復縁

不倫相手の女性と別れてしまい復縁したいと考えている男性の心得

不倫相手とそこそこ楽しい時間を過ごしてきたのにその関係が終わってしまった、もしくは終わりそうな状況になると、不倫相手との関係をどのように継続していけば良いのか悩むところだと思います。しかし、復縁は相手の状況や自分の状況によってはそこまで難しくなく、抑えるポイントは限られていると言えます。今回は不倫のパターンによってその関係の修復方法を説明してみましょう。

まず、お互いに不倫の場合です。突然、連絡が途絶えたのであれば、何らかのトラブルの可能性もあります。もちろん、自分の家庭が最優先なのが普通ですし、関係が周囲に知れてしまいそうになれば少し調整も必要でしょう。別れようと相手に言われても、音信不通になったとしても、この場合には気長に待ちながらたまに連絡を取ってみると言うのが一番の関係継続方法です。場合によっては携帯電話の連絡先などを変更される場合もあるでしょう。いくつかの連絡ツールを持っているならともかく、他の連絡手段がないのであれば諦めも肝心です。いずれにせよあくまでも遊びですので、次の相手を探していくことが一番無難と考えることもできます。

次に相手が結婚していて自分には相手がいないような場合です。この場合でももちろん、相手の家庭に関係が知れてしまいそうになれば連絡は途絶えます。関係の修復にはまずは思っているよりも長めの時間が必要でしょう。復縁を大前提にするのであればこちらからの過剰な連絡は行ってはいけません。まずは待つ。そしてある程度時間が経過したところでたまに連絡をしてみる。復縁、特に不倫の復縁の場合には気長な対応が復縁成就をもたらします。

最後に自分が結婚している場合です。相手の女性は今後の関係の発展に疑問を感じ、離れて言っている場合がほとんどです。この場合は連絡が取れないような状況はあまりないと思いますので、こちらも気長に連絡を欠かさず行うことが肝要です。探りを入れつつ、関係の発展性に疑問を感じていることがはっきりと分かったならば、結婚相手との離婚も考えていると言うことを伝えてもいいでしょう。目の前で進めなくなっている壁を取り除いてあげれば関係は修復できる場合がほとんどです。ただし、この方法でもいずれは関係が冷めてくることがあるということは理解しておくべきです。

いずれのパターンでも共通するのは、気長に待つと言うことです。特に不倫の場合にはこれができるかどうかが関係の継続如何に関わってきます。どうしてもその相手と不倫を継続したいのであれば、気長に待つ。あくまでも不倫は遊びの一つです。そのことを踏まえ、新しい相手を探すことも不倫の楽しみの一つではないでしょうか。

復縁を諦めようかと思っている人がまず最初にやるべきこと

別れた相手との復縁をずっと望んでいたにも関わらず、復縁の見込みがないとなれば止むを得ず諦めなければならないこともあるかもしれません。それなりに頑張ってきたにもかかわらず成功していないと言うことはそれなりに復縁できない原因もあるのでしょう。まだ復縁することに迷いがあるのであれば復縁が正しい選択かどうかを見極めることも大切になって来るでしょう。

それでもやはり復縁は難しいと思うのであれば、復縁を諦めてしまうことも方法の一つです。しかし、復縁を諦めると言ってもなかなかそれを実行することは難しいのが現状でしょう。復縁を諦めて新しく前に踏み出すためにはそれを心に刻み込むようなはっきりとした過去との決別が必要になってきます。

決別の第一歩としてやるべきことは、二人の思い出の空間や思い出の品をまずは処分してしまうことです。一緒に住んでいて別れたのであればその家から引っ越すことも大切です。特に一緒に住んではいなかったとしても、その部屋に頻繁に相手が来ていたのであればやはり引越しはとても効果のある思い出の処分方法の一つです。様々な理由から転居が困難なのであれば、部屋の模様替えでも良いでしょう。

自分の空間が綺麗に整理されれば、次は小さなアイテムの整理も必要です。相手が置いていったり忘れていったりしているものはもちろん、相手と共有していたものや相手からもらったものも処分するとよりよいでしょう。ある程度高価なものもあるかもしれません。そのようなものはどこかに捨ててしまう方法以外にも、知人に譲ったり、売却したりする方法もあります。特に写真などの相手の様子が視覚的に入ってくるようなものは早々に処分してしまいましょう。

