復縁への近道

復縁を考えたときに読んで欲しい、望ましい結果への一番の近道

復縁を成功させるためには様々な要因が関わってきます。別れの段階で相手を烈火のごとく怒らせて喧嘩別れになってしまったとしても短期間で復縁できることもあれば、突然理由も知らされずに別れを告げられ復縁できないようなこともあるでしょう。他にも些細なことで別れても復縁まで時間がかかることもあれば、復縁を諦めた後に復縁できてしまうようなこともあります。いずれにせよ理由がどのようなものであれ復縁は唐突に成功し、同じく唐突に諦めざるを得ないような状況になることもあるのです。

もちろん、復縁を希望しているのであれば復縁は可能であると言う考え方に基づいて復縁に向けて突き進んでいく必要があります。しかし、可能性が低くなればもちろん意気消沈していくことになり、最悪の場合には精神的に病んでしまうようなこともあるかもしれません。最終的な目的が復縁であったとしても、それによって時間や労力を取られ挙句に精神的にもすり減らされると言う状況は決して望ましいものではありません。これは復縁を望む人だけでなく恋愛全般について言えることですが、復縁や恋愛の成就を望み、復縁に向けて何も考えずに突き進んでいくと言うことは、様々なリスクがあるということはあらかじめ認識した上で行動に移していく必要があります。

成功が前提であるが故にその結末が望まないものであったときに大きなダメージを受け、精神的に立ち直れなくなってしまう人もいます。このような状態を避けるためにはある程度の可能性の範囲を予測し、最悪の事態も一度は考えておく必要があるでしょう。これはネガティブな思考を広げていくと言うことではありません。できるだけ早い段階で最悪の状態を考え、来ることのないであろうそのときに精神的な緊急回避ができるような精神状態にしておくと言うことが重要になってくるのです。仮に失敗に終わったとしても精神的に衰弱し様々な方面に悪影響を及ぼした数年後に「最悪で思い出したくもない出来事」と感じることになるのか、失敗に終わったものの得るものや学ぶもの多くあり「貴重な経験をした出来事」と感じることができるのかでは大きく変わってくることでしょう。失敗したからトラウマになるのか、失敗したけどもその後経験を生かしてより輝ける恋愛をしていくのか、それはそのときの考え方次第で大きく変わってくることとなるでしょう。

人は皆、自分の予想外の出来事や突発的な出来事に弱いという側面を持っています。この弱い部分を補えるような力を養い、あらかじめ心に余裕を持った状態で復縁に向けて進んでいけばその余裕は成功をもたらす原動力となり、やがては思い通りの結果に結びつくのではないでしょうか。