復縁

遠距離恋愛ではその場を楽しむことよりも先のことを考えることが重要

遠距離恋愛ではお互いが簡単に会えるものではありません。近くにいれば寂しいと思ったときにすぐに会いに行くことができますし、ある程度の会いたいという我侭も可愛いものと判断してもらえることもあります。しかし遠距離となるとそういうわけにもいきません。更にそれに加えて遠距離恋愛の場合にはその少ない貴重な会える時間を楽しむだけではなく、更にその先どのように関係を継続していくかを考えることも非常に重要になってくることを私は身をもって経験しました。

彼は東京に住んでいました。毎週とは行かないまでもある程度の間隔で私のいる仙台まで通ってきてくれていて、いずれは結婚しようと二人でその関係を楽しんでいました。もちろん、仙台に彼が来たときには仙台でしか行けないようなスポットや、仙台でしか食べれないようなものを二人でめぐりとても楽しい時間を過ごしていました。私は彼と過ごす時間がとても楽しく、先のことを考えるよりも次に彼が来たときにはどこに行こうか、何をして遊ぼうかと色々と計画して、妄想して楽しんでいました。

しかし、ある日突然、彼から別れを告げられました。関係は順調、二人の時間も楽しく過ごしていたのになんで?という気持ちで一杯でした。最初はその理由を教えてくれなかった彼ですが、何度も復縁をお願いしていたところその理由を教えてくれました。

その理由は私にとっては意外なものでした。彼は二人の将来のことを真剣に考えていてくれていたのです。そしてもちろんそのときには非常に楽しいけれども、将来どうするかと言う考えを全く示さない私に愛想を尽かしてしまったということでした。私は東京に行くことは考えていませんでした。仙台を離れないことは彼に伝えていたので彼はいずれこちらに来てくれるものと考えていました。しかしそれはぼんやりと考えていただけで具体的にどのようにするかを考えていたわけではありませんでした。

後から考えてみれば彼は私よりも7つほど年上でした。一緒に家庭を作ることを中心に考えていたのかもしれません。しかし私にはそこまでの考えがありませんでした。確かに年齢的に年上であれば結婚を考えることもあったのでしょう。しかし、その場を楽しむことばかりを考えていた私を見て彼はだめだと思ったのかもしれません。

しばらくは新しい恋愛にたどり着けるとは思いませんが、もしも仮に遠距離をすることがあった場合にはその場の関係だけではなくて将来もしっかりと考えながら付き合っていこうと思います。まだ彼との復縁を完全に諦めたわけではないので、将来どのようにするかしっかりと考えてまた彼に復縁のお願いをしてみようと思います。
(⇒遠距離恋愛で壊れてしまった関係を確実に修復し復縁を成し遂げる方法

喧嘩別れのときに復縁できなくなってしまうパターンとその回避方法

別れの中でも割と簡単に復縁できるパターンの一つに喧嘩別れというものがあります。一般的には一瞬の感情の変化で別れに至っている場合が多く、そこからの復縁は決して難しいものではありません。しかし、その喧嘩による別れにも復縁が難しい、もしくは復縁ができないパターンもあるのです。

その中の一つに挙げられるのが、喧嘩の内容に問題がある場合です。口げんかであれば相手を罵倒したり、相手の人間性を否定するような発言をしている場合や、相手の家や家族に関する暴言を口に出しているようであれば関係の修復が難しいことがあります。相手の生い立ち、学歴など過去に相手を作り上げてきた環境を否定することは、その相手の人間性を否定することにもなります。お互いにこのような口げんかが通常でお互いが何も気にしていないというのであれば話は変わってきますが、それを相手が我慢しているような状況であれば関係の修復が難しくなってくる場合もあるでしょう。

また、喧嘩で感情的になるのが相手か自分、どちらか一方である場合にも注意が必要です。相手がいつも感情を顕にして怒っている喧嘩が多いのであれば、相手は喧嘩をするたびに大きく疲弊します。もちろん、喧嘩は両方ともエネルギーを使うことですのであなたのほうにも疲労感はあるでしょう。しかしそのこちら側の疲労感を相手が読み取ることが出来ない場合には「私ばかり疲れている」という意識になることもあるでしょう。また、この逆にいつもこちらが感情を表に出して怒っている場合にも注意が必要です。前述のとおりこちらが常に感情的になっている場合にも相手は疲労して行っています。そのような喧嘩を繰り返しているようであればいつも怒鳴られたりすることに疲れを感じてしまうこともあるのです。

他にも喧嘩の理由が深刻すぎればいくら突発的な喧嘩でも復縁は難しいことがあるでしょう。例えば、お金に関する内容や、浮気に関すること、人によっては食べ物である場合もあるでしょう。心当たりがあるようであれば、復縁には最大限の注意を払いながら少しずつ進めていったほうが良いこともあるのです。

いずれにせよ、復縁は一つの要因だけを考えていても良い結果は生まれません。様々な二人の関係から復縁が可能であるか、復縁しないほうが良いのか、検討していく必要があるでしょう。まずは自分自身が本当に復縁を望んでいるのかどうか、その部分を掘り下げてみることも良い結果を生むための行動の一つだと言えます。
(⇒復縁が可能な常態かどうかチェックする

復縁計画を失敗に終わらせてしまう、会話の中での反論の危険性

お互いに意見の相違があったり、お互いに気に入らないところがなければ男女が別れてしまうと言うことはありません。しかし、世の中にはたくさんの別れが存在します。それはつまりお互いの考え方や意見など、育った関係によっても変わってくるような要素に違いがあるということになります。復縁を望んでいるのであれば当然ながらその原因を探ったり、解決方法を模索したりするようになりますが、相手との間に意見の相違があっても復縁を成し遂げるまではそれを抑え込む事も復縁の技術の一つと言えます。

この反論にはいくつかの種類があります。相手の言った意見をすぐさま取り上げて、それに対して否定の意見を述べるような典型的な反論にはじまり、気にしてはいなかった話の中での癖が反論と捉えられる場合もあるのです。

直接的な反論は説明するまでもないでしょう。会話の中で相手の意見にいちいち反論しているようではもちろん復縁は困難です。復縁を望んでいるのであれば仮に相手が間違っていると思う意見を言っていたとしても、一旦は聞き入れて関係修復後に少しずつ時間をかけて方向修正を行って行くことが重要と言えます。

特に注意しなければならないのは、会話中の言葉の癖や態度の癖などです。まず、言葉の癖としてはキーワードがいくつか考えられます。「でも」「が」「しかし」「けど」そんな単語は相手の高感度を下げることに直結します。このような言葉はよっぽど意識していないとするりと出てきてしまうこともあります。相手の意見を否定する位置づけであるこれらの日本語は利用しないようにすることが望ましいと言えます。

次に話し方の癖を見てみましょう。相手が話し終わってから話すという癖が付いているのであれば特に問題はありませんが、相手が話をしているにも関わらずそこに被せて話をしてしまうようであればこれもマイナスなイメージを生みます。本人が気にしていなかったとしても相手が気にしていることもありますので、自分でも被せているかどうか良くわからないと言うのであれば黙っておくことが無難でしょう。

最後は話をするときにしてはいけない態度です。目を逸らす、腕を組むなどは代表的な否定を表す態度です。人間心理上マイナスなイメージを抱かれやすいこれらの行動を自然に行うようになっているのであれば、特に言葉で否定をしていなくても態度で気付かぬうちに否定を表している可能性もあります。このほかにも足を組むときに相手から逆の方向に膝を向けるような組み方も否定と取られる可能性がありますので注意が必要です。

もちろん、これらの否定を全てなくしてしまったとしても復縁が成功するということではありません。しかし、これらの要素を省くことによって少なくとも相手に対して好意的であるという印象は与えることができるでしょう。まずは基本的な項目の一つとして念頭に置いておくことが望ましいと言えます。

復縁を望むときに見落としがちな、復縁成功の基本のキホン

人の関係、特に男女の間にはいつでもどこでも別れは付き物です。しかし、自分が別れたくないと思っているにも関わらず、相手のことを尊重した結果望まぬ別れが訪れてしまうこともあるでしょう。一旦別れてしまえばその二人は元々他人です。また同じ道を歩んでいく可能性は小さくしぼんでしまうでしょう。ところが、一旦別れてしまってもその関係を修復することは決して不可能ではありません。復縁のコツさえ知っていれば切れかけた縁を再び結ぶことも可能なのです。

今回は切れそうになった縁を再び結びつけることの出来る復縁の方法の中で、基本的で必ず守らなければならないことを解説していきたいと思います。どんなに可能性の低い人でも復縁できる可能性は決して「ゼロ」ではありません。仮に少なかったとしてもその可能性をできるだけ大きくする方法を学び、復縁を勝ち取っていきましょう。
(⇒あなたの復縁の成功可能性を探りましょう!

