復縁

別れてしまった相手との復縁を専門業者に依頼するときの注意点

大切な相手と別れてしまい自分の力での復縁が難しいと思ったときには、自分ひとりの力でなんとかしようと無駄な労力を費やすよりも、復縁を専門に取り扱っている専門業者に依頼することも選択肢に加えて検討するほうが望ましいと言えます。復縁の場合は通常の恋愛で新たな相手と結びつくよりも難しい場合もあればとても簡単に成功することもあるのです。あなたの望む復縁が様々な復縁のパターンから考えて難しい復縁なのか、簡単な復縁なのか、本人には客観的に判断することも難しいと思います。それを客観的な視点から見ることができ、数多くの過去のデータの事例と比較した上で成功の可能性がより高まる方法の情報を得ることを可能にするのが、この復縁の専門業者なのです。
(⇒人に言えない恋愛の復縁相談に適した相談相手とその相談方法

いくら親身になってくれる友人が居たとしても、復縁のテクニックを研究していることは多くはありません。場合によってはその友人が復縁の相談に向いていないということもあるかもしれません。占いやおまじないに頼るのも良いでしょうが、占いやおまじないに頼っていても現実的に復縁しないようでは全く意味がないと言えます。そこで専門的に復縁を行う業者を頼ることになるのですが、このような業者を選択するときにはしっかりとその会社を調べるひつようがあるのではないでしょうか。

特に注意しなければならないのは占いを頼るような専門業者もいるということです。復縁の専門業者といっても復縁のみを専門的に取り扱っているところはないでしょう。復縁を前面に出しているかもしれませんが、その業者の本業は大きく二手に分かれます。一つは占いを軸に相談を受けて復縁を試みる業者です。そしてもう一つは探偵業を軸にして復縁を試みる業者でしょう。中にはこの二つを併用している業者も居るかもしれません。

大切なのは占いを軸にして復縁を行っている業者では成功の可能性は限られると言うことです。気を紛らわせて次の恋愛に進むのであればこの選択肢もあるかもしれません。しかし現実的に復縁することが大前提であれば、このような業者を選択する意味はないでしょう。まずは確実に復縁を成し遂げることを前提に、探偵の仕事を普段行っている業者に依頼するべきでしょう。

成功の実績があり、実際に行動して復縁を成し遂げる手伝いをしてくれる業者は様々な二人しかしらないようなことも聞いてくることがあるかもしれません。しかし、それらは皆、実際に行動していくためには必要な情報なのです。復縁を成し遂げることを第一に考えているのであれば情報の提供に抵抗を感じることもないでしょう。

どのような業者を頼ったとしても最終的には自分の力が必要になるタイミングが必ず発生します。そのときにあなたが思い切って行動することが出来るかどうか、全てはそこにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

男性と復縁したい女性が注意するポイントと復縁までの正しい流れ

女性が男性との復縁を考えたときには異性であることもあり、方法そのものが正しい復縁方法からずれてしまっていることがあります。これを回避して出来るだけ無駄なく出来るだけ早く復縁するためには復縁を行うときの方法を順序だてて把握しておくことが必要となるでしょう。まずは別れから復縁への正しい一連の流れを把握しておきましょう。

まず、別れはどのようなものであったとしても、どのような別れであったとしても、一旦は連絡を取らない冷却期間が必要です。これは自然消滅で既に連絡を取らない期間がある程度あったとしても内容は同じです。冷却期間はそれぞれの付き合っていたときの状況に合わせて期間を設定します。頻繁に会っていたのであればこの期間は短くても良く、あまり会っていた頻度が高くなければ少し長めに設定する必要があります。この期間で大切なのは相手に違和感を与えることです。通常、今までの連絡ペースに変化が出れば、少なからず違和感を感じることは間違いありません。

次に連絡を少し取って見ます。男性は既に別れて連絡は無いものと少しがっかりしています。ちょっとぐらい未練があってもいいだろうと言う思いを乗り越えてこの時期にいたっています。冷却期間を過ぎて忘れられてしまう前くらいがちょうど良いタイミングと言えます。この時期には出来るだけ深いコミュニケーションはとらずに表面的な接触を心がけます。「元気?」「最近どうしてる?」程度の接触で充分と言えます。その連絡が来た時点で男性の自尊心は満たされます。よほどドロドロの状態になっていない限り女性に対しては友好的なイメージが付くはずです。

その後、友好的に話が出来るようになっていればたいていの場合は男性のほうから誘ってくることもあるでしょう。仮に男性から誘ってこなかったとしても友好的な関係が保たれていれば女性のほうから誘っても問題はありません。ただし、何をしてたのかなどの質問はできるだけしないようにします。その中で「仮に他の女性と接していても良い」というスタンスを貫くことが重要です。

ここまでくれば復縁はあと一歩です。深入りはしないように見せかけ体を張って誘いましょう。ここでも過剰に誘い過ぎれば相手が一歩引いてきます。相手に引かれないようにこちらに少しずつ近づけていきましょう。あまり前に出ず、自分が押されているような空気を作ることが出来れば相手は自分のほうから転がり込んできます。

あまり追いかけない、追いかけていてもそれを悟らせない、これが女子にとって最大のポイントと言えるでしょう。

復縁の妨げになる彼の新しい女を彼の元から排除する方法とは

彼との復縁を真剣に考えているにも関わらず、彼に新しい彼女が出来るかもしれない。そんな状況に陥ったときにあなたはどのような行動にでるでしょうか。彼との復縁を諦めて新しい男性を探すことが出来るでしょうか。自分の想いを抑えて新しい彼氏を作ったとしてもその関係が良いものになるとは思えませんよね。

では、新しく彼の周りに出現した女に嫌がらせをして彼との関係がうまくいかないように仕向けるでしょうか。誰にも見つからずに行えるならいいですが、もしも彼にそんなことをしていることが知れてしまえばそれこそ復縁は絶対に無理な状況になるのではないでしょうか。

そんなときに力強い味方になってくれるのが「別れさせ屋」です。そんなのはドラマや漫画の中の話で実際には存在しないと思ってはいませんか?

実際にそれを仕事にしている業者があるのです。復縁工作や別れさせ屋で探すと様々な業者が出てきます。彼らはその新しい女性と彼との関係を良くないものにしてくれ、更にはあなたと彼との関係をより良いものにもしてくれます。その成功率はかなりの高確率を誇り、復縁を望んだり、彼と新しい女を別れさせることについてはかなりの専門的な知識や情報を保有しています。その知識や情報をふんだんに利用し、彼とあなたの距離を大幅に縮めてくれるスペシャリストなのです。

これらの業者を利用するには当然ながらそれなりのお金が必要です。しかし、その効果は自分ひとりでは真似できるものではありません。当然ながら金額が高くなれば高くなるほどその成功率や効果はより高いものになるでしょう。

これらの業者を最初から利用して復縁を試みるのも良いですが、出来るだけ経済的な負担なく利用しようと思うのであれば、ある程度時間が経過してから利用するほうが望ましいと言えます。また、最初から使うのであればできるだけ短期間での復縁が可能であると思える場合に利用すれば良いでしょう。

このときに重要なのはしっかりとその業者の指示に従うことです。彼らはプロです。あなたの行動がそのプロの仕事を邪魔してしまうこともあるということは心に留めておく必要があるでしょう。頼んだのであれば信用して全てを任せておけば、しばらくして彼との関係が良くなると言うことはほぼ間違いないと断言することが出来るのではないでしょうか。

もちろん、彼らに復縁を依頼するにはあなた自身にも強い気持ちがなくては成り立ちません。真剣に復縁を考えているのであれば、早急に彼らに相談することが望ましいでしょう。

男が出来てしまった彼女と復縁し彼女を自分の元に帰ってこさせる方法

復縁の相談の中でも少なくないのが彼女を他の男に奪われたと言う悲しい状況です。こんなときには男として精神的に参ってしまうことも多いと思いますが、自分がそれを許せるのであれば復縁できる可能性が一番高いのもこの彼女を奪われたという状況なのです。

まず、ほとんどの場合にはよっぽど彼女に別れたいという強い意志がない限り、一時の気の迷いや飲酒による失敗の可能性が高いことを知っておきましょう。この場合の女性心理としてはいけないことをしている、もしくはしてしまったという一種の興奮状態にあります。こんな場合にはほとんどの女性が少なからず後悔の気持ちもあるということを忘れてはいけません。そしてこの一時の気の迷いを男性が許せるかどうかで復縁の可能性は大きく変わってくるのです。

心理的には後悔の念があったとしても、女性はその出来事に理由を見つけます。彼が構ってくれないから、彼が面白くないから、彼も他の女性と遊んでいるからなど、その理由は様々でどこからでも理由を作ります。それによって自分を正当化していますので、その失態を責めても何の解決にもなりません。できれば許して欲しいけれども、許してもらえるわけがない。そのように思っている場合がほとんどです。どうせ許してもらえないのであれば謝っても仕方ない。そのように思っていることもあるでしょう。

こんな状態の彼女に戻ってきて欲しいのであれば、とにかくその失態は責めないことです。叱られると思っていた女性は拍子抜けするでしょう。そして更に強力に自分の元に引き寄せようと思うのであれば性的な「お仕置き」を施すことが望ましいと言えます。そしてその「お仕置き」の最終段階では徹底的に言葉で嬲ってやりましょう。相手と関係を持っていることが分かっているのであれば、どうだったのか、どんなことをされたのかと白状させるのも良いかもしれません。

男性が大きな気持ちで女性が帰ってくることを許容すれば、ほとんどの女性は元の男性のところに戻ってきます。一時の気の迷いを許容できる男であるか、そうでないかが非常に重要になってくるのです。ここで違う男に奪われたと考えるか、自分の女がちょっと失敗したと考えるか、どう考えるかによってその後の関係は大きく変わって来るでしょう。どちらの関係のほうがその後有利な関係を築けるかは説明するまでもないのではないでしょうか。

あなたが許容しているにも関わらず彼女が戻ってこないのであれば、あなたのことが嫌いだと考えて良いのではないでしょうか。

復縁する前に知っておく、別れた女性の行動の特徴について

一旦別れた彼女と復縁を考えているのであれば、知っておくと良い女性の特徴があります。女性に限らず男性でも同じこともありますが、一旦別れてしまった女性はほとんどの場合一旦他の男との性行為を楽しむ傾向が強いということです。男性と違い女性の場合は特にこちらから相手を口説く必要もありません。何もしなくても彼氏がいるような女性であれば、男性が寄ってくるのが普通です。男性の場合は自分で口説く必要もありますので、よっぽどの経済力があったり、外見に恵まれたりしていれば話は変わってきますがほとんどの場合は次の性行為まである程度期間が開くことが多いでしょう。しかし、女性の場合は外見が普通以上であれば割りと簡単に男性が寄ってきます。恐らく、関係は良好だが彼氏がいるので手を出してこなかったような男性が居れば、女性は特に何も考えずに(もしくは下心ありで)その男性に「別れたの」と連絡するでしょう。相手が結婚していたり、何か特別な事情がない限りはこの一言から深い関係に繋がっていくことがほとんどです。

特に自分は独占欲が強いと思っているのであれば、このことはしっかりと把握しておく必要があります。それでも復縁を望むと言うのであれば全く問題はありませんが、他の男性と深い関係になったと知った時点で好きという感情が消えてしまうような程度であれば、復縁ではなく他の女性を探すべきです。

もちろん、相手の女性は他の男性と深い関係になったことなど言いません。問い詰めてもそれを言う人はいないでしょう。しかし、他の男性と深い関係になっていても良いと言う気持ちで復縁をしなければ、何かの拍子にその事実が表沙汰になったときに関係は破綻することになります。

初めての性行為から結婚まで関係を保ち続けることができる男女は非常に稀です。もちろん、相手の女性は最初の時点であなたと出会うまでに様々な男性と深い関係になっていることは間違いないでしょう。しかしそれでもやはりあなたは彼女と付き合うことにしているわけですからその点は復縁の場合でも同じです。

過剰に反応し他の男性との関係があった時点で熱が冷めるようであればまだまだ男性としても器が大きいとは言えません。復縁をするということは一旦別れているということです。その辺りは充分に理解して復縁を進めるか、それでもどうしても納得いかないようであればその相手の女性と復縁を目指すことはやめて他の女性を探していくほうが良いでしょう。

場合によっては逮捕されてもおかしくない復縁方法のあれこれ

復縁を成就させるには色々な方法がありますが、その方法の中には一発で逮捕されてしまうようなものや場合によっては警察のお世話になるものなど危険な復縁方法も含まれています。どのような復縁方法が問題で、どのような復縁方法なら問題はないのか、それを把握して復縁を切望するあまりに人生を棒に振ってしまわないように注意しましょう。

まずは相手に近づくレベルについて説明します。復縁と言うことは相手とは面識がありますが、過度なスキンシップは問題になる場合もあります。特に仕事場などでは復縁を希望しているからと過剰なスキンシップをしていれば、仕事がなくなることになるでしょう。相手に近づくために知っている自宅に行くことも問題になる場合があります。相手の家の合鍵を仮に持っていたとしても、自宅に上がりこむのには注意が必要です。鍵を相手から受け取っていたとしても、後から「返してといっても返してくれなかった」と言われてしまえばそれが仮に事実でなくてもつかまってしまうこともあります。そのときには特に大きなトラブルにはならなかったとしても、その後に警察に被害届を出されると言うことも珍しくはありません。特に相手が未成年の場合には、例え自分も未成年であったとしても捕まってしまう世の中です。相手との距離感はしっかりと保っておく必要があるでしょう。

年齢や性別に関係なく、相手に付きまとうのも場合によっては逮捕されます。例えば学校や仕事の帰り道で待っていたりすることも問題になる場合があるのです。内容によっては手紙を送っただけでも逮捕に至る場合があります。当然、付きまとっていればほぼ間違いなく相手の感情やその程度によっては警察のお世話になるであろいうということはしっかりと認識しておく必要があります。

相手のことを思うあまりにメールや電話の頻度がついつい上がってしまうこともあるでしょう。この頻度が上がればこの場合にも逮捕に至る場合があります。どの程度のメールでも、どんな内容のメールでも、相手の受け取り方によっては警察に相談される場合もあります。それが真面目な復縁のお願いのメールでも捕まる可能性はゼロではありません。可能性としては捕まる可能性があるということはしっかりと認識して行動に移しましょう。

相手に会うことがなかなか出来ないからと、相手の自宅のものを持っていけばそれも捕まる可能性があります。いくらベランダに置いてあるものでもそれを持っていけば警察が後日尋ねてくることもあるのです。自分の行動は常に振り返り、その行動が問題になることはないのかということを常に意識しながら復縁の工作を行っていく必要があるのです。

離婚してしまった相手との復縁やその後の再婚を目指すときの注意点

離婚してしまってからの復縁や同じ相手との再婚、決して不可能なことではありませんが注意点もいくつかあります。新たな恋愛であれば過去の出来事は特に考える必要はない場合がほとんどでしょう。しかし、復縁や再婚となると過去の出来事はしっかりと清算を行い、お互いが新たな気持ちで心機一転、関係を構築していくつもりでないとうまく行かない場合もあります。そのときの状況や離婚したときの理由などを考えた上でお互いがなぜ復縁するのかと言うことをしっかりと把握した状態で関係の修復に努めることが必要です。

いずれにせよ、まずはなぜ関係が崩れるに至ったのか、それはしっかりと考えておく必要があります。どちらかの失態によって関係が崩れたのであればその部分には特に気を配る必要があるでしょう。しかしそれは相手を責めたり謝罪を求めたりすると言う意味ではありません。たとえ相手が100%悪いと言う状況であったとしても、その部分を許容するというおおらかさも必要になってきます。まずはお互いに何が悪くて離婚に至ったのかを話し合う必要があるでしょう。

そして離婚の原因をしっかりと話し合ったあとにはなぜ復縁を望んでいるかを話し合う必要があります。お互いが相手を求めている理由を明確にすることでその後の関係は更に良いものになるでしょう。関係を良いものにするためには相手の良いところを指摘して更なる関係の強化に努めることが望ましいと言えるでしょう。もしも照れが有りなかなか相手の良い所を指摘することが出来ないのであれば、メールなどのツールを使うことも良いのではないでしょうか。

最後は相手との関係を継続してどのような家庭や関係を望むのかを話し合いましょう。再婚を前提にするのであればどのような家庭を作りたいのかお互いが述べることでその後の二人や家族の方向性が決まると言うことになります。この目指す方向は二人が全く一緒の方向を見て進む必要はありません。お互いがそれぞれの良いと思える関係を公にして相手に伝えることで更に相手の望むものを確認することが可能になり、その後の関係において相手が何を望んでいるのか、またどのような方向に進みたいと思っているのかを確認することが出来るでしょう。

一度崩れてしまった関係を修復するのは容易に見えたとしても容易なものではありません。容易に感じられるときほど注意してこのようにお互いの考え方や思いなどを共有することで、その後の関係をよりよいものにし、更なる高みに関係を成長させることが必要になってくるのです。

女性と女性の復縁や男性と男性の復縁を考えるときに重要なポイント

復縁には色々なパターンがありますがその中には男性と女性の関係に限らず、中には女性と女性、男性と男性の関係において復縁を望んでいる人も居るでしょう。これら同性との復縁は決して難しいものではありません。その関係の深さが深ければ深いほど同性同士の復縁は容易であると言えなくもないのです。

これら同性との復縁はある程度相手の考え方や間隔が両方で分かると言うことが大きなポイントになってくるでしょう。もちろん、個人個人で性格と言うものがありますので、考えていることが必ずしも相手に手に取るように分かるというわけではありません。しかしやはり異性同士の関係よりも相手のことを理解することが可能であり、復縁の可能性はより高くなるのです。

しかし、同性同士の関係がいくら修復しやすいといっても復縁については基本的な復縁の方法から大きく逸脱することのないように注意しなければなりません。そして同性同士であったとしてもその中の関係はある程度「女性的」であったり「男性的」であるという傾向が強いことも理解しておきましょう。復縁したい相手と自分との関係を考えて、どちらが女性的か、どちらが男性的かを判断の上、その性質を加味した方法で復縁に挑む必要があるのです。

同性同士の中で特に深い関係になっている間柄であれば、その秘密の大きさを利用して関係を修復することもできます。例えば、半ば強制的に相手には自分しかいないし自分には相手しかいないということを押し出して復縁する方法もあります。

また、相手の性別に関係なく関係を修復することを考えていくのも方法の一つです。例えばあなたと相手が女性であって、相手が男性的なのであればその復縁方法は女性向けのものも、男性向けのものも使えるとてもハイブリッドな相手であると考えることもできます。そうなれば試せる方法は一気に倍になり、その結果復縁できる可能性は一般の男女と比較しても単純に二倍以上であると考えることができます。

とはいっても、その内容に問題があるようであれば当然復縁はできません。確実な復縁を考えているのであれば、あなたが今行っている復縁方法が正しいかどうかを確認し、その上で出来るだけ適切な方法を模索し関係の修復に努めるべきであると言うことが出来るのではないでしょうか。大切なのは同性同士の復縁は異性間の復縁よりも成功する可能性が高いと言うことをしっかりと心にとどめておくということです。

使い方を間違ったメールを送り続けても復縁はできません!

とても手軽なコミュニケーションツールであるメール。現在ではほとんどの人が日常的に利用していることでしょう。特に恋愛となるとその手軽さから頻繁に使うこともあるのではないでしょうか。仮にメールでなくとも他のコミュニケーションツールを利用していることもあるでしょう。当然、これらのツールは復縁を望む状況でも使い方さえ間違わなければ非常に高い効果を発揮します。しかし、この便利なツールも使い方を間違えば取り返しの付かない二人にとっての大きな溝を作ることさえあるのです。ではどのようなところに注意してツールを利用すれば良いのか、既に知っている人も知らない人も、利用方法を確認して出来るだけ復縁成功の可能性を引き上げることにしましょう。

まず最初に知っておかなければならない大きなポイントとして、自分の感情が大きく動いたときにはメールを利用しないようにすることが非常に重要です。これは感情がプラスのときにも、マイナスのときにも、気を配っておく必要があります。喜びでも、怒りでも、悲しみでも、感謝の思いでも、それをメールで伝えることはあまり適切だと言えません。

その理由はメールと言うツールを考えれば良くわかります。メールでは全ての感情を相手に伝えきることはできません。やはり感情を伝えるとなるとメールよりも直接話すことで伝えるほうが良いと言うことになります。中にはメールの手軽さから喜びを伝える程度であればメールでも良いのでは?と思う人も居るかもしれません。確かに二人の関係が良好であるような状況であれば、当然ながら喜びだけでなく他の感情もメールなどの文章で表現することも良いかもしれません。しかしそれはあくまでも関係が良好な場合に限られます。復縁を望んでいるような状況では少し表現に気をつける必要があります。いくら喜びを表してもそれはあくまでも文字だけです。絵文字を使っても、それは変わりません。自分が思っている内容が正確に伝われば文字でも良いでしょうが、その人それぞれの感性によって文字から受け取る情報には変化が生じます。微妙な関係にあるのであれば、できるだけ文字での情報伝達は行わないほうが良いのです。

怒りや悲しみの感情については説明するまでもないでしょう。これらの負の感情表現を文字で行ってしまえば、その文字はお互いがいつでも見れるような状態になります。負の感情が文字として残っている状態で仮に関係を修復したとしても、その内容を見ることで後から怒りが湧き出てくることもあるかもしれません。これらのことを考えると、文字での感情表現は関係修復には適切ではないということはすぐに分かることではないでしょうか。

彼と復縁するためには必ず把握しておく必要のある「別れの理由」

今現在では女性の男性化、その逆に男性の女性化などで中性的な特徴を備えた人も増えてきてはいますが、それでもやはり女性は感情的な部分を多く持つ生き物、男性は論理的な思考を持つ傾向が強い生き物であることは否めないでしょう。復縁を考えた場合にはこの考え方の特徴を把握して女性であれば男性的な思考で男性的な結論を用意して復縁に望むことが重要なのです。

では、そのときに何が必要になるのでしょうか。男性の中にも感情を優先した行動を取るタイプの人も居ますが、そのタイプの人でも理論的な思考は可能です。どのような理由で、何が原因で別れに至り、今後それをどのようにすれば別れずに関係を継続していくことが出来るのか、また、今後はどのような行動を心がければ再び関係が希薄になるような状況を作れるのかということは最低限用意していく必要があるのです。会話の内容によってはそれを実際に相手に伝える必要が無い場合もあるでしょう。しかし、やはり切れかけた縁を再び結び付けようと考えているのであれば準備しておくに越したことはないのです。

では、自分なりに真剣に考えて正しい答えを準備しておく必要があるのかというとそういうわけではありません。あくまでも保険としての原因に関する考えですのである程度のものが準備できているれば問題ないと言えます。

さすがに適当な答えであれば更に理論を被せられ終わってしまうでしょう。自分の日常の行動が原因であればそれが性格的なものか、突発的なものかという二つにわけ、いずれにせよ解決が可能であると言う前提で考えておけば充分です。更にその解決方法としてそれを行わないためにどのような注意を払えば良いと考えているか、そして更に再び同じことをした場合にどのようなペナルティを課すのかまで考えておけば良いでしょう。このときに重要なのは相手の行動を制限するような提示をしないことです。あくまでも注意を払うのは自分で、同じことが起こった場合のペナルティも自分のペナルティを考えておきましょう。

もしも相手に原因があり、自分は何も改善もする必要がないと考えているのであれば当然ながら復縁を望むこともないと思います。女性の場合にはその行動や言動を指摘されて別れに至る場合が多いでしょう。それであればその原因も努力して改善できるものには間違いありません。自分が悪いと思っていなくても、ある程度は譲歩しなければならない場合もあるでしょう。あくまでもペナルティは理論的な交渉の際に利用するテクニックの一つです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >