Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
男女間の関係をより効果的なものにする説得のテクニックとその使い方 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

復縁を効果的にする説得テクニック

男女間の関係をより効果的なものにする説得のテクニックとその使い方

復縁は当然のことながら男女間の関係に於いては非常に重要になってくるのが会話のテクニックです。人の話を聞くテクニックや反論をしないテクニックなど会話に於いては様々なテクニックがありますが、その重要な会話のテクニックの中に相手を説得するというテクニックがあります。

この相手を説得するテクニックは最初から使えるものではありません。まずは相手の話を聞ことで相手の不満を引き出すことが重要になってくるでしょう。そして相手の不満が出たとしてもそれに対する反論を控えることで説得の下地をつくり、それからじっくりと説得を行って行くことがポイントになります。

説得と言えば相手の意見を否定し、自分の意見を認めさせると言うことになりますが、特に男女間でトラブルが発生している場合などはこの方法でいきなり説得を行っても二人の亀裂は一層深まるばかりです。まずは相手の意見を聞いていますのでそれに沿って具体的に肯定的な意見を述べることから始めましょう。この肯定が入れば相手は自分の意見が認められたと思いこちらの意見に肯定的になります。そこで初めてこちらの意見をゆっくりと主張していくのです。

例えば「嘘は良くない」と言う人が居たとしましょう。ここで「そんなことはない。嘘は上手に使うべきだ」と言っても相手は意見が違うということが認識されるだけでそれ以上話を聞くことはないでしょう。しかし、仮に意見が違ったとしてもまずは「嘘は良くない」と自分もそちらの意見に立って自分なりの考えを述べることから始めます。「嘘は良くない」という立場に立った意見を出していけば相手は共感して自分の意見を述べやすくなります。相手が自分の意見を述べた場合はそこでも反論は行わずに話を聞いていけば良い訳です。ある程度お互いの肯定的な意見が出きったところでまずはその肯定的な意見の元を断ちます。「嘘は良くない」→「信用できなくなる」→「信用できないと関係は保てない」という話の流れであれば「信用できないと関係は保てない」と言う部分からゆっくりと否定に入ります。そして相手の反論には耳を傾けつつ「信用できなくても関係を保つ方法はないか」→「信用と嘘は別問題ではないか」→「嘘を上手に使う方法もあるのではないか」と順を追って説得を行いましょう。ここでで重要なのは「~ないか」と相手に考えさせるように話を仕向けることです。相手は反対の意見でそれは理解しているが、違った角度から考えさせることで相手の考えにブレを作ります。そして最終的に自分の意見を述べ、更に相手と反対意見である自分の考えの主張の中でメリットを充分に説明するのです。

説得に必要なのはまずは同調することです。同調は自分の意見と違っても、何ら問題はありません。しっかりと同調が出来ているようであれば、その時点で相手の説得は完了しているようなものです。