復縁が難しなってしまう行動

意外としらない、復縁を望んでいるのに復縁が難しくなってしまう行動

復縁は短期間で簡単に出来ることもあれば、思った以上に時間がかかってしまうこともあります。時間がかかる多くの場合には様々な「やってはいけないこと」をやってしまっていたり、「復縁の基礎」をしらずに当たり前のことをできないでいることがほとんどなのです。意外と知られていないそのやってはいけないことについて、どのようなことをやってはいけないのか具体的に説明を行っていきましょう。

・会いたがる
まず、一番だめなのはこれです。別れていると言うことはある程度距離は置きたい状況であることには間違いありません。にもかかわらず会いたい会いたいと言っていては復縁できるものもできません。まずはその会いたい気持ちをじっと耐えることから始めましょう。その姿を見て相手は会ってもいいかなと思うのです。

・連絡が多すぎる
簡単に連絡できるツールには様々なものがありますが、やたらと連絡しているようでは復縁できるものもできません。連絡は確かに必要ですが別れている状態ではできるだけ最低限、必要な連絡をするということが何よりも重要です。際限なく連絡を取りメールが来たらすぐに返信しているようでは相手は返信に疲れてきてしまいます。メールの返信には特に注意が必要です。

・相手のことを聞きすぎる
相手が何をしていたかを遠慮なく聞ける関係と言うのは、関係が非常に薄いか、ある程度信頼を構築できた関係かのどちらかです。現在別れていてもしくは関係が悪化していて復縁を望んでいるような関係はこの「信頼を構築できた関係」ではありません。この状態で相手の動向を探るような質問を立て続けにしているようであれば復縁は絶対にできません。これは復縁したとしてもできれば避けたいところでしょう。何をしていたかと言う質問を非常に嫌う人も居るのでその点も充分注意するべきです。

・放置過ぎる
これは男性に多いパターンですが、連絡をあまりにしないというのも問題があります。いくら復縁を望んでいても、場合によっては相手がそれに全く気付いていないと言うこともあるかもしれません。もちろん、既述のとおり過剰な連絡は厳禁ですが、それでもある程度の連絡は必ず必要になってくるでしょう。

これらの注意点は必ず気にしておく必要があるものです。現状で復縁がうまく進んでいないのであれば、少し自分の状態を振り返ってみることが重要になってくるのではないでしょうか。
(⇒あなたの復縁方法が正しいかどうかを10のチェック項目で判定する