復縁

離婚から相手との関係を修復するために知っておく復縁パターン

自分は望んでないものの止むを得ず離婚してしまったとしてもそれを悲観することはありません。関係を修復し、再度同じ相手と再婚しているとも少なからずいます。そして離婚したにも関わらず同じ人と再婚をする人にはある程度その傾向やパターンがあるのです。

まず、離婚して同じ人と復縁するパターンには離婚で迷いが合ったという場合がほとんどです。お互いに迷いがあったのであれば可能性はより大きくなるでしょうが、仮にお互いではなくどちらか片方に迷いがあったとしても復縁する可能性はあります。迷った結果やっぱり離婚しなければ良かったという結論に達したと言うことでしょうね。

そして離婚の理由が相手の人格的な問題ではなかった場合にも復縁することが多いようです。例えば、子供が出来なかった、時間が合わなかった、親族が性格的に合わなかったなど、その内容には多種多様なものがありますが、相手そのものにはそこまで大きな嫌悪感が無かった場合に復縁することが多いようです。

更に、離婚の理由が浮気のときにも再婚する場合があります。その当時は年齢が若いこともあり許せなかった離婚が、ある程度の年月が経過することで許せるような精神的な環境が整ったとき再婚をするということもあるようです。たかだか一回くらいの浮気で…という整理が付けば、その事実を上回るほどの恩恵があるのであれば許容できるようになるのかもしれませんね。

他にも子供が居たからというパターンもあります。どうせ定期的に子供とも相手とも顔を合わせるのであればいっそのこと再婚してしまおうかと言うパターンです。子供が強く望んでいるような状況であればこの可能性は更に大きくなるでしょう。これに合わせて理由が時間と共に薄れていくような程度のものであればより一層復縁の可能性は上がっていくのでしょう。

これとは逆に子供が居なかったからという理由もあります。どちらか一方、もしくはお互いに良い相手が見つかれば復縁の可能性は下がりますが、特に離婚後の独り身が長期間に渡るようであれば更に復縁の可能性は上がるでしょう。その後の人生を考えたときに一人で過ごしていくよりは少々問題はあったもののある程度の期間連れ添った相手と過ごしていくのも悪くないとの結論に達すれば復縁を考えることもあるかもしれません。

このように離婚後の復縁には人それぞれに様々なパターンがあります。裏を返せばどんな状況で離婚したとしても、相手が生きてさえいれば復縁の可能性はあるのです。上記は実際に再婚まで漕ぎ着けたパターンの例ですが、中には事実婚で入籍はしていないパターンもあるでしょう。いずれにせよ、離婚したとしても復縁は決してあり得ない話ではないのです。
(⇒別れか復縁か、悩んだときにやってもらいたい15のチェック項目

ペットの関係を向上させることで彼女との復縁を成功させる方法

別れた彼女との復縁を望んでいる場合に、その方法には様々な方法があります。効果的にお金を使って復縁する方法身体を使って復縁を射止める方法など数々の方法はありますが、今回はペットを使った方法をいくつか紹介して行きましょう。

まず、ペットを飼っていた場合に効果的な方法です。とにかく彼女との接点を確保するためにはその飼っているペットの面倒を見ることをお願いすることが有効です。元々自宅を留守にする期間があるような生活パターンであれば特に問題はありませんが、その必要が無いのであれば機会を作ってペットの世話をしてもらいましょう。

また、相手がペットを飼っていた場合にはそのペットに対して愛情をふんだんにアピールすることも効果があります。ペットショップで購入したペットグッズを渡したいと言うことを伝えましょう。会って受け取ることに抵抗を感じられないようにポストなどに投函しておくのも良いかもしれません。

二人で飼っていたペットをあなたが継続して飼っているのであればその効果を更に高めることも可能です。寂しがっている、会いたがっていると勝手な解釈を相手に伝えてみてはどうでしょうか。相手に警戒心があるようであればちょっとの間預けてみるのも良いかもしれません。その間に彼女がペットに愛情を抱くようであれば充分効果があると考えることができるでしょう。

このペットの効果はかなり高いものではありますが、元々あまり興味を持っていなかったのに急に愛情を前面に押し出しても効果はあまり高くありません。この方法を高い効果で実現するためにはあらかじめペットに愛情を多く注いでおく必要があるでしょう。

そして、更に効果を高めるためにはあまり会うことに重点を置いてはいけません。愛情はできるだけペットに向かって注ぎ、彼女への愛情があるということを混同しないようにしたほうが良いでしょう。愛情タップリでペットに接するその姿が何よりも高い効果を生むということを覚えておくべきでしょう。

今までペットにあまり愛情を注いでいなかった場合には、ペットに対する愛情が不足していたことを猛省するしかありません。そしてペットを使った復縁は断念し、そのほかの別の復縁方法を模索するほうが無難でしょう。

今ではできない、今だから言える、二十年前の必勝復縁方法

私は結婚してすでに子供が二人います。結婚からはもう二十年を経過しようとしています。家内は結婚前の付き合いから数えると既に三十年近く一緒に過ごしてきています。そんな中では私の浮気が原因で結婚前には別れてしまったこともあります。結婚後にも価値観の相違から離婚の危機に直面したこともありました。結婚前の浮気が理由での別れでは、別れに至りかけたその時には今はできない、当時だからできた復縁方法がありました。今はできない方法ではありますが、復縁を望む男性の参考になればという思いで結婚前に私がやった復縁方法を説明したいと思います。

今はできないというのは今の法律ではストーカー防止の法律があるからです。色々な事件が発生したこともあり今では付きまといや待ち伏せについては警察が介入できるようになってきています。そのことを考えればちょっとこの復縁方法は危険かもしれないという理由から「今はできない」と考えています。もちろん、相手を傷つける気もなければ恐怖を与える気もありません。しかし、相手が本当に嫌がっているのであれば警察の世話になることもあるということを考えておく必要があるでしょう。

私は最初に彼女から別れを告げられた時には別れてもいいと思っていました。自分の浮気が原因ですし仕方がないと最初は考えていたのです。その浮気相手と付き合っていくつもりでした。しかし、彼女は結婚していることが分かったのです。これにはかなり気を動転させられました。元々、そんなに女性を選べるような外見でも経済力でもありません。そこで慌てて彼女との復縁に動き出したのです。家が近かったこともあり、朝は出勤前に彼女の自宅前で待っていました。もちろん、声をかけても無視されます。しかし駅まで送りその間悪かったということを告げ、何度も謝りました。仕事の終わる時間も分かっているので駅で待ち、朝と同様に何度も謝り今後は更に大切にしたいという思いを説明します。朝はある程度行動は読めますが、帰りとなるとその時間は全く読めません。時には5時間以上待たされることもありました。

しかし、一週間目の仕事の帰り彼女がやっと口を聞いてくれました。そこでやっと喫茶店に入り、反省している旨、今後はしない旨、必死になって説明しました。今、こんなことをやればすぐに警察に通報されてしまうでしょう。時代が違ったとは言え、今考えれば若さに任せて無謀なことをやっていたなと思っている次第です。浮気という事実はともかく、今となっては二人にとっても良い思い出です。

借金が理由で別れた私が間違って「やりなおせる」と思ったその結果

私が彼と別れなかったことを後悔している理由は、その借金でした。最初は仕事の収入が多いのだろうと思いながら付き合い始め、しばらくはその考えに変化が生じないほど様々な面で経済的な余裕が垣間見えることが多くありました。

しかし、付き合っていたときに一緒に遊びに行くための資金、その後のプレゼントなどほとんどのものについて、実は借金を隠しながら彼は私と付き合っていたのです。ある日見つけた通帳には莫大なゼロの数と共に、マイナスになっている状況が確認されたのです。最初は何かの間違いだろうと自分を否定することを中心に行っていましたが、気がつくと実は彼に浪費癖があり、大きな借金を抱えていると言うことがわかりました。

このときには私は「まだやり直せる」と思っていました。彼ももう同じことは繰り返さないと借金の一覧を確認させてくれ、私は彼のことを信じて彼の借金を一緒に返していくことにしました。そこからしばらくは順調に行っていましたが、一年が経過した頃に新たな問題が発生したのです。

彼には私に教えてくれたもの以外に更に大きな借金があったのです。それは一年かけて返し終わりつつあった借金が元に戻るほどの借金でした。結局、一緒に頑張って返していると思っていたのは私だけで、彼は新たな借金をして私に開示した借金を返しているふりをしていただけなのです。更に彼の言い分では「借金は返していっている」と言います。少し冷静になって考えるように説明し、この一年間で利息も含めると借金の金額は増えていることを説明しました。それを説明しても腑に落ちないような仕草の彼を見ながら、私は本当に彼との別れを考えていました。

しかし、一度許していることもあり、別れると言うことを切り出しにくい上に関係も既に三年目に突入、借金を返済し終わったら結婚すると言うことでお互いの両親とも顔合わせをしていただけになかなか引くことの出来ない状況になってしまっています。

今となっては借金をまた地道に返していくしかないと思ってはいますが、金銭感覚がおかしくなっている人と付き合っている女性には、私のように苦労を続けていかなければならないような状況になる前に見切りを付けて新しい恋をしたほうが良いのではないかと言う考えも持って欲しいと思います。

おかげで今となっては借金もずいぶん小さくなりました。しかしここに来るまでにはかなりの労力を要しています。今でも彼のことは好きですが借金のを考えるとその好きと言う想いにも疑問を感じてしまうほど苦労してきているのです。相手に借金が発覚したときには、付き合いそのものを一から考え直すことも重要かもしれません。

旦那との別居からの復縁を自分で楽しみながら成功させた方法

私が旦那と別居を始めたのは三ヶ月ほど前です。理由は旦那の浮気でした。私のほうから出て行ってと言いましたが、やはり子供のことを考えると離婚は望ましくないという結論からでした。しかし、自分のほうから別居を言い出しておいて復縁するのはなかなかプライドが許しません。そこで私は旦那のほうから復縁を申し出る方法はないものかと試行錯誤したのです。

もちろん、浮気は心情的に許せるものではありません。旦那は必死になって謝っていましたがもちろんそれで許すわけには行きませんでした。しかしいざ実際に別居を始めると色々な面で負不自由を感じます。そこで私は以前付き合っていたときのように旦那に接するようにしました。

幸い、子供も大きくなって手もかからなくなっていたので旦那と食事に出たりすることは可能です。そこで私は旦那とまだ付き合っていた頃に行った場所へ積極的に誘って話をすることにしました。話をするといっても離婚を前提に話をするわけではありません。ただ普通に食事をして、そのときにはできるだけ私もおしゃれをして出かけました。当然、何も離婚の話をしなければ相手は許してもらえたのかと考えるでしょう。しかし、そこはしっかりと「じゃ、またね」と言って別れ、私は自宅へ、旦那は別居の家へ戻るようにしたのです。

この擬似デートを数回繰り返しているうちに私自身も出かけることが楽しみになってきました。浮気をした旦那も前向きに関係を修復しようと考えるようになってくれてきています。数回デートを重ねるうちに自宅で化粧もあまりすることなく過ごしてきた自分にも問題があるのではないかと考えるようになりました。旦那は会うたびに私を自宅に誘うようになってきました。既に三ヶ月経過していますが最初の一ヶ月間は連絡も取らずに、その後の一ヶ月は旦那を責め、この一ヶ月は男と女の関係を楽しんでいるような状況です。

この10日間くらいは旦那が一生懸命復縁を申し出てきています。旦那の浮気を責めていた私ですが、旦那と離れてみると私にもそれなりに努力が必要であったと実感いています。そろそろもとの関係に戻ってもいいかなとは思っていますが、この旦那の状態で旦那の部屋に遊びに行くようになってしまうとそのうち弟や妹が出来るのではないかと思ってもいます。

浮気が原因で離婚してしまっている家庭は少なからずあるようですが、浮気した男に問題があると決め付けるのにも問題があるのかと思ったりもします。

離婚を前提にするよりも復縁を前提に別居を行ったほうが良い理由

別居をするときに良く見られるのが離婚を前提に別居を行うと言う行動です。確かに相手に非があると考えている場合などには「次に問題が発生すれば離婚します」ということを前提に別居をすることもありかもしれません。しかしこの離婚を前提に別居という行動については後々のことを考えるのであればあまり良い方法とは言えません。

確かに「次やったら離婚」という言葉はそれが浮気であったとしても、ギャンブルも含めた金銭的な使い込みであったとしても、ある程度その行動を抑止する効果はあるかもしれません。しかしこれはあくまでも相手が「離婚したくない」と強く思っている場合に限ります。離婚について「別に離婚してもいい」と相手が思っていた場合にはこの「離婚前提の別居」には大きな落とし穴があるのです。

それは今までの離婚に関する裁判所の判断から見て取ることができます。通常、このような「次にやったら離婚」という言葉を発するときには「もうしないで欲しい」という希望が含まれています。しかし状況によっては「離婚のための別居」ということに捉えられることもあるのです。ではこの「離婚のための別居」だと何が違うかと言うと、その時点で見方によっては「既に夫婦関係が破綻している」と捉えられる事もあるのです。これが何を意味するかと言うと、こちらがいくら行動を抑制するため、つまり関係を修復するために別居しているとしても、相手が「夫婦関係が破綻している」と主張することができると言うことなのです。結果としてその間に浮気をしようがお金(自分の)を使い込もうがそれは「夫婦関係が破綻している」状態での行動なので相手の非にはならない可能性があるということになります。

最終的に離婚をするということになったとしても、別居後の浮気は浮気とは判断されません。同居中の浮気の証拠があればそれなりに相手に非があるということにはなりますが、別居後の浮気はカウントされないということも有り得るのです。

では、このような状況を防ぐためにはどのようにすれば良いかというと、別居に「離婚」という言葉は使わないことが望ましいと言えるでしょう。仮に別居だとしてもそれは「関係改善のための別居」であって、決して感情的になってもならなくても「またやったら離婚」といったような脅しのような文言は使わないことが理想と言えるでしょう。

もちろん、別居をするような段階であれば「またやったら離婚」というニュアンスは含まれていて当然です。しかし、出来るだけこちらが有利に事を進めて行きたいのであれば別居のときに「離婚」という言葉は使わないことが理想的です。
(⇒別居生活からの復縁を成し遂げるために必要な心がけとテクニック

別れてしまった男性との復縁を確実に成し遂げるためのテクニック

別れてしまった男性との復縁を考える時には何を持って「復縁」と考えるかが非常に重要になってきます。今までの付き合い方と照らし合わせて全く同じような関係を望むのであれば、少々難しい部分もあるかもしれません。友達でもいいからと関係を保てば、当然男性は女性のことを言葉の額面どおり「友達」と考えます。それでも良いと思うのであればもちろん友達として付き合っていく方法もありますが、この場合には男性は他の女性と親密な関係になることもあり得ます。もちろん友達では容易にその関係を問い詰めることも出来ませんので結果として復縁は達成されること無く、悲しみに暮れながら彼の元を去っていくことになるでしょう。

このような悲しい結末を避けることのできる効果的な方法がひとつあります。それはその男性との性的な関係を保つことです。中にはこのような関係に嫌悪感を抱く場合もあるかもしれません。しかし女性が思っている以上にこの「身体の関係」は男性にとって絶大な効果を及ぼします。どのような関係でもとにかく彼との関係を保って行きたい、という意思が強いのであれば、迷わずにこの関係を構築することを目指すべきでしょう。

この身体の関係はあくまでも表面上の関係の構築です。いつまでもその関係のみに留まっておくわけではありません。そして身体の関係で彼を繋ぎ止めつつ、多くの既成事実を作っていくのです。特に男性の場合には身体の関係を保っていれば心に呵責が生まれます。この男性の気持ちを上手に逆手にとって行けば、元のような関係に復縁することも可能でしょう。下手に友達関係になったり関係を保とうと必死になるよりは遥かに復縁成就の可能性が高い方法ということは知っておく必要があります。

これは何も復縁に限ったことではありません。新たな男性と良い関係になる場合にも使うことの出来る効果の高い方法です。女性の場合は特にその言葉や状況に不安や嫌悪感を抱くこともありますが、男性にとっての性的関係を保つこの方法は極めて効果が高い方法なのです。そしてこのような関係を保つことが出来るようになったならば、彼の性的な好みを徹底的に探ります。これが出来るのも彼との関係が身体のみの関係であることの強みです。

復縁を望んだときに、その手段には様々な方法があります。今回紹介した身体で関係をつなぎとめておく方法以外にも時間をかけてゆっくりと彼との関係を再構築していく方法もあるでしょう。しかし、このモラルに反すると考えられがちな性的関係によって関係を保つ方法は何よりも効果の高い方法なのです。本来は動物である人間という生き物を考えれば、この方法が有効であることは容易に想像が付くのではないでしょうか。

周りの友人や親戚など共通の知人の力を借りて復縁する方法とその効果

あなたの周りや復縁したいと思っている相手の周りには共通の知人がどのくらいいるでしょうか。共通の友人や知人、親戚などは復縁にとってとても強力な効果を発揮してくれます。少なくても多くても、復縁を望んでいるのであればその強力な効果を利用しない手はありません。今回は上手に周りの友人に間に入ってもらい、出来るだけ早めに相手との復縁を成し遂げるにはどのようにすれば良いのか解説していきましょう。

まず、一番確実なのはストレートに復縁したいので協力して欲しいと言うことを共通の知人に打ち明けましょう。もちろん、信用できる友人であることは大前提ですが、その中でも出来れば自分と同性の友人のほうが高い効果を発揮します。同性の友人であれば自分の想いに同意してもらえる可能性が高いでしょう。異性の友人でももちろん問題があるわけではありませんが、異性の場合、その相談相手との関係に疑問を感じられたりすることもあります。別れの理由が自分の浮気であったりする場合には特に自分と同性の友人に相談したほうが望ましいと言えます。ただ、別れの理由が相手の浮気だった場合にはこの限りではありません。むしろこの場合には自分の異性の友人に相談をしたほうが効果が高い場合もあります。

相談する友人が決まったらその友人と作戦を練りましょう。もちろん、別れに至った理由なども全て内容を話して相談相手の意見を交えながら作戦を練る必要があります。このとき特に注意しなければならないのは相手と起こった出来事をニュートラルな視点で分析することです。一方的にどちらが悪いと決め付けたり、自分の意見を押し通していたり、都合の悪いことを伝えてなかったりすれば、相談相手が復縁したい相手と話をしたときに「そんな話聞いてない!」と言うことになり復縁が難しくなることがあります。自分に不利な要素もある程度話をして「寝耳に水」の状態が生まれないようにすることが重要です。

最後のステップはその相談相手と復縁したい相手を会わせると言うことになりますが、ここでも重要なポイントがあります。まずは自分が出て行かないこと。ここで出て行ってしまえば話は全く進みません。心を落ち着けて自宅で座禅でも組んで過ごしましょう。とにかく、相談相手には「復縁したい!」ということを中心に説得をしてもらうことになります。

交友関係が広ければここで失敗しても第二、第三の相談相手を擁立することができます。交友関係が広く共通の友人が多ければより説得できる可能性が高まるのは言うまでもありません。それでも説得が難しいようであれば復縁そのものが出来る状態なのかどうか確認することも必要かもしれません。

男女間の関係をより効果的なものにする説得のテクニックとその使い方

復縁は当然のことながら男女間の関係に於いては非常に重要になってくるのが会話のテクニックです。人の話を聞くテクニックや反論をしないテクニックなど会話に於いては様々なテクニックがありますが、その重要な会話のテクニックの中に相手を説得するというテクニックがあります。

この相手を説得するテクニックは最初から使えるものではありません。まずは相手の話を聞ことで相手の不満を引き出すことが重要になってくるでしょう。そして相手の不満が出たとしてもそれに対する反論を控えることで説得の下地をつくり、それからじっくりと説得を行って行くことがポイントになります。

説得と言えば相手の意見を否定し、自分の意見を認めさせると言うことになりますが、特に男女間でトラブルが発生している場合などはこの方法でいきなり説得を行っても二人の亀裂は一層深まるばかりです。まずは相手の意見を聞いていますのでそれに沿って具体的に肯定的な意見を述べることから始めましょう。この肯定が入れば相手は自分の意見が認められたと思いこちらの意見に肯定的になります。そこで初めてこちらの意見をゆっくりと主張していくのです。

例えば「嘘は良くない」と言う人が居たとしましょう。ここで「そんなことはない。嘘は上手に使うべきだ」と言っても相手は意見が違うということが認識されるだけでそれ以上話を聞くことはないでしょう。しかし、仮に意見が違ったとしてもまずは「嘘は良くない」と自分もそちらの意見に立って自分なりの考えを述べることから始めます。「嘘は良くない」という立場に立った意見を出していけば相手は共感して自分の意見を述べやすくなります。相手が自分の意見を述べた場合はそこでも反論は行わずに話を聞いていけば良い訳です。ある程度お互いの肯定的な意見が出きったところでまずはその肯定的な意見の元を断ちます。「嘘は良くない」→「信用できなくなる」→「信用できないと関係は保てない」という話の流れであれば「信用できないと関係は保てない」と言う部分からゆっくりと否定に入ります。そして相手の反論には耳を傾けつつ「信用できなくても関係を保つ方法はないか」→「信用と嘘は別問題ではないか」→「嘘を上手に使う方法もあるのではないか」と順を追って説得を行いましょう。ここでで重要なのは「~ないか」と相手に考えさせるように話を仕向けることです。相手は反対の意見でそれは理解しているが、違った角度から考えさせることで相手の考えにブレを作ります。そして最終的に自分の意見を述べ、更に相手と反対意見である自分の考えの主張の中でメリットを充分に説明するのです。

説得に必要なのはまずは同調することです。同調は自分の意見と違っても、何ら問題はありません。しっかりと同調が出来ているようであれば、その時点で相手の説得は完了しているようなものです。

復縁がなかなかうまくいかず疲れてきた女性に適した気分転換

復縁を成就するには色々な方法があります。更に復縁を望む人にとっては成功するまで色々な方法を試してみたいと言う欲求もあるでしょう。復縁の体験談を見てもその状況や方法は千差万別。復縁に向けて突き進んでいたとしても「あの方法はやってない」「この方法は成功するかも」と様々な憶測で行動しているのではないでしょうか。もちろん、復縁に向けて進んでいるその状況は多忙で自分を休める時間があれば復縁に向けて行動したいと思うこともあるかもしれません。しかし、このような男女関係に於いてはあまりに集中しすぎると逆効果になってしまうことも往々にしてあります。特に女子が男子との復縁を考えているときにはその必死さはあまり美しいものではありません。復縁の努力を美しいものにするためにも、その努力が実を結ぶためにも適度に気分転換を行って行くことが復縁を望む女性にとっても、復縁する男性にとっても、良いことといえるのではないでしょうか。

では、気分転換であればなんでも良いのかというと決してそのようなわけではありません。より自分の教養を高め、大人な女性になるために効果的な気分転換の方法があるのです。そしてこの方法は女性としての魅力も大幅に上昇させる効果もあります。

まず、必要なのはこの気分転換にかける時間をタップリと確保することです。できれば丸一日確保するとより良いでしょう。そしてその時間は自分のやりたいことを思う存分やります。そしてその間は復縁する男性のことは一旦綺麗に忘れます。もちろん、大好きな相手のことなので一日中一度も思い出さないということは無いかもしれません。しかし、相手のことを思い出したときには自分が相手の男性のことが好きであることを再確認して自分の時間を楽しむのです。適度な運動も良いでしょう。自宅で過ごすことでも良いでしょう。とにかく自分の心が休まる時間を過ごします。友人と過ごすことが良いのであれば友人と出かけることも良いでしょう。あまり彼以外の男性と過ごすことは望ましいとは言えませんが、この日は彼のことを忘れる日です。長期間復縁に邁進しているのであればこの一日だけ彼以外の男性と過ごし女性の良さを実感したり潤いを取り戻すことも良いかもしれません。

復縁を強く望みすぎるあまりにそのストレスからあらぬ方向に進んでしまったり、思ってもいない行動をしてしまったりすることもあります。そんな突発的な事故で望んでもいないような結果になってしまうよりも、いっそのことあらかじめ自分の時間を作って余裕を持って行動しましょう。

その余裕は決してマイナスになることはなく、むしろ復縁にとっては大きなプラスとなるはずです。
(⇒復縁が成功する人と成功しない人との大きな違いとその理由について

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >