Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webkikaku/www/xn--eckp2g789tzy5a.com/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
相手が好きで復縁したいと思っていても復縁しないほうが良い例 | 復縁はお任せ!皆が成功した復縁方法を徹底伝授!【ラブ・サイン】

復縁しないほうがいい例

相手が好きで復縁したいと思っていても復縁しないほうが良い例

どれだけ相手のことを好きだったとしても、別れてしまうこともあるでしょう。そんなときに望むのは出来れば復縁したいと言うことです。しかし、別れてしまった理由や状況によっては、復縁しないほうが良い場合もあるのです。今回はたとえ相手のことを好きだったとしても、復縁しないほうが良いパターンを解説しておきます。復縁に必死になっているあなたも一度、目を通してみることをお勧めします。

まずは、浮気が理由の離婚や別居を円満に復縁するための方法とはです。少しぐらい相手が他の異性と関係を持っても自分の元に帰って来てくれればそれで良い。そう思っているのであれば例え相手が浮気をしていて別れたとしても、復縁は進めて問題ありません。問題なのは「浮気は絶対だめ」と思っているにも関わらず、浮気が理由で別れてしまっている場合です。浮気は一種の病気です。いつもと違う異性と接することで通常以上の快感を得ることが出来ると知ってしまった以上、浮気はまた繰り返されます。絶対浮気なんてしない!と思っていても、してしまうのが浮気です。原因が浮気でそれが許容できないのであれば復縁は思いとどまったほうが良い場合もあります。
(⇒愛情はあるのに浮気が理由で復縁できなかった例

二番目は別れた理由が金銭がらみのトラブルの場合です。お金の貸し借り、お金の浪費、ギャンブルなどもこの類に入るでしょう。これが自分であればまずはこの癖が完全になくなるまでは復縁は控えたほうが無難です。無理して復縁したとしても結局同じ理由でまた別れることにもなりかねません。仮にどうしても復縁すると言うのであればそれなりに自分の経済力を高める必要があるでしょう。もし相手が金銭トラブルを引き起こしているのであれば、こちらもやはり先のことを考えて復縁は慎重に行ったほうが良いと言えます。特に相手の場合にはそれ(浪費やギャンブル)が原因で借金が出来ている可能性もあります。ほとんどの場合その借金は黙っていたり小さく申告したりすることが大多数を占めますので、復縁するのであれば少し注意したほうが良いでしょう。

相手が暴力を振るう場合も少し復縁までは時間を置いたほうが良いでしょう。浮気やギャンブルなどと同様にこれも「癖」に近いものです。一旦納まってもしばらくすると再発すると言うことが多く見られます。自分が暴力を振るう場合であっても、相手が暴力を振るう場合であっても、これは同じです。最悪の場合最終的に暴力によって収監されることもあるのです。暴力はエスカレートしてくるものです。この場合も簡単に復縁するのではなく、充分に距離を保つ期間を確保した上で復縁するほうが良いでしょう。