復縁

彼女に何度も復縁を希望されたが復縁できなかった、たった一つの理由

男女の関係というものは微妙なバランスの上で成り立っているっものだと思います。私が先日別れた彼女との関係もそんな微妙なバランスの上に成り立っていたものだと言うことがとても良くわかった関係でした。彼女との付き合いはまだ短かったものの、お互いがピッタリと添い遂げる人を見つけたような感じで関係は順調に好転していました。

そんな彼女とも今は既に別れてしまっています。確かに一年程度の期間ではありましたが、ある彼女の癖を見るまでは結婚することを躊躇したようなことはありませんでした。もちろん、日常的に行う仕草で今までにそれに嫌気が差したようなことはありません。また、自分の中では何でも受け入れることができると考えていました。

そんなに目立ったことではないのです。日常の生活における本当に些細で本当に気付かなければそのまま見逃してしまうような内容でした。もちろん、全てを許せると考えていた自分としても「なぜこんな些細なことに」と思うような内容です。しかし、その一つの癖が二人の関係を全て無にしてしまうこととなりました。

どんな人にでも絶対に受け付けることの出来ない行動や絶対に受け付けることの出来ない仕草があるのかもしれません。しかし既に一年程度では見ていない部分も多くあるでしょう。しかしその一つの行動で全てが台無しになるとは思いもしていませんでした。

彼女に別れを告げた後も復縁することを何度も考えました。もちろん人柄も、相性も、外見も、私にとってはもったいないほどの女性であったと今でも思っています。関係の修復を試みましがどうしてもその癖を見たことが脳裏に焼きついてしまい、復縁につなげることはできませんでした。

その癖はここで特に説明する必要はないでしょう。重要なのは二人の関係がいくら順調であっても、良好であっても、絶対に譲れない、絶対に許容できないような部分が必ずあるということなのです。もちろん、本当に些細なことであるが為に別れの理由も彼女に伝えることは出来ませんでした。恐らくそれを伝えれば彼女はその部分を気にしてくれるようにはなったでしょう。しかしそれを考えても私にとっては彼女との関係を継続することは難しいと思えるほどの出来事だったのです。

おそらく、このような内容は価値観の不一致ということで片付けられるような内容なのでしょう。しかし、相手に伝えることもできないような小さなことが別れに繋がってしまうということもあるのです。私にとっても良い経験でしたが、このような経験をいろんな人に知ってもらいたく思います。

突発的な喧嘩で二人が別れることになってしまった場合の復縁方法

異性と付き合っていると性格の違いや考え方の違い、ときには「男」と「女」という性別の違いなどから突発的に喧嘩が起きることはあると思います。付き合っている関係によってはお互いが感情的になる場合もあるでしょうし、年齢差が大きいようなときにはどちらか一方が感情的になるような喧嘩も考えられます。いずれにしても男女が長く付き合っていれば喧嘩が起こるということは決して稀なことではありません。

このようなときに突発的に「別れる!」と言ってしまった場合を含め、この突発的な要因が元で別れてしまったものの復縁を希望しているような場合もあるのではないでしょうか。このような突発的な感情による部分の大きいトラブルの場合には関係の修復はそれほど困難ではない場合があります。この突発的な喧嘩による別れには自分が感情的になっていれば自分に、相手が感情的になっているようであれば相手に、更にお互いが感情的になっているようであればお互いに、少なからず「やりすぎた」や「しまった」という後悔の感情が出てくることがほとんどです。いずれにせよこの感情を逆撫でするようなことがなければ関係の修復はそれほど難しくなく、復縁は可能であると考えて良いでしょう。

もちろん復縁が可能ではなくなるような状況もあります。しかし他の要素も含めて総合的に考えるのではなく、「突発的な喧嘩」という側面から考えれば充分復縁の可能性は高く、他の要素でも特に問題になるような項目がなければ復縁は充分可能であると考えることが出来るのではないでしょうか。

この突発の感情的なトラブルから関係を修復するためには、まずはお互いの距離を保ち冷静になる時間を設ける必要があるでしょう。自分の感情が落ち着いたようであればそこから相手の様子を探りに行きます。相手も感情的になっていたのであれば冷静さを取り戻しているかを確認し、もし冷静さを取り戻しているようであればそこから話し合いを申し込んでいけば良いのです。

ただ、このタイプの別れで復縁が不可能な場合もいくつかあります。その中の一つが自分が感情的になることが圧倒的に多く、相手がそれに疲弊してしまうと言う場合です。もちろん、こちらが一方的に感情的にななっているということは、相手に非があることの場合が多いのでしょう。しかし、あまりに一方が感情的になる機会が多すぎると、相手は疲れてきてしまう場合もあるということを念頭に置き、あまりその回数が自分だけ多いのであれば少し内容を見直してみる必要もあるかもしれません。

復縁を考えたときに重要なポイントとなる「人の話を聞く技術」

別れた相手との復縁を望んだときには欠かすことの出来ないポイントがいくつかあります。復縁の基本をしっかりと認識した上で復縁に向けた忍耐力を養うことや、別れた原因をしっかりと把握することも重要になってくるでしょう。そしてこれらと同様に重要なのが、話を聞くことができるかということです。別れた相手と復縁を望むのであれば当然、お互いの不満を解消するような話し合いが必要になってきます。もちろん、話し合いによって全てのトラブルが解決できれば問題なく復縁できるでしょうが、場合によっては相手の指摘や提案に全面的に同意することは難しいこともあるでしょう。お互いが別の人間であれば意見に相違が出ることは当たり前です。しかし復縁の過程のなかでお互いの考えに大きな隔たりがあれば、復縁は難しくなることもあるでしょう。

そのような復縁が難しくなるような状況を回避し、できるだけスムーズに復縁するための方法が、話を聞くという技術なのです。人の話は聞けているようでなかなか聞けていないことが多いものです。しかし、それでもやはりしっかりと相手の話を聞いているようであれば復縁は決して難しいものではなくなるでしょう。

その聞く技術のなかで一番大切なのは内容を理解しながら聞くことです。相手の不満は何なのか、その不満をどうやって解消したいとおもっているのかただ聞くだけではなく、その内容に注意しながら話を聞くことが重要です。相手はわざわざ原因や方法を分かりやすいようには話してきません。その様々な話が混在している中から、解決方法に導くためのヒントを把握する必要があるのです。

そして、仮に自分の意見と相違があるような場合にもそれに対して理路整然と否定してしまうようでは復縁は成り立ちません。仮に自分と違う意見が出てきたとしてもそれをまるで肯定しているかのように相手がしっかりと理解しながら聞いてくれていると判断できるように話を聞くことが重要なのです。

もしも意見が違ったとしても復縁を望んでいるこの時点で反論する必要はありません。まずはしっかりと相手の話を聞き、今溜まっている不満を全て吐き出させる、それが重要であり、そのためにまずは話を聞くということが重要なポイントになってくるのです。

離婚から相手との関係を修復するために知っておく復縁パターン

自分は望んでないものの止むを得ず離婚してしまったとしてもそれを悲観することはありません。関係を修復し、再度同じ相手と再婚しているとも少なからずいます。そして離婚したにも関わらず同じ人と再婚をする人にはある程度その傾向やパターンがあるのです。

まず、離婚して同じ人と復縁するパターンには離婚で迷いが合ったという場合がほとんどです。お互いに迷いがあったのであれば可能性はより大きくなるでしょうが、仮にお互いではなくどちらか片方に迷いがあったとしても復縁する可能性はあります。迷った結果やっぱり離婚しなければ良かったという結論に達したと言うことでしょうね。

そして離婚の理由が相手の人格的な問題ではなかった場合にも復縁することが多いようです。例えば、子供が出来なかった、時間が合わなかった、親族が性格的に合わなかったなど、その内容には多種多様なものがありますが、相手そのものにはそこまで大きな嫌悪感が無かった場合に復縁することが多いようです。

更に、離婚の理由が浮気のときにも再婚する場合があります。その当時は年齢が若いこともあり許せなかった離婚が、ある程度の年月が経過することで許せるような精神的な環境が整ったとき再婚をするということもあるようです。たかだか一回くらいの浮気で…という整理が付けば、その事実を上回るほどの恩恵があるのであれば許容できるようになるのかもしれませんね。

他にも子供が居たからというパターンもあります。どうせ定期的に子供とも相手とも顔を合わせるのであればいっそのこと再婚してしまおうかと言うパターンです。子供が強く望んでいるような状況であればこの可能性は更に大きくなるでしょう。これに合わせて理由が時間と共に薄れていくような程度のものであればより一層復縁の可能性は上がっていくのでしょう。

これとは逆に子供が居なかったからという理由もあります。どちらか一方、もしくはお互いに良い相手が見つかれば復縁の可能性は下がりますが、特に離婚後の独り身が長期間に渡るようであれば更に復縁の可能性は上がるでしょう。その後の人生を考えたときに一人で過ごしていくよりは少々問題はあったもののある程度の期間連れ添った相手と過ごしていくのも悪くないとの結論に達すれば復縁を考えることもあるかもしれません。

このように離婚後の復縁には人それぞれに様々なパターンがあります。裏を返せばどんな状況で離婚したとしても、相手が生きてさえいれば復縁の可能性はあるのです。上記は実際に再婚まで漕ぎ着けたパターンの例ですが、中には事実婚で入籍はしていないパターンもあるでしょう。いずれにせよ、離婚したとしても復縁は決してあり得ない話ではないのです。
(⇒別れか復縁か、悩んだときにやってもらいたい15のチェック項目

今ではできない、今だから言える、二十年前の必勝復縁方法

私は結婚してすでに子供が二人います。結婚からはもう二十年を経過しようとしています。家内は結婚前の付き合いから数えると既に三十年近く一緒に過ごしてきています。そんな中では私の浮気が原因で結婚前には別れてしまったこともあります。結婚後にも価値観の相違から離婚の危機に直面したこともありました。結婚前の浮気が理由での別れでは、別れに至りかけたその時には今はできない、当時だからできた復縁方法がありました。今はできない方法ではありますが、復縁を望む男性の参考になればという思いで結婚前に私がやった復縁方法を説明したいと思います。

今はできないというのは今の法律ではストーカー防止の法律があるからです。色々な事件が発生したこともあり今では付きまといや待ち伏せについては警察が介入できるようになってきています。そのことを考えればちょっとこの復縁方法は危険かもしれないという理由から「今はできない」と考えています。もちろん、相手を傷つける気もなければ恐怖を与える気もありません。しかし、相手が本当に嫌がっているのであれば警察の世話になることもあるということを考えておく必要があるでしょう。

私は最初に彼女から別れを告げられた時には別れてもいいと思っていました。自分の浮気が原因ですし仕方がないと最初は考えていたのです。その浮気相手と付き合っていくつもりでした。しかし、彼女は結婚していることが分かったのです。これにはかなり気を動転させられました。元々、そんなに女性を選べるような外見でも経済力でもありません。そこで慌てて彼女との復縁に動き出したのです。家が近かったこともあり、朝は出勤前に彼女の自宅前で待っていました。もちろん、声をかけても無視されます。しかし駅まで送りその間悪かったということを告げ、何度も謝りました。仕事の終わる時間も分かっているので駅で待ち、朝と同様に何度も謝り今後は更に大切にしたいという思いを説明します。朝はある程度行動は読めますが、帰りとなるとその時間は全く読めません。時には5時間以上待たされることもありました。

しかし、一週間目の仕事の帰り彼女がやっと口を聞いてくれました。そこでやっと喫茶店に入り、反省している旨、今後はしない旨、必死になって説明しました。今、こんなことをやればすぐに警察に通報されてしまうでしょう。時代が違ったとは言え、今考えれば若さに任せて無謀なことをやっていたなと思っている次第です。浮気という事実はともかく、今となっては二人にとっても良い思い出です。

彼と復縁するためには必ず把握しておく必要のある「別れの理由」

今現在では女性の男性化、その逆に男性の女性化などで中性的な特徴を備えた人も増えてきてはいますが、それでもやはり女性は感情的な部分を多く持つ生き物、男性は論理的な思考を持つ傾向が強い生き物であることは否めないでしょう。復縁を考えた場合にはこの考え方の特徴を把握して女性であれば男性的な思考で男性的な結論を用意して復縁に望むことが重要なのです。

では、そのときに何が必要になるのでしょうか。男性の中にも感情を優先した行動を取るタイプの人も居ますが、そのタイプの人でも理論的な思考は可能です。どのような理由で、何が原因で別れに至り、今後それをどのようにすれば別れずに関係を継続していくことが出来るのか、また、今後はどのような行動を心がければ再び関係が希薄になるような状況を作れるのかということは最低限用意していく必要があるのです。会話の内容によってはそれを実際に相手に伝える必要が無い場合もあるでしょう。しかし、やはり切れかけた縁を再び結び付けようと考えているのであれば準備しておくに越したことはないのです。

では、自分なりに真剣に考えて正しい答えを準備しておく必要があるのかというとそういうわけではありません。あくまでも保険としての原因に関する考えですのである程度のものが準備できているれば問題ないと言えます。

さすがに適当な答えであれば更に理論を被せられ終わってしまうでしょう。自分の日常の行動が原因であればそれが性格的なものか、突発的なものかという二つにわけ、いずれにせよ解決が可能であると言う前提で考えておけば充分です。更にその解決方法としてそれを行わないためにどのような注意を払えば良いと考えているか、そして更に再び同じことをした場合にどのようなペナルティを課すのかまで考えておけば良いでしょう。このときに重要なのは相手の行動を制限するような提示をしないことです。あくまでも注意を払うのは自分で、同じことが起こった場合のペナルティも自分のペナルティを考えておきましょう。

もしも相手に原因があり、自分は何も改善もする必要がないと考えているのであれば当然ながら復縁を望むこともないと思います。女性の場合にはその行動や言動を指摘されて別れに至る場合が多いでしょう。それであればその原因も努力して改善できるものには間違いありません。自分が悪いと思っていなくても、ある程度は譲歩しなければならない場合もあるでしょう。あくまでもペナルティは理論的な交渉の際に利用するテクニックの一つです。

ペットの関係を向上させることで彼女との復縁を成功させる方法

別れた彼女との復縁を望んでいる場合に、その方法には様々な方法があります。効果的にお金を使って復縁する方法身体を使って復縁を射止める方法など数々の方法はありますが、今回はペットを使った方法をいくつか紹介して行きましょう。

まず、ペットを飼っていた場合に効果的な方法です。とにかく彼女との接点を確保するためにはその飼っているペットの面倒を見ることをお願いすることが有効です。元々自宅を留守にする期間があるような生活パターンであれば特に問題はありませんが、その必要が無いのであれば機会を作ってペットの世話をしてもらいましょう。

また、相手がペットを飼っていた場合にはそのペットに対して愛情をふんだんにアピールすることも効果があります。ペットショップで購入したペットグッズを渡したいと言うことを伝えましょう。会って受け取ることに抵抗を感じられないようにポストなどに投函しておくのも良いかもしれません。

二人で飼っていたペットをあなたが継続して飼っているのであればその効果を更に高めることも可能です。寂しがっている、会いたがっていると勝手な解釈を相手に伝えてみてはどうでしょうか。相手に警戒心があるようであればちょっとの間預けてみるのも良いかもしれません。その間に彼女がペットに愛情を抱くようであれば充分効果があると考えることができるでしょう。

このペットの効果はかなり高いものではありますが、元々あまり興味を持っていなかったのに急に愛情を前面に押し出しても効果はあまり高くありません。この方法を高い効果で実現するためにはあらかじめペットに愛情を多く注いでおく必要があるでしょう。

そして、更に効果を高めるためにはあまり会うことに重点を置いてはいけません。愛情はできるだけペットに向かって注ぎ、彼女への愛情があるということを混同しないようにしたほうが良いでしょう。愛情タップリでペットに接するその姿が何よりも高い効果を生むということを覚えておくべきでしょう。

今までペットにあまり愛情を注いでいなかった場合には、ペットに対する愛情が不足していたことを猛省するしかありません。そしてペットを使った復縁は断念し、そのほかの別の復縁方法を模索するほうが無難でしょう。

男が出来てしまった彼女と復縁し彼女を自分の元に帰ってこさせる方法

復縁の相談の中でも少なくないのが彼女を他の男に奪われたと言う悲しい状況です。こんなときには男として精神的に参ってしまうことも多いと思いますが、自分がそれを許せるのであれば復縁できる可能性が一番高いのもこの彼女を奪われたという状況なのです。

まず、ほとんどの場合にはよっぽど彼女に別れたいという強い意志がない限り、一時の気の迷いや飲酒による失敗の可能性が高いことを知っておきましょう。この場合の女性心理としてはいけないことをしている、もしくはしてしまったという一種の興奮状態にあります。こんな場合にはほとんどの女性が少なからず後悔の気持ちもあるということを忘れてはいけません。そしてこの一時の気の迷いを男性が許せるかどうかで復縁の可能性は大きく変わってくるのです。

心理的には後悔の念があったとしても、女性はその出来事に理由を見つけます。彼が構ってくれないから、彼が面白くないから、彼も他の女性と遊んでいるからなど、その理由は様々でどこからでも理由を作ります。それによって自分を正当化していますので、その失態を責めても何の解決にもなりません。できれば許して欲しいけれども、許してもらえるわけがない。そのように思っている場合がほとんどです。どうせ許してもらえないのであれば謝っても仕方ない。そのように思っていることもあるでしょう。

こんな状態の彼女に戻ってきて欲しいのであれば、とにかくその失態は責めないことです。叱られると思っていた女性は拍子抜けするでしょう。そして更に強力に自分の元に引き寄せようと思うのであれば性的な「お仕置き」を施すことが望ましいと言えます。そしてその「お仕置き」の最終段階では徹底的に言葉で嬲ってやりましょう。相手と関係を持っていることが分かっているのであれば、どうだったのか、どんなことをされたのかと白状させるのも良いかもしれません。

男性が大きな気持ちで女性が帰ってくることを許容すれば、ほとんどの女性は元の男性のところに戻ってきます。一時の気の迷いを許容できる男であるか、そうでないかが非常に重要になってくるのです。ここで違う男に奪われたと考えるか、自分の女がちょっと失敗したと考えるか、どう考えるかによってその後の関係は大きく変わって来るでしょう。どちらの関係のほうがその後有利な関係を築けるかは説明するまでもないのではないでしょうか。

あなたが許容しているにも関わらず彼女が戻ってこないのであれば、あなたのことが嫌いだと考えて良いのではないでしょうか。

離婚してしまった相手との復縁やその後の再婚を目指すときの注意点

離婚してしまってからの復縁や同じ相手との再婚、決して不可能なことではありませんが注意点もいくつかあります。新たな恋愛であれば過去の出来事は特に考える必要はない場合がほとんどでしょう。しかし、復縁や再婚となると過去の出来事はしっかりと清算を行い、お互いが新たな気持ちで心機一転、関係を構築していくつもりでないとうまく行かない場合もあります。そのときの状況や離婚したときの理由などを考えた上でお互いがなぜ復縁するのかと言うことをしっかりと把握した状態で関係の修復に努めることが必要です。

いずれにせよ、まずはなぜ関係が崩れるに至ったのか、それはしっかりと考えておく必要があります。どちらかの失態によって関係が崩れたのであればその部分には特に気を配る必要があるでしょう。しかしそれは相手を責めたり謝罪を求めたりすると言う意味ではありません。たとえ相手が100%悪いと言う状況であったとしても、その部分を許容するというおおらかさも必要になってきます。まずはお互いに何が悪くて離婚に至ったのかを話し合う必要があるでしょう。

そして離婚の原因をしっかりと話し合ったあとにはなぜ復縁を望んでいるかを話し合う必要があります。お互いが相手を求めている理由を明確にすることでその後の関係は更に良いものになるでしょう。関係を良いものにするためには相手の良いところを指摘して更なる関係の強化に努めることが望ましいと言えるでしょう。もしも照れが有りなかなか相手の良い所を指摘することが出来ないのであれば、メールなどのツールを使うことも良いのではないでしょうか。

最後は相手との関係を継続してどのような家庭や関係を望むのかを話し合いましょう。再婚を前提にするのであればどのような家庭を作りたいのかお互いが述べることでその後の二人や家族の方向性が決まると言うことになります。この目指す方向は二人が全く一緒の方向を見て進む必要はありません。お互いがそれぞれの良いと思える関係を公にして相手に伝えることで更に相手の望むものを確認することが可能になり、その後の関係において相手が何を望んでいるのか、またどのような方向に進みたいと思っているのかを確認することが出来るでしょう。

一度崩れてしまった関係を修復するのは容易に見えたとしても容易なものではありません。容易に感じられるときほど注意してこのようにお互いの考え方や思いなどを共有することで、その後の関係をよりよいものにし、更なる高みに関係を成長させることが必要になってくるのです。

復縁する前に知っておく、別れた女性の行動の特徴について

一旦別れた彼女と復縁を考えているのであれば、知っておくと良い女性の特徴があります。女性に限らず男性でも同じこともありますが、一旦別れてしまった女性はほとんどの場合一旦他の男との性行為を楽しむ傾向が強いということです。男性と違い女性の場合は特にこちらから相手を口説く必要もありません。何もしなくても彼氏がいるような女性であれば、男性が寄ってくるのが普通です。男性の場合は自分で口説く必要もありますので、よっぽどの経済力があったり、外見に恵まれたりしていれば話は変わってきますがほとんどの場合は次の性行為まである程度期間が開くことが多いでしょう。しかし、女性の場合は外見が普通以上であれば割りと簡単に男性が寄ってきます。恐らく、関係は良好だが彼氏がいるので手を出してこなかったような男性が居れば、女性は特に何も考えずに(もしくは下心ありで)その男性に「別れたの」と連絡するでしょう。相手が結婚していたり、何か特別な事情がない限りはこの一言から深い関係に繋がっていくことがほとんどです。

特に自分は独占欲が強いと思っているのであれば、このことはしっかりと把握しておく必要があります。それでも復縁を望むと言うのであれば全く問題はありませんが、他の男性と深い関係になったと知った時点で好きという感情が消えてしまうような程度であれば、復縁ではなく他の女性を探すべきです。

もちろん、相手の女性は他の男性と深い関係になったことなど言いません。問い詰めてもそれを言う人はいないでしょう。しかし、他の男性と深い関係になっていても良いと言う気持ちで復縁をしなければ、何かの拍子にその事実が表沙汰になったときに関係は破綻することになります。

初めての性行為から結婚まで関係を保ち続けることができる男女は非常に稀です。もちろん、相手の女性は最初の時点であなたと出会うまでに様々な男性と深い関係になっていることは間違いないでしょう。しかしそれでもやはりあなたは彼女と付き合うことにしているわけですからその点は復縁の場合でも同じです。

過剰に反応し他の男性との関係があった時点で熱が冷めるようであればまだまだ男性としても器が大きいとは言えません。復縁をするということは一旦別れているということです。その辺りは充分に理解して復縁を進めるか、それでもどうしても納得いかないようであればその相手の女性と復縁を目指すことはやめて他の女性を探していくほうが良いでしょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >