復縁したい時に気をつける会話

復縁計画を失敗に終わらせてしまう、会話の中での反論の危険性

お互いに意見の相違があったり、お互いに気に入らないところがなければ男女が別れてしまうと言うことはありません。しかし、世の中にはたくさんの別れが存在します。それはつまりお互いの考え方や意見など、育った関係によっても変わってくるような要素に違いがあるということになります。復縁を望んでいるのであれば当然ながらその原因を探ったり、解決方法を模索したりするようになりますが、相手との間に意見の相違があっても復縁を成し遂げるまではそれを抑え込む事も復縁の技術の一つと言えます。

この反論にはいくつかの種類があります。相手の言った意見をすぐさま取り上げて、それに対して否定の意見を述べるような典型的な反論にはじまり、気にしてはいなかった話の中での癖が反論と捉えられる場合もあるのです。

直接的な反論は説明するまでもないでしょう。会話の中で相手の意見にいちいち反論しているようではもちろん復縁は困難です。復縁を望んでいるのであれば仮に相手が間違っていると思う意見を言っていたとしても、一旦は聞き入れて関係修復後に少しずつ時間をかけて方向修正を行って行くことが重要と言えます。

特に注意しなければならないのは、会話中の言葉の癖や態度の癖などです。まず、言葉の癖としてはキーワードがいくつか考えられます。「でも」「が」「しかし」「けど」そんな単語は相手の高感度を下げることに直結します。このような言葉はよっぽど意識していないとするりと出てきてしまうこともあります。相手の意見を否定する位置づけであるこれらの日本語は利用しないようにすることが望ましいと言えます。

次に話し方の癖を見てみましょう。相手が話し終わってから話すという癖が付いているのであれば特に問題はありませんが、相手が話をしているにも関わらずそこに被せて話をしてしまうようであればこれもマイナスなイメージを生みます。本人が気にしていなかったとしても相手が気にしていることもありますので、自分でも被せているかどうか良くわからないと言うのであれば黙っておくことが無難でしょう。

最後は話をするときにしてはいけない態度です。目を逸らす、腕を組むなどは代表的な否定を表す態度です。人間心理上マイナスなイメージを抱かれやすいこれらの行動を自然に行うようになっているのであれば、特に言葉で否定をしていなくても態度で気付かぬうちに否定を表している可能性もあります。このほかにも足を組むときに相手から逆の方向に膝を向けるような組み方も否定と取られる可能性がありますので注意が必要です。

もちろん、これらの否定を全てなくしてしまったとしても復縁が成功するということではありません。しかし、これらの要素を省くことによって少なくとも相手に対して好意的であるという印象は与えることができるでしょう。まずは基本的な項目の一つとして念頭に置いておくことが望ましいと言えます。