復縁を相談するときの注意点

復縁の方法を周りの誰かに相談するときに注意することとは

付き合っていた相手と別れてしまいそこから復縁を目指すようなときには、当然、一人で黙々と復縁に向けた計画を練る人もいるかもしれませんが、その逆に色々な人に相談してその復縁方法などについて相談をするということもあるでしょう。人に相談すると言う行為は自分の進めている復縁手段が適切かどうかということを確認したり、行き過ぎた復縁方法を確認したりすることができると言うメリットもあります。しかし、この「人に相談する」と言う行為は場合によっては復縁を困難にすることもあります。周りに相談したことでどのようなリスクがあるのか、そのリスクを把握し回避する知識を身に付けて行きましょう。

まずは相談する対象の人数についてです。多くの人に相談をすれば多くの意見がもらえます。そして場合によってはその多くの相談相手の中から復縁成就を手伝ってくれるような人も出てくるでしょう。一見、多くの人に相談をするという行為は合理的かに見えます。しかし、多くの人に相談すると言うことは自分の手の内を多くの人に知らせてしまうと言うことになります。これはまだ実行していない行動が相手に筒抜けになるというリスクを伴います。何かサプライズを考えているような場合などにはこの多くの相談がリスクと化してしまうのです。そして考えたくはありませんが、相談相手の中に同じ相手を狙っている同性がいる場合もないとは言えません。この場合もそのライバルから先手を打たれてしまい、復縁が成就しないと言うデメリットも考えられるのです。

そして復縁したい相手の性格によっては、相談する相手の性別も関係してきます。復縁を希望する相手と同じ性別であれば、同性にはわからない異性の気持ちを引き出すことができます。どうされれば復縁を希望する相手が喜ぶか、どのようなことに興味があってその理由は何なのかなど細かい部分もある程度具体的に情報を収集することができるでしょう。しかし、この場合にもリスクは生じます。復縁を希望する相手がとても独占欲が強い相手であればどう思うでしょうか。もちろん、異性の意見が欲しいと言う純粋なあなたの考えは相手には伝わりません。状況によっては別れたと単に異性と仲良くしていると判断されることもあるでしょう。このような状況になれば復縁はおろか連絡を取ることも難しくなってくることがあります。その点から相手の性別は重要になってくることもあるポイントなのです。

これら二つのリスクは自分で管理することが可能なリスクです。出来るだけ信頼の置ける相手であり、自分と同性の相手に相談していれば間違いないということになるでしょう。