Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
3ページ目 | 復縁についての基礎知識・マメ知識 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

復縁についての基礎知識・マメ知識

記事一覧

喧嘩別れのときに復縁できなくなってしまうパターンとその回避方法

別れの中でも割と簡単に復縁できるパターンの一つに喧嘩別れというものがあります。一般的には一瞬の感情の変化で別れに至っている場合が多く、そこからの復縁は決して難しいものではありません。しかし、その喧嘩による別れにも復縁が難しい、もしくは復縁ができないパターンもあるのです。

その中の一つに挙げられるのが、喧嘩の内容に問題がある場合です。口げんかであれば相手を罵倒したり、相手の人間性を否定するような発言をしている場合や、相手の家や家族に関する暴言を口に出しているようであれば関係の修復が難しいことがあります。相手の生い立ち、学歴など過去に相手を作り上げてきた環境を否定することは、その相手の人間性を否定することにもなります。お互いにこのような口げんかが通常でお互いが何も気にしていないというのであれば話は変わってきますが、それを相手が我慢しているような状況であれば関係の修復が難しくなってくる場合もあるでしょう。

また、喧嘩で感情的になるのが相手か自分、どちらか一方である場合にも注意が必要です。相手がいつも感情を顕にして怒っている喧嘩が多いのであれば、相手は喧嘩をするたびに大きく疲弊します。もちろん、喧嘩は両方ともエネルギーを使うことですのであなたのほうにも疲労感はあるでしょう。しかしそのこちら側の疲労感を相手が読み取ることが出来ない場合には「私ばかり疲れている」という意識になることもあるでしょう。また、この逆にいつもこちらが感情を表に出して怒っている場合にも注意が必要です。前述のとおりこちらが常に感情的になっている場合にも相手は疲労して行っています。そのような喧嘩を繰り返しているようであればいつも怒鳴られたりすることに疲れを感じてしまうこともあるのです。

他にも喧嘩の理由が深刻すぎればいくら突発的な喧嘩でも復縁は難しいことがあるでしょう。例えば、お金に関する内容や、浮気に関すること、人によっては食べ物である場合もあるでしょう。心当たりがあるようであれば、復縁には最大限の注意を払いながら少しずつ進めていったほうが良いこともあるのです。

いずれにせよ、復縁は一つの要因だけを考えていても良い結果は生まれません。様々な二人の関係から復縁が可能であるか、復縁しないほうが良いのか、検討していく必要があるでしょう。まずは自分自身が本当に復縁を望んでいるのかどうか、その部分を掘り下げてみることも良い結果を生むための行動の一つだと言えます。
(⇒復縁が可能な常態かどうかチェックする

復縁を望むときに見落としがちな、復縁成功の基本のキホン

人の関係、特に男女の間にはいつでもどこでも別れは付き物です。しかし、自分が別れたくないと思っているにも関わらず、相手のことを尊重した結果望まぬ別れが訪れてしまうこともあるでしょう。一旦別れてしまえばその二人は元々他人です。また同じ道を歩んでいく可能性は小さくしぼんでしまうでしょう。ところが、一旦別れてしまってもその関係を修復することは決して不可能ではありません。復縁のコツさえ知っていれば切れかけた縁を再び結ぶことも可能なのです。

今回は切れそうになった縁を再び結びつけることの出来る復縁の方法の中で、基本的で必ず守らなければならないことを解説していきたいと思います。どんなに可能性の低い人でも復縁できる可能性は決して「ゼロ」ではありません。仮に少なかったとしてもその可能性をできるだけ大きくする方法を学び、復縁を勝ち取っていきましょう。
(⇒あなたの復縁の成功可能性を探りましょう!

復縁で一番大切なことは復縁には時期的な段階があるということを知ることです。復縁を望んでいるからと最初からグイグイと突き進んでいったとしても、その思いは成就できないことがほとんどでしょう。この理由は別れから復縁までの三つの段階を踏まずに突き進んでいるからです。復縁を望むのであれば、まずは最初の別れの段階から次に関係の維持、そして最後に復縁成就の段階と順を追ってこの三つの行程を踏むことが大切であると言うことができるのです。

この三つの時期にはまた更にそれぞれの基本があります。別れの時期には出来るだけ連絡を最小限に抑えた冷却期間を作り、必要な連絡は的確に行っていくことが大切です。そして第二段階である関係の維持の期間には最小限ではあるものの、知識を最大限に有効活用し積極的に連絡をしていく時期でしょう。そして最後の第三段階である復縁成就の段階では一旦接点を最小限以下に抑え、その後過剰なほどに積極的に連絡や干渉を行って行く時期となります。

ただ、この方法も別れた理由によって内容は変わってきます。過剰な干渉が別れの原因であれば最終的な第三段階の接触に調整を行う必要もあるでしょう。逆に干渉がないことから別れに至っている場合には第二段階の干渉を特に注意して行っていく必要も出てきます。

いずれにせよ、復縁を成就させるための基本として何よりも覚えておく必要があるのは、復縁までには段階があるということとその内容は二人の別れの理由によっても内容に変化があるということです。別れから復縁までの道のりも状況によって簡単に成就させることが出来る人もいれば、なかなか難しい状況の人もいるでしょう。しかし、この「基本」をしっかりと認識して考えながら進んでいけば、復縁は決して不可能なものではないものなのです。
(⇒復縁で絶対にやってはいけない行動とは…

別れてしまった相手との復縁に有効なメールの四つのテクニック

復縁を望んだときに効果の高いツールとしてメールがあります。携帯のメールやPCのメール、中にはSNSのメッセージ機能を使ったメールなどもあるでしょう。これらのメールは復縁に限らずとも男女間の関係を変化させるのには非常に効果の高いツールの一つです。今回はこれらのメールのテクニックを身につけ、タイミングよくそのテクニックを利用することによって効果的に復縁を成し遂げましょう。

・メールをしない期間を作る
四六時中メールをしていたのであれば尚更、このメールをしない期間というものは効果的に力を発揮します。相手に気にされたいときや引き寄せた気持ちを一旦引き離す場合などは特に有効な方法であると言えるでしょう。このようなメールをしない期間を有効に利用するためには、次に挙げるメールを頻繁に行う期間も有効に使っていく必要があるでしょう。

・メールを頻繁にする期間を作る
前述のとおりこの方法はメールをしない期間と絡めることで相手の気持ちを揺さぶったり、遠ざかりすぎた気持ちを再び引き寄せたりすることができます。しかし、過剰に使ってしまえば鬱陶しいやつと判断される場合もあります。後に述べる方法やメールをしない期間を上手に使って相手の気持ちを引き寄せましょう。

・会話の流れを途中で止める
テンポ良くメールを交わしている途中で唐突にメールのテンポを遅らせるテクニックです。この期間の相手は突然メールが途絶えたことで何をしているのだろうかと気になり始めます。一旦会話を途切れさせ、翌日に何事も無かったように返信をするなどの方法は効果が高いでしょう。特に復縁の確信に迫るような会話の中で一旦メールが途切れれば相手はより一層相手が気になります。メールを再開するときには以前のメールの内容を引き継ぐことも重要でしょう。

・間違ったふりをして相手にメールを送る
メールのやり取りをしている中で突然、意味の分からないメールを送ります。特に重要なのは相手の異性をまだ好きであると言う趣旨のものや、気になるといった趣旨のものなど、直接的ではないもののそのように憶測できるような内容がベストです。相手は極力、男女の関係に無い人物を想定して送信すれば良いでしょう。相手も知っている同姓の友人や家族などが一番良いのではないでしょうか。その後は少し焦った様子で間違った旨を伝えることもポイントです。あまりダイレクトな表現は避け、異性の友人に送っているように取られてしまわないように注意しましょう。

この四つのテクニックはそれぞれをバランスよく使うことで相手が常にこちらが気になるように調整することが可能です。しかしあまりやりすぎると感づかれてしまうこともありますので、注意しながら効果的に使っていきましょう。

あなたの復縁方法が正しいかどうかを10のチェック項目で判定する

復縁を始めて結構時間も経過しているのにまだ復縁できない…ありとあらゆる方法を試しているにもかかわらず成功できる気配がない…。そんな内容でお悩みのあなた!あなたの復縁はどんな復縁方法でしょう?あなたの復縁方法を確認することで今頑張っている復縁が成功するか、失敗に終わるか、占ってみましょう。もし、復縁方法が間違っていると言う結果が出たのであれば、そのときは素直に復縁の方法を見直してくださいね。チェックの方法は簡単です。下のチェック項目に「はい」か「いいえ」で答えていってください。最終的に「はい」がいくつあったかであなたの復縁方法が正しいかを確認します。

・メールは一日三回以下である。
・電話は二日に一回以下である。
・しばらく相手に会っていない。
・復縁できないかもしれないと思う瞬間がある。
・別れに繋がった原因は自分である。
・別れの原因は相手だが、それを許す心の準備がある。
・復縁できなかったときの為に一応次のターゲットの異性がいる。
・復縁できたときに相手にしてあげたいことがある。
・何が何でも復縁したい。
・別れて三週間以上経過している。

「はい」の数が9~7個の場合
復縁の方法も復縁に対するスタンスもある程度分かっている人かもしれません。このペースで復縁を願っていればいずれは復縁を成し遂げる可能性のほうが高いでしょう。にもかかわらず復縁が成功していないのであれば別れの原因も確認してそれなりの対応をしていく必要があるのかもしれません。
(⇒離れてしまった彼と復縁するのにやってはいけない三つの行動
(⇒彼女と別れた原因から復縁に最も適した方法を模索し成功させる

「はい」の数が6~4個の場合
復縁の方法で正しい考え方をしている部分もあるようですが、一部において失敗するかもしれない行動もあるようです。「はい」を選択しなかった部分を改めて考え、できるだけ「はい」を選択するように調整を行ってましょう。必ず復縁を成功させたいと願っているのであれば、その願いを叶えるためにあとは更に行動を強化していきましょう。
(⇒別れてしまった相手との復縁に有効なメールの四つのテクニック
(⇒別れた相手との復縁を必ず成功させるために一番大切なこととは

「はい」の数が3~0この場合
残念ながらあなたが取っている行動やあなたの復縁に対する考え方には正しいものが選択できてないようです。復縁はただひたすらに突き進んでいけばよいと言うものではありません。それなりのテクニックやそれなりの考え方があります。復縁を願うのであれば異性の考え方などについても様々なことを学んでいく必要があるかもしれません。
(⇒復縁を望むときに見落としがちな、復縁成功の基本のキホン

復縁の方法を周りの誰かに相談するときに注意することとは

付き合っていた相手と別れてしまいそこから復縁を目指すようなときには、当然、一人で黙々と復縁に向けた計画を練る人もいるかもしれませんが、その逆に色々な人に相談してその復縁方法などについて相談をするということもあるでしょう。人に相談すると言う行為は自分の進めている復縁手段が適切かどうかということを確認したり、行き過ぎた復縁方法を確認したりすることができると言うメリットもあります。しかし、この「人に相談する」と言う行為は場合によっては復縁を困難にすることもあります。周りに相談したことでどのようなリスクがあるのか、そのリスクを把握し回避する知識を身に付けて行きましょう。

まずは相談する対象の人数についてです。多くの人に相談をすれば多くの意見がもらえます。そして場合によってはその多くの相談相手の中から復縁成就を手伝ってくれるような人も出てくるでしょう。一見、多くの人に相談をするという行為は合理的かに見えます。しかし、多くの人に相談すると言うことは自分の手の内を多くの人に知らせてしまうと言うことになります。これはまだ実行していない行動が相手に筒抜けになるというリスクを伴います。何かサプライズを考えているような場合などにはこの多くの相談がリスクと化してしまうのです。そして考えたくはありませんが、相談相手の中に同じ相手を狙っている同性がいる場合もないとは言えません。この場合もそのライバルから先手を打たれてしまい、復縁が成就しないと言うデメリットも考えられるのです。

そして復縁したい相手の性格によっては、相談する相手の性別も関係してきます。復縁を希望する相手と同じ性別であれば、同性にはわからない異性の気持ちを引き出すことができます。どうされれば復縁を希望する相手が喜ぶか、どのようなことに興味があってその理由は何なのかなど細かい部分もある程度具体的に情報を収集することができるでしょう。しかし、この場合にもリスクは生じます。復縁を希望する相手がとても独占欲が強い相手であればどう思うでしょうか。もちろん、異性の意見が欲しいと言う純粋なあなたの考えは相手には伝わりません。状況によっては別れたと単に異性と仲良くしていると判断されることもあるでしょう。このような状況になれば復縁はおろか連絡を取ることも難しくなってくることがあります。その点から相手の性別は重要になってくることもあるポイントなのです。

これら二つのリスクは自分で管理することが可能なリスクです。出来るだけ信頼の置ける相手であり、自分と同性の相手に相談していれば間違いないということになるでしょう。

例え別れてしまっても短い期間で手早く相手と復縁するポイント

付き合っていた人と別れ、復縁を考えたときにはあなたはどのようにして復縁するでしょうか。短期間で手早く復縁するでしょうか、時間をかけてゆっくりと復縁していくでしょうか。人によってその方法には変化がると思いますが今回は手早く短期間で復縁する方法やそのときのポイントをお伝えしましょう。

短期間での復縁を考えたときにまず考えなければいけないのは復縁を焦りすぎてやってはいけないことをしてしまうことです。復縁を希望するときには絶対にしてはいけないことがあります。必死になって相手を追いかけるのはそのやってはいけないことの中でも一番大きな項目の一つでしょう。たとえどれだけ短期間に復縁を成就するとしても、それにはある程度の時間が必要です。急ぐあまりに焦りすぎ、必死になって相手を追いかけているだけでは成功を収めることはできません。短期間で復縁を成し遂げるには綿密な計画が必要になってくるのです。

そのためにはまず、一旦は完全に相手と連絡を断つ気で行動します。その期間は付き合いの状況などの環境によっても変わってきますが最低でも10日ほど、長期間も可能であれば一ヶ月くらいは連絡を最小限に抑えることが必要です。この期間のうちになぜ別れになったのかという理由をしっかりと考えておくでしょう。

そして次のステップは連絡を急に増やす期間を作ることです。増やすといっても相手の生活サイクルなどを考えてバランスよく連絡をしていきます。まずはメールでの連絡も良いでしょう。少し過剰と思えるくらいに理由を作って連絡をします。最初のステップで少し相手に寂しさを感じさせた後にこのステップでやっぱり未練があるというイメージを相手に抱かせるのです。しかしここでは相手に未練があることを伝えてはいけません。あくまでも声が聞きたいから、意見が欲しいから、連絡をしているということを前面に押し出すのです。そしてこの期間の最後には相手のことを少し過剰なほど誉めて次のステップに移ります。期間は最初のステップの期間と同程度の期間を費やしましょう。ここで復縁について相手から申し出があっても明確な答えは避けます。

そして最後の期間で相手を心理的に揺さぶります。一旦連絡を完全になくしましょう。相手が少し気になる程度に連絡が無い状態を作ります。そして再び連絡が密なタイミングを作るのです。これを短い間隔で繰り返します。この中ではまた付き合いたいことや別れた原因についてよく考えた結果を織り交ぜて会話をしましょう。このときに重要なのは「別れたくない」という言い方ではなく「また付き合いたい」という言い方が重要です。場合によってはこのタイミングで相手のほうから復縁を申し出ることもあるでしょう。この順番を踏んでいけば短期間の復縁も難しいことではありません。

復縁よりも別れを選んだときに発生する大きめなデメリットとは

別れからの復縁は誰しも一度は頭を過ぎることがある内容かもしれません。しかし、復縁は必ず成功できるものでもなく、また、復縁が必ず望ましいことであるということもありません。止むを得ず別れに行きつくこともあれば、ある程度望んで別れへと進んでしまうこともあるでしょう。では、別れたときのデメリットとはどのようなことなのでしょう。

結婚していればそれなりにデメリットはあります。子供に対する親権も場合によっては剥奪されることもあるでしょう。経済状況や離婚の理由によっては住むところを失うこともあるかもしれません。結婚していた場合にはこれ以外にもお互いの親類への対応など様々なデメリットや負担が生じると考えることができます。

しかし、結婚していないのであればそこまで法的に大きな負担は生じません。付き合いの状況によってはある程度の慰謝料を請求されることもあるかもしれませんが、それはあくまでも相手の意思が中心です。内縁の状態になっているような状況でない限りはそこまで大きなデメリットは無いようにも見えます。しかし、気をつけなければならないこともあります。相手の気持ちをある程度見計らって別れを進めていかなければ、相手にしてみれば復縁を望んでいたにも関わらず急に望まなくなったと言う状況に映ります。これがあまりに極端だったり、タイミングを間違ったりすれば相手が急にストーカーになることもあるかもしれません。

しかし、そのような極端な状況を除けば復縁を諦めたからといて失うものはあまりありません。相手を失うと言うことは大きい要素ではありますが、復縁を今まで進めてきたのであればその中で得たものの方が大きいことは復縁を諦めてしまってから気付くでしょう。結婚している状況ではなく、あくまでも付き合っているまでの関係であれば、復縁を諦めてしまうと言うことも決して悪い選択肢ではないのです。

場合によっては復縁を諦めた途端に復縁できたと言う例もあります。ひたすらにがむしゃらに復縁を望み突き進んできたのであれば尚更、このタイミングで自分が進めている復縁についてそれが本当に必要な復縁なのか見つめなおしてみるのも良いかもしれません。冷静になって立ち止まり、少し引いたところからお互いの関係や自分を見つめることで何か大きなものに気付くこともあるかもしれません。

人に言えない恋愛の復縁相談に適した相談相手とその相談方法

人に言えないような恋愛をしているとなかなか悩みを人に伝えることはできません。しかし、人に悩みを打ち明けることが出来なくても現在進行形の恋愛の中での喜びや悲しみであれば自分ひとりで悩みを解決していくことも出来るでしょう。特に人に言えない恋愛を上手に楽しんでいるような人には、このように自分自身で恋愛の悩みや喜びを消化していく能力に長けた人物が多いとも言われています。ところが、これが別れの話となると自分ひとりの力ではもうどうしようもなくなる時もあります。このように人に言えない恋愛で別れ話が浮上してきたときには、復縁に向けてどのような方法を取ったらいいのかと言うことが非常に重要になってくるでしょう。

この人に言えない恋愛の別れ話から復縁に持ち込む相談相手として、とても適しているのは友達でも家族でもありません。友達であればその話は「秘密の話」として様々なところに拡散していくでしょう。家族であれば人に言えないような恋愛は終わりにするべきと希望とは正反対の意見を押し付けられる可能性もあります。そのようなリスクを排除し、人に言えない恋愛で復縁を望むのであればその相談は秘密を保持することの出来る第三者が非常に良い選択肢と言うことになります。

そして、その秘密を保持することのできる第三者として適任なのが占い師です。占い師といっても様々な占いがあります。対面で相手の人相や手相、その他の生まれ持ったものを見ながら行う方法やメールで今の状況を確認しながら行う方法、そのほかにもメールと同じように電話で占う方法などがあります。占術にも多種多様なものがあるでしょう。復縁の相談で重要なのはその占術の内容よりも方法として出来るだけ即座にアドバイスをもらえると言うことが重要になってきます。そんな状況を考えると一番良いのは電話による占いではないでしょうか。もちろん、占いによって様々な角度から相手との相性や相手の性格を判断しつつアドバイスをもらうことも効果があると言えますが、占い師に相談する一番大きなメリットは人によってパターンは違うものの数々の復縁に関する情報を保持していると言うことです。

電話で占うのであればある程度の匿名性も確保することができます。そして様々な前例を元に的確で客観的な意見を求めることもできるでしょう。仮に占いを全く信じていないと言う場合でも、多くの経験の中から適切であろうと考えることの出来る意見をもらうには占い師の言葉は大いに役立つ内容ではないかと考えることができます。人に言えない恋愛の復縁を考えているのであれば、相談相手の候補として占い師を検討してみることも良いかもしれません。

復縁のときに忘れがちで忘れてはいけないたった一つの重要なポイント

復縁には基本的で必ず行わなくてはいけないこともあれば、人によって行ってやってはいけないこともあります。相手や自分の性格にもよって変わってくるこれらの様々な方法の中で特に注意すべきなのが「やらなくてはいけない(もしくはやってはいけない)と分かっているのについついやってしまうこと」です。

これは復縁の成功率を下げると言う直接的な要因だけではなく、自分がやってしまうことで自己嫌悪に陥り復縁に対する意欲を失ってしまうような要因も含まれているのです。例えば、連絡を控えなければいけないと分かっているのに連絡をしてしまうような場合もこれに当たるでしょう。連絡を控えなければいけないという状況は、別れから復縁の間には必ず発生する状況です。しかし、連絡が可能な状態であればついつい連絡してしまうことも多く、結果として自分では連絡を減らさなくてはいけないと分かっているのに連絡をしてしまっているという事実に落ち込んでしまうと言うこともあります。

その他にも別れたくないのに別れを前提に話してしまう人もいるでしょう。特に相手が原因での別れの場合に多く見られることですが、復縁をしたいと言う理由から相手を責めてはいけないと頭で分かっているにも関わらず、こちらもやはり相手の顔を見るとついつい感情的になってしまうようなこともこれにあたります。

では、このような状態を打開するためにはどのような思考に基づいて行動や判断を行っていけば良いのでしょうか。これには感情や突発的な要素も多く含まれて居ますのでなかなか難しい部分でもありますが、まずは最終的な結論として何を望むのかをゆっくりと時間をかけて自分の中で確認することが重要になってきます。自分にとって今の相手との連絡が重要なのか、将来的に相手と共に人生を歩んでいくことが重要なのか、はたまた今現在や過去の相手の失態を責めることが重要なのか、相手の行動を黙認し将来的に関係を継続していくことが重要なのか、といった内容です。

ついつい感情的な行動に走ってしまう人にはこの将来を見て考えていくと言う視点が少ない場合がほとんどです。この長い目で将来を見ると言うことが出来るようになればそれだけであなたの望む復縁が成功する可能性は大きくなってくるのです。

関係があったが別れてしまった不倫相手と復縁する方法

男女の関係には色々なものがあります。そして復縁も大きく分けてこの関係の数だけパターンがあると言えるでしょう。更に個々の状況に合わせるとなると多くの復縁のパターンがありますが、今回はその中でも不倫の関係だったのに関係が途絶えてしまった相手との復縁方法について考えて見ましょう。

まず、不倫の関係にはいくつかの種類があります。相手が結婚していて相手が不倫の場合、自分が結婚していて自分が不倫の場合、そしてお互いが結婚しているいわゆるW不倫の場合です。どのパターンでも復縁のときに共通して言えることは、まずはしっかりと冷却期間が作れているかということです。不倫の場合には特にこの冷却期間のとり方が重要になってきます。不倫の関係が継続しないその理由は多くを求めすぎているからです。不倫の中で一番関係を持続しやすいのはお互いが不倫の場合です。そして一番関係を持続しやすい関係でも、冷却期間は非常に重要なポイントです。

どちらかが不倫の場合にはお互いの望むバランスが崩れて関係が崩壊してしまうことが多くあります。それはどちらか一方(ほとんどの場合は結婚していないほう)の要求が大きすぎて関係が持続できない状況になるからです。この、一方が結婚している状態での復縁では、相手の家庭を壊すことは考えていないということを結婚している相手に伝えるだけで、意外と早く復縁できることもあります。

相手が未婚で自分が結婚している、そんな状況で復縁を希望しているのであっても復縁することは可能です。それは離婚を考えていると言うことを不倫相手に伝えることです。相手が離れていっている理由は、これ以上関係を継続しても関係の発展が望めないと判断したという可能性があります。まずは離婚して不倫相手と付き合う気持ちがあるということを伝えましょう。

しかし、この自分が不倫の場合にはもう一つのパターンも考えられます。それは結婚している相手が離婚して自分の手に入ると分かった時点で愛情が冷めてしまうというパターンです。相手がこのタイプであると判断できるときには、離婚を前提にした復縁は行わないほうが無難でしょう。このタイプに有効な手段はありません。復縁の可能性は著しく下がると考えて良いでしょう。

不倫の上手なコツは、お互いの家庭は第一に考えること、そして不倫は遊びであることを理解したうえで冷却期間を適度に設けながら関係の継続をしていくことが一番望ましい関係の持続方法であると言えます。

<1 2 3 4 >