復縁

彼女との復縁を諦めた途端に彼女から連絡があり、その後一週間で復縁

彼女から別れを告げられたのは二ヶ月ぐらい前でした。その数ヶ月前からお互いにバイトを始めたこともあって、連絡がなかなか取れなかったり連絡がとれてもあまり時間がなかったりとすれ違いが増えてきていると感じていたところでの彼女からの別れの宣告でした。確かに会う時間も連絡を取り合う時間も減ってきてはいましたが、こちらの気持ちとしては特に変化はなく、まさに突然の話でした。理由を聞いたり話し合いをしたりしたい気持ちはありましたが、お互いにバイトも忙しくそんな時間を取ることもできなかったので彼女の言うままに分かれる決断を一旦はしました。

しかし時間が減ったからと言って別れてしまうことは納得できるものではありません。こちらも忙しくて彼女に合わせる時間がなかったので、次の月にはバイトの休みを増やしてもらい彼女に会いに行きました。最初は驚いていましたが会いに行った時にはとても嬉しそうにしてくれていたのでその時点では復縁は出来ると思っていました。

しかし、彼女にの時間に合わせて話をする機会を作ったにも関わらず、彼女からは復縁できないという言葉しか聞き出すことはできませんでした。理由を聞くと、時間が合わないことも理由としてありましたが、結局のところは自分から別れを切り出しておいて復縁するということに抵抗もあるようでした。彼女の通勤ルートに通うようになってから二週間、毎日欠かさず会いに行き、会うたびに嬉しそうな顔はしてくれるものの、復縁となると前向きな答えはもらえません。そのまま三週間目に突入したときにとうとうこちらのほうが疲れてきてしまいました。

会いに行けば顔は見れますが、復縁は断られるということの繰り返しでこちらも会いに行く気力がなくなってしまったというのが正直な気持ちでした。当時、バイト先の後輩の女の子がとても自分のことを慕ってきていたのもあって、彼女との復縁は諦めてしまいました。

それから数日後、突然彼女から連絡が来ました。もちろんこちらは会いに行かなくなって、更に新しい彼女も出来つつあったので少し警戒していました。話がしたいと言われ合って話をしたところ、まだ彼女が出来ていないのであれば復縁して欲しいと言われました。今考えれば少し新しい彼女を作るのが早かったのでしょう。結局、後輩には謝って元彼女と復縁することにしましたが、断った後輩にはとても怒られ今でも口をきいてもらえません。

後から復縁や恋愛には押すばかりでなく引くことも大切であるということを学びましたが、このときのことを考えるとまさにこの押したり引いたりすることの大切さを感じた出来事でした。

どうしても彼女と復縁したいのに一年経過しても復縁できないときには

どうしても復縁したい彼女がいる。そんなときには色々な角度からの正攻法や自己流の方法で色々な復縁方法を試していることでしょう。試しているにも関わらず、なかなか成功が見えてこないのであれば、復縁を成就するための方法に問題があるかもしれません。必要以上に彼女と連絡を取ろうとしていないか、別れたことがまだ信じられずにいたりはしていないか、最終手段を実行しようとしていないか、良く考えて自分の行動を振り返って見ましょう。

まず第一に復縁を望むのであれば、自分が過剰な連絡をしていないか確認しましょう。確かに二人の距離を縮めて行くためには連絡を取り合うことは重要です。しかし相手の女性にとって負担になるような連絡は当然ながら逆効果になります。自分が頻繁と感じていなくても相手が頻繁であると感じてしまうこともあるでしょう。

第二には復縁の前の関係を保とうとは考えないようにしましょう。前と同じ関係を構築するのであれば、仮にそれが復縁と言う形で成就することになってもその結末はまた同じことになるでしょう。今までとは違った関係を構築するようなつもりで復縁を進めていけば成功へ大きく前進するかもしれません。

そして三番目は法に触れるような行動を取っていないか確認しましょう。自宅へ押しかけたり、必要以上に連絡をしているような状況であれば少し調整が必要な場合もあります。愛情が大きすぎて気が付くと少々問題のある行動をしてしまっていることもあります。問題になるような行動をしているのであれば少し距離を置いて冷静に考える時間も必要になってくるでしょう。

更に彼女と復縁できる可能性が小さくなったからと言ってむきになっていないか振り返りましょう。冷静に一歩下がって考えてみると意外に有効な方法が見つかったりすることもあります。必死になっている姿ばかりでは復縁の成就はできません。バランスよく押したり引いたりすることが重要であることは人間関係においてのポイントと言えるでしょう。

一年を経過しても復縁が成就できない、そんなときには少し疲れが出てきていることもあり、一年前には自分が思ってもいなかった行動をしていることもあるでしょう。いくら最近男女平等が一般的になってきているとは言え、どのような状況であっても世の中はまだまだ女性の味方です。(⇒強い思いの延長であまり過激な行動に出たり力を使った行動)に出たりすれば自分の平穏な生活が乱される可能性も大いにあります。あとから「しまった」と思わないように、今後更に復縁に近づいていくためにも、まずはこのあたりで自分の行ってきた行動を振り返ってみることが重要であると言うことが出来るでしょう。いずれ訪れる復縁の成就のためにも、一年を経過したこのタイミングでまずは自分の状態を確認することから始めてみましょう。

別れた彼女をセックスでつなぎとめる究極の復縁方法を解説

気持ちが離れていきそうな彼女をカラダを使って繋ぎ止める…。これを聞いて「そんなイイ方法があるのか!」と思った人はこの方法を成功させる可能性がある人です。逆に「そんなことできるワケがない」と思った人は復縁を考えたときの正攻法で行きましょう。しかし、仮に「成功させる可能性がある人」であってもこの方法は最悪の場合より一層嫌われると言う可能性もあることを肝に銘じて行動に移していく必要があります。

まず最初に、この方法は出来るだけ早い段階での実行が望ましい方法です。あなたからの別れでも、相手からの別れでも、出来れば早いうちに手を打ち実行に移しましょう。それを踏まえてまずは相手を誘い出すことからこの方法は始まります。最善なのは自宅に誘い出すことですが、それを警戒されているのであればまずは食事にでも誘い出します。その食事の誘いにすら応じてもらえないようであれば、このプランの成功はありません。おとなしく諦めるか正攻法で時間をかけてまずは口説いていくことから始めましょう。

食事に出てくる彼女には様々な思いがあります。彼氏ではないけれども仲良くはしておきたいという場合や今現在まだ迷っていると言う場合、更には関係を修復対と考えている場合もあるかもしれません。仮にそんな思いを感じ取ったとしてもそれには気づかぬふりをして、二人で楽しかったことや良かったことを思い出として話しましょう。ここでは未練があることを悟られてはいけません。前置きで「もう終わった話だけどね」など整理は付いていることを強く前面に押し出すことが重要です。

思い出話が盛り上がるようであればその中で相手の良かったところを小出しにして行きます。これは相手を直接誉めるのではありません。あくまでも客観的な立場で「こんなところがいいよね」と人事のようにさりげなく誉めるのです。

誉められて気分が悪くなる人はいません。照れる人や過剰に乗ってくる人、ネタのように「当然!」というスタンスを保つ人、反応は様々です。そこまで進めば今度は次の段階です。相手のセックスでよかったところを誉めていきます。これもあまり卑猥な空気で誉めてはいけません。あくまでも下ネタの一環として軽い感じで恥ずかしがらずに誉めましょう。ここで相手から嫌悪感が出てくるようであればこの方法は成就できません。相手はあなたとのセックスに不満があった可能性もあります。しかしここで照れたり乗ってくるような反応であれば成功したも同然です。あとは自宅やホテルに上手に誘ってあげれば、少々強引でも復縁は成就させることができるでしょう。女性の気持ちとセックスは繋がっています。付き合っていたのであればそれが長ければ長いほど、相手とのセックスの相性は悪くないと勘違いしています。

人に言えない恋愛の復縁相談に適した相談相手とその相談方法

人に言えないような恋愛をしているとなかなか悩みを人に伝えることはできません。しかし、人に悩みを打ち明けることが出来なくても現在進行形の恋愛の中での喜びや悲しみであれば自分ひとりで悩みを解決していくことも出来るでしょう。特に人に言えない恋愛を上手に楽しんでいるような人には、このように自分自身で恋愛の悩みや喜びを消化していく能力に長けた人物が多いとも言われています。ところが、これが別れの話となると自分ひとりの力ではもうどうしようもなくなる時もあります。このように人に言えない恋愛で別れ話が浮上してきたときには、復縁に向けてどのような方法を取ったらいいのかと言うことが非常に重要になってくるでしょう。

この人に言えない恋愛の別れ話から復縁に持ち込む相談相手として、とても適しているのは友達でも家族でもありません。友達であればその話は「秘密の話」として様々なところに拡散していくでしょう。家族であれば人に言えないような恋愛は終わりにするべきと希望とは正反対の意見を押し付けられる可能性もあります。そのようなリスクを排除し、人に言えない恋愛で復縁を望むのであればその相談は秘密を保持することの出来る第三者が非常に良い選択肢と言うことになります。

そして、その秘密を保持することのできる第三者として適任なのが占い師です。占い師といっても様々な占いがあります。対面で相手の人相や手相、その他の生まれ持ったものを見ながら行う方法やメールで今の状況を確認しながら行う方法、そのほかにもメールと同じように電話で占う方法などがあります。占術にも多種多様なものがあるでしょう。復縁の相談で重要なのはその占術の内容よりも方法として出来るだけ即座にアドバイスをもらえると言うことが重要になってきます。そんな状況を考えると一番良いのは電話による占いではないでしょうか。もちろん、占いによって様々な角度から相手との相性や相手の性格を判断しつつアドバイスをもらうことも効果があると言えますが、占い師に相談する一番大きなメリットは人によってパターンは違うものの数々の復縁に関する情報を保持していると言うことです。

電話で占うのであればある程度の匿名性も確保することができます。そして様々な前例を元に的確で客観的な意見を求めることもできるでしょう。仮に占いを全く信じていないと言う場合でも、多くの経験の中から適切であろうと考えることの出来る意見をもらうには占い師の言葉は大いに役立つ内容ではないかと考えることができます。人に言えない恋愛の復縁を考えているのであれば、相談相手の候補として占い師を検討してみることも良いかもしれません。

復縁の成功に効果のある「復縁日記」の付けかたとその利用方法

「復縁日記」と言うものをご存知でしょうか。そう、この日記は名前のとおり今でも大切に思っているにもかかわらず彼と別れてしまったときから始まる日記です。日ごろ日記を付けているのであれば、その日記とは別にこの「復縁日記」を作りましょう。この日記は必ずしも紙である必要はありません。ブログやSNSなどに日々書き込んでいくのも良いでしょう。

では、具体的には何を書き込めば良いのでしょうか。そこには復縁に絡んだ全てのものを記入します。復縁するために取った行動や相手への連絡の履歴、彼とのメールの回数やメールの内容、そして彼への想いなどを書き綴るのも良いかもしれません。

ではこの復縁日記にはどのような効果があるのでしょうか。まず、この日記では復縁までの行動を管理することができます。当然、書いていくだけではなく、定期的に読み返してみることが重要です。復縁を考え始めたその日から書き綴るわけですから、後から見返すことで連絡が過密になりすぎていることや今メールを送るべきかどうか、連絡について悩んだときにもその履歴が生きてくることでしょう。復縁は闇雲に積極的に突き進んでいけば良い訳ではありません。復縁には絶対にやってはいけない行動復縁を考えたときに連絡を取るタイミングやその内容と言うものがあります。これら自分の行動を振り返り、より良い行動で復縁をしていくことも出来るようになるのです。

更に、彼への想いを常に確認していくことも出来ます。通常は復縁を達成するまではその想いは継続するだけでなく、更に大きく膨らんでいくことが一般的です。しかし、彼への想いを日記に書いていくにつれてその彼への気持ちがしぼんで行ってしまうこともあるでしょう。そのときには本当に彼が大切なのか、本当に彼との復縁を自分が望んでいるのかを確認する必要があるときもあるでしょう。そんなときにもこの日記を見返せばどのような理由で彼との復縁を望んでいて、彼とどのような関係を作っていけばよいかと言うことを確認し、内容を見極めることもできるのです。

そして、復縁に集中しすぎて少し疲れが出てきたときにもこの復縁日記は役立ちます。本当に彼が必要なのかを再確認し、自分の日記の中を確認することで大きな愛情があり、必ず彼との復縁を成し遂げるためには何をしたらいいのかを再度客観的に見直すことも出来るでしょう。

復縁は短期間で成就させることが理想的ではありますが、場合によってはそうも行かず、長い期間をかける復縁計画を立てなければならないこともあるかもしれません。そんなときにも忘れてしまった数ヶ月前の行動を確認することの出来る非常に使える日記なのです。

二年越しに復縁ができた理由とその復縁タイミングの計り方

復縁と言うと直前に別れた人との復縁を考えている人が圧倒的な多数のようですが、私の場合は別れてからしばらく経過してからその元彼女との復縁を考えました。別れた当初はお互いの価値観に違いを感じた別れと言うこともあり、復縁をする意思は全くなかったのです。しかし別れてから半年を経過したくらいから彼女との復縁を考え出しました。その当時には既に新しい彼女が出来ており、相手も新しい彼氏が出来ていたので復縁できたら良いなとは思っていたものの、今現在のお互いの相手のことを考えるとそんな話は切り出せずにいました。その後、付き合っていた彼女と別れ新しい彼女が出来ましたが、そのころから更に半年後には最初に別れた彼女との復縁を強く望んでいました。しかし、やはり相手にも自分にも相手がいるようであれば積極的な行動には出れません。復縁のためにまずはこのタイミングを調整すると言う作業が必要になりました。

まずは彼女に現在の彼とうまく行っているのかを確認しました。返事は「まぁぼちぼち」という返事です。うまく行っているということを強く主張しないと言うことはまだ復縁の可能性があると判断しました。このような場合にはまずはポジティブな考え方が重要です。

次に復縁したいことを直球で伝えます。しかし、それだけではいけません。復縁したいけれども相手から略奪する気持ちはないということを伝えます。これを伝えれば相手は仮に別れてしまっても保険として次の彼氏もキープできているという認識になります。もちろん「キープ」という表現はあくまでもこちらから見た場合の言い方で、相手に直接「キープにして欲しい」といったような話はしません。

あとはしばらく待つだけです。私の場合には一年が経過していましたのでじっくり考えて他の女性も見たけれどもやはり彼女が一番良いということを伝えました。もちろん略奪する気はないので、できれば幸せになることを望んでいるが戻りたくなったら連絡してくれと伝えましょう。

相手と今の彼氏の付き合いがよほど順調でない限りはこの方法で充分です。あとは彼女が自分で考えて戻ってくるでしょう。後のタイミングは彼女の気分しだいです。注意しなければならないのは、この復縁までの期間が長すぎるのであれば彼女が次の恋愛を充実させてしまっている可能性があるということです。できるだけ早めに復縁をしたほうがやはり効果は上がると言えるでしょう。当然、自分との別れにおいて泥沼化していないことも必要な条件と言えますね。

関係があったが別れてしまった不倫相手と復縁する方法

男女の関係には色々なものがあります。そして復縁も大きく分けてこの関係の数だけパターンがあると言えるでしょう。更に個々の状況に合わせるとなると多くの復縁のパターンがありますが、今回はその中でも不倫の関係だったのに関係が途絶えてしまった相手との復縁方法について考えて見ましょう。

まず、不倫の関係にはいくつかの種類があります。相手が結婚していて相手が不倫の場合、自分が結婚していて自分が不倫の場合、そしてお互いが結婚しているいわゆるW不倫の場合です。どのパターンでも復縁のときに共通して言えることは、まずはしっかりと冷却期間が作れているかということです。不倫の場合には特にこの冷却期間のとり方が重要になってきます。不倫の関係が継続しないその理由は多くを求めすぎているからです。不倫の中で一番関係を持続しやすいのはお互いが不倫の場合です。そして一番関係を持続しやすい関係でも、冷却期間は非常に重要なポイントです。

どちらかが不倫の場合にはお互いの望むバランスが崩れて関係が崩壊してしまうことが多くあります。それはどちらか一方(ほとんどの場合は結婚していないほう)の要求が大きすぎて関係が持続できない状況になるからです。この、一方が結婚している状態での復縁では、相手の家庭を壊すことは考えていないということを結婚している相手に伝えるだけで、意外と早く復縁できることもあります。

相手が未婚で自分が結婚している、そんな状況で復縁を希望しているのであっても復縁することは可能です。それは離婚を考えていると言うことを不倫相手に伝えることです。相手が離れていっている理由は、これ以上関係を継続しても関係の発展が望めないと判断したという可能性があります。まずは離婚して不倫相手と付き合う気持ちがあるということを伝えましょう。

しかし、この自分が不倫の場合にはもう一つのパターンも考えられます。それは結婚している相手が離婚して自分の手に入ると分かった時点で愛情が冷めてしまうというパターンです。相手がこのタイプであると判断できるときには、離婚を前提にした復縁は行わないほうが無難でしょう。このタイプに有効な手段はありません。復縁の可能性は著しく下がると考えて良いでしょう。

不倫の上手なコツは、お互いの家庭は第一に考えること、そして不倫は遊びであることを理解したうえで冷却期間を適度に設けながら関係の継続をしていくことが一番望ましい関係の持続方法であると言えます。

浮気が理由の離婚や別居を円満に復縁するための方法とは

浮気が理由での復縁はいわゆる「被害者」である浮気をしていないほうの心理的な状態が問題となることは言うまでもありません。いくら必死に謝っても、どれだけ今後はしないと伝えても、相手が浮気を許さないことには始まらないでしょう。どれだけ理由を挙げてもそれは言い訳にしかなりません。しかし、結婚している関係の上で浮気に至ったと言うことは少なからず相手にも問題があります。復縁が出来そうにない場合にはその被害者となる相手に自分にも原因があるかもと省みるように仕向けることが出来るかどうかが非常に重要になってきます。

自分が浮気しているにも関わらず相手にも非があると述べることはそれなりのリスクを伴います。しかし、相手にそのことを伝え理解してもらうことができれば今回限りと言うことで復縁が出来る可能性は少なくないことも事実です。

結婚していて相手がいるにも関わらず浮気をしていると言うことは決して許されることではありません。しかし、浮気したほうから考えるとそれには何らかの理由があると言えます。様々な理由は考えられると思いますが、あえて修復を望むのであればその理由は「恋愛がしたかった」という理由にしましょう。これは裏を返すと結婚している相手に恋愛感情を抱けないと言うことの裏返しになりますので言動や伝えるタイミングには最大限の注意が必要です。しかし、伝えたいことはつまり相手が女性であれば化粧もせずに日々過ごしていること、相手が男性であれば自分を女性としてみ見てくれていないことです。

もちろん、この論法は「だったら浮気をしてもいいのか?」という結論を導き出してしまいます。この結論に達してしまったときには復縁はもはや不可能となるでしょう。復縁を成功させるためには相手との関係においてもう少し男扱い、女扱いをしてほしかったという結論に持っていくことです。

浮気した相手については結婚相手の昔に似ていたと言うこと、その理由は結婚相手と昔のような関係になりたかったこと、更に出来れば結婚相手がもう少し男っぽく、女っぽくしてくれればそれが一番望ましいこと、そして更には今後も可能であれば一緒に着飾って出かけたりしたいことを伝えましょう。例えそれが事実でなくてもこれを耳にした相手は少なからず自分の状態を省みるはずです。

できれば結婚相手と結婚した手の頃のような関係を築きたかった、しかしそれを相手に伝えるのも失礼かと思っていたところ今回のような結果に至ってしまった。という理由です。相手の性格にもよりますが、この結論に気付くような相手であれば一度きりと言うことで修復できる可能性はゼロではありません。

復縁を望んでいるときの支出の状況から復縁の成功率を判別する

復縁を真剣に考えたときには様々なところでの出費についてバランスに変化が生じがちです。この出費の変化を自分でしっかりと把握して出費のバランスを見ていくと、望んでいる復縁が成功するかどうかという結末も見えてくるのです。

まず、毎月の支出の中で今現在大きく確保されているところはどこでしょう。家賃でしょうか、それとも食費でしょうか。良くあるのは家賃。これは簡単に変化させることが出来るものではないので仕方ないでしょう。もし、最大の出費が食費なのであれば更にその食費を細かく見ていく必要があります。この食費に交際費も含まれているのであればその出費はあまり良いものではありません。復縁を考えているのであれば出費の中で大きな比重を占めるものは変化しているはずです。もしも仮に相手と付き合っていた間も今現在も変化が無いのであれば少し注意が必要です。

復縁を望むのであればまずはある程度見た目を整えることに出費が嵩むと考えるべきでしょう。この部分に変化が無いのであれば少し見た目に関する出費に予算を振り分けるべきです。服を買う費用や自分をメンテナンスする化粧品など、女性であればネイルなどの美容に関する費用にも出費が増えていることが通常です。逆に増えることが多いのが交際費です。相手が居なくなったタイミングで交際費が増えているのであればあまり良い状態とは言えません。むしろ交際費は余裕を持たせておくことが重要と言えます。

相手の部屋で過ごすことが多かったのであれば、自宅の光熱費は増加するかもしれません。これは止むを得ないと考えて良いでしょう。いずれにせよ全体的に出費は押さえ、もしものときに効果的な復縁プランを予算を考えずに実行できるような余裕を作っておくことが望ましいと言えます。

特に男性の場合はこの経済的な余裕は復縁には必須と言えるでしょう。しかし、女性だからと言ってこの部分をおろそかにしていてはいけません。あくまでもこれは余裕の部分であって、ないよりもあったほうが復縁はより身近になるということを認識しておく必要があるでしょう。

このように、復縁を望んでいるにもかかわらず、見た目に対する出費が増えていない、交際費が増えている、貯蓄金額が減っている、この三項目が全て該当するようであれば復縁は自然と遠のいてしまうことになります。逆にこの三つの項目が全てクリアされているようであれば復縁の可能性はより高まると考えてていても良いでしょう。数字の動きは何よりも確かなデータを提供してくれます。

遠距離恋愛で壊れてしまった関係を確実に修復し復縁を成し遂げる方法

遠距離恋愛はお互いのことが見えない分、関係を継続していくことは難しいと言われています。ましてやその関係が破綻してしまった場合にはその復縁はかなり難易度の高いテクニックを要することは簡単に想像が付くのではないでしょうか。しかし、遠距離恋愛で復縁を考えたときには近距離の恋愛では実行することの出来ない、もしくは実行したとしても効果の薄い方法が、遠距離恋愛については絶大な効果を発揮することがあるのです。

その絶大な効果を持った方法とは相手の近くに引っ越してしまうことです。遠距離恋愛でもいずれ結婚して一緒に住むことを考えているのであればいずれ訪れるであろうこのタイミングを、絶対に復縁を望むのであれば今行うのです。ただ、急に何も計画をせず闇雲に転居しても成功の可能性は高くありません。できるだけ労力を使わずに身軽に行動したほうがその後の交渉などでも体力を保ったまま関係の修復に挑むことが出来るでしょう。

これは何も全てを投げ打って本格的に引っ越してしまうと言う選択肢だけではありません。ある程度経済的な余裕もあり、転居を厭わないのであればもちろんそれでも良いでしょう。しかし、転居は復縁が成功したときに実行することにしてとりあえずまずは近くに行くことが重要と考えましょう。仕事をしているのであればある程度の休みは可能でしょう。最悪、仮病でも時間を作るべきです。今まで相手先に行っていた日数よりも多くの日数を確保して相手の地に向かいましょう。

時間の確保が出来たら、次は宿泊施設を確認します。これはあくまでも確認です。場合によってはネットカフェなども選択肢に入れます。しかし、これはあくまでも最悪の場合を想定しての行動です。大前提は相手の自宅に泊まりこむこと。それが出来なかった場合にこの最終手段を利用しましょう。

経済的に不安があるのであれば移動は高速バスを利用します。よほど大柄な男性で無い限りはある程度小さいバスでも充分に寛ぎながら移動することができます。相手が海外であれば飛行機を使うことになるでしょうが、このときにも出来るだけ安価なチケットを確保して向かったほうが後から余計な心配をしなくて済みます。

いずれにせよ、まずは自分の環境と相手とを比較して考えていくことです。今やっている仕事は生活のための仕事ではないでしょうか。相手よりも大切な仕事なのでしょうか。生活のための仕事であれば、変に仕事を選ばなければどこに行っても仕事はあります。今居るところは絶対に離れられないところでしょうか。どこでも「住めば都」です。最初はなれないこともあるかもしれませんが、いずれはそこが自分にとって快適な場所になるかもしれません。
(⇒遠距離恋愛ではその場を楽しむことよりも先のことを考えることが重要

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >