復縁で忘れがちなポイント

復縁のときに忘れがちで忘れてはいけないたった一つの重要なポイント

復縁には基本的で必ず行わなくてはいけないこともあれば、人によって行ってやってはいけないこともあります。相手や自分の性格にもよって変わってくるこれらの様々な方法の中で特に注意すべきなのが「やらなくてはいけない(もしくはやってはいけない)と分かっているのについついやってしまうこと」です。

これは復縁の成功率を下げると言う直接的な要因だけではなく、自分がやってしまうことで自己嫌悪に陥り復縁に対する意欲を失ってしまうような要因も含まれているのです。例えば、連絡を控えなければいけないと分かっているのに連絡をしてしまうような場合もこれに当たるでしょう。連絡を控えなければいけないという状況は、別れから復縁の間には必ず発生する状況です。しかし、連絡が可能な状態であればついつい連絡してしまうことも多く、結果として自分では連絡を減らさなくてはいけないと分かっているのに連絡をしてしまっているという事実に落ち込んでしまうと言うこともあります。

その他にも別れたくないのに別れを前提に話してしまう人もいるでしょう。特に相手が原因での別れの場合に多く見られることですが、復縁をしたいと言う理由から相手を責めてはいけないと頭で分かっているにも関わらず、こちらもやはり相手の顔を見るとついつい感情的になってしまうようなこともこれにあたります。

では、このような状態を打開するためにはどのような思考に基づいて行動や判断を行っていけば良いのでしょうか。これには感情や突発的な要素も多く含まれて居ますのでなかなか難しい部分でもありますが、まずは最終的な結論として何を望むのかをゆっくりと時間をかけて自分の中で確認することが重要になってきます。自分にとって今の相手との連絡が重要なのか、将来的に相手と共に人生を歩んでいくことが重要なのか、はたまた今現在や過去の相手の失態を責めることが重要なのか、相手の行動を黙認し将来的に関係を継続していくことが重要なのか、といった内容です。

ついつい感情的な行動に走ってしまう人にはこの将来を見て考えていくと言う視点が少ない場合がほとんどです。この長い目で将来を見ると言うことが出来るようになればそれだけであなたの望む復縁が成功する可能性は大きくなってくるのです。