その他にも様々なものが処分の検討材料になります。パソコンを利用していたのであればそのアカウント、最終的には携帯のメモリに入っている相手のメールアドレスや電話番号も削除してしまいましょう。そこまでやっても相手のことが気になるのであればそれはそれで仕方ありません。アドレスや電話番号を削除してしまえば相手と再度連絡を取ることは多くの場合不可能になります。

しかし、こちらから連絡しない場合でも、相手から連絡が来ることもあります。復縁を望んでいるのであればそこで相手と連絡を取り合うこともできますが、新しく前に踏み出していくためには出来るだけ連絡を取らないことが大切です。

復縁を前提にまず自分を高める「自分磨き」のメリットとデメリット

大切な人と別れなければならないことになってしまったときにあなたはどのように考えるでしょう。原因が自分に魅力が乏しいことであると感じている場合には復縁するためにその魅力を高めようと考えることもあるかもしれません。確かに、自分磨きといえば自分の価値が上がるようで聞こえもよく、復縁にも効果的なように聞こえます。しかし復縁においてはこの「自分磨き」は注意が必要なのです。今回はこの「自分磨き」のメリットとデメリットを解説していきたいと思います。

まず、メリットから見て行きましょう。既に自分磨きのメリットを考えたことのある人には説明をするまでもないかもしれません。言うまでも無く自分磨きを行えばどのような内容であれ少なからず様々な知識や教養などを身につけることが出来るでしょう。長期プランでの復縁を望んでいるのであれば確かに復縁にも効果があるかもしれません。更に仮に復縁できなかったとしても様々な方向に知識が付けば次の恋愛を今まで以上に質の良いものに出来ることもあるかもしれません。この他にも集中して何事かに取り組むことで失恋の傷を紛らわせることで和らげることも出来るかもしれません。そして何より自分に自信が付くことも大きなメリットの一つです。

変わって自分磨きのデメリットを見てみましょう。前述のメリットについての部分でお気づきの場合もあるかもしれませんが、復縁に限って物事を考えるのであれば自分磨きはあまり効果的な方法ではありません。失恋の気を紛らわせたり、次の恋愛をより充実したものにしたりするには適した方法でしょう。しかし、自分磨きを行えば行っただけ相手の距離は遠ざかり、復縁の可能性は下がっていくと考えることが普通でしょう。復縁を望んでいるの場合には、実は自分磨きは決して最善の方法ではないのです。
(⇒「自分磨き」で復縁のタイミングを逃してしまった例

それでも恋愛の相談をすれば復縁を前提に自分磨きを進められることは決して稀なことではありません。それほど一般的で傍から聞いていても当たり障りの無い失恋からの立ち直る方法の一つとして「自分磨き」は存在するのです。本当に相手との復縁を望んでいるのであれば、自分磨きは決して効率のよい方法ではないでしょう。

失恋後の復縁についてのアンケートでは半数近くの人が半年以内に復縁を遂げていると言うデータも存在します。本当に切実に復縁を望んでいるのであれば、長期間かけて復縁を考えるよりも出来るだけ短期間で復縁を成し遂げていくほうが成功率は高まると言うことがこのデータから判断することもできます。あなたが復縁を望んでいるのであれば「自分磨き」に時間を割いている時間よりも、計画的に行動し、短期間で相手との関係を改善していくことを考えたほうが良いと言えるでしょう。

離婚や別居からの復縁や同じ相手との再婚をするときのメリットとは

一旦は別れてしまった、もしくは別れてまではないものの別居中である、そんな関係の夫婦や元夫婦の二人に復縁や再婚の話が降って湧いてきたとしましょう。離婚や別居からの復縁、そのときには様々なデメリットも当然ありますが、それと同じ程度のメリットもあります。同じ相手との再婚や復縁によるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

まず挙げられるメリットとしては周囲の環境や周囲の関係に大きな変化がなく関係を作ることができるということでしょう。これにはもちろん親戚などの関係も含まれますし、何よりも子供との関係に良い結果が生じることは言うまでもありません。離婚して他の女性や男性と新たな家庭を作るよりも、子供と親との関係はよりよいものになるでしょう。

そして一旦は解消した関係とは言え、お互いの性格や考え方をある程度は理解できていることもメリットの一つです。性格や考え方を理解しきっていない新たなパートナーと関係を作っていくよりも、すんなりと関係を構築していくことが可能であると言えます。新たなパートナーと関係を築き、思っていたのと違ったと言う結果や許容できない一面が後から出てきたというような事態もある程度少なく関係を作ることが可能であると言えます。

その他にも相手の趣味や趣向などについても性格と同様にある程度把握していることもメリットと言えます。相手の好みや趣向などを改めて探るような必要もなく、スムーズに家庭を育んでいくことが可能であると言えるでしょう。

特にある程度年齢を重ねている場合には新たな相手と家庭を築いていくことは結構な負担と感じる場合もあります。新たな相手と新たな生活を送っていれば今まで知らなかったような一面から思わぬ精神的な負担を負わされるようなこともあるかもしれません。その面から考えても今まで生活を共にしてきた相手との復縁は精神的にも肉体的にも多くの負担を軽減させることができるのです。

特に子供が居るような場合にはその関係を元に戻すことで教育の面からも良い面があると言うことが出来るでしょう。親戚などにも特に改めて紹介するような必要もなく、関係を修復すると言うことであれば場合によっては事務的な手続きも減少させることが可能であると言うこともできます。また同じ相手との復縁すると言うことはある程度勇気のいる行動ではあるでしょう。しかし新たなパートナーと新たな生活をするよりも、関係を作り上げることに負担も少なく、ある程度合理的な選択であると考えることもできます。

とにかく逢いたい!その気持ちを調整して復縁に漕ぎ着ける

一旦別れてしまった相手と復縁したい!そんなときには必ず誰もが頭に浮かぶことがあります。それは「逢いたい」ということです。しかし、復縁においてこの「逢いたい」は大きな曲者です。この逢いたい気持ちを最優先に行動していては、二人の関係がよほど特殊な環境でない限り復縁の可能性は日を追うごとに下がってきてしまうと言っても過言ではないでしょう。

特に一旦別れてからの復縁にはこの気持ちを上手に調整する必要があります。仮に毎日会える環境であったとしても、自分で調整を行い会わない時間を作ることが非常に重要なポイントになってくるのです。

毎日顔を合わせるような環境でないのであれば、自分から積極的に会いに行くようなことはやめましょう。二人の別れの理由は様々でしょうが、その中にはどちらかに会いたくないという思いや一人になりたいという思いが含まれていることは間違いありません。これは相手を嫌いになったから出る内容のものではなく、面度なので会いたくないやちょっと自分の時間が欲しいという「会いたくない」も含まれています。特にこれらのような「自分の時間が確保したい」という思いが強い相手に頻繁に自分に時間を割かせていては、復縁が難しいことは説明するまでもないでしょう。

特に注意しなければならないのは二人の活動の時間に差があるときです。例えば一方は部活をやっているがもう一方は部活をやっていないと言う場合や、社会人であればどちらか一方が仕事の時間が短く、どちらか一方が仕事の時間が長いような場合です。

このときに自由な時間が短いほうは、自分で色々なことを考える余裕があります。相手のスケジュールや自分のスケジュールを考えて相手と会おうとするでしょう。しかし、自分の時間が少ないほうはそのような計画は立てません。そして自分の時間ができたらやりたいことと言うものが必ずあります。その状況で自分の時間を奪うような提案を続けていれば当然ながら相手は不満が残ると言うことになります。これを繰り返していれば相手は徐々に会うことが苦痛になってくることは言うまでもありません。

別れからの復縁の過程において、会わなければいけないような状況は復縁の可能性がかなり高まってきてからです。悪戯に別れてすぐから相手と会うことを望んでいれば相手は断る理由もなく最初は会ってくれるかもしれませんが、やがて会うこと自体が苦痛になってきます。そのような状況を自ら作ってしまうことのないようにできるだけ別れた最初のうちは会わないことを前提に復縁を進めていくことが重要です。

復縁の相談でこんなことを言う相手には相談するだけ時間の無駄です

もしあなたが望む相手と「復縁したい」と思い、その復縁を成し遂げる方法を誰かに相談したとしましょう。そのときに相手がどのような回答をするかというところにポイントを絞って相手を観察することができれば、相手がちゃんと本当に自分の望みを前向きに捉えているかどうかがわかります。相手によっては今後復縁の相談をしても無駄な場合もあるでしょう。そんな復縁を強く望む場合に、相談して次のような回答が帰ってくるようであれば、その相手が誰であろうと今回の復縁を成功させることを大前提に相談するには適さない相手かもしれません。

・復縁の相談をしているのに、復縁をしないように説得してくる
一番多いのはこのパターンでしょう。こちらが復縁を望んでいるにも関わらず、それを妨げるような場合には復縁を望んでいる相手を良く思っていない可能性が非常に高いです。このような場合、それでも前向きに相談に乗ってもらおうと思うのであればまず復縁を望む相手が復縁に値する人物であると言うことを説明し、相談相手を説得する必要があるでしょう。復縁は出来るだけ早いタイミングで行動し、出来るだけ早く前に進めるほうが効果があります。復縁相手の良さはあなたが分かっていれば良い話しです。それをまた一から相談相手に説明するのは時間がものを言う復縁の時には適さない相談相手と言う事になります。

・なぜその相手が良いのか聞いてくる
このパターンも前述のパターンと同様に説得が必要な場合が大半を占めます。特にこの場合には最初から否定をしてくるわけではないので、気が付くと余計に時間が取られることになります。まず、どのようなところに魅力を感じているのかやなぜ復縁したいかなどが定番の質問です。こちらの価値観と同様な価値観を持っていると判断できる場合であれば、ある程度理由を説明したところで次のステップに話を進めることもできるでしょう。しかし、説明した結果復縁をしないように説得してくるようであれば無駄な時間は倍増します。否定される可能性が感じられるのであれば早々に引き上げてくることが望ましいと言えるでしょう。

・復縁の方法がわからないと言い出す
復縁の方法に答えはありません。どれだけ恋愛を経験していたとしても、各種相談を受けているような職業をしている場合でも、その時々で正解が変わる恋愛での復縁には明確な答えはないでしょう。それでも何か方法は無いかということで相談しているにも関わらず、分からないと言われていては時間を無駄に費やすだけです。こんなときにも相談を継続することは無意味と言えるでしょう。

相手がこれらの反応をしてもあくまでも「復縁」の相談をするのに適した相手ではないというだけです。他のことであれば相談するには適した相手なのかもしれません。もしも回りに相談できないような恋愛であれば、そのときには復縁の専門的な業者を上手に利用するという方法もあるでしょう。

男性と確実に復縁するのに重要な「感じ方」のセックステクニック

男性はとても動物的な生き物です。女性であれば一回のセックスで復縁を心に決めるようなことはないでしょう。しかし男性はセックスのテクニック一つで女性から離れられなくなることもあります。色々なセックスのテクニックの中でも大きな比重を占める「感じ方」を身につけ、男性との復縁に大いに役に立てましょう。

まず最初に大切なのは恥ずかしさを捨てることです。見られて恥ずかしい、明るいと恥ずかしい、声が出ると恥ずかしい、こういった恥ずかしいという感情を全て捨てることから始まります。実際にセックスのテクニックとしてフェラチオの方法や腰の使い方なども重要になることもありますが、男性を虜にするためにはまず、自分の感じ方を極める必要があるでしょう。男性は視覚でセックスを楽しむことができます。もちろん、最初の頃であれば恥じらいや照れは女性の有効な武器になります。しかし復縁となると話は変わってきます。関係を持っている相手でしか見れない自分を見せることで相手はより良さを感じることになります。更に感じ方の変化はフェラチオのテクニックや腰使いのテクニックのように「どこで、誰に教わったのか」という思いが浮かばないものでもあります。まずは恥ずかしさを捨てることから始めましょう。

更にこの「感じ方」を伸ばしていくためには多くの快感を得る必要もあります。もちろん、実際に性交渉を多くの人と行えば当然ながら快感を得る能力に加えて技術的にも向上しますが、女性にとってこの方法はあまり良い方法ではありません。そこで必要なのが自慰によって性的な感覚を伸ばすと言うことになります。ここでも恥ずかしさを捨てて様々な方法で行為を行っていくことが重要になります。布団の中で触ったり、何かに押し当てるのが通常であるのであれば、少し中に指を入れてみたり、おもちゃを使ったりもしてみましょう。様々な刺激を快感と感じることが出来るようになれば自ずと反応はよくなります。反応がよくなれば自然に恥ずかしさは消え、セックスを楽しむことが出来るようになるでしょう。

最後に「感じ方」で重要なのは呼吸です。恥ずかしさを捨てて感度を上げたとしても、その感じ方に美しさが無ければ相手の男性は大きな変化を感じることはないでしょう。特に日本の女性はセックスの最中の呼吸が短く、小さくなりがちです。この状態では感じ方も粗雑で相手の見た目にも美しさはないでしょう。女性の良さを相手に見せ付けるためには大きな呼吸がポイントになります。呼吸が乱れがちになったら意図的に深呼吸をするようにしましょう。

この三つの点を意識して実行していけばそれだけで相手から見たセックスの感じ方は大きく変わったように感じられます。もしも相手から「変わった」と言う指摘を受けたら「何か安心する」ということを伝えてみましょう。それだけで復縁にグッと近づくはずです。

彼が元彼女と復縁しそうなときにあなたが取るべき行動とは

今付き合っている彼が元彼女と復縁しそうなときにあなたはどのような行動を取るでしょうか。彼が元彼女との復縁をたった一人で進めているか、それとも友人などの繋がりを使って進めているか、その状況によっても変わってきますが、多くの場合には情報として復縁を計画しているということは耳に入ってくるでしょう。

このようなときにはまずは静観することをお勧めします。発覚したタイミングが遅く、もう既に復縁は間近であるようなこともあるかもしれません。復縁が間近であったとしても、まだ復縁を始めたところであっても、あなたが取るべき対応は同じです。もちろん、復縁が間近な状況であるのであればそのときの不安は拭えないはずです。しかしだからと言って自分ひとりで復縁の妨害をしても、彼に詰問したとしても、静観以外の行動であればほとんどの場合彼はあなたから離れていってしまうでしょう。

相手の女性と自分が直接話が出来るのであればその対応は簡単です。直接、相手の女性にあまり惑わさないで欲しい、今は円満にいっているので邪魔をしないで欲しいということを伝えましょう。ポイントは「円満にいっている」ということをしっかりと伝えることです。あなたと同様、相手の女性も彼とあなたとの関係に不安を抱いています。そこで単刀直入に「関係がうまくいっている」と聞かされれば当然ながら不安は大きくなるということになります。心理的にも充分効果がある方法と言えるでしょう。

相手の女性と直接連絡が取れないような状況であればいつも以上に彼に愛情を注いで接しましょう。ここであまり過剰に彼を責めたり、行動を制限したりすることは間違いなくマイナスに働きます。まずは静観。そして彼への想いは大きいということを彼にアピールしましょう。献身的に尽くせば彼は少なからず良心が働き、良いほうに動けば元彼女を諦めることにもなるかもしれません。

復縁が間近であったとしても一発逆転の方法はどれだけでもあります。復縁はうまくいかないということを自分の身近な知人などを例に出して話してみると良いでしょう。大きな愛情を注いでいるにも関わらずそれでも元彼女との関係修復を望んでいるようであれば見放してしまうことも方法の一つです。性格的に元の女性に寄っていくのであれば、一旦別れたとしてもまた戻ってくるでしょう。そして仮に今回自分の元に彼を引き戻したとしても、また前の彼女が連絡をしてくれば復縁を考えるような男性であると言うことが言えるでしょう。

離婚の危機は復縁を望んでいる人にとっては関係修復のチャンスです

離婚の危機、自分は復縁したいと思っているけれどももうここまで来たら復縁は難しいのではないかとネガティブになってしまっている人もいるのではないでしょうか。しかし、仮に裁判所での調停を行うような段階に来ていてもそこから先には終わりしかないわけではありません。あなたの努力と知恵しだいでは関係の修復を行う絶好のチャンスである場合もあるのです。

では、離婚の危機を乗り越えるためにはどのような努力と知恵が必要なのでしょうか。まずは現在の状態に至っている理由を考えて見ましょう。特にどちらかがまさに離婚をしなければならないような理由があるわけではなく、お互いの性格の不一致や考え方の違いなどの理由であれば充分に関係の修復が可能です。逆に何か決定的なものが無い状況で離婚をするということは両方が離婚に同意していない限りは難しいといえるでしょう。

もしもあなたが離婚をしたくないのであればそれをまっすぐに伝えることが重要です。おそらく相手はあなたの非のあるところや気に入らないところを列挙してくることが予想されます。そのそれぞれに前向きで改善の意思があることを上手に提示していけば離婚は回避することが可能なのです。この方法は仮にあなたに大きな非があったとしても使うことができます。単純に嫌いになった、考え方が合わないと言ったような程度の内容では離婚ができない、それが結婚と言うものなのです。

必要なのはよっぽどの内容で無い限り、相手の意見を尊重するように振舞いましょう。相手が気に入らない決定的なポイントはあなたの中でも把握できているはずです。そこの部分は相手の意向に沿うよう重点的に修復を行うことを伝えます。そして最後には将来に向けての展望なども話が出来るとよりよい結果を生みます。仮に離婚を回避したいその理由が経済的な理由であったとしても、子供に関するものであったとしても、そこをあえて話す必要はないでしょう。相手との関係改善を大前提に交渉や話し合いを行っていけば離婚の回避は難しいものではないでしょう。

しかし、この方法にはある程度制限があります。特に注意しなければならないのは別居している場合です。別居であればその期間は特に夫婦としての関係は薄いと判断される場合があります。そのようにならないように、例え別居を申し出されたとしてもあまり飲まないほうが得策であると言えます。

相手との関係を正常なものに戻すことは、何も自分だけが考えているわけではありません。相手も出来れば関係の修復を行いたいと考えているはずです。それを成就させるためにはこちらは一歩譲ってでも相手との関係を修復したいということを伝えていきましょう。

離婚?復縁?別居や夫婦間の大きな問題の内容からその後の関係を占う

今現在夫婦間で問題が起きていている場合でも、既に問題が起きて既に別居に至っている場合でも、夫婦間の関係が絶体絶命な状況であることには変わりはありません。この夫婦間の緊迫した関係から逃れて楽になるためには大きく分類すれば二つの方法があります。それは夫婦間の関係を修復し復縁することで緊迫した関係を終えるか、離婚と言う復縁とは逆の決着で夫婦間の緊張した関係を終えるかです。

この二つの方法は確かに緊迫した状態から解き放たれることには変わりはありませんが、それぞれにはそれなりの負担があります。一見、良い解決と思うことも出来る復縁ですが、場合によってはその後の関係に変化が生じたり、お互いが蟠りを持った状態で一つ屋根の下で生活を行うということを負担に感じることもあるでしょう。逆に悪しき解決法と考えることが出来る離婚も、関係の全てがなくなることで緊迫から解放されると考えがちですが、実際にはそのときに生じる慰謝料や養育費の負担に加えそれなりの精神的な苦痛が付きまとうことになることもあります。

いずれにしてもお互いが耐えることが必要になるのであればその選択は間違いたくない。そう思うのが人の心情と言うものでしょう。では、どのようなときには離婚を考え、どのようなときには復縁を考えれば良いのでしょうか。

もちろん、人によってその考え方は千差万別ですので一概にどちらが良いとは言い切れません。しかしこの復縁か離婚かを判断するのには重要なポイントがあります。それは、夫婦間の周りの状況です。結局、何か切欠があったとは言え夫婦間の喧嘩はお互い様と言う場合がほとんどです。問題はどちらか一方が相手を攻め立てるように周りに言いふらしているかどうかがポイントになってきます。周囲に相手の行いを愚痴って相手を非難して回っているようであればそこから関係を修復することは難しいと言えます。その場合はどちらかが「悪」になっており、関係を修復したとしてもその後の関係は悪化する一方でしょう。このようなことが顕著であれば、離婚も考えたほうがお互いの為に良いかもしれません。

反対に周りに色々と話をしていないのであれば、お互いの関係が復縁後に更に悪化する可能性はあまり高くありません。復縁してもお互いの関係が悪化することもなく、順調に復縁できると考えられます。

そうは言ってもこれはあくまでも喧嘩をニュートラルに両方を50:50で見た場合に限ります。確実にどちらかが悪いような状況であれば、場合によってはこの限りではないでしょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >