間違った復縁メールとは

使い方を間違ったメールを送り続けても復縁はできません!

とても手軽なコミュニケーションツールであるメール。現在ではほとんどの人が日常的に利用していることでしょう。特に恋愛となるとその手軽さから頻繁に使うこともあるのではないでしょうか。仮にメールでなくとも他のコミュニケーションツールを利用していることもあるでしょう。当然、これらのツールは復縁を望む状況でも使い方さえ間違わなければ非常に高い効果を発揮します。しかし、この便利なツールも使い方を間違えば取り返しの付かない二人にとっての大きな溝を作ることさえあるのです。ではどのようなところに注意してツールを利用すれば良いのか、既に知っている人も知らない人も、利用方法を確認して出来るだけ復縁成功の可能性を引き上げることにしましょう。

まず最初に知っておかなければならない大きなポイントとして、自分の感情が大きく動いたときにはメールを利用しないようにすることが非常に重要です。これは感情がプラスのときにも、マイナスのときにも、気を配っておく必要があります。喜びでも、怒りでも、悲しみでも、感謝の思いでも、それをメールで伝えることはあまり適切だと言えません。

その理由はメールと言うツールを考えれば良くわかります。メールでは全ての感情を相手に伝えきることはできません。やはり感情を伝えるとなるとメールよりも直接話すことで伝えるほうが良いと言うことになります。中にはメールの手軽さから喜びを伝える程度であればメールでも良いのでは?と思う人も居るかもしれません。確かに二人の関係が良好であるような状況であれば、当然ながら喜びだけでなく他の感情もメールなどの文章で表現することも良いかもしれません。しかしそれはあくまでも関係が良好な場合に限られます。復縁を望んでいるような状況では少し表現に気をつける必要があります。いくら喜びを表してもそれはあくまでも文字だけです。絵文字を使っても、それは変わりません。自分が思っている内容が正確に伝われば文字でも良いでしょうが、その人それぞれの感性によって文字から受け取る情報には変化が生じます。微妙な関係にあるのであれば、できるだけ文字での情報伝達は行わないほうが良いのです。

怒りや悲しみの感情については説明するまでもないでしょう。これらの負の感情表現を文字で行ってしまえば、その文字はお互いがいつでも見れるような状態になります。負の感情が文字として残っている状態で仮に関係を修復したとしても、その内容を見ることで後から怒りが湧き出てくることもあるかもしれません。これらのことを考えると、文字での感情表現は関係修復には適切ではないということはすぐに分かることではないでしょうか。