復縁に有効なメールテクニック

別れてしまった相手との復縁に有効なメールの四つのテクニック

復縁を望んだときに効果の高いツールとしてメールがあります。携帯のメールやPCのメール、中にはSNSのメッセージ機能を使ったメールなどもあるでしょう。これらのメールは復縁に限らずとも男女間の関係を変化させるのには非常に効果の高いツールの一つです。今回はこれらのメールのテクニックを身につけ、タイミングよくそのテクニックを利用することによって効果的に復縁を成し遂げましょう。

・メールをしない期間を作る
四六時中メールをしていたのであれば尚更、このメールをしない期間というものは効果的に力を発揮します。相手に気にされたいときや引き寄せた気持ちを一旦引き離す場合などは特に有効な方法であると言えるでしょう。このようなメールをしない期間を有効に利用するためには、次に挙げるメールを頻繁に行う期間も有効に使っていく必要があるでしょう。

・メールを頻繁にする期間を作る
前述のとおりこの方法はメールをしない期間と絡めることで相手の気持ちを揺さぶったり、遠ざかりすぎた気持ちを再び引き寄せたりすることができます。しかし、過剰に使ってしまえば鬱陶しいやつと判断される場合もあります。後に述べる方法やメールをしない期間を上手に使って相手の気持ちを引き寄せましょう。

・会話の流れを途中で止める
テンポ良くメールを交わしている途中で唐突にメールのテンポを遅らせるテクニックです。この期間の相手は突然メールが途絶えたことで何をしているのだろうかと気になり始めます。一旦会話を途切れさせ、翌日に何事も無かったように返信をするなどの方法は効果が高いでしょう。特に復縁の確信に迫るような会話の中で一旦メールが途切れれば相手はより一層相手が気になります。メールを再開するときには以前のメールの内容を引き継ぐことも重要でしょう。

・間違ったふりをして相手にメールを送る
メールのやり取りをしている中で突然、意味の分からないメールを送ります。特に重要なのは相手の異性をまだ好きであると言う趣旨のものや、気になるといった趣旨のものなど、直接的ではないもののそのように憶測できるような内容がベストです。相手は極力、男女の関係に無い人物を想定して送信すれば良いでしょう。相手も知っている同姓の友人や家族などが一番良いのではないでしょうか。その後は少し焦った様子で間違った旨を伝えることもポイントです。あまりダイレクトな表現は避け、異性の友人に送っているように取られてしまわないように注意しましょう。

この四つのテクニックはそれぞれをバランスよく使うことで相手が常にこちらが気になるように調整することが可能です。しかしあまりやりすぎると感づかれてしまうこともありますので、注意しながら効果的に使っていきましょう。