復縁

巷に溢れる「復縁マニュアル」の効果とその選び方や使い方

復縁に悩んだときに気になる「復縁マニュアル」の入手。復縁に悩んでいるのであれば一度は入手を考えることもあるのではないでしょうか。確かにマニュアルという言葉には魅力を感じます。しかし、その値段も、種類もあまりに多様にあるため、たとえ購入を考えたとしてもどれを購入したらよいか分からないと言うこともあるのではないでしょうか。

では、この「復縁マニュアル」にはどのようなことが書かれているのでしょう。残念ながら内容をここで説明することはできませんが、果たしてこのマニュアルが効果のあるものかどうか、そしてそのマニュアルの選び方や使い方について説明を行っていきましょう。

まず、この「復縁マニュアル」には人によっては目新しい内容もありますが、中には「そんなこと当たり前でしょ」と言う内容も含まれています。しかし、これはこのマニュアルが「無用なもの」であるということではありません。むしろ、その中で多くはないとしても「知らなかった」と言う部分が少なからずあるのです。今現状で復縁を目指しているにも関わらず復縁を成し遂げることが出来ていないのであれば、何かの要素が不足していると考えるのが通常でしょう。復縁マニュアルで自分が取っている行動が正しいのかどうか、当たり前と思っていることが本当に当たり前のことなのかどうかを確認することができます。更に今まで試したことがないことや知らなかったことがマニュアルの中に含まれていれば、充分そのマニュアルは効果があると言えるのではないでしょうか。

では、数々のマニュアルの中から一体どのマニュアルを選択すれば良いのでしょうか。購入する側としては出来るだけ多くの情報の掲載があり、できるだけ価格を抑えたマニュアルが望ましいと考えます。では、どれを選べば良いのでしょうか。結論から述べると、購入は「どれでも良い」ということになります。様々な種類のマニュアルはありますが、その内容は物によって大きく違うものではありません。あくまでも「マニュアル」ですので基本的な内容が記載されていると考えて良いでしょう。高価なものを購入しても、安価なものを購入しても、情報量が多いものでも少ないものでも、その内容には大きな違いはないと考えていて問題はありません。

では、購入したマニュアルを最大限に効果があるように使うためにはどのようにすれば良いのでしょう。先に述べたとおりマニュアルの内容には購入者の知らないことが必ずあります。その知らない部分を中心としてその意味やその理由などを考えながらマニュアルに目を通していけば、復縁を望んでいるときの基本的な項目はどのマニュアルを手に取ったとしても網羅されているのです。

別居からの復縁を確実に成功させるためのメンタルトレーニング

別居からの復縁についてはなかなか難しいこともあるものです。別居に至るまでの経緯によってはそれ相応に労力が必要な場合もあるでしょう。短期間で関係の改善ができるような場合であれば特に問題はありませんが、関係の修復に長期間を要するような場合にはそれなりにゆったりと構えなければこちらが憔悴してしまうでしょう。では、復縁に疲れきってしまわないためにはどのように挑んでいけば良いのか、自分が精神的につかれきってしまわないような方法を身につけ確実に復縁を成し遂げる方法をお伝えしましょう。

相手に他の異性ができている場合を除いてはほとんどの場合、結婚してからしばらくが経過していることもあり、お互いに「恋愛」という感覚からは遠のいてしまっています。復縁が長期にわたるという場合にはこの恋愛の感情をしっかりとお互いに呼び覚ますことが復縁のポイントです。

今現在がどのような関係にあるとしても、恋愛結婚であれば恋愛していた期間は必ずあります。仮にお見合いでの結婚だとしてもお互いに男女の関係が深まる過程で恋愛に似た心情になっている過去があったことも間違いないでしょう。長期間の復縁の場合に重要なのはこのときの気持ちを思い出しながら相手との関係を一から作っていく気持ちで取り組むのが一番です。

「今更そんな…」というような感情もお互いにあることは間違いありませんが、関係の修復にはこの方法が一番です。離婚に至らず別居に納まっているということは少なからずお互いに関係を修復したいという気持ちがあると前向きに考えましょう。例えば、男女の恋愛の初期に良くある、食事に行くという行動や映画を見に行くという行動、そのほかにもお互いが昔行った場所など例を挙げればきりがありません。そのような場所に誘うというだけでも「関係の修復をしようとしている」ということは相手に伝わるものです。

お互いの忙しさによってはそのような場所に誘うことが困難な場合もあるかもしれません。誘った時点で「この忙しいのに何を考えているのか」というような感情になることもあるでしょう。お互いの忙しさによってこの方法に難があるのであれば、食事に行く程度のことでも良いでしょう。もちろん相手は不機嫌になっていることもあるかもしれません。しかし食事に誘ってその場所までは出てくるのであれば、復縁は決して難しいものではないと考えましょう。

できるだけ自分の昔の感情を呼び覚まし、異性の相手と過ごしたときの間隔で、相手を異性として扱うことを心がければ決して復縁は難しいものではないのです。

別れるたびの強い復縁願望が一度も達成されていない件

私は男性と別れるたびにしばらくたつと復縁したいと感じます。別れは相手から切り出されることもこちらから切り出されることもあります。今まで付き合ったほぼ全ての男性と一度は復縁を考えていますが一度も成功したことはありません。周りの友人に私の復縁の方法を伝えると必ず「それはむりだよ!」と言われます。私には理由がわかりませんが、誰かの復縁の役に立つのであればということで匿名を理由に内容を話すことにしましたので、今までの復縁で試した方法を説明していきたいと思います。

・一人目~積極的に手紙を利用
最初の彼はまだ私が学生だった頃のことでした。別れたくなかったのですが時間のすれ違いから別れてしまい、彼とやり直すために必死で手紙を書きました。思いを伝えるには手紙が一番良いと雑誌に書いてあったので方法は間違っていません。想いが大きい日には一日十数通の手紙を手が痛くなるまで書きましたが復縁するには至りませんでした。返事はもらえなかったものの私はもう少しで復縁できると思っていたのですが、ある日実家の母から止められました。今でもこの復縁がうまくいかなかったのは母のせいだと思っています。

・二人目~積極的にメールを利用
二番目の彼はメールで知り合った彼でした。元々お互いの連絡はメールが中心だったこともあって、別れが訪れたときには別れたくないと言う思いを数時間おきにメールで伝えました。彼からはもう付き合うのをやめて欲しい」という返信も来ていましたが、携帯電話の不調かメールが相手に届かなくなりました。携帯会社にメールの不調を訴えましたが理由は「わからない」の一点張りで結局連絡が取れなくなってしまいました。

・三人目~積極的に会いに行く
メールはやはり届かなくなってしまうこともあるようなのでこのときの彼には会いに行くことにしました。身体の相性がイマイチに感じたので別れは私のほうから告げたのですが、時間の経過と共に彼の大切さを感じて復縁を願い出たことを覚えています。自宅を含め、出勤時、友人宅、実家、旅行先、あらゆるところに会いに行きましたが結局彼は身体を壊して入院してしまったそうです。病院にも場所を調べて会いにいったのですが、面会は出来ないと警備のお兄さんから告げられ断念しました。

まだまだ色々な復縁方法を試している私ですがなかなかうまくは行きません。恋愛はとても簡単ですがやはり復縁となるとなかなか難しい部分もあるのですね。今度は新しい男の子と今度自宅に遊びに行く約束を取り付けたので、復縁の前に別れることがないように付き合って行きたいと思っています。

離婚や別居からの復縁は内容をしっかりと吟味して行いましょう

離婚からの復縁はもちろん、別居からの復縁を考えている場合にもまずは立ち止まって自分の意思や別れようとしている原因を確認することが非常に重要です。相手の希望に沿うことも周りの意見を聞くことも当然ながら大切なことですが、当の本人はどのように考えているかを押し殺して周りの意見や考えを中心に復縁を決めていては自分の望まぬ結果となってしまうこともあります。その後の関係を良好なものにするためにも、まずは順序だてて冷静に、客観的に状況を判断して行きましょう。

まず、離婚はどちらが提案して離婚することになったのでしょうか。自分からでしょうか、相手からの要望でしょうか。まず、原因が自分からにも関わらず復縁を考えるようになったのであれば復縁する理由を明確にする必要があります。何かの原因で離婚を決意したのに復縁しようとしているということは、何らかの心境の変化があったからでしょう。それが相手の粘りだったり協議の疲れだったりするのであればもう一度自分を引き締めて改めて離婚を考えた理由を確認することが重要です。自分で決めているのであれば「なんとなく」離婚に至ると言うことはないでしょう。それを再度考え、復縁しても良いのかをしっかりと考えることが重要なことなのです。相手からの離婚の申し出であれば、相手次第では復縁することもあるかもしれません。しかしそのようなときでも自分の意思はしっかりと考えておくことが重要なのです。

次に離婚の協議がどの程度進んでいるのかを確認しましょう。子供がいるのであれば恐らく親権にかんする協議やお金に関する協議、その他様々なことを話し合ってきているかもしれません。そのような話し合いが行われないまま復縁であれば特に問題ないかもしれませんが、特に協議が実際に行なわれていた場合にはなぜ離婚をしないという結論に至ったのかを考える必要があるでしょう。離婚を前提に話を進めていたにも関わらず、急にその話を復縁に変えるのであればそれなりの理由があるはずです。そしてその理由がわかったら、理由に正当性があるかどうかをじっくりと考えるべきでしょう。

更に、復縁に当たり何か条件が出されていないかをよく確認するべきです。条件があるのであればこの条件にも妥当性があるかどうかを考える必要があるでしょう。冷静に客観的に判断してみると、その条件に妥当性が見出せないこともあります。

当然、復縁は悪いことではありません。離婚してしまうよりも双方が有益なことではあります。しかしこれを相手や周囲の思うまま自分の意思なく進めていれば、復縁したその後の関係に大きな歪が生じることも考えられます。復縁か、別れかと言う選択であれば、ぜひとも復縁を選択して欲しいものですが、それに当たりしっかりと内容を確認することが重要です。

復縁には自分の成長が必要と思って復縁タイミングを逃してしまった私

私も彼と別れた時には復縁を考えていました。そのとき、自分なりにいろいろと人の意見を聞いたりネットで調べたりした中に「自分の価値を上げて復縁を成就させる」という意見がありました。結論から言うと相手のことを忘れるためということではなく、本当に復縁を望んでいるのであればこの考え方は復縁には適しません。復縁したいのであればこの「自分磨き」の罠には陥らないようにすることが大切だと思います。

私はこの「自分磨きで復縁する」という方法はその当時とても効果があると考えてしましました。相手に振られてしまったこともあって、女性としての魅力を磨いて復縁することを前提に自分磨きを始めるようになったのです。しかしこの方法は適切ではないということは今考えれば簡単にわかることです。失恋して周りが見えなくなり、藁にもすがる思いで意見を求め、冷静に考えればそれが無理であることには気づけたのでしょうが、「何かしなくてはいけない」という思いからこの「自分磨き」の罠にハマってしまったのです。

そもそも「自分を変える」ということは決して簡単にできるものではありません。一週間で変えれたり、一か月で結果が出たりするのであれば少しは可能性もあるのかもしれません。しかし外見にしろ、内面にしろ、自分が変わるためには少なくとも三か月、場合によっては数年の時間がかかるのではないでしょうか。私の場合には復縁を考えながら自分磨きを行う日々を半年続けましたが、そろそろいいかなと思った時には相手にはすでに新しい彼女候補ができていました。

更に、今まで復縁に成功した人たちがどのくらいの期間の間に復縁をしたかというデータを見ると全体の約半数の人が半年以内に復縁をしています。そのことから考えると復縁のために自分磨きをしたら良いという考えは、復縁をしたことのない人が空想で言っているか、復縁を諦めさせたい人が気持ちを彼以外の何かに向けさせるために行っている意見ではないかと思えるのです。

残念ながら私はその後も数年間彼との復縁を望んでいましたが、復縁することはできませんでした。原因は最初の別れの時点で私が余計な無駄な時間を作ったことが原因です。半年後に相手に彼女ができたことを知った私は、その後に彼氏を作りました。しばらくして復縁したかった彼から「彼女と別れた」という連絡が来ましたがその時にすぐにその時点の彼と別れることはできず、タイミングが合わないうちに自然と疎遠になっていったことを考えると最初の半年を悔やまずにはいられません。

復縁を望む女の子にとって「自分磨き」は一見有効な方法に見えますが、決して復縁に近づくことのない手段だということを知ってほしいです。

別れてしまった彼への思いを忘れることが出来ずにいる女性へ

まだ大好きな彼でも場合によっては一度別れたほうが良い場合もあるでしょう。恋愛に於いて好きと言う気持ちは何よりも大きく、何よりも大切な気持ちであることには間違いありません。しかし、恋愛は人と人との付き合いです。どれだけ愛を育んでも他人である以上、好きという気持ちだけでは関係を継続していくことが難しい場合もあるでしょう。どちらか一方に好きな気持ちがある場合はもちろん、両方に好きと言う気持ちがあったとしても、その思いは必ず幸せな二人を作り上げるとは限りません。お互いが好きでも周りの状況によっては別れることを余儀なくされるようなこともあるでしょう。

そして仮に運良く幸せな関係を築くことができたとしても、その関係には何の保証もなく、それが例え結婚と言う決められたルールに沿った関係になったとしても、少しの歪が別れに繋がることもあるのです。これは誰にでも訪れる可能性のある出来事です。機能まで幸せだった関係が、今日には崩壊が始まってしまうと言うこともあるでしょう。男女の関係はそんな硝子のような関係の中で育まれて行く物なのです。

どのような崩れ方であったとしても、どちらか一方に好きと言う気持ちがあれば関係を修復し、復縁を成し遂げようと考えることもあります。しかし、その復縁がどちらか一方の強い想いのみによって成し遂げられた場合には、一旦復縁したとしてもまた再び関係が崩れていってしまうと言うこともあるのです。

もちろん、復縁を望むことは決していけないことではありません。強く復縁を望むことから始まり、最後にはより強固で信頼に満ちた関係を取り戻すことが可能なこともあります。しかし、どのような場合でも復縁が全てであり、復縁が最善であるとは言えません。

関係の状態によっては復縁すること自体が凶となる場合もあります。いくら復縁を強く望んでいてもその想いが一方的なものであれば、その想いが強く打ち砕かれ、負う必要のない深い傷を理不尽に負わされる可能性もあります。

いまあなたが望んでいる復縁は成し遂げられる可能性の大きい二人の想いが詰まったものなのでしょうか。それとも一方的な想いでただただ突き進んでいるものなのでしょうか。

復縁は決して安易な道ではありません。そして最終的に必ず成し遂げれるものでもありません。そこには運やタイミング、そのほかにも様々な要素が望む復縁を助け、また邪魔することもあるのです。

そのことをしっかりと心に刻み、どのような選択を行うのが自分にとって最善の道なのか、考えながら復縁を進めていく必要があるでしょう。
(⇒あなたの復縁が正しい方法で行われているかチェックする

彼女と別れた原因から復縁に最も適した方法を模索し成功させる

彼女と別れてしまったからといって諦めてしまう必要はありません。その別れの原因は何なのか、それを探り適した行動を取って行く事で彼女との復縁は可能になります。恋愛で彼女と別れてしまう原因には様々なものがあるでしょう。しかし、その中の本質には大きな違いはありません。復縁を望み、復縁を成功させたいのであれば細かいところに目を向けるよりも大きな恋愛の大局を読み取ることで復縁を行うことが可能になるでしょう。

別れの原因が性格の不一致であれば、それはつまりあなたの考え方に彼女が付いていけない場合や嫌悪感を抱いてしまう部分があるということです。こんなときは最も復縁できる可能性が高いと言うこともできるでしょう。大切なのはその気に入らないところ、付いていけないところを探し出す必要があります。そしてそれが分かれば該当の部分を取り除いたり修正を加えたりすれば良いだけなのです。しかし、この修正には過剰に厳密に修正を行う必要はありません。大きかった程度を小さくし、押さえ込むことで充分に関係の修復が可能になると言えるでしょう。

次に何か男性のほうに明らかな非がある場合にはどのような対処を行ったらいいのでしょうか。浮気や嘘など二人の間で決められている約束を破ってしまった場合にもそれほど難しいことはありません。この場合に必要なのはただひたすら謝ること。このときに相手の女性から罵声を浴びせられることもあるかもしれません。それでもとにかく謝り倒す。これが何よりも効果があります。どれだけひどい言葉を浴びせられても、どれだけ罵られても、とにかく反論などは一切行わずに誤りましょう。場合によっては全く心当たりのないようなことに腹を立てている場合もあるかもしれません。その場合でもとにかく、そのような気持ちにさせてしまったことを誤ります。自分に非がある場合の対応はひたすら謝るのみ。少し相手の感情が和らいで来たタイミングで相手の女性が何よりも大切であることを伝えましょう。

中には別れの原因が見つからないこともあるかもしれません。そんなときにはとにかくその理由が何なのかを確認しましょう。このときはできるだけ自分の力で答えを導き出すことが望ましいでしょう。どうしても分からない場合には何か一つ自分の欠点を挙げ、それについて必死になって誤ります。これを続けていれば痺れを切らした彼女は理由を教えてくれるかもしれません。仮に教えてくれなかったとしても、少し感情が和らいだ時点で相手が何よりも大切であることを告げましょう。

どのような理由にせよ、よほど致命的なことを何度も繰り返していなければほとんどの場合は関係の修復が可能です。

復縁後の行動を調整することで関係をよりよいものにしてしまう方法

復縁をしたいと思ったときの情報は探せばいくらでもでてきます。別れた相手との復縁の方法や、復縁をするときの注意点復縁の体験談様々な復縁方法などその情報にはかなりの数のものが存在します。しかし意外と少ないのが復縁後の情報。復縁してもすぐ別れてしまうようでは全く復縁の意味がありません。復縁を成し遂げた後の行動によって復縁が無になってしまわないためにも、復縁成就の後の行動が何よりも重要になってくるのです。

まず復縁を成し遂げたのであれば率直に相手に感謝の気持ちを伝えましょう。復縁してくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。その気持ちを言葉にして伝えておくだけで、しばらくは何事についても寛容に受け止めてもらうことが出来るはずです。

感謝の気持ちを伝え終わったらすぐさま相手の逃れる道を塞いでいきます。だからといって唐突に結婚などを持ち出してはいけません。自然に、気が付いたら他に行けないような状況を作るために重要なのは、共通の友人や知人を増やしていくことです。できるだけ相手の輪の中に参加するようにし、できるだけ自分の輪の中に相手を誘うようにしましょう。そしてできるだけ相手の友人や親友と親交を深めましょう。

可能であれば相手の家族とも会う機会を作りましょう。無理に会いに行くことは相手に警戒心を抱かせる可能性もあります。相手の家族が居るところの近くに目的地を設定し、その行きや帰りに思いついたように立ち寄りを提案してみるのです。この方法であれば相手に警戒心を抱かせる余裕もなく、周りを強固に固めることが可能です。

出来るようであれば半同棲や同棲を実行しましょう。お互いが一人暮らしであれば自分の部屋の更新が近いからなどと理由を付けて転がり込みます。自分が実家なら家族と喧嘩したというような理由でも良いでしょう。相手の家が実家であれば、相手の家に数日の予定で泊まる事も考えましょう。そのまま家のことなどを手伝えれば、その相手との関係は仕上がったも同然です。

もし、まだ一緒に住むような状況でなければ相手の家族に顔を売るのは何よりも重要なポイントです。どれだけ家族と親しくなっても問題はありません。本人を落とすよりも遥かに効果的に外堀を埋めてしまうことができるのです。

復縁を切欠に相手を完全に手中に収めるためにはやはり家族や親族を取り込むことが良いでしょう。場合によっては次の別れの危機に相手の親族が絶大な力を発揮してくれることもあります。本人の感情よりも家族の感情を優先していれば、決して問題のある方向には行きません。

復縁を考えたときに読んで欲しい、望ましい結果への一番の近道

復縁を成功させるためには様々な要因が関わってきます。別れの段階で相手を烈火のごとく怒らせて喧嘩別れになってしまったとしても短期間で復縁できることもあれば、突然理由も知らされずに別れを告げられ復縁できないようなこともあるでしょう。他にも些細なことで別れても復縁まで時間がかかることもあれば、復縁を諦めた後に復縁できてしまうようなこともあります。いずれにせよ理由がどのようなものであれ復縁は唐突に成功し、同じく唐突に諦めざるを得ないような状況になることもあるのです。

もちろん、復縁を希望しているのであれば復縁は可能であると言う考え方に基づいて復縁に向けて突き進んでいく必要があります。しかし、可能性が低くなればもちろん意気消沈していくことになり、最悪の場合には精神的に病んでしまうようなこともあるかもしれません。最終的な目的が復縁であったとしても、それによって時間や労力を取られ挙句に精神的にもすり減らされると言う状況は決して望ましいものではありません。これは復縁を望む人だけでなく恋愛全般について言えることですが、復縁や恋愛の成就を望み、復縁に向けて何も考えずに突き進んでいくと言うことは、様々なリスクがあるということはあらかじめ認識した上で行動に移していく必要があります。

成功が前提であるが故にその結末が望まないものであったときに大きなダメージを受け、精神的に立ち直れなくなってしまう人もいます。このような状態を避けるためにはある程度の可能性の範囲を予測し、最悪の事態も一度は考えておく必要があるでしょう。これはネガティブな思考を広げていくと言うことではありません。できるだけ早い段階で最悪の状態を考え、来ることのないであろうそのときに精神的な緊急回避ができるような精神状態にしておくと言うことが重要になってくるのです。仮に失敗に終わったとしても精神的に衰弱し様々な方面に悪影響を及ぼした数年後に「最悪で思い出したくもない出来事」と感じることになるのか、失敗に終わったものの得るものや学ぶもの多くあり「貴重な経験をした出来事」と感じることができるのかでは大きく変わってくることでしょう。失敗したからトラウマになるのか、失敗したけどもその後経験を生かしてより輝ける恋愛をしていくのか、それはそのときの考え方次第で大きく変わってくることとなるでしょう。

人は皆、自分の予想外の出来事や突発的な出来事に弱いという側面を持っています。この弱い部分を補えるような力を養い、あらかじめ心に余裕を持った状態で復縁に向けて進んでいけばその余裕は成功をもたらす原動力となり、やがては思い通りの結果に結びつくのではないでしょうか。

別れか復縁か、悩んだときにやってもらいたい15のチェック項目

別れたあなた、もしくは別れようと思っているあなたに是非やってもらいたい「別れたほうが良いか、復縁したほうが良いか判定する15のチェック項目」です。このなかで当てはまるものがいくつあるかによってその後の関係を継続したほうが良いか、これを機にスッパリ別れたほうが良いか、占ってみましょう。この15の質問に「はい」と答えた項目がいくつあるかでその後の運命を占います。答えは全て「はい」か「いいえ」で、どちらにも該当しないと思う場合には「はい」としてカウントします。既に復縁することは決まっていて、その復縁方法が正しいかどうかを判断したい方はこちらをご覧ください。

・別れに至った理由が突発的な喧嘩である
・喧嘩でも相手を罵りあうようなことはない
・お互いの間に子供がいる
・相手は相手の両親と頻繁に話をしている
・相手の両親はすぐ近くに住んでいる
・お互いに(もしくはどちらかが)経済的に自立していない
・見合いや紹介ではなく恋愛からの関係である
・別れに直前まで性交渉はあった
・お互いの交友関係は広いほうである
・喧嘩はお互いに非があると思う
・別れの理由は浮気・ギャンブル・浪費ではない
・相手に暴力を振るわれたことはない
・まだ相手の知らない面や自分の知られていない面があると思う
・共通の趣味がある
・相手のことが「嫌い」というワケではない

いかがでしたでしょう?それでは「はい」の個数が多いほうから判定していきます。

◎「はい」の数が15~8個の場合
今回の別れに至った理由はある程度あなたのほうでも理解して、反省や問題点の把握も出来ているのですね?そしてお互いの良い面も少なからず把握しているのではないですか??
別れを考えるなんてもったいない!もう一度ちゃんとゆっくりと話し合いの場を設けるべきです。今回のトラブルはちょっとした意見の食い違いと考えましょう。相手からみて近い人と接して周りから調整をしてみるのも良いかもしれませんね。簡単に別れようと思うにはもったいない状況です。時間がたてば関係を修復できることもあると思うので頑張って!今が踏ん張りどころかもしれません。

○「はい」の数が7~4個の場合
今回別れに至った理由はどのようなものでしょうか?様々な理由があるとは思いますがもう少し距離を置いてゆっくりと考えるという方法も良いかと思います。即座に別れにつなげるのではなく、お互いに距離を置いてゆっくりと考え、また相手に考えさせることで自ずと何かしらの結果が見えてくることもあります。別れてしまうことは簡単かもしれませんが、ここで踏みとどまることができればお互いの関係は良いものになっていくこともあるかもしれません。

△「はい」の数が3~0個の場合
正直に申し上げてよいのであれば、ここを読むことになっているあなたは即刻別れた方が良い!という結論になるでしょう。どのような方面から考えても、そして仮に今回復縁したとしても、あなたに幸せはやってこないようにも思えます。もちろん、たった15個のチェック項目でしかないので当然、復縁してよかったと思える将来になることも考えられます。しかし、それを差し引いても決してその道のりは平坦なものではありません。別の人生を歩むことも考えましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >