復縁

場合によっては逮捕されてもおかしくない復縁方法のあれこれ

復縁を成就させるには色々な方法がありますが、その方法の中には一発で逮捕されてしまうようなものや場合によっては警察のお世話になるものなど危険な復縁方法も含まれています。どのような復縁方法が問題で、どのような復縁方法なら問題はないのか、それを把握して復縁を切望するあまりに人生を棒に振ってしまわないように注意しましょう。

まずは相手に近づくレベルについて説明します。復縁と言うことは相手とは面識がありますが、過度なスキンシップは問題になる場合もあります。特に仕事場などでは復縁を希望しているからと過剰なスキンシップをしていれば、仕事がなくなることになるでしょう。相手に近づくために知っている自宅に行くことも問題になる場合があります。相手の家の合鍵を仮に持っていたとしても、自宅に上がりこむのには注意が必要です。鍵を相手から受け取っていたとしても、後から「返してといっても返してくれなかった」と言われてしまえばそれが仮に事実でなくてもつかまってしまうこともあります。そのときには特に大きなトラブルにはならなかったとしても、その後に警察に被害届を出されると言うことも珍しくはありません。特に相手が未成年の場合には、例え自分も未成年であったとしても捕まってしまう世の中です。相手との距離感はしっかりと保っておく必要があるでしょう。

年齢や性別に関係なく、相手に付きまとうのも場合によっては逮捕されます。例えば学校や仕事の帰り道で待っていたりすることも問題になる場合があるのです。内容によっては手紙を送っただけでも逮捕に至る場合があります。当然、付きまとっていればほぼ間違いなく相手の感情やその程度によっては警察のお世話になるであろいうということはしっかりと認識しておく必要があります。

相手のことを思うあまりにメールや電話の頻度がついつい上がってしまうこともあるでしょう。この頻度が上がればこの場合にも逮捕に至る場合があります。どの程度のメールでも、どんな内容のメールでも、相手の受け取り方によっては警察に相談される場合もあります。それが真面目な復縁のお願いのメールでも捕まる可能性はゼロではありません。可能性としては捕まる可能性があるということはしっかりと認識して行動に移しましょう。

相手に会うことがなかなか出来ないからと、相手の自宅のものを持っていけばそれも捕まる可能性があります。いくらベランダに置いてあるものでもそれを持っていけば警察が後日尋ねてくることもあるのです。自分の行動は常に振り返り、その行動が問題になることはないのかということを常に意識しながら復縁の工作を行っていく必要があるのです。

女性と女性の復縁や男性と男性の復縁を考えるときに重要なポイント

復縁には色々なパターンがありますがその中には男性と女性の関係に限らず、中には女性と女性、男性と男性の関係において復縁を望んでいる人も居るでしょう。これら同性との復縁は決して難しいものではありません。その関係の深さが深ければ深いほど同性同士の復縁は容易であると言えなくもないのです。

これら同性との復縁はある程度相手の考え方や間隔が両方で分かると言うことが大きなポイントになってくるでしょう。もちろん、個人個人で性格と言うものがありますので、考えていることが必ずしも相手に手に取るように分かるというわけではありません。しかしやはり異性同士の関係よりも相手のことを理解することが可能であり、復縁の可能性はより高くなるのです。

しかし、同性同士の関係がいくら修復しやすいといっても復縁については基本的な復縁の方法から大きく逸脱することのないように注意しなければなりません。そして同性同士であったとしてもその中の関係はある程度「女性的」であったり「男性的」であるという傾向が強いことも理解しておきましょう。復縁したい相手と自分との関係を考えて、どちらが女性的か、どちらが男性的かを判断の上、その性質を加味した方法で復縁に挑む必要があるのです。

同性同士の中で特に深い関係になっている間柄であれば、その秘密の大きさを利用して関係を修復することもできます。例えば、半ば強制的に相手には自分しかいないし自分には相手しかいないということを押し出して復縁する方法もあります。

また、相手の性別に関係なく関係を修復することを考えていくのも方法の一つです。例えばあなたと相手が女性であって、相手が男性的なのであればその復縁方法は女性向けのものも、男性向けのものも使えるとてもハイブリッドな相手であると考えることもできます。そうなれば試せる方法は一気に倍になり、その結果復縁できる可能性は一般の男女と比較しても単純に二倍以上であると考えることができます。

とはいっても、その内容に問題があるようであれば当然復縁はできません。確実な復縁を考えているのであれば、あなたが今行っている復縁方法が正しいかどうかを確認し、その上で出来るだけ適切な方法を模索し関係の修復に努めるべきであると言うことが出来るのではないでしょうか。大切なのは同性同士の復縁は異性間の復縁よりも成功する可能性が高いと言うことをしっかりと心にとどめておくということです。

使い方を間違ったメールを送り続けても復縁はできません!

とても手軽なコミュニケーションツールであるメール。現在ではほとんどの人が日常的に利用していることでしょう。特に恋愛となるとその手軽さから頻繁に使うこともあるのではないでしょうか。仮にメールでなくとも他のコミュニケーションツールを利用していることもあるでしょう。当然、これらのツールは復縁を望む状況でも使い方さえ間違わなければ非常に高い効果を発揮します。しかし、この便利なツールも使い方を間違えば取り返しの付かない二人にとっての大きな溝を作ることさえあるのです。ではどのようなところに注意してツールを利用すれば良いのか、既に知っている人も知らない人も、利用方法を確認して出来るだけ復縁成功の可能性を引き上げることにしましょう。

まず最初に知っておかなければならない大きなポイントとして、自分の感情が大きく動いたときにはメールを利用しないようにすることが非常に重要です。これは感情がプラスのときにも、マイナスのときにも、気を配っておく必要があります。喜びでも、怒りでも、悲しみでも、感謝の思いでも、それをメールで伝えることはあまり適切だと言えません。

その理由はメールと言うツールを考えれば良くわかります。メールでは全ての感情を相手に伝えきることはできません。やはり感情を伝えるとなるとメールよりも直接話すことで伝えるほうが良いと言うことになります。中にはメールの手軽さから喜びを伝える程度であればメールでも良いのでは?と思う人も居るかもしれません。確かに二人の関係が良好であるような状況であれば、当然ながら喜びだけでなく他の感情もメールなどの文章で表現することも良いかもしれません。しかしそれはあくまでも関係が良好な場合に限られます。復縁を望んでいるような状況では少し表現に気をつける必要があります。いくら喜びを表してもそれはあくまでも文字だけです。絵文字を使っても、それは変わりません。自分が思っている内容が正確に伝われば文字でも良いでしょうが、その人それぞれの感性によって文字から受け取る情報には変化が生じます。微妙な関係にあるのであれば、できるだけ文字での情報伝達は行わないほうが良いのです。

怒りや悲しみの感情については説明するまでもないでしょう。これらの負の感情表現を文字で行ってしまえば、その文字はお互いがいつでも見れるような状態になります。負の感情が文字として残っている状態で仮に関係を修復したとしても、その内容を見ることで後から怒りが湧き出てくることもあるかもしれません。これらのことを考えると、文字での感情表現は関係修復には適切ではないということはすぐに分かることではないでしょうか。

復縁を考えたときに必ず必要な冷却期間の取り方と有効に利用する方法

彼との復縁を望んでいるのであれば、それを成功させるためには必ず「冷却期間」が必要になります。これは結婚している場合だけではなく、付き合っているようなときでも、場合によっては友達関係であったとしても必要な期間なのです。その期間の長さは人によっても、状況によっても変わってくるでしょう。しかしこの「冷却期間」が全くない状態で復縁をすることはできません。もし仮に冷却期間なしで復縁することが出来たとしても、その復縁にはまた必ず別れが訪れると考えて良いでしょう。

では、この冷却期間はどのように設ければ良いのでしょうか。あなたが相手から別れを告げられたのであれば、まずは冷却期間が欲しいことを申し出てみましょう。もしあなたから別れを切り出しているのであれば、冷却期間を設けたいと言うことを伝えてみます。結婚している二人であれば別居と言う言葉も適切でしょう。友達関係や片思いなのであれば、何も告げずに冷却期間を設けることも可能でしょう。

そしてこの冷却期間の間はできるだけ自分の為に時間を費やします。この期間中は一人で過ごすことや友達と過ごすことが多くなるでしょう。そのときにふと彼のことを考える、そんな時間も訪れるはずです。その、「ふ」と考える時間や間隔、そのときの気持ちなどを冷静に観察することが非常に重要と言えます。

彼のことをいつも考えてしまうようであれば、自分の想いが非常に強いことを実感できます。想いが強いことを実感できるようであれば、その後の復縁についてもより大きなパワーで向かっていくことが出来るでしょう。場合によっては他の男性に目が向くことがあるかもしれません。他の男性と接して、やはり彼のほうが良いと考えるか、接した他の男性が良いかと考えるか、それによってもその後の方向性が決まるでしょう。

この冷却期間があれば、相手も必然的にあなたのことを考える時間ができるということになります。そこで自然に連絡を取り合えるようになれば、それも復縁の方法の一つと考えることもできるでしょう。仮に彼から連絡が来ることがあったとしても、こちらから彼に連絡を取ることは出来るだけ控えましょう。それでも彼からの連絡が来るようであれば、復縁の可能性も上がります。そして復縁したときに、彼の温もりや香りに幸せを感じることが出来るようであれば、その復縁はあなたにとってとても良い復縁となり、その後の二人の関係も更に良くなることが考えられます。
(⇒相手とのメール連絡のテクニック

復縁がなかなかうまくいかず疲れてきた女性に適した気分転換

復縁を成就するには色々な方法があります。更に復縁を望む人にとっては成功するまで色々な方法を試してみたいと言う欲求もあるでしょう。復縁の体験談を見てもその状況や方法は千差万別。復縁に向けて突き進んでいたとしても「あの方法はやってない」「この方法は成功するかも」と様々な憶測で行動しているのではないでしょうか。もちろん、復縁に向けて進んでいるその状況は多忙で自分を休める時間があれば復縁に向けて行動したいと思うこともあるかもしれません。しかし、このような男女関係に於いてはあまりに集中しすぎると逆効果になってしまうことも往々にしてあります。特に女子が男子との復縁を考えているときにはその必死さはあまり美しいものではありません。復縁の努力を美しいものにするためにも、その努力が実を結ぶためにも適度に気分転換を行って行くことが復縁を望む女性にとっても、復縁する男性にとっても、良いことといえるのではないでしょうか。

では、気分転換であればなんでも良いのかというと決してそのようなわけではありません。より自分の教養を高め、大人な女性になるために効果的な気分転換の方法があるのです。そしてこの方法は女性としての魅力も大幅に上昇させる効果もあります。

まず、必要なのはこの気分転換にかける時間をタップリと確保することです。できれば丸一日確保するとより良いでしょう。そしてその時間は自分のやりたいことを思う存分やります。そしてその間は復縁する男性のことは一旦綺麗に忘れます。もちろん、大好きな相手のことなので一日中一度も思い出さないということは無いかもしれません。しかし、相手のことを思い出したときには自分が相手の男性のことが好きであることを再確認して自分の時間を楽しむのです。適度な運動も良いでしょう。自宅で過ごすことでも良いでしょう。とにかく自分の心が休まる時間を過ごします。友人と過ごすことが良いのであれば友人と出かけることも良いでしょう。あまり彼以外の男性と過ごすことは望ましいとは言えませんが、この日は彼のことを忘れる日です。長期間復縁に邁進しているのであればこの一日だけ彼以外の男性と過ごし女性の良さを実感したり潤いを取り戻すことも良いかもしれません。

復縁を強く望みすぎるあまりにそのストレスからあらぬ方向に進んでしまったり、思ってもいない行動をしてしまったりすることもあります。そんな突発的な事故で望んでもいないような結果になってしまうよりも、いっそのことあらかじめ自分の時間を作って余裕を持って行動しましょう。

その余裕は決してマイナスになることはなく、むしろ復縁にとっては大きなプラスとなるはずです。
(⇒復縁が成功する人と成功しない人との大きな違いとその理由について

別れてしまった男性との復縁を確実に成し遂げるためのテクニック

別れてしまった男性との復縁を考える時には何を持って「復縁」と考えるかが非常に重要になってきます。今までの付き合い方と照らし合わせて全く同じような関係を望むのであれば、少々難しい部分もあるかもしれません。友達でもいいからと関係を保てば、当然男性は女性のことを言葉の額面どおり「友達」と考えます。それでも良いと思うのであればもちろん友達として付き合っていく方法もありますが、この場合には男性は他の女性と親密な関係になることもあり得ます。もちろん友達では容易にその関係を問い詰めることも出来ませんので結果として復縁は達成されること無く、悲しみに暮れながら彼の元を去っていくことになるでしょう。

このような悲しい結末を避けることのできる効果的な方法がひとつあります。それはその男性との性的な関係を保つことです。中にはこのような関係に嫌悪感を抱く場合もあるかもしれません。しかし女性が思っている以上にこの「身体の関係」は男性にとって絶大な効果を及ぼします。どのような関係でもとにかく彼との関係を保って行きたい、という意思が強いのであれば、迷わずにこの関係を構築することを目指すべきでしょう。

この身体の関係はあくまでも表面上の関係の構築です。いつまでもその関係のみに留まっておくわけではありません。そして身体の関係で彼を繋ぎ止めつつ、多くの既成事実を作っていくのです。特に男性の場合には身体の関係を保っていれば心に呵責が生まれます。この男性の気持ちを上手に逆手にとって行けば、元のような関係に復縁することも可能でしょう。下手に友達関係になったり関係を保とうと必死になるよりは遥かに復縁成就の可能性が高い方法ということは知っておく必要があります。

これは何も復縁に限ったことではありません。新たな男性と良い関係になる場合にも使うことの出来る効果の高い方法です。女性の場合は特にその言葉や状況に不安や嫌悪感を抱くこともありますが、男性にとっての性的関係を保つこの方法は極めて効果が高い方法なのです。そしてこのような関係を保つことが出来るようになったならば、彼の性的な好みを徹底的に探ります。これが出来るのも彼との関係が身体のみの関係であることの強みです。

復縁を望んだときに、その手段には様々な方法があります。今回紹介した身体で関係をつなぎとめておく方法以外にも時間をかけてゆっくりと彼との関係を再構築していく方法もあるでしょう。しかし、このモラルに反すると考えられがちな性的関係によって関係を保つ方法は何よりも効果の高い方法なのです。本来は動物である人間という生き物を考えれば、この方法が有効であることは容易に想像が付くのではないでしょうか。

復縁を考えている相手を食事などに誘うときに選んではいけない場所

別れてしまった相手との復縁はそうそう簡単にできるものではありません。ある程度下地があり、復縁に向いている性格だと仮定しても、復縁を考えているにも関わらず、復縁に向かないような場所に相手を誘ってしまえば復縁できるものもできなくなってしまうでしょう。ではどのようなところが復縁に向いている場所であるか、どのような場所が復縁には向いていない場所なのかということをしっかりと把握しておけば復縁の可能性は自ずと高まります。今回は復縁を考えている相手を誘うのに向いていない場所を解説していきます。

まず、良く陥りがちな誤った選択はファーストフードやカフェなどの落ち着けてオープンな場所です。特にこのような場所に落ち着くことを考えていないとしても、待ち合わせにも、とりあえずの一軒目にも使うべきではありません。このような場所に一旦落ち着いてしまえば相手にとってはどこでも同じなのです。話には大きな展開も無く、復縁よりも反省会に近い状態になってせっかくの時間が終了してしまうでしょう。

では、雰囲気の良い落ち着いたバーなどはどうでしょうか。これも適しているようですが下心が見え見えになってしまいます。よほどライトな雰囲気のバーであったり、行きつけでそこに行くのが普通であると相手も認識しているような場所であれば例外ですが、あまり行ったこともないような場所に行くのはやめましょう。

同様に居酒屋でも、食事をするようなところでも、普段行きなれないような場所は適切ではありません。行きなれていないのであればどのような場所でも不慣れな部分が見え隠れしてしまいます。それを取り繕うだけで余裕を持った行動や話はできなくなると考えて間違いありません。

仮に何度か行っているとしても、レジャー施設などもあまり適した場所ではないでしょう。復縁の話をゆっくりとしようと考えているときにこのような場所を選ぶ人は少ないと思いますが、自分や二人の関係以外に集中できるものがあることは復縁にとってはマイナスです。気が散って話が進まない程度であればまだ救いようがありますが、全く話ができないような状況になる可能性が大いにあると考えて間違いありません。

更に時期によっては屋外も適切ではありません。特に真夏や真冬の屋外は「なんで?」という疑問すら生む可能性があるでしょう。綺麗な景色や夜景が見えるという理由で連れて行くことは効果があるかもしれませんが、突然の雨や虫など考えなければならないことは多数あります。

ではどのようなところに誘えばよいか、それはまた次の機会に復縁を望むときに相手を誘うのに適した場所を紹介しましょう。
(⇒あなたの復縁方法が正しいかどうかチェック!

離婚を前提にするよりも復縁を前提に別居を行ったほうが良い理由

別居をするときに良く見られるのが離婚を前提に別居を行うと言う行動です。確かに相手に非があると考えている場合などには「次に問題が発生すれば離婚します」ということを前提に別居をすることもありかもしれません。しかしこの離婚を前提に別居という行動については後々のことを考えるのであればあまり良い方法とは言えません。

確かに「次やったら離婚」という言葉はそれが浮気であったとしても、ギャンブルも含めた金銭的な使い込みであったとしても、ある程度その行動を抑止する効果はあるかもしれません。しかしこれはあくまでも相手が「離婚したくない」と強く思っている場合に限ります。離婚について「別に離婚してもいい」と相手が思っていた場合にはこの「離婚前提の別居」には大きな落とし穴があるのです。

それは今までの離婚に関する裁判所の判断から見て取ることができます。通常、このような「次にやったら離婚」という言葉を発するときには「もうしないで欲しい」という希望が含まれています。しかし状況によっては「離婚のための別居」ということに捉えられることもあるのです。ではこの「離婚のための別居」だと何が違うかと言うと、その時点で見方によっては「既に夫婦関係が破綻している」と捉えられる事もあるのです。これが何を意味するかと言うと、こちらがいくら行動を抑制するため、つまり関係を修復するために別居しているとしても、相手が「夫婦関係が破綻している」と主張することができると言うことなのです。結果としてその間に浮気をしようがお金(自分の)を使い込もうがそれは「夫婦関係が破綻している」状態での行動なので相手の非にはならない可能性があるということになります。

最終的に離婚をするということになったとしても、別居後の浮気は浮気とは判断されません。同居中の浮気の証拠があればそれなりに相手に非があるということにはなりますが、別居後の浮気はカウントされないということも有り得るのです。

では、このような状況を防ぐためにはどのようにすれば良いかというと、別居に「離婚」という言葉は使わないことが望ましいと言えるでしょう。仮に別居だとしてもそれは「関係改善のための別居」であって、決して感情的になってもならなくても「またやったら離婚」といったような脅しのような文言は使わないことが理想と言えるでしょう。

もちろん、別居をするような段階であれば「またやったら離婚」というニュアンスは含まれていて当然です。しかし、出来るだけこちらが有利に事を進めて行きたいのであれば別居のときに「離婚」という言葉は使わないことが理想的です。
(⇒別居生活からの復縁を成し遂げるために必要な心がけとテクニック

相手が暴力を振るうことがあるようなら良く考えて復縁しましょう

以前はあまり表沙汰になることもなかった夫婦間の暴力。今でもまだ家庭内で抱え込んでいる人も居るようですが、ニュースなどでも取り上げられることが増え離婚や別居を考える人も以前より増加してきたのではないでしょうか。この夫婦間の暴力には「暴力」と一括する事のできない複雑な事情も絡んでいます。

男性、女性に限らず、暴力を振るう人物にはある特定の特徴があります。ある切欠から急に暴力を振るうようになった場合でも、以前から暴力を振るうような常態化された状況であっても、多くの場合は暴力を振るっていないときには良きパートナーである場合が多いのです。身体にあざが出来たり怪我をするようなハードな暴力であればなおさらその傾向は強いと言えます。特に長期間暴力を受けてきているパートナーについてはその暴力に愛情すら感じる場合もあるようです。

このような関係の二人の間にたとえ第三者が入ったとしても、暴力を振るっているほうはもちろん自分をかばいますが、暴力を振るわれているほうも相手をかばう場合があります。これはここで庇わなければまた暴力を振るわれるという恐怖感から来るものもあれば、暴力を振るっている相手に対する屈折した愛情である場合もあります。

もしあなたが暴力を振るわれている立場で今現在別居や離婚に近づいている、もしくは既に成立しているのであれば復縁は良く考えて行うべきです。恐らく、暴力を振るっている相手は今後は改めていくので復縁したいといってきているのではないでしょうか。しかし、ほとんどの場合、復縁してしばらくは確かに暴力は控えるようになるでしょうが、それはあくまでも一時的なものです。しばらく時間が経過すればこちらの小さな失敗を指摘し、それを理由に暴力を振るってくるようになります。またこのときになると暴力を受けている側は「自分が悪いのだから」と相手の暴力を正当化します。

暴力が危険なのは、ある一定の暴力で止まらずに内容がエスカレートしていくと言うことです。最初は耐えれる暴力であったとしても、その暴力はどんどんとエスカレートしていきます。才覚の場合、最終的にその暴力の強度は人間の限界を超えるようなものに発展して行くと言うこともあるでしょう。この場合、被害者は暴力を日ごろ受けている人だけには限りません。子供の場合もあるかもしれません。最悪の場合他人であることもあるかもしれません。それほど家庭内や男女間の暴力と言うものは、人から見えないと言うこともあり段階的に大きくなっていくのです。

あなたが暴力を振るわれているのであれば、暴力以外の面にも目を向けてニュートラルな視点から関係を継続していくか判断しましょう。

旦那との別居からの復縁を自分で楽しみながら成功させた方法

私が旦那と別居を始めたのは三ヶ月ほど前です。理由は旦那の浮気でした。私のほうから出て行ってと言いましたが、やはり子供のことを考えると離婚は望ましくないという結論からでした。しかし、自分のほうから別居を言い出しておいて復縁するのはなかなかプライドが許しません。そこで私は旦那のほうから復縁を申し出る方法はないものかと試行錯誤したのです。

もちろん、浮気は心情的に許せるものではありません。旦那は必死になって謝っていましたがもちろんそれで許すわけには行きませんでした。しかしいざ実際に別居を始めると色々な面で負不自由を感じます。そこで私は以前付き合っていたときのように旦那に接するようにしました。

幸い、子供も大きくなって手もかからなくなっていたので旦那と食事に出たりすることは可能です。そこで私は旦那とまだ付き合っていた頃に行った場所へ積極的に誘って話をすることにしました。話をするといっても離婚を前提に話をするわけではありません。ただ普通に食事をして、そのときにはできるだけ私もおしゃれをして出かけました。当然、何も離婚の話をしなければ相手は許してもらえたのかと考えるでしょう。しかし、そこはしっかりと「じゃ、またね」と言って別れ、私は自宅へ、旦那は別居の家へ戻るようにしたのです。

この擬似デートを数回繰り返しているうちに私自身も出かけることが楽しみになってきました。浮気をした旦那も前向きに関係を修復しようと考えるようになってくれてきています。数回デートを重ねるうちに自宅で化粧もあまりすることなく過ごしてきた自分にも問題があるのではないかと考えるようになりました。旦那は会うたびに私を自宅に誘うようになってきました。既に三ヶ月経過していますが最初の一ヶ月間は連絡も取らずに、その後の一ヶ月は旦那を責め、この一ヶ月は男と女の関係を楽しんでいるような状況です。

この10日間くらいは旦那が一生懸命復縁を申し出てきています。旦那の浮気を責めていた私ですが、旦那と離れてみると私にもそれなりに努力が必要であったと実感いています。そろそろもとの関係に戻ってもいいかなとは思っていますが、この旦那の状態で旦那の部屋に遊びに行くようになってしまうとそのうち弟や妹が出来るのではないかと思ってもいます。

浮気が原因で離婚してしまっている家庭は少なからずあるようですが、浮気した男に問題があると決め付けるのにも問題があるのかと思ったりもします。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >