喧嘩別れで復縁できないパターン

喧嘩別れのときに復縁できなくなってしまうパターンとその回避方法

別れの中でも割と簡単に復縁できるパターンの一つに喧嘩別れというものがあります。一般的には一瞬の感情の変化で別れに至っている場合が多く、そこからの復縁は決して難しいものではありません。しかし、その喧嘩による別れにも復縁が難しい、もしくは復縁ができないパターンもあるのです。

その中の一つに挙げられるのが、喧嘩の内容に問題がある場合です。口げんかであれば相手を罵倒したり、相手の人間性を否定するような発言をしている場合や、相手の家や家族に関する暴言を口に出しているようであれば関係の修復が難しいことがあります。相手の生い立ち、学歴など過去に相手を作り上げてきた環境を否定することは、その相手の人間性を否定することにもなります。お互いにこのような口げんかが通常でお互いが何も気にしていないというのであれば話は変わってきますが、それを相手が我慢しているような状況であれば関係の修復が難しくなってくる場合もあるでしょう。

また、喧嘩で感情的になるのが相手か自分、どちらか一方である場合にも注意が必要です。相手がいつも感情を顕にして怒っている喧嘩が多いのであれば、相手は喧嘩をするたびに大きく疲弊します。もちろん、喧嘩は両方ともエネルギーを使うことですのであなたのほうにも疲労感はあるでしょう。しかしそのこちら側の疲労感を相手が読み取ることが出来ない場合には「私ばかり疲れている」という意識になることもあるでしょう。また、この逆にいつもこちらが感情を表に出して怒っている場合にも注意が必要です。前述のとおりこちらが常に感情的になっている場合にも相手は疲労して行っています。そのような喧嘩を繰り返しているようであればいつも怒鳴られたりすることに疲れを感じてしまうこともあるのです。

他にも喧嘩の理由が深刻すぎればいくら突発的な喧嘩でも復縁は難しいことがあるでしょう。例えば、お金に関する内容や、浮気に関すること、人によっては食べ物である場合もあるでしょう。心当たりがあるようであれば、復縁には最大限の注意を払いながら少しずつ進めていったほうが良いこともあるのです。

いずれにせよ、復縁は一つの要因だけを考えていても良い結果は生まれません。様々な二人の関係から復縁が可能であるか、復縁しないほうが良いのか、検討していく必要があるでしょう。まずは自分自身が本当に復縁を望んでいるのかどうか、その部分を掘り下げてみることも良い結果を生むための行動の一つだと言えます。
(⇒復縁が可能な常態かどうかチェックする