復縁で一番大切なことは復縁には時期的な段階があるということを知ることです。復縁を望んでいるからと最初からグイグイと突き進んでいったとしても、その思いは成就できないことがほとんどでしょう。この理由は別れから復縁までの三つの段階を踏まずに突き進んでいるからです。復縁を望むのであれば、まずは最初の別れの段階から次に関係の維持、そして最後に復縁成就の段階と順を追ってこの三つの行程を踏むことが大切であると言うことができるのです。

この三つの時期にはまた更にそれぞれの基本があります。別れの時期には出来るだけ連絡を最小限に抑えた冷却期間を作り、必要な連絡は的確に行っていくことが大切です。そして第二段階である関係の維持の期間には最小限ではあるものの、知識を最大限に有効活用し積極的に連絡をしていく時期でしょう。そして最後の第三段階である復縁成就の段階では一旦接点を最小限以下に抑え、その後過剰なほどに積極的に連絡や干渉を行って行く時期となります。

ただ、この方法も別れた理由によって内容は変わってきます。過剰な干渉が別れの原因であれば最終的な第三段階の接触に調整を行う必要もあるでしょう。逆に干渉がないことから別れに至っている場合には第二段階の干渉を特に注意して行っていく必要も出てきます。

いずれにせよ、復縁を成就させるための基本として何よりも覚えておく必要があるのは、復縁までには段階があるということとその内容は二人の別れの理由によっても内容に変化があるということです。別れから復縁までの道のりも状況によって簡単に成就させることが出来る人もいれば、なかなか難しい状況の人もいるでしょう。しかし、この「基本」をしっかりと認識して考えながら進んでいけば、復縁は決して不可能なものではないものなのです。
(⇒復縁で絶対にやってはいけない行動とは…

彼女との復縁を望む男性が起こしがちな三つの間違いとその回避方法

別れてしまった彼女との復縁はなかなか難しいものです。今までと同じように接していては復縁できないと言うことが分かっていたとしても、果たしてどのような行動を取れば良いのか、どのような接し方をすればまた彼女が自分の元に戻ってきてくれるかは分からないことが多いのではないでしょうか。彼女との復縁を望んでいるにも関わらず失敗しているその理由の多くは、復縁のときにやってはいけないことや取ってはいけない行動をしてしまっていることが大多数を占めるのです。
(⇒あなたの復縁方法が正しいかどうかチェック!

ついつい行ってしまいがちな行動ではあるものの、裏を返せばこの行動さえ注意して抑えることができれば復縁の可能性は大きくなると断言することができます。では、実際に「復縁を望んだときに取ってはいけない行動」とはどのようなものか見て行きましょう。

・過剰にご機嫌を取る
まず一つ目は別れた瞬間からひたすら機嫌を取ると言う行動です。この行動はまず男性が未練タラタラであることに加え、一時的なものである印象を強く受けます。もちろん、その後の状況やタイミングによってはご機嫌を取ると言う方法が有効であることもあるでしょう。しかし、別れてから即座にご機嫌を取っているのであれば女性を過剰に調子に乗せるだけです。仮に機嫌が良くなったとしても一旦別れが頭を過ぎっている状況です。ご機嫌を取ることで最終的な目標「復縁」にたどり着く可能性は低くなると言えるでしょう。

・復縁を強く迫る
迫り方は人によって様々な方法がありますが、復縁を前提に押していく手法は場合によっては大きな問題に発展してしまう場合があります。特に高圧的な復縁要求については第三者に相談されたときに警察や弁護士と言った第三者が出てくることがあるので注意が必要です。仮に高圧的ではないとしても強く迫っているその状況によってはストーカーと判断される場合もあります。復縁が前提であったとしても充分な距離を保ちつつ行動していくことが重要になるでしょう。

・周囲の友人を頼る
これも男性が強く復縁を望んだときに陥りがちな行動の一つです。もちろん、周囲の勧めで復縁を成し遂げる二人もいるでしょう。しかし第三者の加入はあまり望ましいものではありません。場合によっては彼女の友情関係にまで亀裂が入るというリスクがあります。そんな状況になれば復縁はより一層難しくなります。諸刃の剣である友人を使う方法は最初から積極的に行う方法ではありません。

いかがでしょう。別れからの復縁を考えている時には男性に限らず皆が周囲を見渡すことが出来なくなりがちです。しかし、復縁を成し遂げるためにはまず少し離れたところから自分を見つめなおし関係を修復していくことが重要なのです。

別れてしまった相手との復縁に有効なメールの四つのテクニック

復縁を望んだときに効果の高いツールとしてメールがあります。携帯のメールやPCのメール、中にはSNSのメッセージ機能を使ったメールなどもあるでしょう。これらのメールは復縁に限らずとも男女間の関係を変化させるのには非常に効果の高いツールの一つです。今回はこれらのメールのテクニックを身につけ、タイミングよくそのテクニックを利用することによって効果的に復縁を成し遂げましょう。

・メールをしない期間を作る
四六時中メールをしていたのであれば尚更、このメールをしない期間というものは効果的に力を発揮します。相手に気にされたいときや引き寄せた気持ちを一旦引き離す場合などは特に有効な方法であると言えるでしょう。このようなメールをしない期間を有効に利用するためには、次に挙げるメールを頻繁に行う期間も有効に使っていく必要があるでしょう。

・メールを頻繁にする期間を作る
前述のとおりこの方法はメールをしない期間と絡めることで相手の気持ちを揺さぶったり、遠ざかりすぎた気持ちを再び引き寄せたりすることができます。しかし、過剰に使ってしまえば鬱陶しいやつと判断される場合もあります。後に述べる方法やメールをしない期間を上手に使って相手の気持ちを引き寄せましょう。

・会話の流れを途中で止める
テンポ良くメールを交わしている途中で唐突にメールのテンポを遅らせるテクニックです。この期間の相手は突然メールが途絶えたことで何をしているのだろうかと気になり始めます。一旦会話を途切れさせ、翌日に何事も無かったように返信をするなどの方法は効果が高いでしょう。特に復縁の確信に迫るような会話の中で一旦メールが途切れれば相手はより一層相手が気になります。メールを再開するときには以前のメールの内容を引き継ぐことも重要でしょう。

・間違ったふりをして相手にメールを送る
メールのやり取りをしている中で突然、意味の分からないメールを送ります。特に重要なのは相手の異性をまだ好きであると言う趣旨のものや、気になるといった趣旨のものなど、直接的ではないもののそのように憶測できるような内容がベストです。相手は極力、男女の関係に無い人物を想定して送信すれば良いでしょう。相手も知っている同姓の友人や家族などが一番良いのではないでしょうか。その後は少し焦った様子で間違った旨を伝えることもポイントです。あまりダイレクトな表現は避け、異性の友人に送っているように取られてしまわないように注意しましょう。

この四つのテクニックはそれぞれをバランスよく使うことで相手が常にこちらが気になるように調整することが可能です。しかしあまりやりすぎると感づかれてしまうこともありますので、注意しながら効果的に使っていきましょう。

掴みにくい女心をしっかりと掴み別れた彼女と復縁する方法

女心はなかなか掴みにくいものです。良くわからないうちに別れを告げられ復縁を考えているにも関わらず、その方法がわからなくなっている人もいるのではないでしょうか。このような場合、復縁を強く望んでいるが故に必死になって彼女との連絡を取ろうとしたり別れた理由を聞き出そうとしたりしてはいけません。必死になればなるほど彼女との距離は遠のいていき、復縁はより一層難しくなるでしょう。
(⇒彼女との復縁を望む男性が起こしがちな三つの間違いとその回避方法

では、別れてしまった彼女と復縁するためにはどのようにしたら良いのでしょうか。復縁を成し遂げるためにはまず女心を理解し、しっかりとその心を掴む必要があります。しかし、既に一旦は別れが訪れているということはこの時点では掴むのに失敗しているということです。この状態から彼女の心を引き戻すためには心して行動していかなければ掴めないと言うことをまずはしっかりと理解して行動に移していくべきでしょう。

まず大切なのは既述のとおりむやみに相手を追いかけてはいけません。どのような理由で別れたにせよ、必ずチャンスは来ます。そのタイミングまでは絶対に連絡をしないぐらいの心積もりでいるのが得策です。

連絡を取らないようにするのは結構難しいものです。しかしこの期間は人によっては数ヶ月必要な場合もありますが、多くは数日でも充分です。頻繁に連絡を取り合っていた仲であればその数日でも充分に効果があります。連絡を取らない期間を設けていればよっぽどひどい別れ方をしていなければ一度は連絡が来ます。そしてこの連絡に対しても舞い上がって積極的になりすぎては逆効果です。貴重なタイミングに思えますが、この時点でも少し冷静に、メールであれば相手のメールで終わるぐらいがちょうどいいでしょう。

この後少し時間を置いて更に相手が連絡をしてくるようであれば可能性はより高まります。付き合っていたときとは明らかに違う態度で接していくことが重要です。もしも連絡が相手から来ないようであればこの時点では連絡をしても大丈夫です。しかしこちらからの連絡は最近の状態を聞く程度に収めます。

このペースで表面上の無難な連絡を取り合っていれば復縁は間近です。そしてどこかのタイミングで相手から付き合っていたときとは違うということを指摘されればその時点で相手に自由に自分らしく過ごしてほしいから干渉は裂けている旨を伝えましょう。更にその理由は「離れて誰よりも大切ということがわかったから」と伝えます。少し余裕のある、大人になった雰囲気の男性に女性は心が傾きやすくなっています。後は自分なりのアレンジで復縁を成就させてください。

夫婦二人の関係だけを考えていると、復縁も離婚もできなくなります

離婚を考える理由の一つとして、相手との関係の悪化が進み修復が難しくなっている場合があります。どちらかが何か問題行動を起こしたような場合ではなく、協議離婚で性格の不一致を理由に離婚するような場合もあるでしょう。しかし、どのような理由であったとしても結婚している状態から離婚を考えているのであれば、それが離婚と言う結末でも、復縁と言う結末でも、それなりに周囲を納得させることのできる正当な理由が必要になります。

恋愛をしている恋人同士の関係であれば、それが仮に結婚を前提にしていたとしても、まだ結婚していないこともありお互いの性格の不一致と言う理由だけで身軽に手軽に別れることができます。しかし離婚となるとそういうわけには行きません。もちろん、本人たちだけで決めて周りのことを考えずに離婚することもできますが、やはり結婚しているお互いが円満な離婚をしたいと考えるとそれなりに周囲との関係を考えることが必要になってきます。

友人から親族、親戚、それぞれの立場どこから考えても合理性のある離婚であればだれも文句を言うことはありません。しかし全員に好印象を与えたまま離婚をするということもまた難しい判断を迫られることもあるでしょう。そんな状況では相手が好きとか嫌いとか、それだけの理由では離婚することは難しい場合もあります。

そんな時に必要なのはまずは離婚の理由を明確にしておくことも必要でしょう。周囲に打ち明けたときに相手が疑問に思うような方法で離婚してしまうと、どちらかが悪者になってしまう可能性もあります。自分にそのつもりがなかったとしてもお互いが傷ついていっていることはしっかりと理解しておく必要があります。

離婚は当然当事者間の問題です。しかし結婚している状況で周囲を見回してみると、その周りには多くの人が関わっていることがわかります。その矢面に立つのは子供や両親です。皆の幸せを願うのであれば、二人の関係だけで離婚してしまうことが最善の方法であるとは言い切れません。二人の関係のみを考えて離婚を検討しているのであれば、まずは周囲の状況にも目をむけその関係性を今一度考え直してみることも必要なことと言えるでしょう。

二人のことだけを考えているようでは、綺麗に円満に離婚することも、お互いの関係を尊重しつつ復縁することも、難しいといえるでしょう。お互いの関係と周囲の関係、この二つの項目を良く考えて二人で前向きに物事を決めていく必要があるのです。

一度は別れてしまった彼女との復縁がうまくいったその理由

復縁と聞くとなんだか一般的には努力したり、考えたり、そんなことが頭を過ぎります。まわりの友達を見ていても別れた彼女の為に何かしてあげていたり、必死になって遊びに誘ったりしているのを見かけます。その気持ちは分からないことはないのですが、必死になって追いかけているその気迫に怯えて遠ざかっていっている女性も多く見てきました。

かくいう私も彼女と一度は別れてしまい、そこから三ヵ月後に復縁し、その彼女と今でも付き合っています。よく友人に、どんなテクニックで復縁をしたのかと尋ねられることもありますが、私の答えは一つ、普通に過ごしていただけでした。別れは彼女のほうから告げられました。理由は良くわかりません。しかし、他に男でも出来たかなと思って別れました。気持ちが変わってしまったことはそこでいくら頑張っても元に戻すことはできません。別れようといわれたときも「別れたくないけど仕方ない」と言うことだけ告げて別れました。

当然、こちらには未練があります。進行形の恋愛を唐突に相手のほうから終了させられたわけですから、一時は積極的に復縁することも考えました。しかし、よく考えれば考えるほど、必死になっても相手の気持ちがあるものなので、その気持ちがこちらを向かないことには復縁はできそうもないという結論に達しました。それからしばらくは連絡を取っていませんでしたが、一ヶ月ほど経過したところでどうしているのかなと連絡をしてみました。こちらはフラれているわけですから電話に出てもらえないことも考えながら電話したところ意外にもすぐに電話に出てもらうことができました。最近の様子を少し聞いて、冗談交じりに「いつ戻ってくるのか」と聞いたところ、意外にも「戻っちゃおうかな…」という答えでした。そのときには「戻っておいでよ」と言いたかったのですが、目的はどうしているのかを確認したかっただけです。会話がしっとりとしてくることは望んでいなかったこともあり、適当なところで電話を切りました。

戻ってくる気が本気なのかわからないまま特に連絡を取ることもなく一週間ほどが過ぎた頃、彼女のほうから連絡が来ました。以前に良く言った行きつけの居酒屋に行きたいとのことだったので喜んで約束し、そのときはこれで終了。いよいよ実際に会う日になり、相手の気持ちは置いておいてもこちらは気持ちが変わっていないということはどこかで伝えなければならないと思いつつ食事に出かけました。

その後はとんとん拍子に復縁の話に。今考えれば下手にじたばたせずに気長にいつもどおり過ごしていたことが良かったのではないかと思います。彼女は別れの理由を話そうとしてくれましたが、それは知らなくても良いと聞きませんでした。今戻ってきてくれていれば、それでいいのです。

別れた女性との復縁を望んだときに男性に必ず必要な能力とは

どんな事柄にも必ず「定番」というものがあります。これはもちろん女性との復縁についても同じことが言え、その定番を外さなければ自分で思っているよりも簡単に別れてしまった女性と復縁することが可能になるでしょう。更に今から説明するこの「能力」は復縁に限らず男女間の関係、更には人生においてもとても有効な能力と言うことができます。「能力」というとあらかじめ備わっている人とそうでない人がいると考えがちですが今回の場合そのようなことはありません。例え現時点で自分に備わっていない能力であったとしても、行動に気を配ることができれば今からでも修得することの可能な能力なのです。

では、この能力とは具体的にどのような能力なのでしょうか。それは自分を客観的に見つめることの出来る能力です。この能力は女性との復縁を望んだときには特に必要な能力であり、もし今現在その能力がないとしても一定の行動を心がけていれば思っているよりも短時間で修得できる能力なのです。

まず、この自分を客観的にみる能力があれば自分の行動を適切な方向に進めることが可能になります。復縁を望んでいるのにも関わらず成就できない場合のほとんどは、女性と接するポイントに問題があるという状況です。具体的には過剰に連絡を取ってしまったり、逆に拒否されることを避けたことによって連絡が過少になってしまうことが復縁がうまくいかない理由と考えても良いのではないでしょうか。自己を客観的に見つめることでこのタイミングを調整し、より良い方法で女性にアクセスすることが可能になるのです。

この能力が自分に備わっていないという場合には定期的に自分を振り返ってみることを癖付けましょう。定期的に自分を振り返っていればやがて、その振り返りまでの時間を短縮していくことが出来るでしょう。その結果、行動を起こしたその場で即座に自分の行動を省みることが可能になり、結果として自分の姿を客観的に見ることが出来るようになります。

この方法で客観的に自分を見る能力を養うときに重要なのは、現実逃避を避けるためにその結果についても客観的に受け止める必要があります。自分の行動を振り返り、反省して次に役立てようと言う考えは決して悪いわけではありませんが、あくまでも行動を客観的に見る能力を養うことが目的であってこの段階から反省を行うことに主眼を置いているわけではありません。逆に反省を中心にしてしまうと、その結果、起こそうとした行動に制限をかけてしまう結果に繋がります。

今必要なのは自分を客観的に見ていく能力。反省よりも前を見て進んでいくことが重要なのです。もし反省をするとしてもだまだ先で良いでしょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >