Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
とにかく逢いたい!その気持ちを調整して復縁に漕ぎ着ける | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

気持ちを整理して復縁

とにかく逢いたい!その気持ちを調整して復縁に漕ぎ着ける

一旦別れてしまった相手と復縁したい!そんなときには必ず誰もが頭に浮かぶことがあります。それは「逢いたい」ということです。しかし、復縁においてこの「逢いたい」は大きな曲者です。この逢いたい気持ちを最優先に行動していては、二人の関係がよほど特殊な環境でない限り復縁の可能性は日を追うごとに下がってきてしまうと言っても過言ではないでしょう。

特に一旦別れてからの復縁にはこの気持ちを上手に調整する必要があります。仮に毎日会える環境であったとしても、自分で調整を行い会わない時間を作ることが非常に重要なポイントになってくるのです。

毎日顔を合わせるような環境でないのであれば、自分から積極的に会いに行くようなことはやめましょう。二人の別れの理由は様々でしょうが、その中にはどちらかに会いたくないという思いや一人になりたいという思いが含まれていることは間違いありません。これは相手を嫌いになったから出る内容のものではなく、面度なので会いたくないやちょっと自分の時間が欲しいという「会いたくない」も含まれています。特にこれらのような「自分の時間が確保したい」という思いが強い相手に頻繁に自分に時間を割かせていては、復縁が難しいことは説明するまでもないでしょう。

特に注意しなければならないのは二人の活動の時間に差があるときです。例えば一方は部活をやっているがもう一方は部活をやっていないと言う場合や、社会人であればどちらか一方が仕事の時間が短く、どちらか一方が仕事の時間が長いような場合です。

このときに自由な時間が短いほうは、自分で色々なことを考える余裕があります。相手のスケジュールや自分のスケジュールを考えて相手と会おうとするでしょう。しかし、自分の時間が少ないほうはそのような計画は立てません。そして自分の時間ができたらやりたいことと言うものが必ずあります。その状況で自分の時間を奪うような提案を続けていれば当然ながら相手は不満が残ると言うことになります。これを繰り返していれば相手は徐々に会うことが苦痛になってくることは言うまでもありません。

別れからの復縁の過程において、会わなければいけないような状況は復縁の可能性がかなり高まってきてからです。悪戯に別れてすぐから相手と会うことを望んでいれば相手は断る理由もなく最初は会ってくれるかもしれませんが、やがて会うこと自体が苦痛になってきます。そのような状況を自ら作ってしまうことのないようにできるだけ別れた最初のうちは会わないことを前提に復縁を進めていくことが重要です。