成功を収めることはできません。短期間で復縁を成し遂げるには綿密な計画が必要になってくるのです。

そのためにはまず、一旦は完全に相手と連絡を断つ気で行動します。その期間は付き合いの状況などの環境によっても変わってきますが最低でも10日ほど、長期間も可能であれば一ヶ月くらいは連絡を最小限に抑えることが必要です。この期間のうちになぜ別れになったのかという理由をしっかりと考えておくでしょう。

そして次のステップは連絡を急に増やす期間を作ることです。増やすといっても相手の生活サイクルなどを考えてバランスよく連絡をしていきます。まずはメールでの連絡も良いでしょう。少し過剰と思えるくらいに理由を作って連絡をします。最初のステップで少し相手に寂しさを感じさせた後にこのステップでやっぱり未練があるというイメージを相手に抱かせるのです。しかしここでは相手に未練があることを伝えてはいけません。あくまでも声が聞きたいから、意見が欲しいから、連絡をしているということを前面に押し出すのです。そしてこの期間の最後には相手のことを少し過剰なほど誉めて次のステップに移ります。期間は最初のステップの期間と同程度の期間を費やしましょう。ここで復縁について相手から申し出があっても明確な答えは避けます。

そして最後の期間で相手を心理的に揺さぶります。一旦連絡を完全になくしましょう。相手が少し気になる程度に連絡が無い状態を作ります。そして再び連絡が密なタイミングを作るのです。これを短い間隔で繰り返します。この中ではまた付き合いたいことや別れた原因についてよく考えた結果を織り交ぜて会話をしましょう。このときに重要なのは「別れたくない」という言い方ではなく「また付き合いたい」という言い方が重要です。場合によってはこのタイミングで相手のほうから復縁を申し出ることもあるでしょう。この順番を踏んでいけば短期間の復縁も難しいことではありません。