Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
2ページ目 | 復縁についての基礎知識・マメ知識 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

復縁についての基礎知識・マメ知識

記事一覧

復縁を考えている相手と一緒に過ごすにはこんな場所が適切です

復縁を考えている相手と一緒に過ごす機会があれば、どのような状況であれそのタイミングで復縁を申し出ると言う可能性は少なからずあるはずです。たとえまだ先で復縁の話をしようと思っていても、次の機会で絶好のチャンスにめぐり合う可能性もあります。相手と会うときにはそんな様々な可能性に適した場所を選択し、出来るだけより良い場所で一緒に過ごす時間を設けるほうがよりよいことは説明するまでもないでしょう。今回はそんな復縁を目指している状況でどのような場所に相手を誘えばよいかをお伝えしていきます。

まずは映画や舞台などの一つのものを見て過ごす空間は適切と言えます。これに類似しているものの、水族館や美術館、アミューズメント施設などは適切ではありません。映画や舞台はお互いが必ず同じものを見ます。そして更にその映画の後にはそのまま帰ってしまうということもありません。お互いの時間を共有し、更にその後話す機会を作ることの出来る映画や舞台は復縁を考えている場合には誘うのに適した場所と言えるでしょう。気をつけなければならないのは、相手の好みを把握して相手の好みに合ったものを探す必要があることでしょうか。映画や舞台に近いタイプの場所では展望台やタワーなど夜景を楽しむことが出来るスポットも良いでしょう。

他にも、食事を中心にできる場所も適切です。類似していても居酒屋やバーなどアルコールが中心のところは適切ではありません。純粋に、食事のおいしいところはベストな選択とい言えるでしょう。相手がお酒を望むのであればある程度は品数がそろっている必要がありますが、食事の評価の高い店であればほとんどの場合お酒もそれに合ったものが用意されています。その後、飲み足りないと言われるようであればそれこそ絶好のチャンスです。そのときは騒音の少ない居酒屋かバーなどに連れて行くことは適切と言えます。

また、季節によっては屋外も望ましい場所と言えます。数百円で入場できる公共の公園などは静かで落ち着けることも多いでしょう。無料でも綺麗に整備されているような公園もたくさんあります。盛夏の時期や真冬の時期を避ければこれらの公園の類は復縁を考えている場合には適した場所となることもあります。注意すべき点は公園の中に色々な施設が有り、さらに少し遠方であるような場所は避けたほうが無難です。

このほかにも様々な「復縁に適した場所」はありますが、できるだけ行ったことのある場所が望ましいでしょう。ある程度詳しくその周辺の情報を持っていればより良いと言えます。これに合わせて逆に復縁を考えている相手と行くには適さない場所もあります。これらの行って良い場所、行ってはいけない場所を把握しておけば、復縁の可能性はより一層高まるでしょう。

相手が好きで復縁したいと思っていても復縁しないほうが良い例

どれだけ相手のことを好きだったとしても、別れてしまうこともあるでしょう。そんなときに望むのは出来れば復縁したいと言うことです。しかし、別れてしまった理由や状況によっては、復縁しないほうが良い場合もあるのです。今回はたとえ相手のことを好きだったとしても、復縁しないほうが良いパターンを解説しておきます。復縁に必死になっているあなたも一度、目を通してみることをお勧めします。

まずは、浮気が理由の離婚や別居を円満に復縁するための方法とはです。少しぐらい相手が他の異性と関係を持っても自分の元に帰って来てくれればそれで良い。そう思っているのであれば例え相手が浮気をしていて別れたとしても、復縁は進めて問題ありません。問題なのは「浮気は絶対だめ」と思っているにも関わらず、浮気が理由で別れてしまっている場合です。浮気は一種の病気です。いつもと違う異性と接することで通常以上の快感を得ることが出来ると知ってしまった以上、浮気はまた繰り返されます。絶対浮気なんてしない!と思っていても、してしまうのが浮気です。原因が浮気でそれが許容できないのであれば復縁は思いとどまったほうが良い場合もあります。
(⇒愛情はあるのに浮気が理由で復縁できなかった例

二番目は別れた理由が金銭がらみのトラブルの場合です。お金の貸し借り、お金の浪費、ギャンブルなどもこの類に入るでしょう。これが自分であればまずはこの癖が完全になくなるまでは復縁は控えたほうが無難です。無理して復縁したとしても結局同じ理由でまた別れることにもなりかねません。仮にどうしても復縁すると言うのであればそれなりに自分の経済力を高める必要があるでしょう。もし相手が金銭トラブルを引き起こしているのであれば、こちらもやはり先のことを考えて復縁は慎重に行ったほうが良いと言えます。特に相手の場合にはそれ(浪費やギャンブル)が原因で借金が出来ている可能性もあります。ほとんどの場合その借金は黙っていたり小さく申告したりすることが大多数を占めますので、復縁するのであれば少し注意したほうが良いでしょう。

相手が暴力を振るう場合も少し復縁までは時間を置いたほうが良いでしょう。浮気やギャンブルなどと同様にこれも「癖」に近いものです。一旦納まってもしばらくすると再発すると言うことが多く見られます。自分が暴力を振るう場合であっても、相手が暴力を振るう場合であっても、これは同じです。最悪の場合最終的に暴力によって収監されることもあるのです。暴力はエスカレートしてくるものです。この場合も簡単に復縁するのではなく、充分に距離を保つ期間を確保した上で復縁するほうが良いでしょう。

復縁が成功する人と成功しない人との大きな違いとその理由について

復縁を望んでいてもその復縁が成功しないのには理由があります。これと同様にもちろん復縁を望んでいてその復縁が成功した人にも理由があるのです。今回はどのような行動が復縁を成就させ、どのような行動が復縁を失敗させるかをしっかりと把握し、今後の復縁をあなたが望むように成功させていきましょう。

復縁が成功する人というのは、心のどこかに諦めがある人です。もちろん「必ず復縁する!」という強い思いは必要でしょう。しかしこの「必ず復縁する!」と言う思いが強すぎれば、過剰に相手に接していったりすることも増えてしまい相手が遠ざかってしまうこともあります。心のどこかで復縁を諦めているような冷めた部分も持ち合わせていなければ相手に鬱陶しがられるのみで復縁が成功しない可能性も徐々に上がっていきます。また、過剰に復縁にこだわりすぎると自分の行動を抑制する機会も増えるため、復縁疲れになってしまう可能性も上がってしまいます。

復縁が成功する人は忍耐力も必要です。復縁を望むのであれば相手の行動に自分を合わせていく必要があります。自分でやりたいことがあったのに相手に合わせたが為に自分の思ったことが出来なくなるようなこともあるでしょう。別れの状況によっては相手に罵倒されたり傷つけられたりすることもあるかもしれません。それでもグッと自分を抑えて相手との関係を向上させるために笑顔でいる必要がある場合もあるでしょう。復縁が成功しないのは忍耐力がないことが原因の場合もあるのです。

復縁が成功する人は相手の話がしっかりと聞ける人です。復縁を望んでいる相手には何かこちらに対して不満があります。その内容が分からないとしても、それを相手が教えてくれないとしても、こちらに何か不満があるから別れになっているのです。その不満を相手に言わせるためには相手の話をゆっくりと聞く必要があります。相手の話しているときに言葉を遮ってこちらの話をしてしまうようであれば、復縁は成し遂げることはできません。そのうち相手は会うことですら、連絡を取り合うことですら苦痛になってくるはずです。二人のことに限らず、その他のことでも、仕事の愚痴でも、相手の話をゆっくりと聞けるのであれば復縁への道のりはまた少し短くなります。

大切なのは時間をかけてゆっくりと相手の言い分を聞いてその考えを把握した上で自分の意見を述べることです。相手がそれに対して反論してくるならばその反論を謙虚に受け止めましょう。この三つの項目を把握し、行動に移しているだけでも復縁の可能性は大きくなっていきます。

別れた相手と時間をかけてゆっくりと復縁していく方法とそのポイント

別れた相手との復縁を望むのであれば出来るだけ早いタイミングで手早く復縁するほうが望ましいといえます。しかし中には計画的に短期間で行動していくことが苦手な人もいるでしょう。そんなときの為に今回はゆっくりと時間をかけて別れた相手と復縁していく方法とそのポイントを解説していきましょう。

最初に確認しておかなければならないのは一般的には復縁は出来るだけ短期間で仕上げるほうが成功率は高いということです。それを踏まえた上で長期間での復縁を実行していくことが重要です。大きなポイントはその長期の間にやらなければいけないことを把握することです。仮に長期間での復縁としてもそのときに行う内容は短期間での復縁のときとその内容は変わりません。まず大切なのは復縁までの期間にやってはいけないことをしっかりと把握することです。長期計画の復縁の場合は特にその生活ぶりに注意が必要です。相手と別れたことで自暴自棄気味になり遊びに行く回数や酒量、出費が増えたりするようなことがあっては復縁はうまくいくものではありません。少々のストレス発散は必要という考え方もあるかもしれませんが、その一瞬が復縁の大きな障害になることを覚悟の上でそのストレス発散を行うほうが良いでしょう。その理由はたとえあなたから別れたとしても、相手から別れを告げられていたとしても、相手が別れたことで派手に遊んでいるとすればあまりいい気分ではありません。そのことから考えると復縁を成し遂げるまでのその期間についてはできるだけおとなしく過ごしていくほうが無難であると言えるでしょう。

逆に今まで自由奔放に遊んでいる状況であれば、別れたことを機にその遊びが減ったという事実は相手にとって好印象を与えます。仮に相手も公認で出かけていたとしても別れたことで急に出歩かなくなったということが分かれば相手は心配することもあるでしょう。復縁に関してはこの心理的な要素が大きな効果を発揮することもあるのです。

復縁を長期的な計画で成し遂げるためには相手の心理状態をしっかりと把握することが重要です。そしてこちらの接し方についても頻繁に連絡を取る期間と全く連絡を取らない期間を設け、時間をかけて相手の心理状態に変化を与えることが重要です。それに加えて今まで一緒に過ごした期間には見せることの無かった新たな一面を見せていくことも重要でしょう。相手の心理状態に波を作ること、そして新たな一面を見せていくこと、この二つが実行できていれば徐々に復縁を実行していくことが可能になってきます。

復縁を考えているのであれば一旦すべてを自分の中で整理しましょう

別れてしまった相手と復縁を望むのであれば、まずは一旦自分の中で相手との関係をしっかりとリセットすることが重要です。仮に短い期間であったとしても、その関係が男女の関係になっている以上少なからずお互いに対する甘えが発生しています。できるだけ手間をかけずに復縁を行いたいのであれば、そのような甘えを取り除き、できるだけフラットな関係の中で復縁を試みることが重要と言えるでしょう。

しかし一度関係が作られている状況ではこの甘えを取り除くと言うことがなかなか難しいものになります。この甘えを取り除くにはまず、相手が仮に何も関係のない相手と考えることが重要です。例えば、他の特に関係のない相手と一緒に過ごすときにどのような態度で接するかを良く考えながら行動することで甘えの部分が見えてきます。

この方法は自分を客観的に見るためにはとても重要なポイントになってきます。自分が取ろうと思った行動を相手が違う人でもとる行動かどうかを確認して、そこで自分が甘えているかどうかを確かめることができるのです。これが出来るとできないとでは相手に対する印象が大きく変わってきます。甘えていると言うことの認識が確認できれば、自分の中でも反省することができ、相手の重要さも再確認することができるようになるのです。

いくら相手との関係が良好だったとしても、復縁に努めているということは関係は一旦解消されているのです。それをわきまえずにまるで関係が継続しているかのような態度で接していては相手は興ざめして二度と会ってくれなくなることも考えられます。会うことも出来ないような最悪の事態を避けるためにも、この方法は非常に有効だと言えるのです。

更に、出来ることであれば相手からもらったものや相手と共有しているものなどを一旦整理してみることも改めて相手との関係を見直すときには効果があります。ここで思い出の品を省いていけば、相手との関係の中で得たものや失ったものも見えてくるでしょう。

この方法は復縁のときにも有効ですが、もう一度関係を見直すときにも効果を発揮します。相手との関係を整理して相手との関係を一旦リセットしたにも関わらず、関係が大きく変わるようなことがなければ相手との関係を継続していくことに疑問を抱くこともあるでしょう。

結果がどのようなものであったとしても、復縁で進むべき方向を導き出すためにはこれらの方法は非常に有効な手段の一つと言えるのです。

復縁を諦めようかと思っている人がまず最初にやるべきこと

別れた相手との復縁をずっと望んでいたにも関わらず、復縁の見込みがないとなれば止むを得ず諦めなければならないこともあるかもしれません。それなりに頑張ってきたにもかかわらず成功していないと言うことはそれなりに復縁できない原因もあるのでしょう。まだ復縁することに迷いがあるのであれば復縁が正しい選択かどうかを見極めることも大切になって来るでしょう。

それでもやはり復縁は難しいと思うのであれば、復縁を諦めてしまうことも方法の一つです。しかし、復縁を諦めると言ってもなかなかそれを実行することは難しいのが現状でしょう。復縁を諦めて新しく前に踏み出すためにはそれを心に刻み込むようなはっきりとした過去との決別が必要になってきます。

決別の第一歩としてやるべきことは、二人の思い出の空間や思い出の品をまずは処分してしまうことです。一緒に住んでいて別れたのであればその家から引っ越すことも大切です。特に一緒に住んではいなかったとしても、その部屋に頻繁に相手が来ていたのであればやはり引越しはとても効果のある思い出の処分方法の一つです。様々な理由から転居が困難なのであれば、部屋の模様替えでも良いでしょう。

自分の空間が綺麗に整理されれば、次は小さなアイテムの整理も必要です。相手が置いていったり忘れていったりしているものはもちろん、相手と共有していたものや相手からもらったものも処分するとよりよいでしょう。ある程度高価なものもあるかもしれません。そのようなものはどこかに捨ててしまう方法以外にも、知人に譲ったり、売却したりする方法もあります。特に写真などの相手の様子が視覚的に入ってくるようなものは早々に処分してしまいましょう。

その他にも様々なものが処分の検討材料になります。パソコンを利用していたのであればそのアカウント、最終的には携帯のメモリに入っている相手のメールアドレスや電話番号も削除してしまいましょう。そこまでやっても相手のことが気になるのであればそれはそれで仕方ありません。アドレスや電話番号を削除してしまえば相手と再度連絡を取ることは多くの場合不可能になります。

しかし、こちらから連絡しない場合でも、相手から連絡が来ることもあります。復縁を望んでいるのであればそこで相手と連絡を取り合うこともできますが、新しく前に踏み出していくためには出来るだけ連絡を取らないことが大切です。

とにかく逢いたい!その気持ちを調整して復縁に漕ぎ着ける

一旦別れてしまった相手と復縁したい!そんなときには必ず誰もが頭に浮かぶことがあります。それは「逢いたい」ということです。しかし、復縁においてこの「逢いたい」は大きな曲者です。この逢いたい気持ちを最優先に行動していては、二人の関係がよほど特殊な環境でない限り復縁の可能性は日を追うごとに下がってきてしまうと言っても過言ではないでしょう。

特に一旦別れてからの復縁にはこの気持ちを上手に調整する必要があります。仮に毎日会える環境であったとしても、自分で調整を行い会わない時間を作ることが非常に重要なポイントになってくるのです。

毎日顔を合わせるような環境でないのであれば、自分から積極的に会いに行くようなことはやめましょう。二人の別れの理由は様々でしょうが、その中にはどちらかに会いたくないという思いや一人になりたいという思いが含まれていることは間違いありません。これは相手を嫌いになったから出る内容のものではなく、面度なので会いたくないやちょっと自分の時間が欲しいという「会いたくない」も含まれています。特にこれらのような「自分の時間が確保したい」という思いが強い相手に頻繁に自分に時間を割かせていては、復縁が難しいことは説明するまでもないでしょう。

特に注意しなければならないのは二人の活動の時間に差があるときです。例えば一方は部活をやっているがもう一方は部活をやっていないと言う場合や、社会人であればどちらか一方が仕事の時間が短く、どちらか一方が仕事の時間が長いような場合です。

このときに自由な時間が短いほうは、自分で色々なことを考える余裕があります。相手のスケジュールや自分のスケジュールを考えて相手と会おうとするでしょう。しかし、自分の時間が少ないほうはそのような計画は立てません。そして自分の時間ができたらやりたいことと言うものが必ずあります。その状況で自分の時間を奪うような提案を続けていれば当然ながら相手は不満が残ると言うことになります。これを繰り返していれば相手は徐々に会うことが苦痛になってくることは言うまでもありません。

別れからの復縁の過程において、会わなければいけないような状況は復縁の可能性がかなり高まってきてからです。悪戯に別れてすぐから相手と会うことを望んでいれば相手は断る理由もなく最初は会ってくれるかもしれませんが、やがて会うこと自体が苦痛になってきます。そのような状況を自ら作ってしまうことのないようにできるだけ別れた最初のうちは会わないことを前提に復縁を進めていくことが重要です。

復縁を前提にまず自分を高める「自分磨き」のメリットとデメリット

大切な人と別れなければならないことになってしまったときにあなたはどのように考えるでしょう。原因が自分に魅力が乏しいことであると感じている場合には復縁するためにその魅力を高めようと考えることもあるかもしれません。確かに、自分磨きといえば自分の価値が上がるようで聞こえもよく、復縁にも効果的なように聞こえます。しかし復縁においてはこの「自分磨き」は注意が必要なのです。今回はこの「自分磨き」のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

まず、メリットから見て行きましょう。既に自分磨きのメリットを考えたことのある人には説明をするまでもないかもしれません。言うまでも無く自分磨きを行えばどのような内容であれ少なからず様々な知識や教養などを身につけることが出来るでしょう。長期プランでの復縁を望んでいるのであれば確かに復縁にも効果があるかもしれません。更に仮に復縁できなかったとしても様々な方向に知識が付けば次の恋愛を今まで以上に質の良いものに出来ることもあるかもしれません。この他にも集中して何事かに取り組むことで失恋の傷を紛らわせることで和らげることも出来るかもしれません。そして何より自分に自信が付くことも大きなメリットの一つです。

変わって自分磨きのデメリットを見てみましょう。前述のメリットについての部分でお気づきの場合もあるかもしれませんが、復縁に限って物事を考えるのであれば自分磨きはあまり効果的な方法ではありません。失恋の気を紛らわせたり、次の恋愛をより充実したものにしたりするには適した方法でしょう。しかし、自分磨きを行えば行っただけ相手の距離は遠ざかり、復縁の可能性は下がっていくと考えることが普通でしょう。復縁を望んでいるの場合には、実は自分磨きは決して最善の方法ではないのです。
(⇒「自分磨き」で復縁のタイミングを逃してしまった例

それでも恋愛の相談をすれば復縁を前提に自分磨きを進められることは決して稀なことではありません。それほど一般的で傍から聞いていても当たり障りの無い失恋からの立ち直る方法の一つとして「自分磨き」は存在するのです。本当に相手との復縁を望んでいるのであれば、自分磨きは決して効率のよい方法ではないでしょう。

失恋後の復縁についてのアンケートでは半数近くの人が半年以内に復縁を遂げていると言うデータも存在します。本当に切実に復縁を望んでいるのであれば、長期間かけて復縁を考えるよりも出来るだけ短期間で復縁を成し遂げていくほうが成功率は高まると言うことがこのデータから判断することもできます。あなたが復縁を望んでいるのであれば「自分磨き」に時間を割いている時間よりも、計画的に行動し、短期間で相手との関係を改善していくことを考えたほうが良いと言えるでしょう。

復縁の相談でこんなことを言う相手には相談するだけ時間の無駄です

もしあなたが望む相手と「復縁したい」と思い、その復縁を成し遂げる方法を誰かに相談したとしましょう。そのときに相手がどのような回答をするかというところにポイントを絞って相手を観察することができれば、相手がちゃんと本当に自分の望みを前向きに捉えているかどうかがわかります。相手によっては今後復縁の相談をしても無駄な場合もあるでしょう。そんな復縁を強く望む場合に、相談して次のような回答が帰ってくるようであれば、その相手が誰であろうと今回の復縁を成功させることを大前提に相談するには適さない相手かもしれません。

・復縁の相談をしているのに、復縁をしないように説得してくる
一番多いのはこのパターンでしょう。こちらが復縁を望んでいるにも関わらず、それを妨げるような場合には復縁を望んでいる相手を良く思っていない可能性が非常に高いです。このような場合、それでも前向きに相談に乗ってもらおうと思うのであればまず復縁を望む相手が復縁に値する人物であると言うことを説明し、相談相手を説得する必要があるでしょう。復縁は出来るだけ早いタイミングで行動し、出来るだけ早く前に進めるほうが効果があります。復縁相手の良さはあなたが分かっていれば良い話しです。それをまた一から相談相手に説明するのは時間がものを言う復縁の時には適さない相談相手と言う事になります。

・なぜその相手が良いのか聞いてくる
このパターンも前述のパターンと同様に説得が必要な場合が大半を占めます。特にこの場合には最初から否定をしてくるわけではないので、気が付くと余計に時間が取られることになります。まず、どのようなところに魅力を感じているのかやなぜ復縁したいかなどが定番の質問です。こちらの価値観と同様な価値観を持っていると判断できる場合であれば、ある程度理由を説明したところで次のステップに話を進めることもできるでしょう。しかし、説明した結果復縁をしないように説得してくるようであれば無駄な時間は倍増します。否定される可能性が感じられるのであれば早々に引き上げてくることが望ましいと言えるでしょう。

・復縁の方法がわからないと言い出す
復縁の方法に答えはありません。どれだけ恋愛を経験していたとしても、各種相談を受けているような職業をしている場合でも、その時々で正解が変わる恋愛での復縁には明確な答えはないでしょう。それでも何か方法は無いかということで相談しているにも関わらず、分からないと言われていては時間を無駄に費やすだけです。こんなときにも相談を継続することは無意味と言えるでしょう。

相手がこれらの反応をしてもあくまでも「復縁」の相談をするのに適した相手ではないというだけです。他のことであれば相談するには適した相手なのかもしれません。もしも回りに相談できないような恋愛であれば、そのときには復縁の専門的な業者を上手に利用するという方法もあるでしょう。

喧嘩別れのときに復縁できなくなってしまうパターンとその回避方法

別れの中でも割と簡単に復縁できるパターンの一つに喧嘩別れというものがあります。一般的には一瞬の感情の変化で別れに至っている場合が多く、そこからの復縁は決して難しいものではありません。しかし、その喧嘩による別れにも復縁が難しい、もしくは復縁ができないパターンもあるのです。

その中の一つに挙げられるのが、喧嘩の内容に問題がある場合です。口げんかであれば相手を罵倒したり、相手の人間性を否定するような発言をしている場合や、相手の家や家族に関する暴言を口に出しているようであれば関係の修復が難しいことがあります。相手の生い立ち、学歴など過去に相手を作り上げてきた環境を否定することは、その相手の人間性を否定することにもなります。お互いにこのような口げんかが通常でお互いが何も気にしていないというのであれば話は変わってきますが、それを相手が我慢しているような状況であれば関係の修復が難しくなってくる場合もあるでしょう。

また、喧嘩で感情的になるのが相手か自分、どちらか一方である場合にも注意が必要です。相手がいつも感情を顕にして怒っている喧嘩が多いのであれば、相手は喧嘩をするたびに大きく疲弊します。もちろん、喧嘩は両方ともエネルギーを使うことですのであなたのほうにも疲労感はあるでしょう。しかしそのこちら側の疲労感を相手が読み取ることが出来ない場合には「私ばかり疲れている」という意識になることもあるでしょう。また、この逆にいつもこちらが感情を表に出して怒っている場合にも注意が必要です。前述のとおりこちらが常に感情的になっている場合にも相手は疲労して行っています。そのような喧嘩を繰り返しているようであればいつも怒鳴られたりすることに疲れを感じてしまうこともあるのです。

他にも喧嘩の理由が深刻すぎればいくら突発的な喧嘩でも復縁は難しいことがあるでしょう。例えば、お金に関する内容や、浮気に関すること、人によっては食べ物である場合もあるでしょう。心当たりがあるようであれば、復縁には最大限の注意を払いながら少しずつ進めていったほうが良いこともあるのです。

いずれにせよ、復縁は一つの要因だけを考えていても良い結果は生まれません。様々な二人の関係から復縁が可能であるか、復縁しないほうが良いのか、検討していく必要があるでしょう。まずは自分自身が本当に復縁を望んでいるのかどうか、その部分を掘り下げてみることも良い結果を生むための行動の一つだと言えます。
(⇒復縁が可能な常態かどうかチェックする

<1 2 3 4 >