復縁

復縁には客観的な視点も大切なんです!第三者に相談してみましたか?

どうしてもあの人と復縁したい!というあなたの思いを第3者に話してみたことはありますか?今のあなたは相手への思いが強すぎて客観的に自分を見れなくなっているかもしれません。

本当は復縁できるかも知れない縁を、あなたが冷静に対処しなかったばかりに逃してしまうこともあるかもしれません。信頼できる第3者に一度相談してみるのも1つの案です。相手とあなたの関係を把握している親しい友人なら間違いありませんが、最近では、復縁相談を受け付けている会社も存在するんです。復縁のプロの意見を聞いてみてもいいかもしれません。

いずれにしても、一人でいろいろ抱え込んで悩んでいると考えが煮詰まって堂々めぐりになりがちです。思い切って誰かに話してみることで、新たな発見や気づきがあるかもしれません!どうして別れることになったのか、自分で思っていたのとは違う理由が浮かんでくるかもしれませんよ。誰でも、自分のことは自分が一番良くわかっていると思ってしまいますが、それは間違いです。本当は、自分のことは自分が一番知らなかったりします。近すぎて見えないものってあるんです。人間関係においてもそれは同様です。

第3者だから見えてくる、あなたと相手の問題点、改善点、復縁方法があるかもしません。そんな客観的なアドバイスがもらえたら心強いですよね。復縁に向けてなるべく短い期間で相手を取り戻したい!有効な手段があるならどんな手段でも知りたい!という方は一度周囲に相談してみることをオススメします!

復縁したい相手への久しぶりのコンタクトは断然メールで!

復縁したい相手としばらく連絡を取っていない場合。最初のコンタクトは断然メールがオススメです。電話というのはすぐに相手と会話ができて便利ではあるのですが、相手の状況が読めません。仕事中だったり、友達と盛り上がっている最中だったり、新しいお相手とデート中だったりする可能性があります。

相手はあなたからの突然の電話に多少は驚いたり、動揺したりするでしょう。ドッキリ感は大きいのでそういう演出が好きなタイプの相手なら、ドキッとさせる効果はあるかもしれません。しかし、一般的に言えば、電話は必ずしも相手がリラックスした状態ではありませんし、こちらも何か急ぎの用件を伝えたいわけではないので、久しぶりのコンタクトには向いていないのです。

その点、メールならば相手に迷惑がかかりません!相手には、返信するかどうかも含めて、あなたのことを思い出したり考えたりする時間ができます。その時間が大切なんです!

次に重要なのがメールの内容です。最初のコンタクトですから、シンプルで簡潔な内容にしておきましょう。たとえ元カレ・元カノでも今は他人なのですから、適度な距離感と礼儀正しい内容にします。

ここぞとばかりに、別れてからのあなたの人生や、相手への思いを一方的に長文メールで送ったりするのは最悪なパターンです。復縁できるものもできなくなりますので気を付けてください。返信ももらえない可能性が高いでしょう。

それでは、どんな内容なら返信をもらえるでしょうか。

1、簡単な近況 家族や学校、仕事のことなど。恋愛関係については省きましょう。

2、なぜメールしたか。何か適当に理由をつけます。どうしてるかなと突然思い出したとか、友達と話してて話題に上ったとか、誕生日だからとか、年始だからとか、、、要するに、”復縁したくて何ヶ月も思いつめてて、やっとメールする勇気が出た”と相手に思われないための理由です。

3、さりげなく相手の近況を聞く。さりげなくです!相手が必ず返信しなくてはならないような質問形はちょっと重いです。

4、最後は、「返信ください」ではなくて、「時間のあるときに近況を教えてくれたら嬉しい」程度にしておきましょう。

こんな感じの内容をなるべく短いメールで送ること。嫌われていなければ、復縁の可能性があれば、反応があるはずです!

元彼と復縁したくて夜も眠れないあなたへ。

いつまで経っても別れた元彼のことが忘れられない。新しい恋人と一緒にいても考えるのは元彼のことばかり。どうして私たち別れちゃったんだろう。元彼以上の人はもうこの先現れないような気がする。彼が運命の相手だったのに、あんなに些細なことで別れてしまった。あれくらいのこと許してあげれば良かったんだ。

そんな思いを抱えて生きている人は以外に多いもの。そこまで後悔しているのなら、復縁について考えてみませんか?女性は案外さっぱりしていますから、過去の相手を引きずることは男性よりも少ないものです。

それにも関わらず、あなたはそこまで思いつめているのです。もしかしたら、彼が本当に運命の相手だったのかもしれません。もちろんそうではないかも知れませんが、確かめてみる価値はあるのでは?だって今のままではあなたは前に進めないのですから。

あなたは彼とまだコンタクトがとれている状態ですか?共通の友達はいますか?もしもう何年も音信不通という状態なら、さりげなく連絡を取れる方法を確保しなくてはなりません。何も行動を起こさず、昔のアルバムを見て泣いていても仕方がないのです。

いきなり電話をするよりは、最初はメールをしてみるのが良いでしょう。メールならば相手の都合の良い時に見てもらえますから、現在の恋人とデート中の彼を戸惑わせることもありません。

最近ではソーシャルネットワークでの復縁も増えています。今のメールアドレスがわからない場合にはSNSで検索したら見つかるかもしれませんね。

とにかく復縁したいのなら、待っていても解決しません。相手の状況や気持ちを確かめてみましょう。その後に大切なのは、相手の気持ちを尊重すること。あなたが復縁したくても彼も復縁したいと思っているとは限りません。

それでも、もしかしたら相手も復縁を望んでいるかもしれない。いずれにしても、答えを知ることであなたは前に進むことができるのです。

どうしても復縁したい元カノと再会する際の心がけについて

別れた彼女とヨリを戻したい、どうして別れてしまったんだろう。そんなことを考え続けているあなた!復縁について本気で考えてみませんか。

もちろん、別れた全てのカップルが復縁できるとは限りません。相手のあることですから、あなた一人で決められることでもありません。それでも、少しでもやり直すチャンスがあるなら試してみたいと思うなら、以下のことを試してみませんか?

元カレというのは、女性にとって気になる存在です。たとえ別れて何年も経っていたとしても、新しい恋人と毎日ラブラブに過ごしていたとしても、一度は好きで付き合っていた相手ですから、どうしているかな?くらいには思うわけです。

人間はとても都合よくできていますから、思い出というのは大抵が美化されます。別れたときには喧嘩別れで二度と顔もみたくないと思っても、時が経ってあなたとのことが思い出になると、楽しかった時期のことを思い出して、そんなに悪い人じゃなかったかも、となったりするわけです。

ですから、もし相手と再会する機会があったら、それは絶好のチャンスです!でも焦ってはいけません、落ち着いてください。大切なポイントは、相手にあなたがちょっと変わったなという印象を与えることです。ファッションや立ち居振る舞いなど、相手と付き合っていたときとは少しだけ変えてみるのです。

別れたからには理由があったはず、付き合っていたときと全く変わってなさそうな印象を与えてしまっては相手の気を惹くことはできません。ああ、彼は相変わらずだな。と思われてしまうからです。

そして、ちょっとだけ素っ気無い態度をとってください。元カノのことが今も大好きで、前日から食事も喉を通らなかったなんてことを相手に悟られてはいけません!

話す内容は何でもいいんです、今すぐ復縁してくれと頼むこと以外なら。毎日がけっこう充実していて元気に楽しくやっているよとでも言っておきましょう。

とりあえず、元カノにとって自分は害のない人物で、今後も友達としてなら連絡を取り合ってもいいかなと思われることに集中しましょう。そこさえクリアできてまた友人同士の集まりで定期的に会う機会ができたり、メールでたまに連絡をとるようになれたら、復縁の可能性はぐっと高まるでしょう。

どうすれば復縁できるのか、それはあなたが一番良く知っているはず!

一度別れてしまった相手と、ヨリを戻すことってできるんでしょうか?もちろんできます。ただし、その為にはいくつか条件があります。まず、以下の4点について考えてみましょう。

・別れた原因
・振ったのか、振られたのか
・どんな別れ方をしたか
・相手の状況

別れた原因は何でしょう?まず、あなたの暴力や借金などが原因の場合。この場合には根本的な問題が解決していない段階では、相手に迷惑がかかりますので復縁を迫る資格はありません。でも、他の理由、例えばどちらかに他に好きな人ができてしまった、喧嘩別れ、などなら可能性はあるでしょう。

とはいっても、一方的に別れを告げられた場合には、本当の理由は実はわからないかもしれません。それでも復縁したいと考えるなら、なぜ相手の心が離れてしまったのか、きちんと考えてみることが大切です。別れた理由に反省すべき点があるのなら、その点についてあなたは変われますか?妥協できますか?また同じことを繰り返すだけだと相手に思われては復縁は不可能です。

次に、別れた際、相手に振られた場合よりも、あなたが相手を振った場合の方が復縁の確率は高くなります。また、別れ方が友好的であった場合の方が、修羅場を演じた場合よりは復縁しやすいはずです。

最後に、相手の状況によって復縁の難易度や、要する期間は違ってきます。相手がフリーの場合が一番可能性は高いでしょう。逆にすでに新しい相手と安定した関係を築いている、結婚しているというような場合には、簡単に復縁するのは難しいと考えるべきでしょう。

人それぞれに性格や価値観というのは違いますから、どの関係にも共通する復縁方法というのは実はありません。マニュアルなどないのです。

あなたが本当に相手のことを大切に思っているならば、一番大事にしたいのは相手の気持ちです。一方的にあなたの気持ちを押し付けるようなことをしても、相手の心を惹きつけることはできません。その点についてよく考えてアプローチ方法を考えてみてください。最も有効な復縁方法は、あなたにしか見つけられません。

彼女に何度も復縁を希望されたが復縁できなかった、たった一つの理由

男女の関係というものは微妙なバランスの上で成り立っているっものだと思います。私が先日別れた彼女との関係もそんな微妙なバランスの上に成り立っていたものだと言うことがとても良くわかった関係でした。彼女との付き合いはまだ短かったものの、お互いがピッタリと添い遂げる人を見つけたような感じで関係は順調に好転していました。

そんな彼女とも今は既に別れてしまっています。確かに一年程度の期間ではありましたが、ある彼女の癖を見るまでは結婚することを躊躇したようなことはありませんでした。もちろん、日常的に行う仕草で今までにそれに嫌気が差したようなことはありません。また、自分の中では何でも受け入れることができると考えていました。

そんなに目立ったことではないのです。日常の生活における本当に些細で本当に気付かなければそのまま見逃してしまうような内容でした。もちろん、全てを許せると考えていた自分としても「なぜこんな些細なことに」と思うような内容です。しかし、その一つの癖が二人の関係を全て無にしてしまうこととなりました。

どんな人にでも絶対に受け付けることの出来ない行動や絶対に受け付けることの出来ない仕草があるのかもしれません。しかし既に一年程度では見ていない部分も多くあるでしょう。しかしその一つの行動で全てが台無しになるとは思いもしていませんでした。

彼女に別れを告げた後も復縁することを何度も考えました。もちろん人柄も、相性も、外見も、私にとってはもったいないほどの女性であったと今でも思っています。関係の修復を試みましがどうしてもその癖を見たことが脳裏に焼きついてしまい、復縁につなげることはできませんでした。

その癖はここで特に説明する必要はないでしょう。重要なのは二人の関係がいくら順調であっても、良好であっても、絶対に譲れない、絶対に許容できないような部分が必ずあるということなのです。もちろん、本当に些細なことであるが為に別れの理由も彼女に伝えることは出来ませんでした。恐らくそれを伝えれば彼女はその部分を気にしてくれるようにはなったでしょう。しかしそれを考えても私にとっては彼女との関係を継続することは難しいと思えるほどの出来事だったのです。

おそらく、このような内容は価値観の不一致ということで片付けられるような内容なのでしょう。しかし、相手に伝えることもできないような小さなことが別れに繋がってしまうということもあるのです。私にとっても良い経験でしたが、このような経験をいろんな人に知ってもらいたく思います。

復縁を考えたときに重要なポイントとなる「人の話を聞く技術」

別れた相手との復縁を望んだときには欠かすことの出来ないポイントがいくつかあります。復縁の基本をしっかりと認識した上で復縁に向けた忍耐力を養うことや、別れた原因をしっかりと把握することも重要になってくるでしょう。そしてこれらと同様に重要なのが、話を聞くことができるかということです。別れた相手と復縁を望むのであれば当然、お互いの不満を解消するような話し合いが必要になってきます。もちろん、話し合いによって全てのトラブルが解決できれば問題なく復縁できるでしょうが、場合によっては相手の指摘や提案に全面的に同意することは難しいこともあるでしょう。お互いが別の人間であれば意見に相違が出ることは当たり前です。しかし復縁の過程のなかでお互いの考えに大きな隔たりがあれば、復縁は難しくなることもあるでしょう。

そのような復縁が難しくなるような状況を回避し、できるだけスムーズに復縁するための方法が、話を聞くという技術なのです。人の話は聞けているようでなかなか聞けていないことが多いものです。しかし、それでもやはりしっかりと相手の話を聞いているようであれば復縁は決して難しいものではなくなるでしょう。

その聞く技術のなかで一番大切なのは内容を理解しながら聞くことです。相手の不満は何なのか、その不満をどうやって解消したいとおもっているのかただ聞くだけではなく、その内容に注意しながら話を聞くことが重要です。相手はわざわざ原因や方法を分かりやすいようには話してきません。その様々な話が混在している中から、解決方法に導くためのヒントを把握する必要があるのです。

そして、仮に自分の意見と相違があるような場合にもそれに対して理路整然と否定してしまうようでは復縁は成り立ちません。仮に自分と違う意見が出てきたとしてもそれをまるで肯定しているかのように相手がしっかりと理解しながら聞いてくれていると判断できるように話を聞くことが重要なのです。

もしも意見が違ったとしても復縁を望んでいるこの時点で反論する必要はありません。まずはしっかりと相手の話を聞き、今溜まっている不満を全て吐き出させる、それが重要であり、そのためにまずは話を聞くということが重要なポイントになってくるのです。

復縁や関係を好転させたい女を自分の手元に転がり込ませる三つの鉄則

男性が女性と復縁を考えているのであれば、いくつかの鉄則があります。それを守って行けば復縁の可能性は大きくなり、守らなければ復縁の可能性は小さくなります。復縁を望むのであれば、これらの鉄則を守りきることで彼女との復縁はより近づいてくると言えるでしょう。

鉄則の一つ目は「不要な連絡をしない」ということです。

彼女と別れてしまい、その彼女と復縁したいのであれば連絡を取りたくなることはわかります。他の男に取られるのではないか、急に音信不通になるのではないか、そんなことを考えてしまいがちです。しかし、ここで不要な連絡をするようであれば復縁は遠のいていくと考えましょう。不要な連絡はあなたの不安を表します。相手の女性にはその不安が伝わると考えましょう。この不要な連絡は彼女との関係でただ単純に不利になる要素しかありません。

鉄則の二つ目は「無駄にご機嫌をとらない」ということです。

特に年下の女性との復縁望んでいるときにはこの「ご機嫌取り」は過剰であればあるほど鬱陶しいだけです。ましてや復縁を望んでいることが手に取るようにわかり、より一層復縁からは遠のきます。ご機嫌を取るのはさりげなく、できるだけ短く納めることです。無駄にご機嫌をとってもそれは関係改善の方法にはなりません。

最後の鉄則は「一度は拍子抜けさせる」ということです。

食事の機会もあるでしょう。飲みに行く機会もあるかもしれません。ひょっとしたら抱けるタイミングもあるのではないでしょうか。毎回断る必要はありませんが、どこかで相手が思っていないような行動を取ることが重要です。翌日が仕事、どこかに遊びに行く、何かやることがある、理由は何でもいいでしょう。とにかく一度は「あれ?」と思わせることが重要です。特に抱ける機会で抱かないと言うのは相手に大きなショックを与えることができます。そしてそのショックは与えるだけではいけません。その後のフォローを手早く行うことで効果はより一層高まります。

この三つの鉄則は必ず実行する必要がある鉄則です。自分の気分の赴くままに連絡をして、ご機嫌を取り、ほいほい出かけているようでは相手から見れば分かりやすい男になってしまいます。少しぐらいは分からない部分があるほうが女性は興味を持ち、その分からない部分を何とかして知ろうと考えます。その何とかして知ろうと言う女性の思いを上手に利用し、関係を復縁していくことを目指せば思っているよりも簡単に自分の手元に女性が転がり込んでくることもあるでしょう。

相手に浮気されたときに復縁するどうかは浮気をされたほう次第です

相手に浮気されてからの復縁については浮気したほうには選択権はありません。当然ながら浮気をされた側に全権限があると思っていいでしょう。にもかかわらず相手が開き直るような態度を取るのであれば、その相手はいずれまた浮気をして自分の行動を正当化することは間違いありません。このような場合には即刻別れてしまったほうが良いと言えるでしょう。

しかし、結婚しているとなると浮気をされたからと離婚に踏み切れない場合もあります。そのときには浮気されたほうはその相手の浮気の質を見極める必要があると言えるでしょう。

では、その浮気の質とは何なのでしょうか。まずはこの浮気が本当の浮気か、それとも一時的な遊びの一つかを見極め、判断していく必要があります。結婚してしばらく経過していればお互いの関係は男女の関係ではなくもはや家族と言う関係に変わってきています。そのことから相手が恋愛を望んで浮気をしているのであればまだ復縁の余地はあると言えるでしょう。これを確認するには様々な方法があります。しかしその確認は浮気されたほうとしてはそれは大きな心の負担を伴うことになるでしょう。しかしそこを確認していけば復縁して大丈夫な本当の浮気なのか、それとも復縁してはいけない恋愛なのかを見極めることが出来るようになります。

まずは本人に気持ちを確認してみると言う方法もあります。本気なのか、浮気なのか、直球で確認してみる方法もあるでしょう。もちろんここで「本気」などと答えるようであれば関係の継続はできません。ある程度の慰謝料を請求することを前提に離婚を進めていくことが良いかもしれません。仮にここで「浮気」と答えられて自分の中で整理が付くのであればここで復縁を考えることも良いでしょう。しかし、それだけでは満足できないのであれば更に踏み込んだ質問をしていくことも可能です。

具体的には食事や宿泊は過去にどのくらいのペースで期間としてはどのぐらいの期間付き合いがあったのか確認することも良いかもしれません。もっと具体的に知りたいのであれば避妊したのかしてないのかといったことも確認できます。

しかし、いずれにせよ最終的な決断は浮気されたほうの判断にかかっていると言えるでしょう。その浮気が頻繁なもので許しがたいものなのか、それとも初めての浮気でまだ許せる余地があるのか、様々な要因から総合的に判断して最終的な結論を導き出すことが必要となってきます。現時点で許せないとしても相手の態度次第では時間を追うごとに傷が癒えてくる場合もあります。関係の修復をお互いが望んでいるかどうか、そこが一番需要になります。浮気されたほうにも全く原因がないとは言い切れない、浮気とはそのようなものです。

突発的な喧嘩で二人が別れることになってしまった場合の復縁方法

異性と付き合っていると性格の違いや考え方の違い、ときには「男」と「女」という性別の違いなどから突発的に喧嘩が起きることはあると思います。付き合っている関係によってはお互いが感情的になる場合もあるでしょうし、年齢差が大きいようなときにはどちらか一方が感情的になるような喧嘩も考えられます。いずれにしても男女が長く付き合っていれば喧嘩が起こるということは決して稀なことではありません。

このようなときに突発的に「別れる!」と言ってしまった場合を含め、この突発的な要因が元で別れてしまったものの復縁を希望しているような場合もあるのではないでしょうか。このような突発的な感情による部分の大きいトラブルの場合には関係の修復はそれほど困難ではない場合があります。この突発的な喧嘩による別れには自分が感情的になっていれば自分に、相手が感情的になっているようであれば相手に、更にお互いが感情的になっているようであればお互いに、少なからず「やりすぎた」や「しまった」という後悔の感情が出てくることがほとんどです。いずれにせよこの感情を逆撫でするようなことがなければ関係の修復はそれほど難しくなく、復縁は可能であると考えて良いでしょう。

もちろん復縁が可能ではなくなるような状況もあります。しかし他の要素も含めて総合的に考えるのではなく、「突発的な喧嘩」という側面から考えれば充分復縁の可能性は高く、他の要素でも特に問題になるような項目がなければ復縁は充分可能であると考えることが出来るのではないでしょうか。

この突発の感情的なトラブルから関係を修復するためには、まずはお互いの距離を保ち冷静になる時間を設ける必要があるでしょう。自分の感情が落ち着いたようであればそこから相手の様子を探りに行きます。相手も感情的になっていたのであれば冷静さを取り戻しているかを確認し、もし冷静さを取り戻しているようであればそこから話し合いを申し込んでいけば良いのです。

ただ、このタイプの別れで復縁が不可能な場合もいくつかあります。その中の一つが自分が感情的になることが圧倒的に多く、相手がそれに疲弊してしまうと言う場合です。もちろん、こちらが一方的に感情的にななっているということは、相手に非があることの場合が多いのでしょう。しかし、あまりに一方が感情的になる機会が多すぎると、相手は疲れてきてしまう場合もあるということを念頭に置き、あまりその回数が自分だけ多いのであれば少し内容を見直してみる必要もあるかもしれません。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >