復縁についての基礎知識・マメ知識

記事一覧

関係があったが別れてしまった不倫相手と復縁する方法

男女の関係には色々なものがあります。そして復縁も大きく分けてこの関係の数だけパターンがあると言えるでしょう。更に個々の状況に合わせるとなると多くの復縁のパターンがありますが、今回はその中でも不倫の関係だったのに関係が途絶えてしまった相手との復縁方法について考えて見ましょう。

まず、不倫の関係にはいくつかの種類があります。相手が結婚していて相手が不倫の場合、自分が結婚していて自分が不倫の場合、そしてお互いが結婚しているいわゆるW不倫の場合です。どのパターンでも復縁のときに共通して言えることは、まずはしっかりと冷却期間が作れているかということです。不倫の場合には特にこの冷却期間のとり方が重要になってきます。不倫の関係が継続しないその理由は多くを求めすぎているからです。不倫の中で一番関係を持続しやすいのはお互いが不倫の場合です。そして一番関係を持続しやすい関係でも、冷却期間は非常に重要なポイントです。

どちらかが不倫の場合にはお互いの望むバランスが崩れて関係が崩壊してしまうことが多くあります。それはどちらか一方(ほとんどの場合は結婚していないほう)の要求が大きすぎて関係が持続できない状況になるからです。この、一方が結婚している状態での復縁では、相手の家庭を壊すことは考えていないということを結婚している相手に伝えるだけで、意外と早く復縁できることもあります。

相手が未婚で自分が結婚している、そんな状況で復縁を希望しているのであっても復縁することは可能です。それは離婚を考えていると言うことを不倫相手に伝えることです。相手が離れていっている理由は、これ以上関係を継続しても関係の発展が望めないと判断したという可能性があります。まずは離婚して不倫相手と付き合う気持ちがあるということを伝えましょう。

しかし、この自分が不倫の場合にはもう一つのパターンも考えられます。それは結婚している相手が離婚して自分の手に入ると分かった時点で愛情が冷めてしまうというパターンです。相手がこのタイプであると判断できるときには、離婚を前提にした復縁は行わないほうが無難でしょう。このタイプに有効な手段はありません。復縁の可能性は著しく下がると考えて良いでしょう。

不倫の上手なコツは、お互いの家庭は第一に考えること、そして不倫は遊びであることを理解したうえで冷却期間を適度に設けながら関係の継続をしていくことが一番望ましい関係の持続方法であると言えます。

巷に溢れる「復縁マニュアル」の効果とその選び方や使い方

復縁に悩んだときに気になる「復縁マニュアル」の入手。復縁に悩んでいるのであれば一度は入手を考えることもあるのではないでしょうか。確かにマニュアルという言葉には魅力を感じます。しかし、その値段も、種類もあまりに多様にあるため、たとえ購入を考えたとしてもどれを購入したらよいか分からないと言うこともあるのではないでしょうか。

では、この「復縁マニュアル」にはどのようなことが書かれているのでしょう。残念ながら内容をここで説明することはできませんが、果たしてこのマニュアルが効果のあるものかどうか、そしてそのマニュアルの選び方や使い方について説明を行っていきましょう。

まず、この「復縁マニュアル」には人によっては目新しい内容もありますが、中には「そんなこと当たり前でしょ」と言う内容も含まれています。しかし、これはこのマニュアルが「無用なもの」であるということではありません。むしろ、その中で多くはないとしても「知らなかった」と言う部分が少なからずあるのです。今現状で復縁を目指しているにも関わらず復縁を成し遂げることが出来ていないのであれば、何かの要素が不足していると考えるのが通常でしょう。復縁マニュアルで自分が取っている行動が正しいのかどうか、当たり前と思っていることが本当に当たり前のことなのかどうかを確認することができます。更に今まで試したことがないことや知らなかったことがマニュアルの中に含まれていれば、充分そのマニュアルは効果があると言えるのではないでしょうか。

では、数々のマニュアルの中から一体どのマニュアルを選択すれば良いのでしょうか。購入する側としては出来るだけ多くの情報の掲載があり、できるだけ価格を抑えたマニュアルが望ましいと考えます。では、どれを選べば良いのでしょうか。結論から述べると、購入は「どれでも良い」ということになります。様々な種類のマニュアルはありますが、その内容は物によって大きく違うものではありません。あくまでも「マニュアル」ですので基本的な内容が記載されていると考えて良いでしょう。高価なものを購入しても、安価なものを購入しても、情報量が多いものでも少ないものでも、その内容には大きな違いはないと考えていて問題はありません。

では、購入したマニュアルを最大限に効果があるように使うためにはどのようにすれば良いのでしょう。先に述べたとおりマニュアルの内容には購入者の知らないことが必ずあります。その知らない部分を中心としてその意味やその理由などを考えながらマニュアルに目を通していけば、復縁を望んでいるときの基本的な項目はどのマニュアルを手に取ったとしても網羅されているのです。

遠距離恋愛で壊れてしまった関係を確実に修復し復縁を成し遂げる方法

遠距離恋愛はお互いのことが見えない分、関係を継続していくことは難しいと言われています。ましてやその関係が破綻してしまった場合にはその復縁はかなり難易度の高いテクニックを要することは簡単に想像が付くのではないでしょうか。しかし、遠距離恋愛で復縁を考えたときには近距離の恋愛では実行することの出来ない、もしくは実行したとしても効果の薄い方法が、遠距離恋愛については絶大な効果を発揮することがあるのです。

その絶大な効果を持った方法とは相手の近くに引っ越してしまうことです。遠距離恋愛でもいずれ結婚して一緒に住むことを考えているのであればいずれ訪れるであろうこのタイミングを、絶対に復縁を望むのであれば今行うのです。ただ、急に何も計画をせず闇雲に転居しても成功の可能性は高くありません。できるだけ労力を使わずに身軽に行動したほうがその後の交渉などでも体力を保ったまま関係の修復に挑むことが出来るでしょう。

これは何も全てを投げ打って本格的に引っ越してしまうと言う選択肢だけではありません。ある程度経済的な余裕もあり、転居を厭わないのであればもちろんそれでも良いでしょう。しかし、転居は復縁が成功したときに実行することにしてとりあえずまずは近くに行くことが重要と考えましょう。仕事をしているのであればある程度の休みは可能でしょう。最悪、仮病でも時間を作るべきです。今まで相手先に行っていた日数よりも多くの日数を確保して相手の地に向かいましょう。

時間の確保が出来たら、次は宿泊施設を確認します。これはあくまでも確認です。場合によってはネットカフェなども選択肢に入れます。しかし、これはあくまでも最悪の場合を想定しての行動です。大前提は相手の自宅に泊まりこむこと。それが出来なかった場合にこの最終手段を利用しましょう。

経済的に不安があるのであれば移動は高速バスを利用します。よほど大柄な男性で無い限りはある程度小さいバスでも充分に寛ぎながら移動することができます。相手が海外であれば飛行機を使うことになるでしょうが、このときにも出来るだけ安価なチケットを確保して向かったほうが後から余計な心配をしなくて済みます。

いずれにせよ、まずは自分の環境と相手とを比較して考えていくことです。今やっている仕事は生活のための仕事ではないでしょうか。相手よりも大切な仕事なのでしょうか。生活のための仕事であれば、変に仕事を選ばなければどこに行っても仕事はあります。今居るところは絶対に離れられないところでしょうか。どこでも「住めば都」です。最初はなれないこともあるかもしれませんが、いずれはそこが自分にとって快適な場所になるかもしれません。
(⇒遠距離恋愛ではその場を楽しむことよりも先のことを考えることが重要

復縁後の行動を調整することで関係をよりよいものにしてしまう方法

復縁をしたいと思ったときの情報は探せばいくらでもでてきます。別れた相手との復縁の方法や、復縁をするときの注意点復縁の体験談様々な復縁方法などその情報にはかなりの数のものが存在します。しかし意外と少ないのが復縁後の情報。復縁してもすぐ別れてしまうようでは全く復縁の意味がありません。復縁を成し遂げた後の行動によって復縁が無になってしまわないためにも、復縁成就の後の行動が何よりも重要になってくるのです。

まず復縁を成し遂げたのであれば率直に相手に感謝の気持ちを伝えましょう。復縁してくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。その気持ちを言葉にして伝えておくだけで、しばらくは何事についても寛容に受け止めてもらうことが出来るはずです。

感謝の気持ちを伝え終わったらすぐさま相手の逃れる道を塞いでいきます。だからといって唐突に結婚などを持ち出してはいけません。自然に、気が付いたら他に行けないような状況を作るために重要なのは、共通の友人や知人を増やしていくことです。できるだけ相手の輪の中に参加するようにし、できるだけ自分の輪の中に相手を誘うようにしましょう。そしてできるだけ相手の友人や親友と親交を深めましょう。

可能であれば相手の家族とも会う機会を作りましょう。無理に会いに行くことは相手に警戒心を抱かせる可能性もあります。相手の家族が居るところの近くに目的地を設定し、その行きや帰りに思いついたように立ち寄りを提案してみるのです。この方法であれば相手に警戒心を抱かせる余裕もなく、周りを強固に固めることが可能です。

出来るようであれば半同棲や同棲を実行しましょう。お互いが一人暮らしであれば自分の部屋の更新が近いからなどと理由を付けて転がり込みます。自分が実家なら家族と喧嘩したというような理由でも良いでしょう。相手の家が実家であれば、相手の家に数日の予定で泊まる事も考えましょう。そのまま家のことなどを手伝えれば、その相手との関係は仕上がったも同然です。

もし、まだ一緒に住むような状況でなければ相手の家族に顔を売るのは何よりも重要なポイントです。どれだけ家族と親しくなっても問題はありません。本人を落とすよりも遥かに効果的に外堀を埋めてしまうことができるのです。

復縁を切欠に相手を完全に手中に収めるためにはやはり家族や親族を取り込むことが良いでしょう。場合によっては次の別れの危機に相手の親族が絶大な力を発揮してくれることもあります。本人の感情よりも家族の感情を優先していれば、決して問題のある方向には行きません。

復縁を考えたときに読んで欲しい、望ましい結果への一番の近道

復縁を成功させるためには様々な要因が関わってきます。別れの段階で相手を烈火のごとく怒らせて喧嘩別れになってしまったとしても短期間で復縁できることもあれば、突然理由も知らされずに別れを告げられ復縁できないようなこともあるでしょう。他にも些細なことで別れても復縁まで時間がかかることもあれば、復縁を諦めた後に復縁できてしまうようなこともあります。いずれにせよ理由がどのようなものであれ復縁は唐突に成功し、同じく唐突に諦めざるを得ないような状況になることもあるのです。

もちろん、復縁を希望しているのであれば復縁は可能であると言う考え方に基づいて復縁に向けて突き進んでいく必要があります。しかし、可能性が低くなればもちろん意気消沈していくことになり、最悪の場合には精神的に病んでしまうようなこともあるかもしれません。最終的な目的が復縁であったとしても、それによって時間や労力を取られ挙句に精神的にもすり減らされると言う状況は決して望ましいものではありません。これは復縁を望む人だけでなく恋愛全般について言えることですが、復縁や恋愛の成就を望み、復縁に向けて何も考えずに突き進んでいくと言うことは、様々なリスクがあるということはあらかじめ認識した上で行動に移していく必要があります。

成功が前提であるが故にその結末が望まないものであったときに大きなダメージを受け、精神的に立ち直れなくなってしまう人もいます。このような状態を避けるためにはある程度の可能性の範囲を予測し、最悪の事態も一度は考えておく必要があるでしょう。これはネガティブな思考を広げていくと言うことではありません。できるだけ早い段階で最悪の状態を考え、来ることのないであろうそのときに精神的な緊急回避ができるような精神状態にしておくと言うことが重要になってくるのです。仮に失敗に終わったとしても精神的に衰弱し様々な方面に悪影響を及ぼした数年後に「最悪で思い出したくもない出来事」と感じることになるのか、失敗に終わったものの得るものや学ぶもの多くあり「貴重な経験をした出来事」と感じることができるのかでは大きく変わってくることでしょう。失敗したからトラウマになるのか、失敗したけどもその後経験を生かしてより輝ける恋愛をしていくのか、それはそのときの考え方次第で大きく変わってくることとなるでしょう。

人は皆、自分の予想外の出来事や突発的な出来事に弱いという側面を持っています。この弱い部分を補えるような力を養い、あらかじめ心に余裕を持った状態で復縁に向けて進んでいけばその余裕は成功をもたらす原動力となり、やがては思い通りの結果に結びつくのではないでしょうか。

復縁に必要な復縁のコツと、それを上手に実践していく方法とは

復縁には何が必要か、それは復縁を考えている状況では非常に重要なポイントになってきます。その何が必要かということがわかっているということは、つまり、復縁のコツを知っていると言うことになります。当然ながらこの「コツ」を知っているのと知らないのとでは復縁の可能性ということを考えると大きな開きが出てくるでしょう。

復縁に必要なコツには色々なものがあります。しかしその中でも特に重要なものとなるとその内容は限られてくるのです。まずはこの限られた「コツ」を学ぶことによって、復縁の可能性をより高めていくことが重要となってきます。

まず、一番大切なのはある程度の距離を保つ冷却期間が必要であると言うことです。感情的に喧嘩で別れに至ったとしても、長い間に蓄積された怒りや憎悪に近い感情が原因で別れに至ったとしても、復縁するまえでの間にはお互いの関係を見つめなおし関係改善が可能かどうかも含めてじっくりと考える冷却期間がしっかりととれているかどうかが非常に重要になってきます。この冷却期間を設けずにただひたすら連絡をしているような状況では復縁はおろか場合によっては相手から一層拒絶されてしまうことも考えられます。仮にこちらが冷却期間が必要ないと思っていても、相手には必ず必要なものです。復縁を行うのであればこの冷却期間を上手に使うことが復縁を成功に導くコツの一つであると言えるでしょう。

そして、もう一つ必要な復縁のコツは忍耐力を養うということです。この忍耐力があるかないか、つまり復縁を粘り強く継続していくことができるかが非常に重要な鍵になってくるのです。仮に短期間での復縁を考えているのであれば相手にそれなりの拒絶反応があることも予想されます。しかし、その拒絶反応で傷つき、復縁を諦めているようでは全く話になりません。場合によっては長期計画でも無理と感じてしまうことがあるかもしれないのです。ある程度のことであれば聞き流し、必ず復縁すると言う強い意思と共に粘り強く復縁を働きかけていく忍耐力は必ず必要になってくると言うことでしょう。

つまり、復縁のコツというのは冷却期間をつくり、粘り強く復縁を進めていくこと、この二点に絞ることができると言えます。その他の要因も当然必要にはなってくるでしょうが、少なくともこの二つの点を把握して実行に移せているかどうか、ということが重要になってくるのです。逆を返せば少なくともこの二点をしっかりと抑えていればある程度の復縁の可能性はキープすることができるということです。まずはこの二点、そしてそれが実行できてから更に多くの点を補っていくように努めましょう。
(⇒復縁が成功する人と成功しない人との大きな違い

別れか復縁か、悩んだときにやってもらいたい15のチェック項目

別れたあなた、もしくは別れようと思っているあなたに是非やってもらいたい「別れたほうが良いか、復縁したほうが良いか判定する15のチェック項目」です。このなかで当てはまるものがいくつあるかによってその後の関係を継続したほうが良いか、これを機にスッパリ別れたほうが良いか、占ってみましょう。この15の質問に「はい」と答えた項目がいくつあるかでその後の運命を占います。答えは全て「はい」か「いいえ」で、どちらにも該当しないと思う場合には「はい」としてカウントします。既に復縁することは決まっていて、その復縁方法が正しいかどうかを判断したい方はこちらをご覧ください。

・別れに至った理由が突発的な喧嘩である
・喧嘩でも相手を罵りあうようなことはない
・お互いの間に子供がいる
・相手は相手の両親と頻繁に話をしている
・相手の両親はすぐ近くに住んでいる
・お互いに(もしくはどちらかが)経済的に自立していない
・見合いや紹介ではなく恋愛からの関係である
・別れに直前まで性交渉はあった
・お互いの交友関係は広いほうである
・喧嘩はお互いに非があると思う
・別れの理由は浮気・ギャンブル・浪費ではない
・相手に暴力を振るわれたことはない
・まだ相手の知らない面や自分の知られていない面があると思う
・共通の趣味がある
・相手のことが「嫌い」というワケではない

いかがでしたでしょう?それでは「はい」の個数が多いほうから判定していきます。

◎「はい」の数が15~8個の場合
今回の別れに至った理由はある程度あなたのほうでも理解して、反省や問題点の把握も出来ているのですね?そしてお互いの良い面も少なからず把握しているのではないですか??
別れを考えるなんてもったいない!もう一度ちゃんとゆっくりと話し合いの場を設けるべきです。今回のトラブルはちょっとした意見の食い違いと考えましょう。相手からみて近い人と接して周りから調整をしてみるのも良いかもしれませんね。簡単に別れようと思うにはもったいない状況です。時間がたてば関係を修復できることもあると思うので頑張って!今が踏ん張りどころかもしれません。

○「はい」の数が7~4個の場合
今回別れに至った理由はどのようなものでしょうか?様々な理由があるとは思いますがもう少し距離を置いてゆっくりと考えるという方法も良いかと思います。即座に別れにつなげるのではなく、お互いに距離を置いてゆっくりと考え、また相手に考えさせることで自ずと何かしらの結果が見えてくることもあります。別れてしまうことは簡単かもしれませんが、ここで踏みとどまることができればお互いの関係は良いものになっていくこともあるかもしれません。

△「はい」の数が3~0個の場合
正直に申し上げてよいのであれば、ここを読むことになっているあなたは即刻別れた方が良い!という結論になるでしょう。どのような方面から考えても、そして仮に今回復縁したとしても、あなたに幸せはやってこないようにも思えます。もちろん、たった15個のチェック項目でしかないので当然、復縁してよかったと思える将来になることも考えられます。しかし、それを差し引いても決してその道のりは平坦なものではありません。別の人生を歩むことも考えましょう。

別れた相手との復縁を勢いだけで無理やり成功させる方法とは

「別れた相手との復縁はなかなか簡単に出来るものではない」ということは分かっていても、できるだけ短期間に、できるだけより強固に復縁したいと、復縁を望んでいるのであれば必ず考えることでしょう。それを成就するのに重要なのはまずは行動をすることです。これには相手の都合や自分の都合、先のことやその後どうなるかなどは考える必要は全くありません。とにかく出来るだけ早くに相手と復縁をしたいのであれば、そこで考えるのは復縁の方法ではなくいつ行動するかと言うことです。

まずは相手に連絡をしましょう。この連絡は出来るだけ早く、出来るだけすぐに行うべきです。今現在この文章を読んでいる間にも相手の距離が離れていくと考えます。まずは即座に連絡を取り、今会いたいと相手に告げるのです。今が何時か、相手に会うのにどのぐらい時間がかかるか、そんなことは考える必要はありません。思い立ったらすぐ行動。今すぐに相手に会いに行きましょう。相手の都合も気にする必要はありません。とにかく今会いたいことを伝え、それを実行に移すのです。

相手に会うことが出来ればそれだけ復縁の可能性は高まります。必要なのは勢いであり、理性的な行動でも、知的な会話でもありません。とにかく復縁をしたいのであれば相手に会いに行き、何時だろうと相手に会うようにします。相手が寝ていても、相手が実家住まいでも、関係ありません。あなたは会いに行っているのです。その他のことは後から考えればいいのです。とにかく今会いたい、今復縁したい、それがあなたの気持ちであれば即座に彼に逢うべきです。

相手と会うことができれば即座に復縁を申し出ます。考えると言う返事や無理と言う返事は聞く必要はありません。とにかく必要なのは今復縁をすることです。それを相手に伝え、即座に復縁するように求めましょう。しかしこの最終段階は簡単に成功するものではありません。しかしこの段階でのあなたの行動が全てを決します。今まで遠慮をしていたから、相手のことを考えていたから、前に進まなかった復縁を、とにかく進めるために行動しているのです。相手が出してくる条件は例えどんなに過酷なものでも受け入れます。復縁が無理だと言われるようなら、ではどうすれば復縁するのかと食い下がります。帰るといわれれば返さないと伝えましょう。

復縁には必ず勢いが必要です。今までどおりではうまく行かないから今でもまだ復縁を望んでいると言うことを肝に銘じましょう。復縁するために必要な勢いは誰にでも作ることができます。勢いさえ味方にしてしまえばあなたの復縁はもうすぐそこです。そしてその勢いは思わぬトラブルを招くこともあるのでその点には注意も必要です。

別れた相手との復縁を必ず成功させるために一番大切なこととは

相手との復縁を考えているときには色々なことが必要条件であると考えてしまいます。内面も外見も今まで通りではなく、付き合っていたときよりも良い状態にする必要があると考えることもあるでしょう。男性の場合にはお金が必要という結論に達するに達することもあるかもしれません。女性であれば外見や愛嬌なども必要に感じることがあるでしょう。確かに、一旦別れてからの復縁となると様々な方面において自分自身の向上が必要と感じることもあるかもしれません。このことからががむしゃらに自分自身の向上を目指すパターンもあるでしょう。しかし、復縁に一番大切なのは外見を磨くことでも内面を磨くことでもありません。

では復縁に大切なことはいったい何なのでしょうか。復縁に必要なのはただ一つ「忍耐」です。別れてすぐのしばらくの期間には不安で連絡をしたくなります。そのときには相手の声を聞かずに過ごすという忍耐が何よりも必要になります。復縁を望んでいる間は相手が思わぬ行動に出ることもあるでしょう。中には自分にとって精神的に大きな負担になるような行動に出ることもあるかもしれません。場合によっては怒りや悲しみなど大きく感情を動かされるようなこともあるでしょう。しかしこのような場合にもこの感情を表に出すようでは復縁を成就することはできません。ここでも感情を押し殺すと言う忍耐が必要となるでしょう。

では、復縁してしまえば忍耐は必要ないということになるのでしょうか。これは人それぞれではありますが、感情を押し殺して復縁を成し遂げたのであればその後もこの忍耐は継続することになります。当然相手は感情を押し殺したり、行動を抑えたりしている状態を見て関係を続けることを選択しているのですから、その後も同じ状態を保つ必要があるでしょう。耐えてでも関係を保つことが最善と割り切って過ごしていくのであれば全く問題はありませんが、その忍耐が精神的な苦痛になることも考えられるでしょう。復縁を考えているのであればこの忍耐は復縁して相手との関係が続いている以上は継続していくものと考えておくべきです。

もちろん、どこかで感情や行動を解き放てる機会が訪れることもあるでしょう。しかしそれは相手に全面的に非があり、更に結婚をして法的な関係が成立している場合のみです。通常の付き合いの中では感情や行動を解放した時点で終わりが訪れると考えていて大きな間違いはないでしょう。

復縁に大切なのは唯一つ、忍耐のみです。耐えることが苦手であったり、耐えることに苦痛を感じるような性格だと思うのであれば、復縁を望まないと言う選択肢も考えていく必要があるのではないでしょうか。
(⇒復縁が成功する人と成功しない人との大きな違いとその理由

<1 2 3 4