復縁

離婚に行き着く前に試して見る価値のある「別居」の方法とその効果

「別居」と聞くと離婚に行く前の一歩手前の状態のように聞こえますが、上手に使えば夫婦関係を良好なものに戻してくれる効果のある方法である場合もあります。何らかのトラブルで離婚の話も出てきてしまっているような環境に置かれているようであれば、別居生活を試してみると色々なことがわかり、場合によっては関係の改善に繋がる場合もあります。

まず、別居と聞くと前述のとおり関係が悪化して行き着いた離婚回避の手段と捕らえられがちです。しかしそのような最悪の関係になる前に早めに別居をすることで日常の色々な柵から抜け出し、相手の重要性を感じ取ることができることもあり、関係の改善を図ることも可能になる場合があります。

まず、この別居は出来るだけ早い段階で試してみるべきです。関係が最悪の状態になる前に、夫婦喧嘩で片付けられる程度の関係の悪化の時期に、前向きな関係の改善の方法の一つとして試してみるのが良いでしょう。もちろん、離婚が前提の別居ではありません。唐突に別居と言う言葉を使えば相手も離婚が視野に入ってきますので、別居や離婚と言うような言葉は使わずに別々の生活をしてみると言うことを提案するのが良いでしょう。あくまでも前向きに、関係を改善するためにやってみるということを相手にもしっかりと伝えてから実行に移しましょう。

この一時的な別居先には様々なものが考えられます。経済的に余裕があるようであればホテル暮らしなどでも良いでしょう。長期に渡ることを考えるのであればいっそのこと賃貸のアパートなどを借りてしまうことも考えれます。もちろん実家や友人の家なども候補です。とにかく、今まで一緒に過ごしていた環境を少し変えてみる、その程度の感覚で行えれば言うことはありません。

この別居の期間はお互いに色々なことを考えるでしょう。中には別居によって「やっぱり離婚が適切!」という結論に至る場合もあるかもしれません。それはそれで前に進めるわけですからここでは「よし」と考えましょう。離れて暮らすことで不便を感じたり、寂しさを感じたりすることもあるでしょう。いずれにせよ、しばらく離れていた一人での生活を体感してその後の方向性を確認するには非常に良い効果もあります。一人で過ごしていれば今後について色々と考えることもあるでしょう。一人は楽でしょうが、老後身体が不自由になった状態で一人では寂しいと実感することもあるかもしれません。

いずれにせよ、その一人で考える時間はどのような結論になるとしても重要な時間と言えます。我慢に我慢を重ねて爆発して離婚に至るよりは、たまに自分ひとりの時間を作ってゆっくりと先のことを考えてみるという行動に大きな意味があるのです。

復縁が可能な本人以外の理由での離婚とそのときの復縁の方法について

離婚した二人が復縁して再婚するということはあまり多いものではありません。そして仮に復縁・再婚してもあまりメリットはない場合が多いでしょう。しかし、離婚した理由によっては復縁が可能であったり復縁したほうが良い場合もあります。ではそれはどのような状況や理由での離婚で復縁のためにはどのような方法を取れば良いのでしょうか。

まず、復縁が可能な離婚として考えられるものは二人の関係や主張の違いによる離婚ではなく、外部的な要因によるものです。発端が外部的な要因であればその結果生じる二人の考え方の違いもこれに含まれるでしょう。よく耳にするのはどちらかの親と同居をする場合です。親との同居の場合、家族の中に赤の他人が入り込むような形になるので結果としてその家族の中に入った一人には多大な負担や精神的な苦痛が伴うことになります。離婚の原因が直接、この同居でないとしても、同居が前提であるのであればその中でのストレスや不自由が理由であることもあるでしょう。

同居を始めるときには新たに同居する側にもそれなりの覚悟があり、それなりの精神的な苦痛は許容する気で新たな生活を始めることがほとんどです。しかし、状況によってはその新たな生活の負担が想像以上であったり、住んでみるまでは分からないような想像を超えることがあったりすればそこから多くの負担が生じることもあります。

その結果、離婚に至ったのであれば、この場合には特に復縁できる可能性が高くなるということになるでしょう。この場合には結局は夫婦と子供だけで生活できるような環境が整えば復縁は充分に可能であると言う事が出来るでしょう。

ただし、注意しなければならない点もあります。環境によっては相手が「親との同居が理由」とは言い出せないということです。それを言ってしまえば相手方の親からはもちろん、女性であれば特に「嫁として問題がある」などと周囲に言われる懸念も有り、それが原因だとしてもそれを前面に出して「いやだ」ということは言えないでしょう。仮にそれを相手が感じ取っていたとしてもそれを理由に別居をするということは後々問題が生じることもあります。もし仮に家族同居をしているのであれば、その状況を何も言わずに解消しておくだけで復縁がうまくいくこともあるのです。

「相手の家族がいやだから」というのは男性であっても女性であっても決して簡単に言えるものではありません。しかし、そんな中でも関係を修復したいのであれば別々に生活できる環境を整え、元の状態に戻すようなことをしなければ結果として復縁が可能な場合もあります。

離れていった彼女との復縁を成功させる効果的なお金の使い方

離れていきそうな彼女との復縁を考えたときには色々な方法があるでしょう。しかしその中でも男性が女性を引き止めるのに効果的な方法の一つとして経済的な強さをアピールしてつなぎとめる方法があります。今まで付き合いがあった彼女であれば、その変化したお金の使いっぷりで大きなインパクトを与え、地味に時間をかけて復縁を前提に行動を行っていく方法よりも短期間で復縁できる可能性があります。

しかし、ただ闇雲に大きなお金を使っていては高い効果は望めませんし、何よりもコストがかかりすぎます。そこまで逼迫した状況でないのであれば効果的に的を絞ってお金を効果的に使っていきましょう。

まず必要なのは二人の関係するところにはお金を惜しみなく使うことです。二人が付き合っていたときには行かなかったようなところに食事に誘うのも方法の一つでしょう。そしてこのときには相手の女性に緊張する瞬間とほっとする瞬間を意図的に作り出すことがポイントです。例えば彼女が入ったことの無いような高級なホテルのレストランに誘うにしても、オープンの席では効果がありません。個室を用意して緊張から解き放たれる瞬間に自分が居るような環境を作りましょう。

映画を見に行くのであれば少し特殊な席を確保します。例えばソファの席や個室の席などは特に効果が高いでしょう。彼女が喜ぶのであれば何かメジャーな舞台などに誘うのも良いかもしれません。いずれにせよ普通よりも少しお金を使った場所を用意してあげれば良いのです。

普段、移動が電車やバスなどの公共交通機関なのであれば、ちょっとタクシーを使うのでも良いでしょう。日ごろ自分の車で移動している場合にも人に運転させるタクシーで効果が得られる場合もあります。

大切なのは形の残らないものにお金を使うことです。ましてや領収書を受け取ったりしては行けません。あくまでも復縁を考えている状況であれば相手は彼女ではないのです。形に残るものにお金を使う場合は自分の服や時計など。ただし自分のものにお金をかけるよりも、共通の時間にお金をかけるほうが効果が高いことは言うまでもありません。あとはさりげなく相手が大切であることを伝えます。そして努力の末に復縁に至ったならば相手に形のあるものを用意してプレゼントしてあげましょう。この贈り物を甘く見てはいけません。これをやっておくだけでしばらくは今まで使ったお金の効果を持続させることが可能になるのです。

頑張っても彼と復縁できないパターンとそれを乗り越えて復縁する方法

一時の心の迷いで別れてしまったものの復縁したいと言う場合もあるでしょう。離れてみるとやっぱり彼が良かった、他の男性を経験してみて彼のよさが分かった、そんな事情もあるかもしれません。しかし、復縁を望んでいるのであってもその復縁の可能性が著しく低下するパターンがあります。今回は復縁が難しいパターンと、それでも復縁したい場合のテクニックをお伝えしていきましょう。

復縁できないその理由には色々なものがありますが、その中でも復縁が難しいのは女性が浮気をしているパターンです。浮気の現場を直接見られているような場合にはまず復縁は難しいと思って良いでしょう。男性の場合女性の浮気が発覚したときには一気に気持ちが小さくなってしまいます。女性の場合は男性が浮気する生き物であるという知識が潜在的に刷り込まれていることもあり、いくら浮気が許せないと思っているとしても相手の男性が必死になって謝っているところを見たときには許してしまうこともあります。しかし男性の場合は相手の女性が浮気をしていても許せるような気持ちになれるのはある程度年齢を重ねてからになります。特に若いうちに女性の浮気で別れることになった場合には、まず復縁は難しいと考えて間違いはありません。

しかし、それでも復縁したいと言うことはあるでしょう。自分が浮気をしていて復縁したいと言うのは少々調子が良いとも思うでしょうが、復縁したいのであれば方法が無いわけではありません。しかしこの方法は強い精神力を必要とする場合もあります。そして感情的になるのであれば成功は無いと思っておきましょう。それでも直接浮気の現場を押さえられている場合にはまず復縁はできません。浮気をしていても復縁が可能なのは浮気の疑いまでで証拠がつかまれていない場合だけです。ときには証拠はつかまれていないと思っていても、携帯電話などで浮気相手との連絡内容を確認されている場合もあります。浮気の現場を実は見ていたと言う場合もあるでしょう。復縁を望んでいてもそのような場合には復縁できないことをしっかりと認識しておくことです。

そうはいっても、復縁の方法そのものは難しいものではありません。貫くことは唯一つ「浮気はしていない」と言い張ることです。どのような理由でも良いでしょう。とにかく浮気には至っていないことをひたすら主張することです。どんなに突き詰められても、状況的な証拠を積み上げられても、それでも浮気には至っていないということを主張しましょう。そのためには嘘は完全に塗り固めていく必要があります。どれだけ嘘を塗り固めても必ずボロは出るでしょう。それでも浮気はしていないと言い張ることができれば関係を修復することは可能であることが多いのです。

それでも彼を裏切っている事実は変わりません。嘘を突き通しても無理な場合は相手が何かの情報を持っていると考えて諦めましょう。
(⇒あなたの復縁方法が正しいかどうかを10のチェック項目で判定する

復縁を考えている相手と一緒に過ごすにはこんな場所が適切です

復縁を考えている相手と一緒に過ごす機会があれば、どのような状況であれそのタイミングで復縁を申し出ると言う可能性は少なからずあるはずです。たとえまだ先で復縁の話をしようと思っていても、次の機会で絶好のチャンスにめぐり合う可能性もあります。相手と会うときにはそんな様々な可能性に適した場所を選択し、出来るだけより良い場所で一緒に過ごす時間を設けるほうがよりよいことは説明するまでもないでしょう。今回はそんな復縁を目指している状況でどのような場所に相手を誘えばよいかをお伝えしていきます。

まずは映画や舞台などの一つのものを見て過ごす空間は適切と言えます。これに類似しているものの、水族館や美術館、アミューズメント施設などは適切ではありません。映画や舞台はお互いが必ず同じものを見ます。そして更にその映画の後にはそのまま帰ってしまうということもありません。お互いの時間を共有し、更にその後話す機会を作ることの出来る映画や舞台は復縁を考えている場合には誘うのに適した場所と言えるでしょう。気をつけなければならないのは、相手の好みを把握して相手の好みに合ったものを探す必要があることでしょうか。映画や舞台に近いタイプの場所では展望台やタワーなど夜景を楽しむことが出来るスポットも良いでしょう。

他にも、食事を中心にできる場所も適切です。類似していても居酒屋やバーなどアルコールが中心のところは適切ではありません。純粋に、食事のおいしいところはベストな選択とい言えるでしょう。相手がお酒を望むのであればある程度は品数がそろっている必要がありますが、食事の評価の高い店であればほとんどの場合お酒もそれに合ったものが用意されています。その後、飲み足りないと言われるようであればそれこそ絶好のチャンスです。そのときは騒音の少ない居酒屋かバーなどに連れて行くことは適切と言えます。

また、季節によっては屋外も望ましい場所と言えます。数百円で入場できる公共の公園などは静かで落ち着けることも多いでしょう。無料でも綺麗に整備されているような公園もたくさんあります。盛夏の時期や真冬の時期を避ければこれらの公園の類は復縁を考えている場合には適した場所となることもあります。注意すべき点は公園の中に色々な施設が有り、さらに少し遠方であるような場所は避けたほうが無難です。

このほかにも様々な「復縁に適した場所」はありますが、できるだけ行ったことのある場所が望ましいでしょう。ある程度詳しくその周辺の情報を持っていればより良いと言えます。これに合わせて逆に復縁を考えている相手と行くには適さない場所もあります。これらの行って良い場所、行ってはいけない場所を把握しておけば、復縁の可能性はより一層高まるでしょう。

別れた相手と時間をかけてゆっくりと復縁していく方法とそのポイント

別れた相手との復縁を望むのであれば出来るだけ早いタイミングで手早く復縁するほうが望ましいといえます。しかし中には計画的に短期間で行動していくことが苦手な人もいるでしょう。そんなときの為に今回はゆっくりと時間をかけて別れた相手と復縁していく方法とそのポイントを解説していきましょう。

最初に確認しておかなければならないのは一般的には復縁は出来るだけ短期間で仕上げるほうが成功率は高いということです。それを踏まえた上で長期間での復縁を実行していくことが重要です。大きなポイントはその長期の間にやらなければいけないことを把握することです。仮に長期間での復縁としてもそのときに行う内容は短期間での復縁のときとその内容は変わりません。まず大切なのは復縁までの期間にやってはいけないことをしっかりと把握することです。長期計画の復縁の場合は特にその生活ぶりに注意が必要です。相手と別れたことで自暴自棄気味になり遊びに行く回数や酒量、出費が増えたりするようなことがあっては復縁はうまくいくものではありません。少々のストレス発散は必要という考え方もあるかもしれませんが、その一瞬が復縁の大きな障害になることを覚悟の上でそのストレス発散を行うほうが良いでしょう。その理由はたとえあなたから別れたとしても、相手から別れを告げられていたとしても、相手が別れたことで派手に遊んでいるとすればあまりいい気分ではありません。そのことから考えると復縁を成し遂げるまでのその期間についてはできるだけおとなしく過ごしていくほうが無難であると言えるでしょう。

逆に今まで自由奔放に遊んでいる状況であれば、別れたことを機にその遊びが減ったという事実は相手にとって好印象を与えます。仮に相手も公認で出かけていたとしても別れたことで急に出歩かなくなったということが分かれば相手は心配することもあるでしょう。復縁に関してはこの心理的な要素が大きな効果を発揮することもあるのです。

復縁を長期的な計画で成し遂げるためには相手の心理状態をしっかりと把握することが重要です。そしてこちらの接し方についても頻繁に連絡を取る期間と全く連絡を取らない期間を設け、時間をかけて相手の心理状態に変化を与えることが重要です。それに加えて今まで一緒に過ごした期間には見せることの無かった新たな一面を見せていくことも重要でしょう。相手の心理状態に波を作ること、そして新たな一面を見せていくこと、この二つが実行できていれば徐々に復縁を実行していくことが可能になってきます。

離れてしまった彼と復縁するのにやってはいけない三つの行動

彼との関係を修復して復縁を成し遂げたいと考えていても、なかなか行動に移すことは難しいこともあります。原因も特定できていてそれを改めるような気持ちもある…。しかし、それを直接伝えるだけでは重たいだけで彼はあなたのそばには戻ってきません。その思いを伝えるのにはタイミングや現在の関係の状態などを確かめながら行動に移していく必要があるでしょう。ではどのタイミングでどのような行動に移していけばいいのでしょうか。今回は彼との復縁を考えているあなたに彼と復縁するためには絶対にやってはいけない行動をお教えします。

まず第一にやってはいけない行動として、とにかくがむしゃらに追いかけるという行動です。彼の気持ちはあなたから離れかけているのです。中には「ちょっとそっとしておいて欲しい」という彼や「もう少し自分の時間が欲しい」と言うような理由にも関わらず、それをあなたに上手に伝えることが出来ずに別れになっている場合もあります。こんな理由の彼にがむしゃらに追いかけて押しかけていても復縁を成就することはできません。がむしゃらに追いかけると言う行動は、せっかくの復縁の可能性を自ら押し下げている行動と言うことができるでしょう。

そして第二に別れに至った理由を疎かにすることです。女性は感情の生き物と言われています。自分が感情的になって別れた場合でも、相手が感情的になって別れた場合でも、その理由はしっかりと考えておきましょう。感情で動く女性と違い、男性の多くは理論で動くことが多いと言われています。感情で動くタイプの男性だったとしても、いざ復縁と言う話になれば必ず相手がどのように考えているかと言うことは確認をしてきます。相手がせっかく復縁の気持ちになったとしても、その原因の一つも考えていないようでは今度こそ完全に縁が切れてしまうことも考えられます。
(⇒男性との復縁を考えたときに有効な、男心をくすぐる方法の数々

最後の第三番目は派手な生活を送ることです。彼と別れるかも知れないという思いから行動が派手になりがちな状況であることは分かります。しかしそのことが彼に伝わっても好印象は何一つ与えることはないでしょう。変な勘違いを生みかねないような派手な生活は出来るだけ押さえ、復縁したときや復縁間近のタイミングに出来るだけ復縁したい彼との時間を誰にも邪魔されずに楽しめるような状況を作っておくことが大切です。遊びが多くなれば大事なタイミングに断れない誘いが来るかもしれません。

上記の三つの行動は、復縁に向けてマイナスとなる行動ばかりです。確実に復縁をするためには、少し彼との距離を保ち別れた原因を特定し、出来るだけ静かな毎日を送っておきましょう。それがいずれ効果的な復縁の下地となるのです。
(⇒別れてしまった男性との復縁を確実に成し遂げるためのテクニック

別居生活からの復縁を成し遂げるために必要な心がけとテクニック

仮に今、パートナーとの危機が訪れていて別居の状態になっているとしても、その関係を修復し復縁することは決して不可能ではありません。むしろ離婚ではなく別居の状態であるということは復縁はそこまで難しいものではないと考えても差支えがないでしょう。別居に至った理由は様々で、こちらに非があると考えられる場合も、相手に非があると考えられる場合もあると思います。しかし、最終的な目的が復縁であるというのであれば、その目的はほとんどの場合達成されると考えて良いと言えるでしょう。

その理由は「別居」という事実から考えれば簡単なことです。離婚ではなく別居になっているのは「離婚」に踏み切れない何かがあるからです。復縁を考えるのであればまずはその「何か」を探る必要があるでしょう。親戚や友人、その他周囲からの視線を気にしているのでしょうか。それともあなたが頼み込んだことで離婚は踏みとどまっているのでしょうか。子供のことを考えて離婚できずにいるのかもしれません。

この理由が特定されたらまずは前向きな話をすることを心がけて対話に臨むべきです。そして相手から何か過去の事実について指摘を受けたとしてもその指摘は反論することなく謙虚に受け止めましょう。それさえ実行できれば復縁は成功したも同然です。あとは相手が離婚できない理由をさらに深く掘り下げた会話を行っていくことです。

世間体を気にしているのであればそれを増長させ同調するような会話を心がけます。親戚、友人、子供の学校の父兄、親の知人、周辺の付き合いなど自分も気になることを伝えていきましょう。あなたが頼んだから別居にとどまっているのであればまた復縁するように頼みましょう。子供が理由であれば子供の成長や未来の話をすることも有効です。これらの会話は相手がそう考えているからというスタンスではありません。相手の理由は把握した上で「自分もそう思うから」という同調が大切になってきます。ここを勘違いして「あなたがそう思っているなら」という会話にならないように注意が必要です。

この会話の中であなたが前向きに考えているにも関わらず相手が過去の話をしてくることもあるでしょう。その場合でも一旦はその話を聞き入れます。そしてその過去は清算していきたいことを伝えます。あくまでも過去の話は清算し、前を見て進んでいきたいということを根気よく説明するのです。これを実行することができれば復縁は難しいものではありません。離婚ではなく別居であるというその事実は、相手にも少なからず離婚に踏み切れない理由や未練があるということを自分の中でしっかりと把握し、それを自信に前向きな話を進めていくことが復縁には何よりも効果的なのです。

男性との復縁を考えたときに有効な、男心をくすぐる方法の数々

彼と別れそうになってしまっても、関係の修復がなかなか難しい状況になってしまっていても、諦める必要はありません。男性には本能的に女性をほおっておくことができなくなる状況がいくつかあります。今回はそれら、男性がほおっておくことが出来なくなるポイントをいくつか確認し、そのポイントを攻めることであなたの思う彼との復縁を目指しましょう。

まず一つ、男性は頼られると弱い部分があります。頼る理由はなんでも結構です。代表的なものを挙げるとまず一つ、力仕事がうまくいかないと言うのは定番の方法の一つです。高いところの作業がうまく出来ないというような内容のものでも良いでしょう。虫の退治でも効果があります。この場合に重要なのは他の人には頼めない、もしくは頼みにくい内容であるということも効果を高めます。特に使えるのは家の中の作業で他の男性に頼むこともできるものの、彼でなければちょっと不安があるといったような内容であればより効果を高めることができるでしょう。このことから考えると、荷物を高いところに上げたり、高いところにある荷物を降ろしたり、PC周りの配線をお願いするような方法も有効であると言えるのではないでしょうか。

頼るのが苦手なあなたは手伝って欲しいというニュアンスも使えます。知人の家で料理を出す、もしくは知人にお菓子を持っていく、そんな場合の味見なども有効な方法の一つと言えるでしょう。

他にも寂しいと言うことを前面に押し出す方法もあります。別れてしばらくの間寂しいので、ちょっと遊びに来て欲しいというのも使える方法です。この方法を使えばより彼との密着度も増すことが出来る場合もあります。密着してしまえば「安心する」といって離れないようにしてしまいましょう。その状態で女性特有の柔らかいパーツを押し当てれば男性はすぐさまあなたを求めて来るでしょう。

更にペットを飼っているならそのペットを利用する方法もあります。これは男性に限ったことではありませんが、そのペットが寂しがっていると言う表現も使えます。そのペットに愛情を注いでいた彼であれば、迷わず会いに来るでしょう。最初は外で会うようにして雰囲気がよければ家に招き入れる、そんな方法を使えば効果も抜群かもしれません。

そして最後は食事に誘う方法です。特に場所などを提示せず、突然自宅や実家に招くことも良いのではないでしょうか。唐突ではあるものの、成功すればその効果は著しいものでしょう。復縁どころかその後更に深い関係に発展していく可能性も大いにある方法の一つです。
(⇒別れか復縁か、悩んだときにやってもらいたい15のチェック項目

男性にとっての復縁は必ずしも最善の方法ではないこともあります

意図せずに愛する彼女と別れてしまったときにはその復縁は何をおいても成功させたいことでしょう。しかし、男性の場合には復縁が必ずしも最善の選択肢ではない場合もあるのです。愛していたにも関わらず彼女があなたの元から離れていったという事実にはそれなりの理由があります。彼女があなたと性格が合わないという結論を出した場合でも、身体の相性が良くないと言う結論を出した場合でも、そこにはあなたに対して何らかの物足りなさを感じたということは紛れもない事実です。その物足りなさを補わずに再び彼女との復縁を望んだとしても、仮にその復縁が成就できたとしても、また再び別れが訪れてしまうこともあるでしょう。

明らかにあなたに何かが不足していると断言できる場合には、その不足を補うことを考えても良いかもしれません。そのためには愛する彼女への思いを大切に保有しつつ、男性としての大きさを得るためにも更に別の女性に目を向けてみると言う方法もあるでしょう。自分があまり熱くならずに冷静な状態で他の女性に接すれば、その女性からでも、場合によっては男性からでも様々な情報や色々な経験を得ることが可能です。一回り大きくなってから、それでもやはり愛する彼女のことが忘れられないと言うのであれば、確かな手ごたえを得た新たなあなたで再度彼女への思いを確かめるために彼女に会ってみることも選択肢の一つです。

多くの場合、時間の経過と共に愛情は少しずつ薄らいでいくものです。様々な経験をして大きくなったと言う自信がついたそのときにも彼女のことを変わらず愛しているのであれば彼女に会ったそのときにその想いを再び彼女に向けてみることも良いかもしれません。本当に男性としてあなたが大きくなっていて、彼女の思うような男性になれているのであれば、そのときには彼女も快くあなたを迎え入れてくれるでしょう。

復縁を実際に成し遂げる二人は多くの場合半年以内にその想いを成就しています。あなたが彼女と別れてしまった理由は何なのでしょうか。その理由があなたの男性としての魅力に問題があったと感じているのであれば、半年での復縁は難しい場合もあるでしょう。そんなときには半年以内に標準を絞るのではなく、いつかという強い思いであなた自身を大きく変化させることも必要なのではないでしょうか。

確かに別れた彼女は待っていてはくれません。考えたくはありませんが彼女もこれから他の男性を経験し、あなたと過ごした日々は記憶に残ったまま時は過ぎていくでしょう。数年後にも変わらぬ愛情があるのであれば、彼女は必ずあなたの元へ戻ってくるのではないでしょうか。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >