復縁

あなたの復縁方法が正しいかどうかを10のチェック項目で判定する

復縁を始めて結構時間も経過しているのにまだ復縁できない…ありとあらゆる方法を試しているにもかかわらず成功できる気配がない…。そんな内容でお悩みのあなた!あなたの復縁はどんな復縁方法でしょう?あなたの復縁方法を確認することで今頑張っている復縁が成功するか、失敗に終わるか、占ってみましょう。もし、復縁方法が間違っていると言う結果が出たのであれば、そのときは素直に復縁の方法を見直してくださいね。チェックの方法は簡単です。下のチェック項目に「はい」か「いいえ」で答えていってください。最終的に「はい」がいくつあったかであなたの復縁方法が正しいかを確認します。

・メールは一日三回以下である。
・電話は二日に一回以下である。
・しばらく相手に会っていない。
・復縁できないかもしれないと思う瞬間がある。
・別れに繋がった原因は自分である。
・別れの原因は相手だが、それを許す心の準備がある。
・復縁できなかったときの為に一応次のターゲットの異性がいる。
・復縁できたときに相手にしてあげたいことがある。
・何が何でも復縁したい。
・別れて三週間以上経過している。

「はい」の数が9~7個の場合
復縁の方法も復縁に対するスタンスもある程度分かっている人かもしれません。このペースで復縁を願っていればいずれは復縁を成し遂げる可能性のほうが高いでしょう。にもかかわらず復縁が成功していないのであれば別れの原因も確認してそれなりの対応をしていく必要があるのかもしれません。
(⇒離れてしまった彼と復縁するのにやってはいけない三つの行動
(⇒彼女と別れた原因から復縁に最も適した方法を模索し成功させる

「はい」の数が6~4個の場合
復縁の方法で正しい考え方をしている部分もあるようですが、一部において失敗するかもしれない行動もあるようです。「はい」を選択しなかった部分を改めて考え、できるだけ「はい」を選択するように調整を行ってましょう。必ず復縁を成功させたいと願っているのであれば、その願いを叶えるためにあとは更に行動を強化していきましょう。
(⇒別れてしまった相手との復縁に有効なメールの四つのテクニック
(⇒別れた相手との復縁を必ず成功させるために一番大切なこととは

「はい」の数が3~0この場合
残念ながらあなたが取っている行動やあなたの復縁に対する考え方には正しいものが選択できてないようです。復縁はただひたすらに突き進んでいけばよいと言うものではありません。それなりのテクニックやそれなりの考え方があります。復縁を願うのであれば異性の考え方などについても様々なことを学んでいく必要があるかもしれません。
(⇒復縁を望むときに見落としがちな、復縁成功の基本のキホン

復縁の方法を周りの誰かに相談するときに注意することとは

付き合っていた相手と別れてしまいそこから復縁を目指すようなときには、当然、一人で黙々と復縁に向けた計画を練る人もいるかもしれませんが、その逆に色々な人に相談してその復縁方法などについて相談をするということもあるでしょう。人に相談すると言う行為は自分の進めている復縁手段が適切かどうかということを確認したり、行き過ぎた復縁方法を確認したりすることができると言うメリットもあります。しかし、この「人に相談する」と言う行為は場合によっては復縁を困難にすることもあります。周りに相談したことでどのようなリスクがあるのか、そのリスクを把握し回避する知識を身に付けて行きましょう。

まずは相談する対象の人数についてです。多くの人に相談をすれば多くの意見がもらえます。そして場合によってはその多くの相談相手の中から復縁成就を手伝ってくれるような人も出てくるでしょう。一見、多くの人に相談をするという行為は合理的かに見えます。しかし、多くの人に相談すると言うことは自分の手の内を多くの人に知らせてしまうと言うことになります。これはまだ実行していない行動が相手に筒抜けになるというリスクを伴います。何かサプライズを考えているような場合などにはこの多くの相談がリスクと化してしまうのです。そして考えたくはありませんが、相談相手の中に同じ相手を狙っている同性がいる場合もないとは言えません。この場合もそのライバルから先手を打たれてしまい、復縁が成就しないと言うデメリットも考えられるのです。

そして復縁したい相手の性格によっては、相談する相手の性別も関係してきます。復縁を希望する相手と同じ性別であれば、同性にはわからない異性の気持ちを引き出すことができます。どうされれば復縁を希望する相手が喜ぶか、どのようなことに興味があってその理由は何なのかなど細かい部分もある程度具体的に情報を収集することができるでしょう。しかし、この場合にもリスクは生じます。復縁を希望する相手がとても独占欲が強い相手であればどう思うでしょうか。もちろん、異性の意見が欲しいと言う純粋なあなたの考えは相手には伝わりません。状況によっては別れたと単に異性と仲良くしていると判断されることもあるでしょう。このような状況になれば復縁はおろか連絡を取ることも難しくなってくることがあります。その点から相手の性別は重要になってくることもあるポイントなのです。

これら二つのリスクは自分で管理することが可能なリスクです。出来るだけ信頼の置ける相手であり、自分と同性の相手に相談していれば間違いないということになるでしょう。

復縁よりも別れを選んだときに発生する大きめなデメリットとは

別れからの復縁は誰しも一度は頭を過ぎることがある内容かもしれません。しかし、復縁は必ず成功できるものでもなく、また、復縁が必ず望ましいことであるということもありません。止むを得ず別れに行きつくこともあれば、ある程度望んで別れへと進んでしまうこともあるでしょう。では、別れたときのデメリットとはどのようなことなのでしょう。

結婚していればそれなりにデメリットはあります。子供に対する親権も場合によっては剥奪されることもあるでしょう。経済状況や離婚の理由によっては住むところを失うこともあるかもしれません。結婚していた場合にはこれ以外にもお互いの親類への対応など様々なデメリットや負担が生じると考えることができます。

しかし、結婚していないのであればそこまで法的に大きな負担は生じません。付き合いの状況によってはある程度の慰謝料を請求されることもあるかもしれませんが、それはあくまでも相手の意思が中心です。内縁の状態になっているような状況でない限りはそこまで大きなデメリットは無いようにも見えます。しかし、気をつけなければならないこともあります。相手の気持ちをある程度見計らって別れを進めていかなければ、相手にしてみれば復縁を望んでいたにも関わらず急に望まなくなったと言う状況に映ります。これがあまりに極端だったり、タイミングを間違ったりすれば相手が急にストーカーになることもあるかもしれません。

しかし、そのような極端な状況を除けば復縁を諦めたからといて失うものはあまりありません。相手を失うと言うことは大きい要素ではありますが、復縁を今まで進めてきたのであればその中で得たものの方が大きいことは復縁を諦めてしまってから気付くでしょう。結婚している状況ではなく、あくまでも付き合っているまでの関係であれば、復縁を諦めてしまうと言うことも決して悪い選択肢ではないのです。

場合によっては復縁を諦めた途端に復縁できたと言う例もあります。ひたすらにがむしゃらに復縁を望み突き進んできたのであれば尚更、このタイミングで自分が進めている復縁についてそれが本当に必要な復縁なのか見つめなおしてみるのも良いかもしれません。冷静になって立ち止まり、少し引いたところからお互いの関係や自分を見つめることで何か大きなものに気付くこともあるかもしれません。

別居から復縁と離婚どちらを選んだら良いか迷ったときには

結婚していたとしても、だた付き合っているという状態でも、男女の仲にはトラブルが付き物です。些細なことからケンカになったりすることもあるでしょう。結婚しているのであればケンカの勢いで別居してしまっているようなこともあるのではないでしょうか。

離婚か、別居か、迷ったときにはまずは別居にしましょう。同じ空間で他人同士が暮らしている環境では感じることが出来なくなってしまっているような感覚もあるでしょう。その感覚を取り戻し周囲に影響されないような考える時間を確保するためにもこの一人で考えることの出来る空間は必要です。

別居から離婚するか復縁するかを迷っているのであれば、復縁を選択するべきです。以前と比較しても離婚が一般的になってきている世の中ではありますが、離婚をしたことで失うものは少なくはありません。何よりも離婚をしてしまった夫婦の子供は、間近で離婚を見ていることもあり将来離婚にあまり抵抗のない大人に育ってしまいます。親が離婚している子供ほど離婚しやすい傾向にある、これはデータとしても確認されている項目の一つです。

できるだけ離婚をしないように話をしてきましたが、これは何も離婚をよくないものとしていると言う意味ではありません。当然、関係の修復が困難であると言う場合にはお互いのためにも離婚を選択したほうが良いこともあるでしょう。関係の修復が困難であるとお互いに思い、お互いにその関係を良くして行こうという考えもないような関係の中で無理に婚姻関係を継続することが望ましいとは思いません。しかし、離婚は最終的な手段であって、離婚をしなければいけないような条件がそろっていないのであればそれぞれが別居することで想像以上に円満に行くこともあるでしょう。

最終的な結論として離婚でなければならない、また離婚しか考えることができないと言うのであれば、離婚もやむなしという結論に至っても良いとは思います。しかし離婚をしようか復縁をしようかと迷っているような状況であれば、離婚をするという最終的な結論は出さずにまずは復縁の道を探っていくことが望ましいと言えるでしょう。

どれほど昔の話か分かりませんが、一度はお互いのことを認め合い、お互いのことを求め合う形で結婚へ辿りついたということは間違いないでしょう。その二人が離婚と言う選択を行うと言うことは、決して悪しき選択ではないのでしょうが、なんとも悲しい話であることには間違いありません。

例え別れてしまっても短い期間で手早く相手と復縁するポイント

付き合っていた人と別れ、復縁を考えたときにはあなたはどのようにして復縁するでしょうか。短期間で手早く復縁するでしょうか、時間をかけてゆっくりと復縁していくでしょうか。人によってその方法には変化がると思いますが今回は手早く短期間で復縁する方法やそのときのポイントをお伝えしましょう。

短期間での復縁を考えたときにまず考えなければいけないのは復縁を焦りすぎてやってはいけないことをしてしまうことです。復縁を希望するときには絶対にしてはいけないことがあります。必死になって相手を追いかけるのはそのやってはいけないことの中でも一番大きな項目の一つでしょう。たとえどれだけ短期間に復縁を成就するとしても、それにはある程度の時間が必要です。急ぐあまりに焦りすぎ、必死になって相手を追いかけているだけでは成功を収めることはできません。短期間で復縁を成し遂げるには綿密な計画が必要になってくるのです。

そのためにはまず、一旦は完全に相手と連絡を断つ気で行動します。その期間は付き合いの状況などの環境によっても変わってきますが最低でも10日ほど、長期間も可能であれば一ヶ月くらいは連絡を最小限に抑えることが必要です。この期間のうちになぜ別れになったのかという理由をしっかりと考えておくでしょう。

そして次のステップは連絡を急に増やす期間を作ることです。増やすといっても相手の生活サイクルなどを考えてバランスよく連絡をしていきます。まずはメールでの連絡も良いでしょう。少し過剰と思えるくらいに理由を作って連絡をします。最初のステップで少し相手に寂しさを感じさせた後にこのステップでやっぱり未練があるというイメージを相手に抱かせるのです。しかしここでは相手に未練があることを伝えてはいけません。あくまでも声が聞きたいから、意見が欲しいから、連絡をしているということを前面に押し出すのです。そしてこの期間の最後には相手のことを少し過剰なほど誉めて次のステップに移ります。期間は最初のステップの期間と同程度の期間を費やしましょう。ここで復縁について相手から申し出があっても明確な答えは避けます。

そして最後の期間で相手を心理的に揺さぶります。一旦連絡を完全になくしましょう。相手が少し気になる程度に連絡が無い状態を作ります。そして再び連絡が密なタイミングを作るのです。これを短い間隔で繰り返します。この中ではまた付き合いたいことや別れた原因についてよく考えた結果を織り交ぜて会話をしましょう。このときに重要なのは「別れたくない」という言い方ではなく「また付き合いたい」という言い方が重要です。場合によってはこのタイミングで相手のほうから復縁を申し出ることもあるでしょう。この順番を踏んでいけば短期間の復縁も難しいことではありません。

離れそうな彼の思いを引き止める為に最初に行わなければならないこと

彼との楽しい時期が続いている間は別れ話になったときの対策など考えることもないでしょう。しかし、その日はある日突然やってきます。自分には全く別れる気持ちはないのに唐突にやってきた彼からの別れの話。彼の意思は強く、甘んじて受け入れなければならないようなこともあるかもしれません。しかし、一旦受け入れたとしてもそれは未来永劫の約束事ではありません。受け入れたその翌日から復縁に向けた行動を粛々と行っていけば、ほとんどの場合には離れていってしまった彼の気持ちを再びこちらに引き寄せ、復縁を遂げることは決して不可能ではないのです。
(⇒別れの原因が分かっている男性の別れた女性との復縁方法

少し縁が弱くなっている彼との復縁を考えたときには、まず行わなければならないことがあります。それは自分磨きでも友達など周囲への相談でもましてや気持ちを紛らわせる相手を探すことでもありません。復縁を望むときにまず行わなければならないこと、それはまず彼との関係が疎遠になった原因を探ることです。この原因は短期的で突発的な原因であることもあるでしょう。それとは逆に長期間積み重なったものが原因の場合もあるかもしれません。いずれにせよまずは、彼と疎遠になってしまったその理由を自分なりに探ってみることが重要なのです。

突発的なものであればその原因は即座に見つかるかもしれません。しかし、このときにも更に深く原因を探ることが大切です。本当にその突発的なことが理由なのでしょうか。もしかすると自分では気づいてなかったような長期的な理由があるのではないでしょうか。
(⇒突発的な別れから復縁する方法

では、この原因を探ることにはどのような効果があるのか考えて見ましょう。まず、原因がはっきりしないことには自分が変わったと言うことをアピールすることはできません。気持ちが少しずれてしまった今の状況を復縁へと持ち込むためには相手にも復縁する理由が無ければ復縁は成し遂げることは出来ないでしょう。復縁の最終段階では自分なりに原因を特定し、それを解消していくことが必要になります。更に原因を探ることである一定の期間の間彼との接触を抑えることができます。別れると言う事は少なくとも相手を避けたいと思っている状況なのです。その状況で無駄に積極的に突き進んでいけば、自ら復縁を遠ざけているようなものです。原因をしっかりと考えることでこの二つの重要なポイントをあらかじめ準備し、対策して復縁へと近づけることが可能になるのです。

彼との復縁を考えるのであればまず、縁が離れて言ってしまう原因を考えることが重要となるでしょう。

私が彼との復縁を望んでいたにも関わらず復縁できなかった理由

私は彼との復縁を強く望んでいました。別れてしばらくの間は彼も私に連絡をしてくれていました。今考えると彼も私と復縁したかったのかもしれません。しかし私は彼から連絡が来るたびに別れの原因となった彼の浮気を詰り続け、やがて彼から連絡が来ないようになってしまったのです。

彼は何度も謝っていました。でも他の女性を抱いたという事実が連絡が来るたびに私の頭を過ぎり、何度も連絡をもらっていたのにも関わらず、なぜ浮気したのか、あなたのせいよと常に冷たい態度を繰り返していました。

そんなやり取りを繰り返しているうちに彼から一度会いたいと言われました。私も会いたかったのですが、やはり他の女性に寝取られてしまったという事実からプライドが邪魔をして彼と会うといったような結果には至りませんでした。もし私が彼を許していれば間違いなく彼は私の元に帰って来ていたでしょう。そしてそんな状態が数ヶ月続いていたにも関わらず、彼はそれでも一生懸命謝ってきてくれていました。

そして三ヵ月後、彼からの連絡もなくなりました。私はもういい加減に許してあげようかしらと考えていましたが、彼からの連絡はありません。もう諦めてしまったのかと言う気持ちもあって、彼へこちらから連絡することもなく、そこから更に一ヶ月近くが経過しました。

さすがの私ももうこれ以上連絡がなくなっては困ると思い彼へ連絡をしてみました。しかし、そのときにはすでに手遅れだったのです。後から知った話ですが、一旦別れた場合の復縁は出来るだけ早いほうが良いそうです。もちろん、浮気は許される行動ではないと今でも思っています。しかし、彼は必死で謝っていたにも関わらず、私がそろそろいいかななどと甘えた考えを持ってしまい、結果として彼には新しい彼女が出来てしまっていました。

許される行動ではないとは言え、ある程度許せるという心が生まれた時点で彼を許してあげるべきだったと今になってみれば思います。一生懸命三ヶ月もの間謝ってくれていた彼。少し許せないと思いながらも大人の対応で早めに許してあげていれば、今頃彼と結婚できていたかもしれないと考えると残念でなりません。

男性の浮気で別れてしまうという人たちは少なからずいるのではないかと思います。しかし、彼が本当に悪いと思っているのであれば、少々の怒りは抑えてでも早めに復縁し、できるだけ円満な関係をもう一度作っていこうという女性の努力も必要ではないかと思います。

復縁のときに忘れがちで忘れてはいけないたった一つの重要なポイント

復縁には基本的で必ず行わなくてはいけないこともあれば、人によって行ってやってはいけないこともあります。相手や自分の性格にもよって変わってくるこれらの様々な方法の中で特に注意すべきなのが「やらなくてはいけない(もしくはやってはいけない)と分かっているのについついやってしまうこと」です。

これは復縁の成功率を下げると言う直接的な要因だけではなく、自分がやってしまうことで自己嫌悪に陥り復縁に対する意欲を失ってしまうような要因も含まれているのです。例えば、連絡を控えなければいけないと分かっているのに連絡をしてしまうような場合もこれに当たるでしょう。連絡を控えなければいけないという状況は、別れから復縁の間には必ず発生する状況です。しかし、連絡が可能な状態であればついつい連絡してしまうことも多く、結果として自分では連絡を減らさなくてはいけないと分かっているのに連絡をしてしまっているという事実に落ち込んでしまうと言うこともあります。

その他にも別れたくないのに別れを前提に話してしまう人もいるでしょう。特に相手が原因での別れの場合に多く見られることですが、復縁をしたいと言う理由から相手を責めてはいけないと頭で分かっているにも関わらず、こちらもやはり相手の顔を見るとついつい感情的になってしまうようなこともこれにあたります。

では、このような状態を打開するためにはどのような思考に基づいて行動や判断を行っていけば良いのでしょうか。これには感情や突発的な要素も多く含まれて居ますのでなかなか難しい部分でもありますが、まずは最終的な結論として何を望むのかをゆっくりと時間をかけて自分の中で確認することが重要になってきます。自分にとって今の相手との連絡が重要なのか、将来的に相手と共に人生を歩んでいくことが重要なのか、はたまた今現在や過去の相手の失態を責めることが重要なのか、相手の行動を黙認し将来的に関係を継続していくことが重要なのか、といった内容です。

ついつい感情的な行動に走ってしまう人にはこの将来を見て考えていくと言う視点が少ない場合がほとんどです。この長い目で将来を見ると言うことが出来るようになればそれだけであなたの望む復縁が成功する可能性は大きくなってくるのです。

別れてしまった女性との復縁成功率を格段に向上させるテクニック

一旦別れてしまった女性との復縁は簡単にできるものではありません。特にその性別的な性格上、女性は男性よりもサッパリしているといわれています。一旦別れてしまったらそれを後悔したり復縁を考えたりはするものの何も行動を取らなければ、女性は次の男性を探しに行ってしまうでしょう。

復縁を望んでいるのであれば、女性が次の男性のところに行ってしまうことを妨げつつ出来るだけ早めに復縁してしまう必要があります。モタモタと時間を取られている間にも女性は次の男性に奪われてしまう可能性も高いと言うことをしっかりと頭に置いておきましょう。

では、そのようなスピード感が必要な復縁を効率的に行う方法はどのようなものでしょうか。今回は女性との復縁の可能性を上げるために男性が取るべき行動を説明して行こうと思います。

まず、必要なのは一旦自分の中で彼女との関係を知人レベルにまで引き下げることが重要になってきます。メールの内容も、会話の内容も、接したときの態度も、他にも居るであろう女性の知人にそのようなことを言うか、そのようなことをメールするか、そのような態度を取るか、常に考えながら行動していくことが重要なのです。本来であれば一旦完全に連絡を絶つということが重要になってくるでしょう。しかし、今回は短期間での復縁が前提です。しっかりとこの点を念頭に置きながら接していれば復縁できる可能性は格段に高まります。

もともとのキャラクターにも寄りますが、いわゆる下ネタはできるだけ控えたほうが良いでしょう。ましてや自分との性交渉について話をするようなことでは復縁の可能性は全くなくなってしまいます。そして重要なのは連絡を絶やさないこと。しかしこれはストーカーのようにメールを送り続けたり、電話を頻繁にかけたりすると言うことではありません。一日に一回、二日に一回程度の連絡でも多すぎる場合があるでしょう。

次にできるだけ外に誘い出すことです。食事やアミューズメントスポットなど誘えるところは人によって違うでしょう。会ったときには復縁したいと言うことは悟られてはいけません。あくまでも知人に接するように接していくことが重要なのです。もちろん、自宅に行ったり自宅に招いたりすることは好ましくはありません。距離を置いた関係を前提にしなければ、復縁が希望であると悟られてしまうと彼女は誘いに乗ってきてくれなくなることもあるでしょう。

このような「知人関係」を継続していれば自然と関係は向上していくはずです。大切なのは焦らないこと、急ぎすぎないこと、その二点が最も重要と言えます。

些細なことから喧嘩別れになってしまった彼との別れから復縁まで

彼との別れは本当に些細なことでした。彼が遊びに行ったときにメールしても連絡が取れなかったというそれだけでケンカしてしまいました。私は彼が遊びに行っている間も彼の連絡を待っていたので何通もメールを送ってしまい、彼からは「鬱陶しいのでもうイヤだ」と言われてしまいました。私はそんなつもりはなくて遊びに行っている彼が今何をしているのか知りたいだけだったのですが、後から考えればたくさんのメールが自分が遊んでいるときに来たらやっぱり鬱陶しいと思います。

そこからしばらくは反省しているということやもうしないと言うことをメールで何度も連絡をしていましたが彼からの返信はやがてなくなりました。もう諦めようとしたときに彼からのメールの返信が来たのです。二人とも少し冷静になっていたので話しをしたいという内容でした。私はうれしくなってまたメールをしていましたがあまり返信は来ません。不安に思っていたときにバイト先の先輩に相談したところ、ただ単純にメールが多すぎるのではないかと言われました。

もう終わりかもしれないと思っていたこともあって、先輩の言うとおりに連絡を少し少なくしてみました。すると、また彼から連絡が来るようになったのです。返信が来たら嬉しくなって何度もメールしてしまっていましたが、先輩から教えてもらったとおりに出来るだけメールの回数を減らしていましたが、我慢すれば我慢するだけ彼からメールが届くようになりました。

話をする日になって彼と話しをしてみると、やっぱりメールが多いことが負担になっていたと言うことが分かりました。彼はまじめな性格なのでメールを返さないと悪いような気がして出来るだけ返してくれていたそうですが、それ以上のペースで私が返信をするのでメールの返信に疲れていたと話してくれました。

原因が分かったのでメールが多すぎたことを謝って、できるだけメールを控えるようにすると伝えたところ、それならとまた付き合うことを考えてくれると言ってくれました。ただ、すぐ復縁することはできないと言われたので、そこから一ヶ月間、私はできるだけメールは必要な内容に絞って控えるように頑張りました。

一ヶ月は経過し、彼は私のところに戻ってきてくれました。後からよくよく聞いてみると彼の場合必要なメールはいいそうですが、あまりメールが得意ではないと言うことが分かりました。メールを控えてみたらいいと思うといってくれた先輩には感謝しています。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >